結婚式に出席する時に知っておくべき厳選7の常識

結婚式といえば、日常とは少し違った感動や幸せを感じることができるものですね。

結婚式は日常的にあるものではないために、招待されることが何度かあったとしても、きちんとしたマナーが身についていないと、こんなときどうしたらいいんだろう?これってどうするの?という疑問が残ったままいくつもの結婚式を終えてしまうことになります。

結婚式に出席するときに最低限知っておくとよいマナーがありますので、今回はそんな常識をいくつかご紹介いたします。

 

結婚式に出席する時に知っておくべき厳選7の常識

 

結婚式の常識①正しい挨拶をしよう

結婚式に行き、まず初めに行うのが受付ではないでしょうか。そのとき、みなさんは受付の人になんと挨拶すればいいか分からないと思ったことはありませんか?

受付の人への挨拶として正しいのは“おめでとうございます”です。そして、受付をする人にも覚えておいてほしいのが“ありがとうございます”という言葉を返すということです。これは、本来は新郎新婦が行うべき受付を友人や知人に代わってもらい、受付をしてもらっているというイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

ですので、新郎新婦ではないですが、受付に立っている人には、新郎新婦に伝えるつもりで“おめでとうございます”と言いましょう。また、受付の人も新郎新婦になったつもりで“ありがとうございます”と述べるようにしましょう。

結婚式の常識②服装に気をつけよう~男性~

結婚式などはフォーマルな格好で出席するのがマナーです。このようなとき、男性はほとんどの人がスーツを着ます。デニムやカジュアルなジャケットではなく、きちっとしたスーツを着るのがいいでしょう。

また色味については、白色のスーツは避けましょう。あくまでも主役は新郎新婦なので、二人より目立つ格好をしてはいけません。

結婚式の常識③服装に気をつけよう~女性~

女性の服装も男性と同じく、色味は白色を避けたコーディネートにしましょう。ワンピースや着物を着る人が多いですが、白系の色は羽織もののみに使うようにし、新郎新婦を連想させるワンピースや着物はやめましょう。

また、ワンピースの丈は短すぎたり露出が多いものは避け、フォーマルな場にふさわしい上品なものを選びましょう。着物以外のものは、ストッキングを着用するのが常識です。決して素足で出席するのはやめ、パンプスもオープントゥパンプスやサンダルは避けましょう。

結婚式の常識④御祝儀の渡しかた

結婚式では、受付の人に御祝儀を渡しますが、みなさんは御祝儀をどのようにして包んで持ち運び、受付の人に渡していますか?御祝儀の包み方について男女ともに気をつけたいのが、御祝儀をふくさに包むということです。

ふくさとは、御祝儀袋を包むちりめんや絹でできた長方形の袋のことで風呂敷やハンカチで代用することもできます。なぜ、ふくさに包む必要があるかというと、ひとつは御祝儀袋が汚れたり水引が変形しないようにするためです。また、御祝儀にはお金が入っているので、裸のまま渡すということと同じと捉えられ、それはとても失礼で非常識なこととなってしまうのです。

また、受付では、ふくさごとバッグから取りだし、そこでふくさから御祝儀を取り出すのがマナーです。御祝儀袋そのままで持ってくることがないように気を付けましょう。

結婚式の常識⑤ふくさの色について

上記でご紹介したふくさの使い方に加え、もう一つふくさで注意したいのが、ふくさの色です。ふくさは、慶事だけではなく弔事でも使うものなので一つのふくさを使いまわしていいと思われがちですが、実はふくさには弔事用と慶事用があり、色を使い分けなければなりません。

基本的には、明るい色であるオレンジや赤系、ピンクなどは慶事用、青やグレー、黒系は弔事用となっています。しかし、紫色はどちらにも使える色と言われいるので、紫色に限っては、どちらでも使えるようです。

結婚式の受付で非常識だと思われないように、ふくさの色には注意しましょう。

結婚式の常識⑥新郎または新婦の親と挨拶をする

披露宴が始まると、新郎または新婦それぞれの親が各テーブルをお酌しに回るのが一般的です。そのときに、もし新郎または新婦の親と面識がない場合、なにを話せばいいか分からずに、あっけなく終わってしまうということがありがちですね。

このようなときは、まず自分の名前をきちんと伝え、自分が新郎または新婦とどのような関係なのかを示しましょう。そうすることで話が弾むこともあり、お互いに打ち解けあうことができます。

結婚式の常識⑦テーブルマナーに気をつける

結婚式のメインと言ってもいいのが、食事ではないでしょうか。多くの式場がフォーク、ナイフを使ったコース料理を提供しているので、シルバーを使った食事の仕方は覚えておく必要があります。また、シルバーの使い方では、フォークやナイフを使う順番だけではなく、ガチャガチャ音を立ててしまわないように気をつけなければなりません。

また、食べるペースも周りに揃える必要があります。ひとりだけペースを乱すのもマナー違反となります。お酒も必要以上に飲むのではなく、適度にしましょう。

 

最後に

結婚式に参加している人たちは、お互いに新郎新婦の人となりを表すとも言われていて、非常識なことをすると、新郎新婦までもが批判されてしまうこともあります。新郎新婦にとって一生に一度の素敵な門出の日を汚してしまうことがないよう、招待された人たちは最低限のマナーを守る必要があります。新郎新婦も呼ばれた人も楽しめ、最高の一日だったと思えるようにこれらの最低限のマナーを守りましょう。

結婚式に出席する時に知っておくべき厳選7の常識

①正しい挨拶をしよう
②服装に気をつけよう~男性~
③服装に気をつけよう~女性~
④御祝儀の渡しかた
⑤ふくさの色について
⑥新郎または新婦の親と挨拶をする
⑦テーブルマナーに気をつける


★選んだカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“★

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。

『フューチャーオラクルカード』では、あなたが選んだカードを元に、訪れる運命の日をズバリお教えします。オラクル鑑定師が【初回無料】であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

⇒まずは、気になるカードを選んでみて下さい!⇐