結婚式に会社の人は呼ぶべきか?6の考え方

結婚式を行うにあたって、とても大切な作業があります。それはゲストの選出です。ふだんお世話になっている人や友人、親族を招いて結婚式を行うのが通常ですので、もちろん会社に勤めている人は会社の人を招待するというのが一般的な考え方になるのではないでしょうか。

ですが、みなさんの中には会社の人を呼ぶべきか悩んでいる人もいるでしょう。会社によっては、長年の習慣で結婚式に招待しないというところもあります。また、サービス業についている人にとっては、休日の結婚式には招待しづらいこともあるでしょう。今回は、多くの人が悩む結婚式に会社の人は呼ぶべきなのかを考えていきましょう。

 

結婚式に会社の人は呼ぶべきか?6の考え方

 


結婚式の形式を考えよう

結婚式や披露宴には、さまざまなパーティースタイルがあり、そのスタイルによっては会社の人を呼ばなくてもいいことがあります。例えば、親族のみで行う披露宴や友人たちをメインとしたパーティーとするなら、会社の人を招待する必要はないでしょう。

しかし、気をつけなければならないことは、招待されなかったと思われないように、結婚の報告と同時に結婚式のスタイルを伝え、最初から招待する予定がないことを伝えておかなければなりません。のちのちトラブルにならないように、初めにパーティーのスタイルを決めておくことがとても大切です。

会社の習慣を考えよう

会社の規模によっては、社員の結婚式におけるルールや規則が決まっている会社もありますね。例えばマンモス会社であったら、会社の人を全員招待する必要はないでしょう。同じ部署の人をメインに呼ぶのが普通ですが、それでも社員が多い場合もあります。会社によっては、同じ部署の直属の上司だけを呼ぶというルールが決められているところもあります。

また、上司以外に同僚や同期をメインで呼ぶ習慣の会社もあるでしょう。それぞれの会社の習慣に従って招待するようし、規定を守りルール違反がないように心がけましょう。

お世話になっている人だけ招待しよう

会社の人を呼ぶということは、直属の上司や部下、同僚や同期を招待するのが当たり前ではありますが、自分の気持ちだけを考えたときに上司を本当は呼びたくなかったりしませんか?

ルールや規則にしばられて仕方なく上司を招待しなければいけないという人も多いはずです。ですが、せっかくなら心置きなく楽しめる披露宴にしたいと思いますね。そのようなときは、本当に招待したい!と思う会社の人にだけ披露宴に来てもらえるように招待してみましょう。

もちろん、招待されなかったと知ったら、嫌な思いをする上司がいることもたしかですので、招待する際は細心の注意が必要です。せっかくの結婚式に人間関係のトラブルが起こらないように気をつけながら、当日の結婚式で思う存分楽しめるように、ゲストを選出してみましょう。

これから仕事を続けるかどうか考えよう

結婚式が終わったあとにも、しばらく仕事を続けるかどうかはとても大切なポイントとなります。もしも、この先もしばらく続けるのなら、これからの仕事で影響がでないように考えながら選出しなければなりません。そのようなときは上司や先輩だけではなく、これからも一緒に頑張っていくメンバーである同僚や同期を招待することは大切です。

また、結婚を機に仕事を辞めるのであれば、会社の人を招待する必要もないかもしれません。しかし、新郎新婦のゲストの割合を均等にする必要があるため、祝辞を頂戴する人を両方から選出しなければならないということもありますね。そのような場合は、上司や先輩だけを招待し、相手側に合わせつつ、会社の人に失礼がないようにしましょう。

会社の職種はどうか

勤め先がサービス業や医療関係、さらには土曜日、日曜日、祝日などがメインで仕事という会社にとっては、結婚式に招待しづらい場合もあります。結婚式に招待したくても、会社優先で休みが取れないということもあるでしょう。そのような会社に勤めている人は、できるだけ繁忙期を避けた日程にし、仕事にできるだけ支障がでないよにするとよいでしょう。

少人数の職場はどうか

もしもサービス業などの職種でかつ少人数で経営している会社は社員全員が出席できないというケースがあります。結婚式当日を会社を休みにして全員で出席してもらえる場合もありますが、土日が繁忙期の職種にとっては、なかなか難しいかもしれません。どうしても招待したい場合は、早めに日程を伝え、上司たちと調整するようにしましょう。


 

最後に

会社によって、さまざまなルールや規定があり、結婚式に招待する人を選出するのは、意外と大変だと感じる人が多いかもしれません。結婚式に招待するべきかどうかは、一般的には招待するのがふつうですが、自分たちのやりたい式のかたちや雰囲気を重視させ、心残りがないようにゲストを招待しましょう。

結婚式に会社の人は呼ぶべきか?6の考え方

①結婚式の形式を考えよう
②会社の習慣を考えよう
③お世話になっている人だけ招待しよう
④これから仕事を続けるか考えよう
⑤会社の職種はどうか
⑥少人数の職場はどうか


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐