付き合う前に体の関係を持ってしまった時に気をつける7のこと

「付き合う前に体の関係を持ってしまった…」好きな男性から迫られたら、応じてしまうことがありますよね。自分が求められたということを嬉しく感じる事でしょう。

だけど、付き合う前に体の関係を持った時は、後に色々な事に気をつけなければなりません。好きな男性からあらぬ誤解を受けてしまうリスクがあるからです。

そこで今回は、付き合う前に体の関係を持ってしまった時に気をつけることを解説します。

 

付き合う前に体の関係を持ってしまった時に気をつける7のこと

 

①軽い女だと誤解されないようにする

付き合う前に体の関係を持ってしまった時、真っ先に気をつけるべきことは、軽い女だと誤解されないようにすることです。

あなたは好きな男性だからこそ体の関係を受け入れたのですよね。でも、男性は「付き合う前でも軽く体の関係を持てる女」と誤解することがあるのです。そう誤解されてしまったら、本命彼女になる可能性がなくなってしまいます。自分のことは棚に上げて、軽々しく体の関係を持つ女性には本気になれないというのが男性心理です。

だから、「こんなことになったのは初めてで、自分でもビックリしている」と、多少大袈裟に、誰とでも体の関係を持つような女ではないことを伝えましょう。

②「あなただからした」とわかるように伝える

あなたが付き合う前に体の関係を持ったのは、男性のことが好きだからですよね。この気持ちを男性に伝えることが重要です。「弾みでした」「酒におぼれてした」と思われたら大変です。

だけど、ここで「好き」と伝えてしまうと、男性は少し重く感じてしまいます。相手の男性には、冷静になってあなたのことを考える時間が必要です。

だから、「好きだから受け入れた」というのではなく、少し表現を曖昧にしましょう。「あなただからだよ」と伝えれば、重くなり過ぎずに真剣な気持ちが伝わります。

③謙虚になって「嬉しかった」と伝える

付き合う前に体の関係を持ったまま曖昧にしてしまうと、お互い気まずくなってしまいますよね。せっかく深い関係になったのに、これがきっかけで2人の関係に溝ができてしまうかもしれません。

男性は女性が思う以上に臆病です。男性があなたに好意があって体の関係を持ったとしても、あなたの気持ちが見えないと、逃げ出してしまうことがあります。

だから、付き合う前に体の関係を持った時は、「こうなれて嬉しかったよ」と気持ちを伝えましょう。「こうなったから付き合うってことだよね」という押し付けではなく、謙虚な気持ちで伝えることが大切です。

④いきなり彼女面しない

付き合う前に体の関係を持った後、それが付き合う決定打になることがあります。しかし、これはケースバイケースです。体の関係を持てたからと、いきなり彼女面をするのは得策ではありません。

だから、体の関係を持てたことに決して浮かれず、「まだ付き合っているわけではない」ということを忘れないようにしましょう。もちろん、やり方次第で今後付き合える可能性は高いです。でも、焦って彼女面すると、その可能性を低くしてしまいます。

⑤しばらく相手の出方を見る

付き合う前に体の関係を持った後は、しばらく男性の出方を見ましょう。これっきりでいきなりよそよそしくなったり、連絡が一切こなかったりした場合は、単なる遊びだった可能性が高くなります。遊びで体の関係を持った男性に追いすがっても、逃げられるだけです。

一方、男性から少なからず愛情を感じる対応をしてもらえるならば、関係をハッキリさせるチャンスです。大人になると、告白なしに付き合うことも少なくありませんが、「私は本気だよ」と伝えて、男性の気持ちを確かめてみましょう。

⑥曖昧な関係をズルズルと続けない

付き合う前に体の関係を持ってしまったら、関係をハッキリさせるまで2度目は延期しましょう。曖昧なまま体の関係をズルズル続けると、都合の良い女だと思われてしまうリスクがあります。

流される女性は、男性にとって格好のカモです。相手の男性に良心がなければ、「あの女、すぐにやれる」と、仲間に言い触らすかもしれません。そのような外道な男性が一定数いることは事実です。

だから、女性は自分の体を大切にすべきです。いくら好きな男性でも、お互いの気持ちが通い合わない体の関係を何度も持つべきではありません。「減るものではない」と言われますが、気持ちが消耗していきます。

⑦重くならず「彼女にしたい女性」を目指す

意識していなかったけど、ひょんなことから付き合う前に体の関係を持ち、それがきっかけで、女性に好意を抱くケースは結構あります。ごく普通の男性ならば、ある程度の好意がなければ、身近な女性に手を出そうとは思わないものです。

だから、付き合う前に体の関係を持った後、すぐに付き合うことができなかったとしても、希望を捨ててはいけません。重くならずに「彼女にしたい女性」を目指しましょう。きっかけは体の関係でも、その後気持ちが結ばれて恋人同士になれる可能性は高いです。

 

最後に

付き合う前に体の関係を持ってしまった時、「しまった」という気持ちと「嬉しい」という思いが交錯しますよね。でも、この複雑な女心は、あなたがきちんと伝えないと、男性は理解してくれません。体の関係を持ったことを、良いきっかけにできるかどうかは、あなたの今後の言動にかかっています。気を付けるべきことを守って、男性との気持ちを通じ合わせてくださいね。

付き合う前に体の関係を持ってしまった時に気をつける7のこと

①軽い女だと誤解されないようにする
②「あなただからした」とわかるように伝える
③謙虚になって「嬉しかった」と伝える
④いきなり彼女面しない
⑤しばらく相手の出方を見る
⑥曖昧な関係をズルズルと続けない
⑦重くならず「彼女にしたい女性」を目指す


★たった3分で幸せになるキッカケを作る方法 〜幸せのレシピ〜★

あなたは今幸せですか?ほんの少しの時間で幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?
生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『幸せのレシピ』ではあなたの運命の真実を知り、幸せになるよう助言してくれます!今なら凄腕鑑定師が”これからのあなたの運命”を無料で教えてくれます

これからの自分の運命はどうなのか
幸せになる為のキッカケを見つけてみませんか?