大人の恋愛と子供の恋愛の違い♥大人になる為の6の分析

幼い頃考えていた恋愛の仕方と、大人になってから考える恋愛は違いますよね。歳をとるにつれて、「もっと大人っぽい恋をしてみたい!」と考える人も増えてくるのではないでしょうか?しかし、恋愛に関する大人子供をはっきりと区別できる人も少ないはず。

そこで今回は、大人の恋愛と子供の恋愛の違いについて説明していきます。この2つの違いに悩んだことのある方は、大人になる為に是非参考にしてみて下さい。

 

大人の恋愛と子供の恋愛の違い♥大人になる為の6の分析

 

大人の恋愛とは①先の将来を考える

「あの人と一緒にいたい!」という気持ちの高まりは、恋をしたことのある人なら誰でも経験済みだと思います。ただし、そこで感情に負けて突っ走るか、それとも冷静に考えるかが大人の恋愛と子供の恋愛の差。

子供の恋愛は相手への「好き」という気持ちを何よりも優先してしまいます。とにかく今自分が幸せであることが大事なので、未来に対する想像は皆無。彼の仕事が安定していなくてもお互い貧乏でも、一緒にいられればそれでいいというスタイルを貫くのです。

一方大人の恋愛は、その時々の感情には負けず現実的に考えがち。ひとつ恋をするにも、「付き合ったことによって自分達が将来どうなるか」を重点に置くので、衝動的に動くことはとても少ないでしょう。

このことから、大人の恋愛は子供の恋愛に比べてとても慎重であるということが分かります。

大人の恋愛とは②駆け引きが存在する

私達は大人になるにつれて、普段の会話の中、当然恋愛にも駆け引きが存在するようになってきます。とはいえ、それは精神的に大人になってからの話。

子供のうちにする恋愛には、難しい駆け引きなど存在しません。幼いうちは感情がストレート。言ったこと、書いたことが想いのすべてであり、そこに裏の意味は無いのです。

それに比べて、大人の恋愛を成功させるには駆け引きを理解する必要があります。相手の気を引くためだけに思ってもいないことを言うなど、少しでも自分に有利な状況に持ち込むために、頭をフル回転して臨まなければなりません。

駆け引きが重要となってくる大人の恋愛に比べて、何もかもが言葉通りの子供の恋愛の方が単純で幸せだったかもしれませんね。

大人の恋愛とは③自分を犠牲にできる

恋愛をする際、相手のためにどれだけ自分を犠牲にできるかどうかにも違いがあります。

子供の恋愛は良くも悪くも自分優先。何もかもが自分中心で我慢はあまりせず、相手に少しでも嫌なところがあった途端に別れを切り出す、ということも珍しくありません。それとは違い、大人の恋愛には自己犠牲が伴います。相手の仕事が忙しいことを理由に会えない日が続いたとして、それくらいで別れてしまっては誰とも長続きしません。

「寂しい」と泣きたい気持ちをぐっと抑えて、「いつもお疲れ様」と伝えるくらいの余裕を常に持っている必要があるのです。

恋人の事情で多少の不都合が起こってもそれは承知の上。自分を犠牲にする覚悟があるかどうかが、2つの恋愛の違いだと言えるでしょう。

大人の恋愛とは④家族を作るのが目的

何を目的に恋愛を楽しむかによっても、子供と大人の恋愛は考え方が違います。

精神的に幼い子供の恋愛は、基本的に相手との時間を楽しむことが目当て。2人で一緒にデートをしたり連絡を取り合ったり、そういったコミュニケーションが恋愛の醍醐味と考えられているようです。それに比べて大人の恋愛は、恋愛によって人としての本能を優先させようとします。

はっきり言ってしまうと、家族を作るということ。大人になってからの恋は結婚して家族を持つところまでを見通しているので、恋人期間の楽しみ方だけを目的としているわけではありません。

交際期間を経て夫婦となり、子供を作る。今この瞬間だけを楽しむ子供の恋愛において、この一連の流れを考えることはなかなか難しいかもしれませんね。

大人の恋愛とは⑤お金が必要

単純に年齢が上になってくれば仕事をする人も多くなってくるため、デートにかけるお金の額にも考え方の違いが現れます。

幼い恋愛というのは、あまりデート代は重要視しません。何しろ相手と一緒に過ごす時間が一番重要であるため、高級な食事や入場料のかかる施設でのデートは二の次。顔を合わせてお喋りするだけでも十分に幸せを感じることができます。

一方大人の恋愛は、お金の有無も関係を続けられるかに大きく関わってきます。やっぱりお金がない人よりも、ある程度裕福な男性の方がモテるのが現状。初デートでコンビニのパンを食べさせられたら、多くの女性はその男性に幻滅してしまうでしょう。

大人になると愛だけでは関係が続けられないということが、よく分かります。

大人の恋愛とは⑥性行為は愛を深めるポイント

精神的に幼いうちは考えられない異性との性行為も、大人になると深く恋愛に関わってくるようになります。

子供の恋愛をしているうちは、性行為に関する知識は持っていても、なかなか実際に体験してみようとは思いません。体の関係を持つことは未知の世界。やはり怖いという気持ちが勝ってしまい、実行に移そうとはしないのです。

それとは違い大人の恋愛は、体の相性や性行為の頻度もお互いの愛を深める重要なポイント。たとえ仲が良くても、体の相性が最悪だという理由で別れてしまうカップルも多いもの。また、収入が安定し子供を作り育てることにも余裕が出てきたことが、性行為に積極的になる理由のひとつです。

よって、スキンシップの中に性行為が含まれるかどうかが、大人の恋愛と子供の恋愛の差と考えてよいでしょう。

 

最後に

違いを6つ挙げてみると、大人の恋愛と子供の恋愛にはかなりの違いがあることが分かります。これらは肉体的な成長の他にも、精神的に成熟しているかどうかも大事なポイント。歳ばかり重ねても頭の中が子供のままでは、いつになっても大人の恋愛はできませんよ。

大人の恋をしているつもりでも、相手にとっては子供っぽい恋愛なのかも?この際自分の恋愛は大人と子供のどちらなのか、確かめてみてはいかがでしょうか。

大人の恋愛と子供の恋愛の違い♥大人になる為の6の分析

①先の将来を考える
②駆け引きが存在する
③自分を犠牲にできる
④家族を作るのが目的
⑤お金が必要
⑥性行為は愛を深めるポイント


★あなたに訪れる運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。結ばれるべき運命の人も、適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『もっと輝きたい貴女のために』では、あなたが背負っている運命星から、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら250名様限定で鑑定してもらえますよ。

幸運を知りたい方は、是非お試しください!