結婚式を夜に挙げる時のメリットとデメリット

結婚式を夜に行うことを検討している方へ。

みなさんは、結婚式といえばお昼の結婚式と夜の結婚式、どちらのイメージがありますか?挙式が終わり、フラワーシャワーで退場するシーンを思い出すと、お昼のイメージがあるという人もいるのではないでしょうか。また、昔はお祝いごとはお昼にしてしまうというイメージがあったため、結婚式といえばお昼!という人もいるのではないでしょうか。

ですが、ここ最近夜に挙げる結婚式が人気になっていることをご存知でしょうか?夜の結婚式にもお昼の結婚式と同様になにかしらのメリットやデメリットが存在します。そこで本記事では夜に結婚式を挙げる時のメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

結婚式を夜に挙げる時のメリットとデメリット

 

結婚式を夜にあげるメリット1:夜景を楽しめる

夜の結婚式が人気を集めている理由の一つとして、ここ最近多く見られるのが、ホテルや結婚式場での夜景をバックに行われる結婚式です。メイン席のバックが夜景であったり、会場全体から夜景を望むことができる会場も多くあり、ゲストへのおもてなしを一番に考えているカップルたちが、特別な空間を作り上げたいという観点から、この夜景をバックにした結婚式がとても人気を集めています。

なかなか普段から夜景を見れることはないので、おいしい料理とお酒を楽しんでもらいながらのこの空間は特別なものになるでしょう。また、夜景というのはラグジュアリーな雰囲気もあるので、大人な雰囲気の結婚式をしたいと考えているカップルにとっては、最高の結婚式にいなるのではないでしょうか。

結婚式を夜にあげるメリット2:キャンドルやイルミネーションを楽しめる

夜に楽しめるイベントとして思い浮かぶのがキャンドルやイルミネーションですね。キャンドルやイルミネーションは幻想的な空間を作り出すことができ、ゲストに強いイメージを与えることができ、素敵な思い出として持って帰ってもらえそうですね。なにか一つでも、ほかのカップルとは違った演出をすることで、きっと心に残るステキな結婚式だったと言ってもらえるはずです。会場中をキャンドルで埋め尽くした、光がたくさんのあたたかな空間は、ゲスト同士もの心をつないでくれるかもしれません。

また、イルミネーションも会場の中や会場の外、ガーデンやプールサイドに飾り付けることで、たくさんの人に喜んでもらえる空間を作ることができるでしょう。

結婚式を夜にあげるメリット3:花火を打ち上げられる

打上げ花火といえば、お祭りのときのビッグイベントですね。そんな打ち上げ花火を演出できるプランがある結婚式場もあります。ゲストへの感謝の気持ちを込めた打ち上げ花火や、新郎新婦のどちらかがサプライズで送る打ち上げ花火など、演出方法もたくさんあります。

お祭りのときなどにしか見ることができない打ち上げ花火を、結婚式のメインイベントとして行うことができるのは、夜の結婚式ならではの演出ではないでしょうか。

結婚式を夜にあげるメリット4:平日の夜に結婚式ができる

今、夜の結婚式が人気となっているもっとも多い理由は、平日に結婚式ができるという点ではないでしょうか。金曜日の夜といえば、華金と言われる日ですね。多くの人が次の日が休みということで、時間を気にせず、遅くまでたくさん飲み歩くというイメージがあるのではないでしょうか。そんな華金の日は、結婚式にも最適なのです。

結婚式へ仕事帰りに参加するというイメージはあまりないかもしれませんが、華金の日を利用して結婚式を行うと、ちょっと豪華な飲み会というイメージで、次の日を気にせずに楽しい時間を過ごすことができそうです。土日が忙しいというゲストにとってもうれしいことなのです。

結婚式を夜にあげるデメリット1:年配ゲストが来れないかも

デメリットのひとつとして、やはり夜の結婚式には年配のゲストが躊躇してしまうということではないでしょうか。若い世代の人たちにとっては、夜の結婚式は飲み会やパーティー感覚で楽しいものですが、年配ゲストにとっては少し違ったものになりそうです。

絶対に参加してほしい年配のゲストがいる場合は、確認しておくのがよいでしょう。

結婚式を夜にあげるデメリット2:遠方ゲストが大変

デメリットの二つ目は、遠方ゲストにとって、帰りのアクセスがあるかどうか不安にされてしまうということです。来るときはいいですが、やはり時間が遅くなると帰りのアクセスが間に合うかなどの心配があるのです。

また、宿泊先なども確実に予約しておくのが、ゲストへのマナーですので、そういった面で、ゲストに不安を感じさせないようにしなければなりません。遠方からのゲストがたくさんいる場合は、そのような手配を確実にしておくとよいでしょう。

 

最後に

最近人気の夜の結婚式は、年配ゲストや遠方から来るゲストに配慮しながら行うととても素敵な結婚式になりそうですね。夜の幻想的な空間やラグジュアリーで上品な雰囲気は大人っぽい結婚式をしたいと考えているカップルにとってはぴったりなのではないでしょうか。お昼の結婚式とは違った、特別感がある夜の結婚式で、ゲストとの思い出をつくれるといいですね。

結婚式をを夜に挙げる時のメリットとデメリット

  • メリット1:夜景を楽しめる
  • メリット2:キャンドルやイルミネーションを楽しめる
  • メリット3:花火を打ち上げられる
  • メリット4:平日の夜に結婚式ができる
  • デメリット1:年配ゲストが来れないかも
  • デメリット2:遠方ゲストが大変

★たった3分で幸せになるキッカケを作る方法 〜幸せのレシピ〜★

あなたは今幸せですか?ほんの少しの時間で幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?
生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『幸せのレシピ』ではあなたの運命の真実を知り、幸せになるよう助言してくれます!今なら凄腕鑑定師が”これからのあなたの運命”を無料で教えてくれます

これからの自分の運命はどうなのか
幸せになる為のキッカケを見つけてみませんか?