新婚生活で思い知る!思い描いた夢と現実の6の違い

ようやく入籍も済んで夢の新婚生活が始まる!・・・そんな幸せいっぱいの皆さんには残念なお知らせかもしれませんが、新婚生活ではたくさんの夢と現実の違いがあります。

今回は新婚生活で思い知る!思い描いた夢と現実の6の違いというテーマで実際に多くの人が経験していることをご紹介します。

新婚生活スタート間近の人はもちろん、まだ予定はないけどあれこれ妄想中♪という人まで、新婚生活が気になる人には必見の情報満載です。

「事前に知っていたら・・・」「こんなはずじゃなかった!」とならないように、しっかりチェックしておきましょう!

 

新婚生活で思い知る!思い描いた夢と現実の6の違い

 


①生活時間の違い

新婚生活で最初に戸惑うのが生活時間の違いです。仕事をしていたりすると仕方のないことですが、片方だけが夜遅くなるともう1人は遅くまで起きて待っていたり、寝ていても帰宅時の物音で目が覚めたりと1人で暮らしていた時のようにはいきません。

最初の頃こそ、そうした出来事も楽しく感じたりもしますが、毎日続いてくると思っていた以上にストレスになってきます。

かといって仕事の都合なので我慢するしかなく、どちらか一方が知らず知らずのうちに不満を抱えてしまうことになります。

②食事の好みの違い

恋人の頃は食事というとデートでの外食がメインで中にはたまに手料理を作ったりしていたという人もいるでしょう。

それが新婚生活が始まり、毎日の食事になってくると、ちょっとした味覚や好みの差に想像以上に振り回されてしまうことがあります。よく言われるのがお味噌汁ですが、ご飯の炊き方にもそれぞれの好みの違いがあります。

どちらかが、こだわりのないタイプであったり、もともと違いがなかったという場合は問題ありませんが、食事を作っている側からすると、いちいち自分のやり方を変えるのは思っている以上に抵抗感を感じるものです。食事は生活の基本ですから、その部分が楽しめないというのは辛いものです。

「せっかくの食事なのになんだか不満だな・・・」と食事の時間が我慢の時間になってしまうかもしれません。

③休日の過ごし方の違い

1人が外で体を動かすことが好きだけれど、もう1人はゆっくり読書をするのが好きという場合、恋人時代はたまにしか会わないのでその違いも新鮮に感じられたかもしれません。

ところが、新婚生活が始まってみると休みの度に「今日はどうしようか?」となります。そのたびにどちらかの趣味に合わせているのはとても大変です。新婚なんだから一緒に過ごしたい!と思うのは自然な感情ですが、休日にしっかり休んだりリフレッシュしていないと仕事にも力が入りませんよね。

それぞれの時間を楽しめる2人ならば問題ないかもしれませんが、どちらかが一緒にいないと嫌だという人の場合は、新婚生活が始まってしばらくしたらきちんと話し合いの場を設けておくことをオススメします。

④金銭感覚の違い

新婚生活で良くある話が「相手が思っていた以上に貯金していなかった!」というパターンではないでしょうか。年齢・年収に関係なく、貯金というのは一種の癖のようなものですから、恋人には非常に分かりにくい部分です。

新婚生活では思っていた以上に色々な部分で出費が発生します。中には両親から援助してもらったという人もいるかもしれませんが、基本的には2人で遣り繰りしていくものですよね。

ところが貯金がないだけならまだしも、どちらか1人が散財するタイプだと大変です。もう1人がどんなに頑張っても散財する人がいては一向に生活は安定しません。子供が生まれてからだと出費もどんどん増えていきますから、その辺りも含めてきちんとライフプランを2人で考えておかないと、お金の切れ目が縁の切れ目になってしまうなんてことも・・・・。

⑤親族付き合いが想像と違う

恋人時代にご親族と会って、どんな人か分かっているから大丈夫!なんて思っているとビックリするかもしれませんよ。

当然のことながら結婚前と後では扱いが変わってきます。親にとっても他人から身内に変わったのですから、身内に関するイベントには関わるのが当たり前になります。御両親の考え方や土地の風習によっては想像以上に沢山のイベントがあったり、家族関連での出費がかさんだりと「実家ではこんなことしてなかったのに・・」「本当に必要なの?」と驚きの連続になるかもしれません。

よくある嫁姑問題だけでなく、新婚生活が始まると親族全体との付き合いが始まりますから、今までの常識を一度捨て去る覚悟をしておく方が良いでしょう。

⑥ラブラブな時間が少ない

「新婚生活では2人でこんな家でこんな風に過ごして~」と想像していると、その理想との違いにビックリしてしまうかもしれませんよ。

新婚当初は想像以上にやることがたくさんあります。役所への届出から、名字が変わった場合銀行や保険会社への連絡、郵便物関係にも届出が必要ですし、結婚と同時に引っ越した場合はそちらの手続も必要になります。会社勤めの場合は会社での手続も必要になってきますので、やることは数え切れません。

休日はずっとそうした手続に追われてしまい、なかなか2人でゆっくり過ごす時間がやってこないものです。後から考えてみるとそうした作業も楽しい思い出になるかもしれませんが、最初の頃はもっとラブラブな新婚生活を思い描いていたのに・・・と少しがっかりしてしまうかもしれませんね。


 

最後に

今回は新婚生活で思い知る!思い描いた夢と現実の6の違いというテーマで様々な違いをご紹介してきました。恋人の頃にはちょっとした違いでも一緒に生活をしていると想像以上にその違いに振り回されてしまうものです。

新婚生活が始まったばかりだと忙しさについついどちらかが我慢してしまいがちですが、しっかりと話す時間を作って、お互いの考えや気持ちを伝えるようにすることが大切です。

せっかくの新婚生活が楽しいものになるようにお互いに歩み寄っていきたいですね。

新婚生活で思い知る!思い描いた夢と現実の6の違い

①生活時間の違い
②食事の好みの違い
③休日の過ごし方の違い
④金銭感覚の違い
⑤親族付き合いが想像と違う
⑥ラブラブな時間が少ない


《たった3分で運命を変える方法 〜奇跡のスピリチュアル診断〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

生年月日や血液型などの情報から導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

⇒変化が欲しいなら、今すぐ『全員0円』鑑定を試してみてください!