悪用厳禁!男性が超喜んで沼るご褒美を元女王様が解説

彼氏、好きな人を喜ばせたい人へ。

彼氏・好きな人を喜ばせる方法って知っていますか?喜ばせたい、ご褒美をあげたいなと思っても、なかなかその方法が分からない方が多いのではないでしょうか?男性を喜ばせたいのなら…ただ喜ばせるだけじゃダメ!超喜んで沼らせましょう!喜ばせられるかな…って自信がなくても大丈夫♩

 

元女王様 凛野祈
元女王様 凛野祈

本記事では、元女王様の凛野 祈が「悪用厳禁!男性が超喜んで沼るご褒美を元女王様が解説」いたします。

そもそもご褒美って?

そもそも「ご褒美」ってなんなんでしょうか?一般的な「ご褒美」はプレゼントなんかを意味しますが、本記事で紹介するのはもっと深いもの。

ご褒美とは、彼氏(好きな人)へ与える事であなたへの愛情がもっともっと深くなって、あなたの虜になる、精神的な満足感を示します。

彼氏を喜ばせ心を満たし、そして更にあなたの虜にさせる「ご褒美」とその与え方を解説してゆきますね。

ご褒美って必要?

彼氏を喜ばせたいと思う感覚は比較的一般的なものかと思いますが…「ご褒美」と聞くと、それって必要なの?」と感じる人も少なくないでしょう。彼氏や好きな人への「ご褒美」…もちろんなくても二人の関係性が崩れることはありません。

けれど…彼にもっと愛されたい、もっと深い絆で結ばれたいと感じませんか?もしそう願うのなら「ご褒美」は絶対不可欠なもの。断言します。「ご褒美」は必要です。

ご褒美をもらった時の男性の心理は?

男性はご褒美をもらった時、どのような心理状態になるのでしょうか?これを理解しておけば、ご褒美を与えた時の反応やその後の対応、次回にも繋げやすいはずです…!ご紹介します。

①浮かれる

ご褒美を与えられた大半の男性は浮かれます。ご褒美を通じて相手の愛情をより強く感じることができ、思わず浮かれてしまうのです。

②ドキドキする

ご褒美をもらったことが相手を見る目が変化するきっかけになり、ドキドキが止まらなくなります。今まで「気になるな…」程度だった気持ちが「好き」に変わったり「好き」だと思っていた気持ちが「愛してる」という感情に変化することも…?!

③ちょっと照れくさい

女性からの「ご褒美」なので、ちょっと照れくさい…と感じる男性が居るのも事実です。けれど、照れくさいと感じているだけで嫌なわけではありません。むしろ、まんざらでもない感じ。ご褒美をもらい慣れていないだけなので、あまり気にせずご褒美を与えていきましょう!

④もっとして欲しい、他のも欲しい

「もっとご褒美が欲しい!」「もっと違ったご褒美が欲しい!」…こうなったら、もう全てあなたのものです。()「もっと!」という心理状態は、どっぷり沼らせている証。ここから更に虜にし続けましょうね。

ご褒美を与える時の心構えは?

ご褒美を与える時、与える側が気を付けるべき事や心構えをご紹介します。

①見返りを求めない

「ご褒美を与える」という立場であることを正しく認識しましょう。ご褒美にこれをあげる(してあげる)という状況なので、与えるご褒美に見返りを求めるのはNGです。

②母性全開

「いい子いい子~!」「よくできました~!」という心理でご褒美を与える事になるので、自ずと母性は必要不可欠になります。心の中の母を呼び起こしましょう。

③愛情は絶対不可欠

ご褒美を与える事で相手を沼らせたいのなら、愛情は絶対不可欠です。ご褒美からあなたの愛情をこれでもかと感じるからこそ、彼は沼ります。どんな形であれ愛情をおざなりにしないこと!

④偉そうにならない

元女王様の筆者という事もあり誤解を生んでいる可能性もありますが、ご褒美を与える時、偉そうになるのは絶対NGです!これは筆者が女王様だった時代から意識していたことです。偉そうな相手からのご褒美は緊張感が解けることがなく、心から堪能することができません。ご褒美を与える時は、偉そうにならない、上下関係などの立場を意識させないようにしましょう。

元女王様 凛野祈
元女王様 凛野祈

それでは以降で、ご褒美を与えるタイミングについて深く掘り下げていきたいと思います。