年の差カップルがうまくいく恋愛の6の条件

今となっては年の差カップルはもう珍しいものではありません。しかし、やはり同年代同士のカップルよりも年の差カップルの比率はいまだ低いまま。10歳以上年上の彼氏ができた女性も、好きな人が相手とはいえこのままラブラブでやっていけるか不安なのではないでしょうか。

確かに、同じくらいの年齢である男女よりも、年が離れた男女がうまくやっていくには少々コツが必要になります。では、そのコツとは何なのか。今回は年の差カップルがうまくいく恋愛の条件をご紹介していきましょう。

 

年の差カップルがうまくいく恋愛の6の条件

 

年の差カップルの条件①お互いの価値観を認め合っている

お互い一回りも年が離れているのだから、それぞれ価値観が違って当たり前。でも、うまくいっている年の差カップルは、お互いの価値観を認め合っているため喧嘩はなかなか起こりません。

生まれ育ってきた時代に大きな差があれば、それだけ興味のあるものや知識も違ってきます。それをいちいち否定したりせず、むしろ相手から話を聞くことで自分も学ぼうとするのが、仲が良い年の差カップル。このように、いかに相手の価値観に関心を持つかがうまくいくための条件なのです。

逆に若い方を子供、年上の方を古いとけなすのは、お互いを理解しようとしていないため争いの多いカップルとなります。

年の差カップルの条件②それぞれが自立している

片方が学生ならともかく男女ともに社会人であれば、年上に頼り切っていいというわけにはいきません。長続きする歳の差カップルとは、お互いがきちんと自立しているもの。年上だからとなんでも頼らず、自分のことは自分でするという意識がしっかりしています。

経験が足りない分、年下の方の考えが至らないことはあるかと思います。でも、それを年上の彼氏が補い、年下である自分も自らの経験不足を素直に認めることで、争いが起こらず成長し合っていくことができるのです。また、自立しているのは金銭面でも同じこと。年下を理由にして彼氏から多くのお金やプレゼントを受け取らず、自分の分くらいは自分で払うという意思を見せると、相手側に好印象を与えることが可能になります。

相手に依存せずに自立すること。これがうまくいく年の差カップルの条件ですよ。

年の差カップルの条件③年上が抱える体力の衰えを理解している

一般的に、どのような生き物でも年齢が上がっていくにつれて体の機能が衰えていきますよね。実は、年上彼氏の衰えを理解していることこそ、年の差カップルがうまくいく条件のひとつ。

若い頃というのは体力が有り余っている時期なので、毎日遊び歩いてもそれなりに動けるもの。しかし、年上の彼氏は疲れを回復する速度が遅くなっているため、前日までの疲れを次の日に持ち越すのは当たり前なのです。しかし、体の衰えを理解して彼氏の体力に合ったデートプランを考えるなどすれば、体力的についていけないという事態は避けることができます。

自分は体力があると思って彼氏にハードなデートを強要せず、休みの日は映画館や公園で散歩などのんびりできるデートをする。いかに年上の相手を思いやってあげるかが、うまくやっていくための鍵なのですね。

年の差カップルの条件④お互いが聞き上手

うまくいっている年の差カップルほど、会話量が多いもの。それは、お互いが聞き上手だからです。

どちらが始めた話でも余計な口を挟まず、相手が満足するまで聞いてあげるという習慣がついていると、自然と争いの怒らない穏やかなカップルが出来上がっていきます。当たり前ですが、途中で相手を否定するようなことは言いません。楽しく話している最中に「それはあなたが間違っている」と言われることほど、話し手が不愉快になることはないのです。

「それは子供の考えだ」「あなたの考え方は古い」など、年齢差を感じさせるようなけなし方もNG。お互いが聞き上手になることで、男女の会話は更なる広がりを見せていきますよ。

年の差カップルの条件⑤年上彼氏がお洒落

年をとっていくとやはり若い頃よりもファッションへの興味が失せていく、という人が多くいます。でも、仲良しである年の差カップルは年上の方もお洒落。

若い人からしたら彼氏にお洒落でいて欲しいのは当然のことです。年が上の彼氏が着る服が格好悪いというだけで「ただのおじさん」としか思えなくなり、2人の仲はギスギスしてしまいます。しかし、年上の方も服装に気を遣っているならば、服装の面では年の差は感じさせません。たとえ年が離れているといっても意識を若く保つことで、いくらでも年齢に合ったお洒落な格好をすることができるのです。

元の素材がどうであれ、ファッションセンスがある彼氏は女の目から見て格好いいもの。年齢を理由として服への興味が失せれば、それは年の差カップルがうまくいかなくなることを意味しています。

年の差カップルの条件⑥同年代の異性の話をしない

「気にしていない」と周囲に言ってはいるものの、やはり年が離れていることを2人はどこかで気にしています。そんな時に、同年代の異性の話をしてしまうことは、お互いの仲を引き裂く原因に。逆を言えば、うまくいっている年の差カップルは自分と同じ年代の異性の話をしないのです。

大きく離れた年齢をコンプレックスに感じていれば、それだけ相手と同じくらいの年である異性の話題には敏感になってしまいます。その挙句「やはり同年代の異性が魅力的なのか」と疑い、相手を束縛するなどすれば、せっかくうまくいっていた仲もあっという間に冷え切ってしまうでしょう。

私が愛しているのはあなただけ。自分と同じ世代の異性について口にしないことは相手の不安を和らげ、仲を長続きさせる効果があると覚えておきましょう。

 

最後に

一回りも年齢が相手の方が上なのだから、付き合っていても戸惑うことはあるでしょう。しかし、年が大きく離れてもずっと仲良しなカップルは世の中に有り余るほど存在します。それは、今回の条件をしっかりと満たしているから。自分と違うところを否定せずに、相手のすべてを受け入れているからなのです。「うまくいかないのでは」という不安は最初だけ。長続きするコツさえ覚えてしまえば、年上の彼氏と一生を添い遂げることも十分可能ですよ。

年の差カップルがうまくいく恋愛の6の条件

①お互いの価値観を認め合っている
②それぞれが自立している
③年上が抱える体力の衰えを理解している
④お互いが聞き上手
⑤年上彼氏がお洒落
⑥同年代の異性の話をしない


★あなたに訪れる運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。結ばれるべき運命の人も、適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『恋と運命の真実』では、あなたが背負っている運命星から、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら250名様限定で鑑定してもらえますよ。

幸運を知りたい方は、是非お試しください!