女性 電話 スマホ

酔って電話をしてきた男性心理が知りたい方へ。

なぜか酔った状態で電話をしてくる男性っていませんか。ただの暇つぶしなのか、期待していいのか、馬鹿にされているのか、その心理を読み取るのは難しいのかもしれません。酔って電話をしてくる男性心理を紐解いてきましょう。

本記事では、酔って電話して来た男性心理とそれぞれの対処法をご紹介いたします。

酔って電話する男性心理①
あなたの声が聞きたかった

なんとなくあなたの顔が浮かんで、声が聞きたくなったという「なんとなく」を理由に電話をしてくることがあります。男性の中にはお酒が入ることで、いつもと違うことを考えたり、普段はやらないことも出来てしまうという心理状態になる人がいます。そんな時にパッと頭に浮かんだあなたに電話をかけてきた、というわけです。

・あなたなら許してくれる

酔って電話をするというのは、酔っていない側からすれば良い印象はないですし、時間も遅くなる可能性が高いです。それなのに「なんとなく」という理由で電話をしてくるというのは、「気の許せる友人だ」と思われているということですね。非常識ともいえる電話でも、あなたなら許してくれると思っているのでしょう。

対処法:迷惑なら「深夜の電話はやめてほしい」と伝えた方がよい

あなたが迷惑でなければしばらく会話に付き合うのも良いですが、迷惑だと感じているなら「深夜の電話はやめてほしい」と伝えた方がよいでしょう。調子に乗って飲み会の度に電話をかけてくるようになります。

酔って電話する男性心理②
テンションが高くなったノリでかけてしまった

全ての人がそうであるとは限りませんが、お酒を飲むと開放的になって、テンションが上がる人の方が多いですよね。普段は大人しい人でもお酒が入ると急にお喋りになったり、盛り上げ役の人に便乗したり、裏の顔が見え隠れする人もいるでしょう。お酒によってテンションが高くなった結果、そのノリであなたに電話をかけた可能性があります

・とにかく身近な女性に電話したい

男性の気持ち的には「誰でもいいから喋りたい」「男ばかりの飲み会だったから女性と喋りたい」などと思うのです。特に酔うと女性への欲求が高まる男性は多いので、知っている女性に片っ端から電話をしてしまうこともあります。女性にも酔った勢いでつい、という経験はあるのではないでしょうか。

対処法:適当な理由を付けて切ってしまいましょう

テンションの高い電話は受けた側にとっては迷惑なことが多いです。こちらは夜の静かな時間を過ごしていたので、相手のテンションについていけません。こういった電話は、「もう寝るから」「明日早いから」など適当な理由を付けて切ってしまいましょう。あなたにだけ電話をしている訳ではないので、相手は気にしません。

酔って電話する男性心理③
電話できる相手がいることを周りに自慢したい

酔った相手からの電話に出た時に、背後で他の友人たちがワイワイとしている様子が伝わることがあります。これは周りの友人に「俺には電話できる女がいる」というのを自慢したいために、かけてきた電話といえるでしょう。しかも2人の会話に合いの手を入れるように盛りあがっているのであれば、決定的です。

・自分のステータスを自慢したいだけ 

男性同士の飲み会の場合、どうしても女性の話題が出てしまいます。その際に「俺、知り合いに女いるよ」「えー!呼び出してみようよ」「じゃ電話しちゃう?」というようなノリで、電話をかけてしまうのです。酔っぱらいの男性なんて所詮、ただの子どもなので、バカみたいと思えることを楽しんで行動してしまいます。要するに自分のステータスを自慢したいという結果です。

対処法:さっさと切ってしまって良い

もし電話の向こう側であなたの機嫌とはお構いなしに、盛り上がっているのであれば、この電話はさっさと切ってしまって良いです。きっと話をしようとしても会話にならないと思うので、何も言わずにプチッと切ってしまうのもありですね。後日、彼がどう出てくるかを待ちましょう。

酔って電話する男性心理④
イケている自分をアピールしたい

男性 電話 窓

一緒に飲んでいる相手にアピールするパターンもあれば、電話をかけたあなたに対して「イケている自分をアピールしたい」という男性もいます。わざわざ酔った状態で電話をしてくる男性は、「俺って多忙なんだぜ」「付き合いが多くて今日も飲んじゃってるんだぜ」といった、イケてる自分をあなたにアピールしているのです。

・結局は男性の自己満足

毎日暇そうで付き合いも悪そう、と思われるよりも、忙しくて毎日付き合いで飲んでいる方が、「仕事ができる男」のような気がしてカッコイイと思っているのでしょう。また彼があなたに気がある場合、「放っておくとどうなるか分からないぜ」といった余裕な状態であることを伝えたいという自己満足なのかもしれません。

対処法:簡単な言葉をかけて、さっさと切ってしまいましょう

どちらにせよ、こういった電話は相手の自己満足に過ぎないので、「勝手に楽しんでね」と簡単な言葉をかけて、さっさと切ってしまいましょう。また、「今、何時だと思ってるの?寝るから切るね」など、やんわり拒否感を出すと相手がビビるかもしれません。

酔って電話する男性心理⑤
遊んでくれる相手を探している

お酒の席でテンションが上がり、盛り上がったものの、飲み会はお開きになってしまった、でもまだ帰りたくない!遊びたい!という気持ちになっている場合、遊び相手を探す為に電話をしてきます。相手はいつもとは違うテンションなので、相手の迷惑まで気が回らず、電話帳で片っ端から遊んでくれる相手に電話している可能性があります。

対処法:やんわりお断わりするのが正解

電話に出た途端、「寝てたー?」という変なテンションであったり、「今から出てこない?」といった非常識かつ、すぐに本題に触れてきます。この場合は下心というよりも、単純に「一緒に飲んでくれる相手」を探しています。しかし終電に近い時間や、場所が遠ければ、その要求に応えることは難しいのが現実です。

こういう電話には悪気はないので、可能であればやんわりと諭してあげましょう。「もうすぐ終電なくなるよ」「あまり飲みすぎるとカラダ壊すよ」など、相手が我に返ってくれそうな言葉をかけてあげましょう。それでもあきらめないようなら、「今日はいけないけど、また誘ってね」程度に軽くお断りをすると良いでしょう。

酔って電話する男性心理⑥
急にひとりになって寂しくなった

飲み会では盛り上がっていたのに、お開きになった後、ひとりになって「急に寂しくなった」という男性は多いです。1人で帰る帰り道や、誰もいない部屋に帰った時、不意に訪れる静けさに寂しさを感じてしまうのでしょう。電話をしてきた相手の背後がやけに静かな場合は、寂しくて電話してきた可能性が高いです

・好意的な感情を抱いているからこそ 

何故、あなたに電話したのかは、いくつかの理由が考えられます。たまたま履歴の1番最初にあった、普段から仲がいい、密かに思いを寄せているなど、とにかくあなたに好意的な感情を抱いているのは確かです。寂しい気持ちを紛らわすのに、苦手な相手に電話をする人はいません。きっとあなたの声を聞いて、じんわりと気持ちが温かくなっているのかもしれませんね。

対処法:優しい言葉をかけてあげましょう

この場合は冷たくすると落ち込んでしまいますので、優しい言葉をかけてあげましょう。「あったかくして寝るんだよ」「明日は朝寝坊できるね」など、ちょっとした会話で落ち着くと思うので、対応してあげてくださいね。彼はきっとあなたに感謝しているはずです。

酔って電話する男性心理⑦
お酒の力を借りないと電話できない

シャイボーイの特徴分析★恋愛に役立つ8のこと

普段は控えめであまり女性に免疫のない、シャイな男性の場合、お酒の力を借りないと女性に電話ができないというパターンがあります。女性の前に出ると、どんな会話をしたらいいのか、分からなくなってしまうのです。もしかするとずっとあなたを気になっていて、仲良くなるチャンスを伺っていたのかもしれませんね。

・お酒の力を借りてコミュニケーション

こういった男性は仕事ならバリバリとこなしてコミュニケーションを取ることができるのに、それ以外の場面では臆病になって固まってしまう傾向にあります。あなたのことは気になるけれど、何を話せばいいか分からないから、声をかけられないし、電話なんてできないと思っているのでしょう。でもお酒が入れば気が大きくなるので、思い切って電話をしたのです。

対処法:少し話に付き合ってあげると良い

この場合は酔っていても酔っぱらい特有のうるささがないので、普通に会話ができると思います。彼の中ではいつもより「会話ができている」と思っているので、少し話に付き合ってあげると良いでしょう。もしかすると電話した勢いで、デートのお誘いがくる可能性もありますよ。

酔って電話する男性心理⑧
誰かに甘えたかった

お酒が入ると「誰かに甘えたくなる」男性もいます。これは男性だけでなく女性にもあるのではないでしょうか。特に普段、弱みを見せない男性や、仕事ができる男性ほど、酔った時に甘えたい衝動に駆られるようです。ピンと張りつめた緊張を解きほぐしてほしいと、対象となる女性に電話をしてしまうのです。

・甘えさせてくれる女性を求めています

この場合の対象は「甘えさせてくれそうな女性」です。もちろんあなたに好意がある場合もありますが、本気で好きかは、また別の話です。ハッキリ言えるのは、あなたに「甘えさせてくれる」オーラが出ていることです。普段は強気な男性が甘えて電話をしてくるので、驚いてしまうかもしれませんが、だからといってすぐに切ってしまうのは待ってください。

対処法:適度に話に付き合ってあげると良い

時間的に問題ないなら、適度に話に付き合ってあげると良いでしょう。酔った状態で電話をしているので、後日、会社であっても「覚えていない」という可能性があります。それでも笑って許せるような女性になっておくと、彼は今後もあなたを必要としてくれるかもしれません。

酔って電話する男性心理⑨
下心があってかけた

男性 電話 スマホ 笑顔

お酒が入ることで、ムラムラしてきて性欲が盛り上がる男性もいます。これはいつも押さえつけている制御がお酒によって弱まるので、同様に抑えていた性欲が表に出てしまうからこその心理です。キッカケは様々で、同じお店に仲の良さそうなカップルがいた、好みの女性がいたなど、興奮することがあったのでしょう。

・巧みな言葉に騙されない

この場合、電話をかけてきたということは、あなたに対して下心があるということです。もちろん表向きはあなたの機嫌を伺ったり、紳士な言葉を使うかもしれません。それはあなたを呼び出すための演技である場合が多いので、注意する必要があります。下心があるので、誘いに乗ってしまえば、すぐにでもホテルや彼の部屋に連れ込まれてしまうでしょう。

対処法:「酔っていない時に誘ってね」

酔って性欲が増した場合、その相手は誰でもいいのです。ですから彼が言葉巧みにあなたを誘い出そうとしても、応じてはいけません。「酔っていない時に誘ってね」など、遠まわしにお断りをして、電話を切ってしまうのが正解です。彼は次のターゲットを見つけて電話をするのが目に見えています。

酔って電話する男性心理⑩
好きだから気になっている

酔って電話をする男性の中には、「好きな人の声が聞きたくなった」という素敵なパターンも多いのです。女性もそうだと思いますが、お酒を飲むと何故か、好きな人に会いたくなることはありませんか。お酒を飲む場所は、ある意味非現実の世界です。騒いで盛り上がって、いつもと違う自分になったり、知らないうちに気を使って緊張していることもあります。そんな時間の後で、安心できる人の声を聞きたいと思うのは、自然の流れかもしれませんね。

・好きな人の声を聞きたくなる 

男性の場合は酔って電話することで、単純に声を聞きたいだけでなく、「気持ちが安らぐ」と考えて、気持ちを落ち着かせる場合があります。また、「酔っている方が強引になれる」と恋心に火を付ける場合もあるのです。好きな相手に電話する場合は、酔っていても「時間大丈夫?」などの気遣いを見せます。また後日ちゃんとフォローしてくるはずなので、こういった態度が見える場合は、あなたは好かれていると思って良いでしょう。

対処法:時間が許す限り電話に付き合っても良い

対応としては、あなたも気になる相手なら、時間が許す限り電話に付き合っても良いです。酔っていつもよりお喋りな彼と楽しい時間を過ごせる可能性があります。その気がないなら、少し会話に付き合って切る感じで良いです。あまり邪険にすると、あなたへの気持ちが冷めてしまうかもしれませんよ。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。酔って電話をしてくる男性に共通しているのは、少なからず「嫌いな相手ではない」ということです。酔って電話しても許してくれる、酔わないと電話ができない、好きだから声が聞きたいなど、感情は様々ですが、あなたも彼が気になるのであれば、ちょっと話をしてあげると良いでしょう。ただ「酔って電話」に「なめられている感」があるのも事実なので、時にはビシッと非常識さを指摘することも必要なのではないでしょうか。

酔って電話して来た男性心理は

  • ①あなたの声が聞きたかった
  • ②テンションが高くなったノリでかけてしまった
  • ③電話できる相手がいることを周りに自慢したい
  • ④イケている自分をアピールしたい
  • ⑤遊んでくれる相手を探している
  • ⑥急にひとりになって寂しくなった
  • ⑦お酒の力を借りないと電話できない
  • ⑧誰かに甘えたかった
  • ⑨下心があってかけた
  • ⑩好きだから気になっている

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『もっと輝きたい貴女のために』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『全員0円』鑑定してもらえます。

⇒2019年の運勢が気になる方は、是非お試しを!⇐