ききた

⑤交際

嫉妬されやすい人の特徴★やきもち焼かれる方の8のチェック

毎回付き合う彼氏に嫉妬ばかりされる場合、彼氏が嫉妬しやすい束縛男なのではなく、あなたの言動に原因があるのかも知れませんよ。今回は嫉妬されやすい人の特徴をご紹介致します。
不倫

実際によくある上司と不倫した時の結末8パターン

職場の上司と部下の不倫は、不倫あるあるですが、実は最も幸せな結末パターンが少ない組み合わせなのです。親しくなりやすい環境なのに、辛い結末が待っているというのは、理不尽ですよね。では、上司と部下の不倫はどんな結末を迎えるのでしょう。
⑤交際

カップルにおすすめの超イチャイチャできる場所8選

イチャイチャできる場所を探している方へ。お互い実家暮らしだと、イチャイチャできる場所がなかなか見つからないですよね。今回は、人の目が気にならず、思う存分イチャイチャできるカップルに超お勧めの場所を紹介しちゃいます。
②出会い

彼女を絶対大切にする男性の6の特徴

好きな人が自分のことを大切にしてくれるか知りたい方へ。1人の女性だけを大切に愛してくれる男性もいますが、世の中には浮気やDV、モラハラなどで彼女を悲しませる男がたくさんいます。今回は、彼女を絶対に大切にする男性の特徴を6つご紹介していきます。
⑤交際

職場恋愛で超気まずい状況を回避する7の方法

職場恋愛は、恋人との関係が上手くいっているときは、いつでも彼の顔を見ることができる最高にハッピーな恋愛ですが、その反面非常にリスクの高い恋愛でもあるのです。では、どうすれば職場恋愛で気まずい思いをせずに幸せな恋愛ができるのでしょうか。
①女子力UP・自分磨き

実家暮らしの女性がモテない7の理由

実家暮らしの女性は一部の男性にとって、余程魅力を感じない限り付き合いたいとは思わない存在になってしまいました。今回は、実家暮らしの女性がモテない理由についてお話します。
浮気

実際にあった浮気の制裁!笑えるものから効果的なものまで

男は「魔がさした」とか「軽い気持ちで」なんて言い訳するけど、浮気された方はたまったもんじゃないですよね。許す許さないに関わらず、浮気男には制裁を加えるべきでしょう!と言うわけで、今回は実際にあった浮気の制裁を紹介します。
⑥失恋・別れ

不倫相手と中々別れられない女性の7の対処法

不倫相手と別れたいと思っているのに、中々別れられないというのは良く聞く話です。一度不倫の道に入ると、そこから抜け出すのは非常に困難なのです。今回は、不倫相手と中々別れられないあなたのための対処法をお話します。
⑤交際

不倫を「純愛」と認めてもらう為にすべき6のこと

不倫はただでさえ苦しい恋。せめて本当に近しい人には自分の恋を純愛と認めてほしいですよね。そんなあなたを応援するために、不倫を「純愛」と認めてもらう為にすべきことについて、お話します。
浮気

二股恋愛にハマる浮気性女が思う、二股の魅力的なメリット

二股恋愛はリスクだらけ、そんなの絶対嫌!と、拒絶反応を起こしてしまう人もいると思いますが、二股恋愛には経験している人にしか分からない魅力的なメリットが存在します。二股恋愛など考えたこともない人には絶対に思いつかないような、その魅力的なメリットとは?
不倫

不倫経験者が口を揃えて必ず言う!良かったこと悪かったこと

不倫する人が後を絶たないのは、不倫経験者だからこそ知るメリットがあるからです。もちろん不倫にはデメリットもたくさんあります。そこで、今回は不倫経験者が口を揃えて必ず言う、不倫して良かったことと悪かったことをまとめました。
③アプローチ

好き避けor嫌い避け?はっきり判断できる男性の態度

あなたが気になる彼の行動は、好き避け?嫌い避け?この判断を誤ると、とんでもないことになり兼ねない!そこで、好き避けか嫌い避けかをはっきり判断できる男性の態度についてお話します。
⑥失恋・別れ

元彼が連絡してくる心理別の最適な8の対処法

別れてから音沙汰なかった元彼から突然の連絡。一体目的は何なのかと構えてしまいますよね。男性が別れた彼女に連絡してくる心理には色々なパターンがあります。今回は、元彼が連絡してきた時の心理別に、最適な対処法についてお話します。
③アプローチ

好意があるかも?男性の好き避けメール/LINE7パターン

好き避けは、メールやLINEでも起こり得ること。好きな男性とメールやLINEのやりとりをしても、そっけなくて避けられているように感じて挫けてしまいそうなそこのあなた。それは脈なしではなく、好き避けの可能性もあるのです。
③アプローチ

既婚者と恋愛関係になりつつある時の8の覚悟

既婚者との恋愛にはたくさんのリスクがあります。一線を越えてしまったら後には戻れなくなるのですから、既婚者と恋愛する時にどんな覚悟が必要なのかを知っておいた方が良いでしょう。後から「こんなはずではなかった」と激しく後悔しないために。