婚約指輪/エンゲージリングの知っておくべき本来の意味

婚約指輪やエンゲージリングと呼ばれるリングの由来や意味について、みなさんはご存知でしょうか。プロポーズをするときや婚約、顔合わせなどを行うときに必要と言われているリングですので、本来の意味を知っていて用意するというよりは、なんとなくその時がきたから用意をするという人が多いかもしれません。

しかし、本来の意味を知っていると、エンゲージリングの選び方や渡しかたなどがさらに楽しく、そして感動してもらえるようになるのではないでしょうか。今回は婚約指輪/エンゲージリングの本来の意味についてご紹介いたします。

 

婚約指輪/エンゲージリングの知っておくべき本来の意味

 


エンゲージリングの意味①円の形は永遠に途切れない

まずは、多くの人が知っているエンゲージリングの意味です。

婚約を意味するエンゲージリングは、プロポーズをする際に相手に結婚したい気持ちとなる証明として相手に送られるものですね。この婚約の証明となるものとして、エンゲージリングが使われるようになったのは、古代ローマ時代と言われています。

この時代は、今のようなダイアモンドなどの石がついたものではなく、鉄が素材の強く頑丈な輪になった形のものが使われていました。もともとこの時代の象形文字において、結婚は“〇”円を書き、それこそが結婚を意味していました。そこから鉄のリングが婚約のときに使われるようになったと言われています。円の形は永遠に途切れないということを意味していたため、このリングの形が用いられたのです。

エンゲージリングの意味②左指につけるのは静脈があるから

エンゲージリングは、左手の薬指につけるものですが、なぜ左手の薬指につけるかご存じでしょうか。

薬指につけるようになった由来は、古代エジプト時代の言い伝えが始まりと言われています。その言い伝えでは、左手の薬指には心臓につながる静脈があると言われていたためです。心臓と薬指は繋がっているということは、その指に婚約指輪をつけることで、よりいっそう二人の絆を深いものにするということになるのだという言い伝えがあるのです。

エンゲージリングの意味③お金を貰った証として

エンゲージリングは、多くの人がプロポーズのときにもらうものだと想像するのではないでしょうか。

しかし、エンゲージリングというのは、古代ローマ時代には今とは少し違うものとして渡されていました。今は結婚を申し込むとき、つまりプロポーズのときに渡すのが一般的ですが、昔はそれほどロマンチックな話ではなかったようです。

昔は先祖や子孫を残すことこそがとても大切だという考えがあり、結婚する家と家の間では、花婿にあたる男性の家が花嫁側の家にお金を支払って花嫁をもらうというスタイルが当たり前でした。お金をもらったその証拠として指輪をつけるという風習が始まりました。のちにこの指輪をもらうという風習だけが残り、今では結婚の約束をかわしたときにつけるようになりました。

エンゲージリングの意味④結納での婚約の証

先ほどは、エンゲージリングは多くの人がプロポーズのときに渡すものという紹介をしましたが、日本には結納という昔からの伝統的な儀式がありますね。結納の中では指輪は婚約記念品という扱いとなり、この場を借りてエンゲージリングを家族や親族にお披露目するという流れが一般的です。プロポーズのときにエンゲージリングをもらっていたとしても、結納の場で指輪を披露する風習があるのです。

また、プロポーズのときにエンゲージリングがなくても、結納のときまでにエンゲージリングを用意し、婚約の証として披露することが多いのです。

エンゲージリングの意味⑤ダイアモンドのイメージはCM

エンゲージリングといえば、ダイアモンドの指輪というイメージが多いのではないでしょうか。

しかし、エンゲージリングの歴史をみてみると、なんと昔は誕生石や真珠、パールをあしらったエンゲージリングがほとんどでした。特にパールは月の光と同じような輝きがあり、とても高価なものとして取り扱われていたため、昔はパールのエンゲージリングが一般的だったようです。

エンゲージリングにはダイアモンド!という考え方になったのは、大手のダイアモンドを使った指輪やジュエリーを販売している会社のコマーシャルがあったからのようです。そのコマーシャルがもとで、エンゲージリングにはダイアモンドという考え方が一般的になりました。

エンゲージリングの意味⑥ダイアモンドである理由

先ほどは、日本ではコマーシャルがもとでエンゲージリングにはダイアモンドという考え方がでてきたということをご紹介いたしました。では、なぜ、エンゲージリングには、ダイアモンドなのでしょうか。

そのわけは、ダイアモンドの特性や石言葉にありました。ダイアモンドの特性は、キラキラと綺麗で繊細な光を放つことで有名ですが、その他にもダイアモンドはダイアモンド同士でなければ削ることができないという性質もあり、とても硬く頑丈な石です。また、ダイアモンドの石言葉は、純真無垢で、結婚や花嫁にはぴったりの言葉です。

このような石の特性や石言葉がもとで、エンゲージリングにはダイアモンドが使われるようになりました。

エンゲージリングの意味⑦つけるタイミングは様々

エンゲージリングをもらうタイミングは、プロポーズの時やプロポーズを受けた後など様々ですが、どんなタイミングでつけ始めればいいか分からない人も多いようです。婚約したことを公にしていない人にとっては、職場や友人の前でもつけることに躊躇してしまうのです。

特に仕事をしている女性にとっては、この問題はやっかいで、結婚することを報告するまではエンゲージリングを日常ではつけづらいと感じたりします。そのため、多くの女性が、休日やなにか特別なイベントのときにだけつけるようです。

エンゲージリングの意味⑧買うタイミング

エンゲージリングは、婚約の証であるということはわかりましたが、プロポーズのときまでに準備をする人もいれば、プロポーズのあとに二人でエンゲージリングを購入しに行ったりと、実際のところはエンゲージリングを買うタイミングはさまざまですね。

プロポーズをこれからしようと考えている人にとっては、このタイミングこそが難しいところです。プロポーズのときに、エンゲージリングを差し出す演出にするか、後日彼女が気に入ったデザインのものを購入するか、どのようなパターンが二人のイメージに合うか想像しながら購入するタイミングを見つけてみましょう。


 

 

最後に

エンゲージリングには、古代ローマ時代や古代エジプト時代からのエンゲージリングの歴史の名残りが今も一部守られ、伝わっていることがわかりましたね。私たちが常識と思っていたエンゲージリング=ダイアモンドということも実は昔は違っていましたが、ダイアモンドの特性や石言葉などさまざまなことが重なり、今のエンゲージリングのもととなりました。これらのエンゲージリングの歴史や意味を知って、これからエンゲージリングを購入する人は、素敵なエンゲージリング選びができるといいですね。

婚約指輪/エンゲージリングの知っておくべき本来の意味

①婚約の証明となるもの
②エンゲージリングをつける指の由来
③エンゲージリングをもらうタイミング
④結納のときにおさめるエンゲージリング
⑤エンゲージリングにはダイアモンド?
⑥エンゲージリングにダイアモンドをつけるわけは?
⑦エンゲージリングをつけるタイミング
⑧エンゲージリングを買うタイミング


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐