男性がデートをドタキャンする時の6の理由

「ごめん、今日はちょっと体調が悪くて…」体調不良を理由にされることの多い、デートのドタキャン。楽しみにしていたデートが中止になるのはショックですが、具合が悪いと言われれば何も言えないという人は多いかと思います。

しかし、本当はドタキャンの理由が別にあるのかも?突然デートに行けなくなると連絡をする男性すべてが、本当のことを言うとは限りません。今回は、男性がデートをドタキャンする時の理由について、詳しく説明していきます。

 

男性がデートをドタキャンする時の6の理由

 


①デートが怖くなった

草食系男子に多いと思われるデートをドタキャンする理由が、異性と会うのが怖くなったから。

もともと草食系と言われている男性は、異性との交流をあまり得意としていません。ついその場の勢いでデートを承諾してしまったとしても、後で考えていくうちに不安が高まっていき、デートそのものを怖いと思ってしまうのは十分に考えられる話です。

気も押しも弱い彼らにとって、女性という生き物は未知で恐ろしいという認識が強め。あれこれ考えて不安になったあげく、デートをドタキャンされるなんてことにならないように、予定は1日後や2日後など直近の日取りを選んだ方がよいかもしれませんね。

②突然仕事が入った

忙しい業種に就いていて休日出勤が当たり前であれば、たとえデートを予定した日であっても会社から呼び出されることは珍しくありません。よって、男性がデートをドタキャンする理由のひとつは仕事であると断言できるでしょう。

仕事である以上本人にはどうしようもないことなので、隠さずにドタキャンの理由を話すという男性は多くいます。しかし、「自分よりも仕事を選んだ」ことで激怒する女性がいるのもまた事実。そのような人と出かける約束をしていた場合、怒られるのが嫌でつい体調不良と嘘をついてしまうのですね。

デートに行けなくなりがっかりしているのは男性だって同じ。「突然仕事が入って」とドタキャンされた時に怒らず、向こうの体調を心配するくらいの余裕を持っておいた方が彼には好かれるでしょう。

③友達との予定を優先した

彼の中での優先順位があなたより友達の方が上だった場合、友達と遊ぶ予定が入れば平気でデートをドタキャンするようになります。しかし、本当の理由を話せば怒られることは明白。だからこそキャンセルできる上に、相手から同情を買うことのできる体調不良を理由にしてデートをやめるのです。

特に彼とはまだ付き合っておらず友達同士であったなら、彼の中での優先順位は同性で気を遣わなくて済む男友達の方が上になります。あなたから誘ったデートならなおさら、友達との予定が入った時はドタキャンされる確率が高くなるでしょう。

ただし、向こうからデートを提案してきたのにドタキャンするのでは、自分の発言に責任を持たない人物である証拠。後々体調不良なんかではなく、「男数人で飲み会を開いていた」というような情報が耳に入ったならなおさらのこと、これ以上は仲良くしない方がよいでしょう。


④金銭的に厳しい

デートでは、女性よりも男性の方がお金を多く出すのが普通ですよね。でも金銭的に厳しく、デートでの出費が自分にとって負担になると考えた場合、男性は本当の理由を言わずにデートをドタキャンすることがあります。

男であれば誰だって、女性に払わせるわけにはいかないというプライドは持っているもの。とはいえ、払いたい気持ちだけあっても現実問題としてお金が無ければ、当然2人分のデート代を出すことはできなくなります。かといって、正直にお金がないことを相手に伝えるのは、男性にとって耐えられないほど恥ずかしいことです。そういった思いから、体調不良を理由にデートそのものをキャンセルしてしまうのですね。

男が払って当たり前と思う女性も多くいますが、このような理由を聞くといつもデート代を出してくれる男性にはお礼を言いたくなりますね。

⑤寝坊した

待ち合わせの時刻を過ぎても彼が姿を見せず、こちらから電話した時に「体調が悪くて…」とドタキャンされた場合は、相手が寝坊をした可能性が限りなく高いと言えます。

何か正当な理由があるならば、ドタキャンとはいえ待ち合わせの時刻になる前に断りの電話を入れるのが普通。しかし、連絡をするまで何も言ってこなかったということは、それまで彼が眠っていた証拠です。電話が鳴って起きたはいいけど、今から髪を整えて服を選んだら待ち合わせ場所に行くまでにかなりの時間がかかる。そう頭で計算したのち、すべてが面倒になってドタキャンするという暴挙に出るのですね。

本当に体調が悪いのなら、朝起きた時点でデートに行けないと伝えてくるはず。それまで爆睡していたにもかかわらず、いざ連絡が来たら体調不良と言うのは苦しい言い訳です。

⑥二日酔い

体調が悪いというのは嘘ではありませんが、腹痛や風邪とは違うものがひとつあります。それは、頭痛や吐き気を引き起こす二日酔い。前日、デートをする相手に飲み会などの予定が入っていた場合、ドタキャンの理由は確実にこれだと言ってもよいでしょう。

経験したことがある人なら理解ができるかと思いますが、二日酔いの苦しみは相当なもの。頭は割れそうに痛いし吐き気もするし、一晩経ってもまだ自分からお酒の匂いがすることもあります。どう考えても、女性とのデートに臨む体制ではないのは、自分が一番分かっているはず。そこで思いついてしまうのが、体調不良を理由にデートをドタキャンしてしまうことなのです。

「頭痛と吐き気があるのだから、体調が悪いと言っても嘘ではない」というのが男性の持論。とは言っても、体調不良を心配した女性が家に来てしまえば二日酔いがばれるのは明白な上、隠したことをこっぴどく怒られる可能性も大きくなるでしょう。


 

最後に

体調不良と聞かされれば、自分の気持ちよりもとにかく相手を心配してしまうのが私達。でも、その裏で男がぺろっと舌を出しているところを想像すると、とても腹が立ちますよね。

残念なことですが、人間はお互い顔を合わせない電話であればどんな嘘だって平気でつけるもの。中には「突然デートが面倒になった」など、非常に自分勝手な理由でデートをドタキャンする男性もいます。

嘘をつく人とのお付き合いは苦労しがち。何らかの理由でドタキャンの真相を知った際には、相手の男性へのアプローチは考え直した方がよいかもしれませんね。

男性がデートをドタキャンする時の6の理由

①デートが怖くなった
②突然仕事が入った
③友達との予定を優先した
④金銭的に厳しい
⑤寝坊した
⑥二日酔い


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『真実の診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐