妻帯者の彼氏が不倫でも純愛だと断言できる6の場合

誰かのことを心から愛しているのであれば、その気持ちは確かに純愛のはず。しかしそれが不倫恋愛であったのなら、世間からの風当たりが強いのは事実。悲しいことに、不倫というだけで純愛からは程遠いという見方をする人はとても多いのです。

とはいえ、いくら彼に奥さんがいるからといって彼の愛が本物ではない、という事にはなりません。今回は彼氏が妻帯者であり、不倫していてもそれが純愛だと断言できる場合について考えたいと思います。

 

妻帯者の彼氏が不倫でも純愛だと断言できる6の場合

 

①彼氏が本気で妻と別れるために動いている

不倫相手の女性は男性側から都合の良い女として使われることが多く、捨てられやすいという特徴もあります。もちろん、彼が本当に結婚を考えてくれるなんてかなりレアなケースです。しかしいつか一緒になるために、彼が本妻との離婚へ向けて動いているのなら、不倫相手の女性を本当に愛しているということ。間違いなく純愛と言えるでしょう。

一般的に、不倫は男性が妻に対する欲求不満を解消するために他の女性と関係を結ぶことだというイメージが強いもの。でも本気で結婚を考えているのなら、一時の欲求を満足させるための存在とは言えません。

遊びではなく本気で家族になろうという姿勢がお互い見られれば、不倫といえども純粋な恋愛なのです。

②批判される覚悟ができている

不倫というだけで世間の目が厳しいのは本当のこと。しかし周りからの批判を覚悟し、その上で関係を続けていけるのが純愛というものです。

奥さんがいるにもかかわらず不倫をする男性は、周りにバレた時の冷たい視線に耐えられず不倫相手を振ったり、誰にも知られずに関係を続けていこうという姿勢がよく見られます。しかし、本当に彼女のことを愛しているなら、誰が何を言おうとその気持ちが消える事はありません。相手を思う気持ちだけでどこまでも歩いていけるのです。

その道が険しいと分かっていても2人で歩んでいく覚悟。苦しい状況に自ら飛び込んででも一緒にいることを選択できるのなら、その愛がこの先冷める事はないでしょう。

③家庭内の状況次第で捨てるなんてことは絶対にしない

不倫をしている男性の中には、本妻との仲が悪い時だけ不倫相手といちゃつき、家庭内の問題が解決すればすぐにその女性を捨てる、という軽い付き合い方をする人が少なくありません。確かに遊びで付き合っていれば不倫相手の女性が大切とは思えず、すぐにポイ捨てできるような存在に思えるでしょう。

とはいえ、純愛をしている男性は簡単なことでその女性を離そうとはしません。本妻と仲が良かろうが悪かろうが、自分が一番愛しているのは不倫相手の女性。それこそ一生この関係を続ける覚悟でいるため、彼から別れを切り出すことはあり得ないのです。

家庭内の状況に関わらず彼女を愛し続けるができるなら、それは本物の愛情を持っているということ。自分の心の拠り所をその女性以外の場所に持つことは、もはや不可能と言えるでしょう。

④離婚後、元妻に対して慰謝料を払うことに抵抗がない

不倫したことが原因で妻と別れたとすれば、当然慰謝料が発生します。そこで出し渋ることは一切なく、むしろ「彼女と一緒になれるのなら喜んで差し出そう」という姿勢でいることができれば、それは純愛です。

これらのお金は、自分が妻よりも不倫相手を選んだことへの代償。それでも、本当に愛している女性と一緒になることを思えば、お金の負担なんて大した問題ではありません。たとえ高い対価を払ってでも、心の底から好きな女性を選ぶ。その覚悟から生まれた愛に一切の偽りはないのです。

逆に、慰謝料を払うのが嫌で不倫関係を解消し、自分の家族の元に戻るというのならその愛はまがい物。このまま付き合っていたとしても、いつか彼が保身のために不倫相手を振る未来が見えています。

⑤体の関係が無くても相手に愛情を注ぎ続けることができる

女性よりも性欲の強い男性には、恋人への愛情を維持させるためには体の関係が必須、という風に考えている人も多いもの。しかし、真の愛とは体の関係など必要ないのです。

純愛をしている彼が望むのは、一緒に過ごすことができる時間ただひとつだけ。どれだけ長い間性行為をしなくとも、顔を合わせて話をする時間さえあれば、永遠に不倫相手への愛は続いていくでしょう。

体の関係をなくしただけで途切れてしまう絆を、純愛と呼ぶことはできません。性行為をせずとも愛を貫く姿勢は、たとえ不倫であっても見習うことができるような気の持ち方ですね。

⑥独身でも恋に落ちていたと断言することができる

不倫に走る男性には、「妻がいるのに他の女性と関係を持つスリルを味わいたいから」という理由で、そういった関係に踏み込む人がいます。しかし、スリルを求めているということは相手の人間性に惚れて付き合い始めたとは言い難いため、彼が独身であったならその女性との恋に落ちることはなかったでしょう。

不倫において純愛と呼ぶことができるのは、自分が独身でも相手の女性に恋をしていたと断言できる場合です。結婚しているからこその恋愛で感じるスリルとは関係なく、彼女をひとりの女性として一番愛している。もし自分がまだ結婚しておらず独り身であったなら、その気持ちさえあれば、間違いなくいつかは一緒になっていたはずです。

結婚相手とした恋だけを純愛と呼ぶのではありません。出会う順番が違っていただけで、不倫相手との恋が純愛であるパターンも必ず存在するのです。

 

最後に

真面目な性格であればなおさら、不倫という関係を続けることに罪悪感を持つ人も多いと思います。でも、自分のすべてを犠牲にしてでも男性側に彼女を愛す自信があるのなら、その気持ちは本物。周りが批判するからと言って、好きな人に抱いた尊い愛情まで消してしまう必要はないのです。

不倫でも純愛は十分あり得るということ。それを認めることができたなら後ろめたさばかりに目を向けず、相手と一緒に過ごすことの幸せをしっかり感じることができればよいですね。

妻帯者の彼氏が不倫でも純愛だと断言できる6の場合

①彼氏が本気で妻と別れるために動いている
②批判される覚悟ができている
③家庭内の状況次第で捨てるなんてことは絶対にしない
④離婚後、元妻に対して慰謝料を払うことに抵抗がない
⑤体の関係が無くても相手に愛情を注ぎ続けることができる
⑥独身でも恋に落ちていたと断言することができる


★あなたに訪れる運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。結ばれるべき運命の人も、適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『恋と運命の真実』では、あなたが背負っている運命星から、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら250名様限定で鑑定してもらえますよ。

幸運を知りたい方は、是非お試しください!