実際にあった楽しい面白い結婚式8パターン

みなさんは参加した結婚式で印象に残る楽しかった結婚式や面白かった結婚式はありますか?

これから結婚式を控えている人にとって、どんな内容の結婚式にしようかと頭を悩ませるところでもありますね。結婚式では、感動や笑い、涙、面白かったことや楽しかったことなど新郎新婦の人柄を表しつつ、印象に残る結婚式になるのが一番ですね。特に、感動ではなく、笑ったな~という思い出や楽しかったな~という印象はいつまでもゲストの心に残り、素敵なエピソードとして伝えられるものです。

本記事では、シーン別に実際にあった楽しい面白い結婚式のエピソードをご紹介いたします。

面白い結婚式のエピソード①
ヴァージンロードでドレスの裾を…

結婚式で人気のチャペル挙式では、ヴァージンロードを新婦とお父さんで歩くのが一般的ですね。そんなヴァージンロードを歩くときの思い出に残るエピソードとして多いのが、お父さんが新婦のドレスを踏んだまま入場してしまうというものです。

緊張しているために、ドレスを踏んでいることに気付かない父親とドレスの裾を踏まれているために歩きにくく、どこかぎこちない感じで入場するふたりの姿に会場は感動と和やかな雰囲気に包まれ、笑いのある素敵な入場となりやすいです。緊張と厳粛なムードであっという間に終わってしまう挙式ですが、このようなことがあると、家族やたくさんのゲストにも印象深い式になるのではないでしょうか。

面白い結婚式のエピソード②
父親が新郎を強く押しすぎて…

チャペル挙式では、入場から退場までの間にさまざまな儀式が行われます。一般的には父親と入場すると、ヴァージンロードの途中で新郎にバトンタッチされますが、その際に父親は新婦の背中を軽く押してあげるという流れがあります。

そのときに勢い余って、父親が新婦の背中を強く押しすぎて、驚く新郎新婦とそれを見ていたゲストから思わず笑いが起こることもあります。ヴァージンロードの最後の感動ポイントでの笑いは、楽しい式だった!という感想につながるでしょう。これからチャペル挙式を控えている人は、お父さんに気をつけるポイントとして教えてあげるとよいかもしれませんね。

面白い結婚式のエピソード③
誓いの言葉を間違える

次によくあるチャペル挙式でのおもしろエピソードは、誓いの言葉を間違えるというものです。

一般的には、神父様が言う言葉につづいて新郎が誓いの言葉を言ったりします。また、神父様からの”誓いますか?”という問いに対して”はい、誓います”というようなやり取りがありますね。これらの言葉を誓うときによくあるのが、自分が発言すべきところで、微動だにせず黙っているというものです。緊張のあまり、忘れていたり、神父様の言葉が耳に入っていなかったりということが原因のようです。

ゲストには、新郎の緊張が伝わってくる初々しい姿を見ることができる素敵でおもしろいエピソードになります。

面白い結婚式のエピソード④
指輪を間違って…

チャペル挙式で誓いの言葉が終わると次は指輪の交換があります。その時、通常は神父様からリングピローにのった二人の指輪が渡されます。そして新郎から新婦へ、新婦から新郎へと指輪をはめて指輪の交換が終了します。

しかし、そのとき新郎が手に取る指輪を間違えてはめてしまうというハプニングが多いのです。指輪の交換のとき、ゲストはなかなか見えづらくわかりにくいのですが、新婦が新郎へ指輪をはめるときに、新婦の小さな指輪をつけなければならず、なかなか指にはまらない状況を見て、もしかして?というようなおかしな雰囲気になってしまいます。そんなとき、新郎新婦が笑い出したり、神父様が仲介に入ったりすることでゲストからの笑いが起こりやすくなります。こちらも新郎の緊張が伝わってくる楽しい思い出となります。

面白い結婚式のエピソード⑤
誓いのキスで緊張して…

チャペル挙式では、どの儀式も緊張してしまうものですが、中でも一番に緊張してしまうのが誓いのキスではないでしょうか。誓いのキスでは、新郎が新婦のヴェールを取り、キスをしていく流れですが、ヴェールを上げる作業を忘れ、ヴェール越しにキスしようとして、キスの直前に気付き、やり直すという人もいます。

挙式中に緊張しているのは、新郎新婦くらいであり、見ているゲストは、緊張している二人をみると、おかしくなってくるものです。そのようなゲストの場を和ませてくれるパワーを借りて、リラックスして挙式に挑めたら良いですね。

面白い結婚式のエピソード⑥
披露宴の乾杯にて

披露宴では、多くの方がゲストに乾杯の音頭をとってもらうのではないでしょうか。祝辞を頂戴したりと、なにかとゲストにお願いすることも多いですが、その中でも披露宴の始まりの相図ともなる乾杯の音頭はとても大切なものの1つです。

乾杯の音頭を頼まれた人も当然緊張するのですが、その時の乾杯の発声を間違えてしまうというおもしろいエピソードを持っている人が多いのです。例えば、”かんぱーい”という発声部分を間違えてしまい、”ばんざーい”と締めの発声をしてしまうというものです。これらの掛け声のハプニングというものは、とても多く、緊張の場が和み、笑いがある明るい披露宴のイメージにつながりやすくなります。

面白い結婚式のエピソード⑦
ちびっこゲストからのプレゼントシーンにて

ちびっこゲストがいる場合、ちびっこたちから花束をもらう演出などをすることが多いかもしれません。さまざまなイベントにちびっこたちにも手伝ってもらうことで、ほんわかした可愛らしく温かな結婚式だったなと感じてもらえることでしょう。

しかしちびっこたちに付き物なのが泣いたり逃げたりするというハプニングです。もともとの予定と当日のちびっこたちの機嫌によっては予定が変更したりすることも多いようです。また、予定していないところでちびっこたちが登場したりすることもあり、このようなちびっこたちの気まぐれなハプニングが、たくさんの人の心を温かな気持ちにしてくれる楽しい結婚式にしてくれるでしょう。

面白い結婚式のエピソード⑧
花嫁の手紙が…

花嫁から両親へ手紙を読むシーンは披露宴の中でも最も感動するシーンではないでしょうか。特に花嫁サイドのゲストはこのシーンを楽しみにしているかもしれません。そんな感動するだろうなという期待を裏切って、楽しくあっという間に終わらせてしまう手紙を書く花嫁が急増しています。

理由としては、たくさんのゲストの前で手紙を読むのが恥ずかしかったり、相手の両親がいる手前手紙を読みづらいということがあります。そのため、花嫁の手紙を心待ちにしていたゲストにとっては、拍子抜けしたような感じとなり、楽しい結婚式だったというイメージをもたれやすくなります。

 

最後に

友人や親族など出席してもらったゲストたちから楽しい結婚式だったと言ってもらえるような結婚式はもちろんもともとのプログラムも大切ですが、思わぬハプニングからうまれることもあります。思わぬ出来事も意外のことに、楽しい思い出に変化することがあるので、そんなときは思いっきりそのハプニングを楽しむとよいでしょう。

実際にあった楽しい面白い結婚式8パターン

  • 1ヴァージンロードでのエピソード
  • 2チャペル挙式にて 父親から新郎へのバトンタッチ
  • 3誓いの言葉を間違える
  • 4指輪の交換シーンにて
  • 5誓いのキスにて
  • 6披露宴の乾杯にて
  • 7ちびっこゲストからのプレゼントシーンにて
  • 8花嫁の手紙シーンにて

★選んだカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“★

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。

『フューチャーオラクルカード』では、あなたが選んだカードを元に、訪れる運命の日をズバリお教えします。オラクル鑑定師が【初回無料】であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

⇒まずは、気になるカードを選んでみて下さい!⇐