遠距離恋愛の不安解消★長続きさせる6つのコツ

遠距離恋愛の不安解消★長続きさせる6つのコツ
付き合っている相手が進学や転勤で遠くに行ってしまう、旅先で出会った相手が遠くに住む人だった…など、できることなら避けたいけれど、遠距離恋愛をすることになる人も少なくないでしょう。

遠距離恋愛は大変なイメージがあるかもしれませんが、場合によっては絆が深まったり、お互いが成長できるチャンスです。

この機会をマイナスにするのも、プラスにするもの、あなた次第。コツさえつかめば、遠距離恋愛の方が刺激的に感じることもあるかもしれません。ということで、遠距離恋愛を長続きさせるためのコツを紹介しましょう。

 

遠距離恋愛の不安解消★長続きさせる6つのコツ

 

遠距離恋愛のコツ①連絡をまめにとる!

遠距離恋愛をする上で何よりも大切なことは、連絡をまめにとることです。離れているから、相手の様子が見えないからこそ、小さな不安が短時間のうちに大きくなるものです。一度心の中に芽生えた猜疑心は、なかなか消えてくれません。

ですから、相手からメールが入り、忙しくて返信できないときも、「あとで返信すればいいや!」ではなく、「今、ちょっと手が離せないから●時ごろゆっくり返事するね。メールありがとう」の一言をメールしておきましょう。この一言があるのとないのとでは、離れて待っている相手の気持ちの余裕が全然違ってきますし、逆にわざわざ連絡をくれたことに感謝してもらえるかもしれません。最初は面倒に感じるかもしれませんが、コツさえつかんでしまえば、これができることで遠距離恋愛を安定させることができますよ。

遠距離恋愛のコツ②電話はキーワードを紙にメモしながら!

遠距離恋愛の強い味方が電話。最近ではスカイプなどで顔を見ながら話をするカップルも多いのかもしれません。しかし、この電話の時間がやっかいです。お互いに住んでいる場所での学校や仕事という生活を終え、家に戻ってきてからの電話なので、疲れていることも少なくありません。いろいろ話したい側と、疲れているから早く済ませたい側、この温度差があると、電話でケンカ!なんていうことになりかねません。

電話では必ずどちらか一方が話したいことが多く、話したい側の話を聞く側がどれだけ真剣に聞くことができるかが重要です。

相手が何かを話しているときには、真剣に耳を傾け、親身になってあげて下さい。相手が見えない電話だと、テレビを見ながら会話をしていたりして、適当な相槌を打ちかねませんが、これは危険です。そこで、相手の話に集中をするコツが、キーワードになりそうなことを、メモでもしながら聞くという方法。耳からだけではなく視覚からも相手の話の情報が入ってきて、話しに集中しやすくなります。

遠距離恋愛のコツ③意識的に質問をする!

遠距離恋愛というのは2人の人間が全く違った時間を過ごしていますから、一人はすごく調子がいいけれど、逆にもう一人は調子が悪いということもあります。近くでお互いを見ていれば、すぐに気づくかもしれませんが、離れていると気づくことも難しいです。調子の悪い人間がそれを隠そうとしていたら、なおさらです。ところが、遠距離恋愛のカップルというのはやっかいなもので、「言わなくても気づいて欲しい」という思いが強くなりすぎることがあります。

そこで、離れている相手の様子を知るためのコツが、「仕事の調子はどう?」「学校の勉強はどう?」「バイト、楽しい?」など、相手の様子を尋ねる質問をいろいろするということです。こうすることで、調子が悪い方の人は、気にしてもらえているという安心感を感じることができます。

そして尋ねられた方も、素直に打ち明け、甘えたいときには甘えましょう。ついつい自分にあった出来事を報告したくなりますが、報告は知らず知らずのうちにしているもの。意識して相手に質問をするぐらいでちょうどいいバランスになります。

遠距離恋愛のコツ④お互いに相手の住んでいるところに行く

遠距離といっても、隣の県ぐらいの距離から、海外という長距離まで、いろいろな遠距離恋愛があると思いますが、可能な限りお互いに相手の住んでいる場所を最低でも一度は訪れるのも、遠距離恋愛を長続きさせるコツのひとつです。相手の住んでいる家、街、よく行くお店、お気に入りの場所、そんな場所を一緒に訪れるだけで、相手の日々の生活の中に自分のイメージを残すことができます。また、訪れた方も、その後電話などで話すときに、相手の生活をイメージして話せるようになるので、それだけでも安心度がぐっと増します。

ただし、どちらか一人がやたらともう一人の相手のところを訪ねすぎると、「私(俺)ばかり、いつも行ってるのに」という不満につながってしまうので、適度に、そしてバランスよくお互いに訪ねあいましょう。

遠距離恋愛のコツ⑤不安を感じても、それを口に出さずに自分で乗り越える

言葉というのは、一度口に出してしまうと、一人歩きを始めて、どんどん大きく膨らんでいくことがあります。最初はなんとなく不安かも…と思っていた気持ちが、「不安なの」と言葉にすることで、私は不安なんだ!と自分に言い聞かせてしまうことになりかねません。不安を抱かないことはないと思いますが、それをすぐに口に出すのではなく、一度自分の中でゆっくりと考えてみることも遠距離恋愛には欠かせないコツです。

仕事がうまくいってないときほど不安になりやすかったり、何か他のことが気になるから、恋愛に対してまで不安になっているかもしれませんよ。

遠距離恋愛のコツ⑥お互いに共通の趣味などを持つ

遠距離恋愛で離れて生活していると、いろいろなことが違ってきます。職場や学校が違うのはもちろん、普段付き合う人も違ったり、毎日のことでいえば天気だって違います。だからこそ、二人に共通する何かを見つけることが、遠距離恋愛の二人をつなぐコツになります。

会ったときに一緒に楽しめるようにお互いにテニスなどのスポーツを習ったり、いつか一緒に海外旅行に行く目標を立てて語学の勉強をしたりといったことから、毎週同じドラマを見て、その後で感想を電話で話し合ったりといった小さなことでもいいと思いますよ。

 

最後に

遠距離恋愛は恋愛をする二人にとっては試練と言えるでしょう。けれども、この試練を乗り越えることができれば、信頼感が増し、絆が強くなります。ふとすると、不安になったり、ネガティブに考えやすい遠距離恋愛。長続きさせるためのコツを頭に入れて、上手に過ごしてみませんか。

遠距離恋愛の不安解消★長続きさせる6つのコツ
①連絡をまめにとる!
②電話はキーワードを紙にメモしながら!
③意識的に質問をする!
④お互いに相手の住んでいるところに行く
⑤不安を感じても、それを口に出さずに自分で乗り越える
⑥お互いに共通の趣味などを持つ

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。