結婚式が安く見えない上手な節約の仕方6パターン

結婚式は漠然とお金がかかるというイメージがある人も多いのではないでしょうか。

実際に結婚式場で見積もりを出してもらい、あまりの金額に愕然としたり、不安になる人もいるでしょう。ですが、結婚式は工夫次第で節約ができて、なおかつオリジナリティーが溢れるものにすることもできるのです。しかし、全てを手作りなどのアイテムにしていては、結婚式自体の質が落ちてしまいかねません。

これからご紹介します上手な節約の仕方を参考にして、安く見えない自分達らしい結婚式を作っていきましょう。

 

結婚式が安く見えない上手な節約の仕方6パターン

 


結婚式の節約①ペーパーアイテムを自分で手配OR手作りする

招待状や配席表、名札などのペーパーアイテムは、基本的に結婚式場の見積もりに入っていることが多く、招待する人数やデザインによって値段に大きな差がでてきます。

結婚式場から発注されるペーパーアイテムはデザインが洗練されていて、専門の業者によって仕上げられるので、ミスなどもなく質の高いアイテムが完成します。しかし、それらは価格が高いことがほとんどです。

ですが、それらのペーパーアイテムを自分で発注したり、または自分で作るとオリジナルなアイテムができ、少し安く仕上げることができます。最近では、ペーパーアイテムを専門としたオンラインショップも多数あり、デザインも豊富で結婚式場で頼むよりも安い値段でできることがあります。また、デザインすることやPC作業が好きな方は、これらを手作りすることでかなり価格を抑えることができます。使う用紙もインターネットで安くで仕入れることができ、手作りとはいえ、質が高いものを作ることができるでしょう。

結婚式の節約②結婚式場のフェアや試食に行く

ゲストにとって結婚式でメーンとなるのは、やはりお料理ですね。料理の味はもちろんですが、結婚式らしい華やかできれいな見た目も重視したいところです。

しかし、見た目や味、質や量にこだわっていては、かなり高い料理の金額になってしまいます。そこでおすすめしたい方法が、フェアや試食に行き、どんなお皿が使われているかをチェックするということです。

使われているお皿が華やかなだけで、料理も見栄えがし、高級感が出てきます。ですが、食材自体が多く使われていないとなるとそこまで料理の金額が高くならないことがほとんどです。ですので、その結婚式場でどのようなお皿でどのように盛り付けられてくるかをよくチェックするのがおすすめです。

結婚式の節約③テーブル装花を工夫する

結婚式のときは、ゲストのテーブルや自分たちのメーンのテーブルにお花が必須ですね。しかし、このテーブル装花は予想以上に高い金額に設定されていることが多いのです。ですが、金額を下げるとテーブルに豪華さが足りず、なんだか物足りないと感じてしまいがちです。

そこで工夫したいのが、花となにかを組み合わせるということです。例えば、バルーンを使うのはどうでしょうか。バルーンは一つひとつの単価が安く、花と組み合わせやすいので見た目も華やかなテーブル装花となります。

また、貝殻やワインボトル、キャンドルなどを飾ることで花にかかる費用を抑えながらテーブル装花を楽しむことができます。

結婚式の節約④ウェルカムスペースを手作りする

ゲストが楽しみにしているものとして、結婚式が始まるまでのウェルカムスペースで二人の写真やグッズを見るということがありますね。ウェルカムスペースに置く等身大のパネルや写真を使ったウェルカムボード、ふたりの思い出の品やグッズなどさまざまなものがありますが、どれも正規で購入したり注文すると金額が高いものばかりです。

ここで節約する方法としては、写真を使ったグッズやフラワー系のグッズの場合は手作りできないかを検討し、100円ショップなどで材料が揃えられないか考えてみしょう。写真に関しては、データから自分で印刷する方が安く仕上がることが多いので、自分たちで作れそうなものは、できるだけやってみましょう。

結婚式の節約⑤引出物アイテムを吟味する

引出物もゲストにとって楽しみのひとつです。しかし、金額が分かりやすいのもこの引出物で、ケチったなとすぐにばれてしまうものです。

そこでまず引出物選びで気をつけた方がよいのはカタログギフトです。このカタログギフトはいくらのカタログなのかがだいたい検討がついてしまうということと、大手のカタログギフトとなると、百貨店やデパートでも取り扱ってあるため、金額を知られてしまうことになります。カタログギフトは、ゲストの手荷物の負担にならず、いいアイディアと思われがちですが、金額などの面でみるとゲストにばれやすいものとなり、注意が必要です。

また、カップやお皿などの大手の有名会社のものを引出物にする際も金額が分かりやすいため、注意しましょう。

そして、引出物を結婚式場から発注するときは、だいたいの会社が引出物料金に仲介料を上乗せしています。また、引出物を外部から持ち込むときには、持込料金が発生することもあります。仲介料などの上乗せと外部からの持込料金のどちらが安いかを見積もりやプランナーからの話でよく聞き、検討しなければなりません。

結婚式の節約⑥衣裳を工夫する

結婚式の費用の中でも、大きく左右されるのが衣裳代金です。何度もお色直しをしたいという夢がある人も多いでしょう。しかし、1着の金額を聞いて、あきらめざるを得ないというのが現実かもしれません。

ですが、みなさんは2Wayドレスというものをご存じでしょうか。この2Wayドレスにはさまざまなタイプがあり、ドレスの丈がミニ丈になったり、ベアタイプのものにケープやホルダーネックがついたりと、色々な種類があり1着のドレスでいくつかのバリエーションを楽しむことができるのです。そうすると、ドレス1着の値段で節約しながら2回のお色直しをすることができますね。

また、新郎のタキシードもお色直しのときにタキシードごとチェンジするのではなく、カッターシャツやネクタイ、ハットなどの小物に変化を持たせることで、タキシード1着分を節約することができます。


 

最後に

結婚式はゲストに楽しんでもらいつつ、費用もできるだけ抑えていきたいものですが、なかなか難しいですね。ゲストにチープさがばれたりケチったと思われるのは、とても悲しく、できるだけ避けたいものです。ご紹介した節約方法を活用しながら、質の高いゲストから満足してもらえて、自分たちも誇りを持てるような結婚式を目指しましょう。

結婚式が安く見えない上手な節約の仕方6パターン

①ペーパーアイテムを自分で手配OR手作りする
②結婚式場のフェアや試食に行く
③テーブルの装花を工夫する
④ウェルカムスペースを手作りする
⑤引出物アイテムを吟味する
⑥衣裳を工夫する


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐