好きな人との会話で好かれる為の8のテクニック

好きな人との会話はいつでもドキドキしてしまうものです。せっかく好きな人と会話ができるのであれば、やはり会話の中で好かれたいと考えますよね。

実はいくつかのテクニックを取得することで、好きな人に好かれることができます。それでは好きな人との会話で好かれるテクニックをご紹介します。

 

好きな人との会話で好かれる為の8のテクニック

 


①リアクションは大きい方がいい

好きな人に好かれる会話をする時に、ほとんどの人はその会話内容を考えてしまいますが、まず話す言葉よりも大切なのが「リアクション」です。リアクションがない会話ほどつまらないものはありません。

例えばあなたが一生懸命話をしているのに、相手のリアクションが「その話、知ってる」と素っ気ないものだったら、ガッカリしませんか。「話さなきゃよかった」となりませんか。これは好きな人に対しても同じです。彼が話していることに、ちょっとオーバー気味にリアクションを返してみましょう。

「初めて聞いた!もっと教えて」「凄い!続きはどうなるの?」など、リアクションを返すことで、相手は話に興味を持ってもらえた、聞いてもらえるんだ、と嬉しくなります。まるで自分のことを理解してくれているようなリアクションを返してくれる相手を嫌いになるはずがありません。ですから、好きな人と会話をする時は通常よりも大きなリアクションをしてみましょう。

②自慢話より失敗談を多めにする

好きな人だけでなく友達の間でも言えることですが、自分の自慢話をする人は嫌われます。例えば自信過剰な男性が自分の会社での成功話や出世話を延々としていたら、どう思うでしょうか。二度とその人の話は聞きたくないと思いませんか。逆に自分の「失敗談」や「ダメな部分」を話す人は好かれます。

これにはちゃんと理由があります。失敗談やカッコ悪い部分を話すと大抵、相手に笑われます。しかしその笑いは馬鹿にしているのではなく、共感している場合が多いのです。

「あの人にも失敗談があるんだ」「私も同じようなことしている」など心が軽くなり安心感を与えているのです。もちろん「だから私はダメな人間なの」とマイナスになるのはよくありません。過去の笑い話として話す程度が1番好感が持てます。また「正直な人」という印象を与えることができるので、決して嫌な奴と思われることはありません。

③身振り手振りを付けて話す

好きな人と話す時にいつも同じ姿勢で一点集中して話す人は少ないと思います。話の中で言いたいことをより具体的に伝えるために身振り手振りをするのがほとんどです。この身振り手振りが大きい人に対して、人は「この人は温かい」という印象を持つのです。

逆に身振り手振りの少ない人や小さい人は「冷たい」という印象を与えてしまいます。この裏には身振り手振りを付けることで一生懸命会話をしているという姿勢が見られます。それが自分の為に一生懸命になっているというイメージに繋がり、相手の好感度をアップさせることができます。

クールな人にカッコよさを感じることもありますが、好きな人に好かれたいと考えるのであれば、やはり「感情を身振り手振りで豊かに表現する人」の方が好かれるのは一目瞭然です。

④喜びを大きく表現する

会話の中で自分の気持ちを表現する場面に出くわすと思います。気持ちや感情はひとつではありません。「楽しい、嬉しい」、「悲しい、寂しい」、「怒り、焦り」などプラスに動くものも、マイナスに動くものもありますね。感情表現が大きい人は会話の中で好かれる傾向にありますが、更に言うのなら感情の中でも「喜び」の部分を大きく表現する方が良いです。

美味しいものを食べた時の「美味しい」という表現、一緒にいられることへの「嬉しい」という表現など、相手が見ていて思わず笑顔になってしまう喜びを大きく表現すると、好きな人に好かれやすくなります。

逆に悲しみや寂しさを多く表現してしまうと、一緒にいてもつまらないのではないか、と相手に思わせてしまう可能性があります。すると徐々に好きな人があなたから離れていってしまいますよ。一緒に喜びを共感し合える仲になれればベターです。

⑤表情は豊かに基本は笑顔

好きな人との会話の中で、緊張して顔がこわばってしまうという人もいるでしょう。上手く相手の顔も見ることができず、声も小さめ、そして表情も笑えない…このような状況の場合、好きな人に好かれるまでは遠い道のりです。やはり好きな人に好かれるには表情が豊かな方が確率が上がります。

男性は女性の笑顔に弱いものです。男性の前で無表情であったり、ムスッとして見えてしまうと、男性は「楽しませることができていない」と自信を失ってしまいます。女性には笑っていてもらうほうが安心しますし、自分が楽しませてあげられていると自信が持てるのです。

ですから好きな人の前ではできるだけ笑顔で、表情豊かに話すようにしましょう。苦手な人は鏡の前で笑顔の練習をするのもおすすめです。笑顔がゼロの女性とたまにでも笑顔が垣間見れる女性とでは、男性からの印象に大きな差がつきます。「会話が笑顔で」を心に留めておきましょう。

⑥怖がらない、恐れない

好きな人との会話の中で「嫌われたらどうしよう」と思ってしまうと、どうしても人と会話するのが怖くなります。せっかく好きな人との会話のチャンスなのに、「こんなこと聞いたら嫌われるかも」「この質問は失礼かな」など、先読みして考えてしまうと、結局会話がないまま時間だけが過ぎてしまいます。

会話は日常茶飯事で自然に行うものです。「嫌われたらどうしよう」と考えると不安や恐れが先行して、会話を十分に楽しむことができなくなります。そこまで好きな人を怖がる必要はありません。嫌われる前から「嫌われたらどうしよう」では、相手のことを何も知ることができません。好きな人のことを知りたいのであれば、相手に興味を持って話をしてみることが1番の近道です。せっかくの仲良くなれるチャンスを逃してしまうのは勿体ないですよ。まずは気軽に話しかける勇気を持つことで、好きな人に好かれる会話が始まるのです。

⑦相手を肯定して褒める

自分のことや自分の話題を否定する人に好感は抱きませんよね。「こういうお話が好きなんだけれど」といった時に「えーそれはあまり好きじゃない」と言われてしまったら、それ以上会話は続きません。好きな人に好かれる会話をしたいのであれば、相手の話に興味を持って、まずは肯定して認めることです。

もしあなたの興味がないことやあまり好きでないものだったとしても、「どんなこと?もっと教えて」と質問してみたり、「私は苦手だと思っていたけれど、魅力を教えて」など、興味を持っていることが分かるように話題を進めましょう。

そして、彼が意気揚々とその魅力について語ってくれたら「凄い!興味が出てきた」「説明が上手だからよく理解できたよ」など、彼を誉めてあげましょう。人間は褒められると悪い気はしません。特に男性は持ち上げてもらうのが大好きなので、肯定する広い心と褒めることで、彼に好かれる女性になりましょう。

⑧好きな人との会話を楽しむこと

好きな人との会話の中で好きになってもらうには、やはり相手との会話を楽しむことが重要です。会話が続かなくても、緊張していても、好きな人と会話ができる喜びが相手に伝われば、空気が和みます。会話を楽しんでいれば、それは表情に出てきますし、自然と身振り手振りを付けて話をしてしまいます。

彼の一言一言にリアクションができれば、彼も話していて楽しいと思ってくれますし、あなたが嬉しそうなのであれば、それが自信になります。好きな人との会話の中で「何を話そう」と話の内容を考える人は多いですが、内容よりもそういった雰囲気を作る方が効果的です。

あなたと会話できることが嬉しい、一緒に入れて楽しい、そんな気持ちで好きな人との会話を楽しめば、自然と良い雰囲気になれること間違いなしです。


 

最後に

好きな人との会話で好かれる為のテクニックはいかがでしたか。モテる女性のテクニックにも当てはまる部分はありますが、「笑顔」、「リアクション」、「身振り手振り」この辺は必ず押さえておきたいポイントです。あなたの一生懸命さが伝われば、男性は決して嫌な感情をいだくことはありません。できることから挑戦して、是非、好きな人との距離を縮めてくださいね。

好きな人との会話で好かれる為の8のテクニック

①リアクションは大きい方がいい
②自慢話より失敗談を多めにする
③身振り手振りを付けて話す
④喜びを大きく表現する
⑤表情は豊かに基本は笑顔
⑥怖がらない、恐れない
⑦相手を肯定して褒める
⑧好きな人との会話を楽しむこと


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋愛の母』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐