告白前に要確認!これが失敗する悪い例6パターン

「好きな人と恋人同士になりたい!」その想いを叶えるためにするのが告白ですが、告白の仕方によって成功率が変わることをご存知でしょうか。女性からの好意を嬉しく思わないという男性は少ないですが、好意を嬉しく感じるのと、告白に応じるかどうかは、また別の話なのです。

告白も、伝え方を間違うと失敗してしまうかもしれません。今回は、男性が思わず断りたくなってしまう、告白の失敗パターンをお話します。

 

告白前に要確認!これが失敗する悪い例6パターン

 


①まだ親しくなっていないのにいきなり告白する

奥手な女性が勇気を振り絞ったときにやってしまいがちなのが、いきなり告白するということ。自分は陰ながら、長い間その男性のことを見つめているので、色々と知っているのですが、男性側からしたら、「なんで?なぜ自分?というか君は誰?」と困惑してしまいます。

もしも、あなたが意中の彼の好みのタイプど真ん中であれば、喜んで応じてもらえるでしょうが、そういった偶然は現実にはなかなか起こらないものですよね。親しくなる前にいきなり告白するのは、最も失敗するパターンなのです。物事には順序があり、それは恋愛も同じです。告白は、意中の男性に、自分のことをある程度知ってもらってからの方が、成功率が高まります。

②メールやLINEで告白する

逆に、親しくなってからやってしまいがちなのが、メールやLINEでの告白です。文字でのやりとりは、文字ならではの楽しさがありますが、告白のような大切な気持ちを文字で伝えると、受け取り側は文字しか情報がないため、あなたがどれだけ本気なのか、どんなつもりでそのメッセージを送っているのか、判断に迷ってしまいます。

もしも、両想いだったとしても、だからこそ慎重に構え、男性は返信に頭を悩ませることでしょう。「もしかしたら冗談かもしれない」「これは付き合ってほしいという意味ではないのかも」と、自分の気持ちを正直に返信することにためらってしまいます。

そして、断りたい場合は、「あえて冗談だと解釈して適当に受け流す」という方法がとりやすいのが文字のやりとり。男性にとっては、目の前で断って悲しむ女性の顔を見ないで済むので、断りやすい告白なのです。

メールやLINEの告白は応じづらく断りやすい、失敗パターンの典型でもあります。重要なことは、やはり相手の目を見て伝えましょう。

③不安だから友達に付き添ってもらって告白する

男性には絶対にありえない告白、それが友達に付き添ってもらった告白です。女性、というか女子がやりがちな告白方法ですよね。友達が傍にいれば、告白する勇気が出せるかもしれませんが、男性にとっては最も嫌な告白のシチュエーションなのです。

なぜならば、男性は恋愛のようにプライベートな自分の顔を見せる相手を、選ぶ傾向にあるからです。あなたからの告白そのものは嬉しく思っていたとしても、そんな大切な場面に第三者がいるという状況が耐えられません。友達を連れての告白は、男性にとってはデリカシーのない対応であり、そういう告白方法を選んだというだけで、断る理由になり兼ねないのです。

友達に付き添ってもらう告白は、好きな男性の立場を全く考えない独りよがりな行動で、高確率で失敗するパターン。告白は男性と二人きりになったときにした方が、成功率はぐっと高まるのです。

④自分の気持ちを押し付けた告白をする

押しかけ女房という言葉がありますが、男性の気持ちを汲み取らず、「なんでもいいから付き合って!」と気持ちを押し付けるような告白は、男性が思わず逃げたくなってしまう失敗パターンです。

今の時代、恋愛に受け身で押しに弱い男性は多いですが、それは女性からの思いやりがあってこそ成り立つもの。好きな気持ちを伝えることは大切ですが、男性の立場になって考える優しい女性でいることも、同時に大切なのです。

⑤怖くて曖昧な告白をする

断られるのが怖くて、告白なのか何なのか判断が難しい言葉で伝えてしまうというのも、失敗しやすい告白です。

あなたにとっては一世一代の告白だったとしても、「好きです」や「恋人になってください」「付き合ってください」など、具体的な言葉が入っていないと、男性も対応に困ってしまいます。そして、そんな時は大抵「まさか、告白じゃないだろう」と受け取ってしまうものなのです。

この告白で最も恐ろしいのは、あなたが「告白したのに返事がないのは断られたということだ」と誤解してしまうこと。相手が告白だと解釈していなかった場合、それは告白に入らないのです。もしかしたら、好意を上手に匂わせたことで、男性があなたを気にかけるようになっているかもしれません。男性から告白の返事がない場合は、失敗したと思わず、しばらく様子を見ましょう。

⑥お酒の力を借りて告白する

男性も女性もやってしまいがちな告白の失敗パターンが、お酒の力を借りた告白です。失敗しやすい理由は、自分が思っている以上に冷静さを欠いてしまうから。告白する側も、される側も、次の日の朝すっかり酔いが冷めた時に「なぜあんなことをしてしまったのだろう」と後悔が残りやすいのです。

せっかく二人でお酒を飲むほどの仲になれたのですから、相手の好意と自分の気持ちを信じて、告白はお酒抜きで、飲んだとしてもほろ酔い一歩手前の1~2杯までにした方が良いでしょう。


 

最後に

告白は、自分の気持ちを相手に伝える行為ではありますが、だからといって、自分の気持ちばかりを優先させてしまうと、失敗する可能性が高まってしまいます。

告白は、相手の気持ちを考え、時と場面と言葉を選ぶことが大切です。そうすれば、あなたのその思慮深さと優しさが伝わり、きっと男性は真剣に答えを考えてくれるでしょう。

告白前に要確認!これが失敗する悪い例6パターン

①まだ親しくなっていないのにいきなり告白する
②メールやLINEで告白する
③不安だから友達に付き添ってもらって告白する
④自分の気持ちを押し付けた告白をする
⑤怖くて曖昧な告白をする
⑥お酒の力を借りて告白する


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐