【男性編】恋愛感情が冷める瞬間一覧

男性の後ろ姿 都会 景色 哀愁 悲しい男性の恋愛感情が冷める瞬間が知りたい方へ。

まだ付き合い始めのラブラブな時期なのに、ある日、突然彼に別れを告げられてしまったという経験はありませんか。男性の恋愛感情は思わぬところで冷めてしまいます。あなたも男性をガッカリさせるようなことをしていませんか。男性の恋愛感情が冷める瞬間を知っておくことで、恋愛が始まっても即振られることを防ぐことができます。

ライター nyanco
ライター nyanco

本記事では、男性の恋愛感情が冷める瞬間を数多く一覧でご紹介いたします。

【女性編】恋愛感情が冷める瞬間一覧
女性の恋愛感情が冷める瞬間がどんな時か知りたい方へ。大好きになって付き合った相手でも、好きで好きで仕方なかった相手でも、何かの瞬間に一気に気持ちが冷めることがあります。本記事では、女性の恋愛感情が冷める瞬間を数多く一覧でご紹介いたします。

①常識がない

いくら可愛くても常識がない言動が出てしまうと、男性の恋愛感情は一気に冷めてしまいます。男性は社会的な生き物なので、社会で生き抜くためには常識があるのは当たり前だと思っているのです。好きになった女性であっても常識はずれなことをしているのを見てしまうと、一気に気持ちが冷めてしまいます。

挨拶も出来ない女性を両親に会わせたくない

常識がないことの具体例をあげてみると、「漢字の読み書きができない」「敬語が使えない」「自分が悪いのに謝ることができない」「空気が読めない」など、上げればきりがありません。小学生でもできる「挨拶」ができない場合は、絶対に両親には会わせたくないと思われるでしょう。

②マナーが悪い

道路に座る女性 スマホ常識と並んで男性の恋愛感情が冷めてしまうのがマナーです。大人の女性なら常識をわきまえていて、最低限のマナーは守れるのが当たり前ですよね。マナーが悪い女性は、連れて歩いていても恥ずかしい思いをするだけですし、いちいち子供みたいに注意するのも嫌になります。

マナーを分かっていない女性もいる

マナーの面で注意したいのは、静かにすべき場所で大声を出す、電車の中で食事や化粧をする、病院で通話をしているなどがあげられます。見た目が美人だったり可愛い場合ほど、マナーの悪さが目について男性の気持ちは一気に冷めていくでしょう。マナーとは何なのかを一度見直してみましょう。

③言葉遣いが汚い

女性には女性らしい言葉遣いを男性は求めています。柔らかい口調や丁寧な言葉選びは、これだけで女性の品格をあげることになります。しかし言葉や言葉遣いが汚い女性を見ると、男性の心は一気に冷めてしまいます。また、女性なのに強い口調や威張るような言い方も男性の恋愛感情を冷めさせる原因になるでしょう。

男言葉が癖になっているなら要注意

「仕事とかやってらんねー」「上司がムカついて反吐が出る」など、乱暴な言葉が出ると、それを聞いている男性はぎょっとします。また「~だよな」「~だぜ」のような男言葉も女性が使うことに反感を示す男性が多いので、恋愛感情は冷めてしまうでしょう。男性の前だけでなく、普段から丁寧な言葉遣いを心がけることです。

④食べ方が汚い

ディナー 食事 デート一緒に食事をした時に、食べ方が汚い女性に男性は引きます。食事の仕方はその人の育ちの良さ、作法の心得を表わしています。食べ方が汚いと「ちゃんと教えてもらわなかったのか」「自分で恥ずかしいと思わないのか」など、男性側も疑問が生じます。

一緒に食事をしたくない

1番やってはいけないのが、クチャクチャと音を立てて食べること、口の中に食べ物が入っているのに喋ることです。音は不快になりますし、口の中のものが飛び散るのは見ていて気持ちいいものではありません。一緒に食事をしたくない=別れたいと考える男性も多く、恋愛感情は冷めていくでしょう。

⑤私服が想定外だった

派手な女性 尻軽女 サングラス例えば会社に制服があっていつも制服姿しか見ていない女性、作業着姿が可愛らしく恋愛感情を抱いた女性がいたとします。お付き合いが始まれば、休日にデートに出かけますよね。そうなれば私服で会うことになります。この私服が想定外だった場合も、男性の恋愛感情はみるみるうちに冷めていきます。

大人の女性らしからぬファッションはNG

多少地味でもその女性に似合っていれば良いのですが、ボーイッシュすぎて女性らしさを感じられない、ゴスロリファッション、小学生のようなTシャツに短パン、ボロボロで汚れや破れが目立つ…こんな姿で現れたら、気持ちが一気に引いてしまって、デートにすら行きたくなくなるでしょう。

⑥ナルシストだった

鏡を見る女性 笑顔自分磨きをしていて見た目にも目を引く女性だと思って近づいたら、ただのナルシストだったという例もあります。ナルシストは自分が大好きでプライドが高く、中には「私が正義」と思っていることもあります。また自分にしか関心がないので、お付き合いをしても男性に興味を示してくれません。

結局自分の事しか見ていない

頑張ってアピールしたり、女性が喜びそうなことを考えても、ナルシストの女性は自分しか見ていません。ですから、頑張る自分が空しくなり、男性の恋愛感情は冷めていきます。また「私ってカワイイ?」と毎回聞かれることもあり、付き合いきれなくなって離れていくパターンも多いです。

⑦口を開けば愚痴ばかり

人の悪口や愚痴を言っている時というのは、本人は気づかなくても醜い顔をしています。最初は口数が少ない大人しい子だと思って近づいたら、口を開くたびに愚痴しか出てこない女性に男性はドン引きです。仕事が悪い、上司が悪い、同僚が悪い、親が悪い…すべてを周りのせいにして愚痴ばかりでは、聞いている方も呆れてしまいますよね。

いつかは愚痴の対象になりそう

愚痴が止まらない女性というのは、自分に原因があるのかもしれないという考え方をしません。「私は頑張っているのに」「私は悪くないのに」と自分を棚に上げて愚痴をこぼします。「いつかは自分も愚痴の対象になる」と感じた男性は、一気に気持ちが冷めて離れていくでしょう。

⑧下ネタ大好き

美人で品があると思ったら、下ネタが好物で下品だった…こんな現実を目の当たりにすると、男性の恋愛感情は一気に冷めます。男性が女性に求めるものの一つに「清楚であること」があります。外見は上品で下ネタとは無縁な女性だと思っても、実態は分かりません。

女性の下ネタは下品だと受け取られる

下ネタが表に出やすいのが飲み会などのお酒の席です。上品な女性が下ネタを受け入れるだけでなく、自分からも発言していたら、イメージは一気にダウンします。下ネタが全くのNGというのも硬すぎますが、大好物でそれを平気で公表してしまうのは、男性をガッカリさせるだけです。

⑨フケが肩に落ちてきた

不潔な女性は初めから男性の恋愛対象にはなりにくいです。男性にとって女性は「キレイなもの」「柔らかなもの」「いい匂いがするもの」というイメージが強いからです。ですから一般的に女性は外見を磨くことに力を注ぎます。こぎれいな服を着て、変なニオイを発しないように気を付けているのです。

理由はどうであれ不潔だというイメージ

ところが手を抜いてしまい勝ちなのが、頭皮のケアです。頭皮が乾燥したり、清潔でなかったり、細菌などで炎症を起こしているとフケが発生します。フケは色の濃い服の上に落ちると目立ちますよね。男性は好きな女性でも肩がフケだらけになっているのを見ると一気に冷めます。フケ=不潔という印象があるからです。

⑩ノーメイクが別人だった

女性はビジネスマナーとしてメイクをします。ところが女性の中には素顔をメイクで隠していることがあります。色白で目がパッチリした女性が同僚にいたとします。メイクもナチュラルだしカワイイな、と思ってお付き合いをスタートさせたとしましょう。関係が深くなると、ノーメイクを見る場面が出てきますよね。

肌がボロボロな場合も冷める

そこで「えっ誰?」と目が点になるほど、ノーメイクだと別人になってしまう女性に男性は驚きと共に、恋愛感情が引くのを感じるでしょう。今までどれだけメイクで誤魔化してきたのか、騙されてしまった自分に失望するのかもしれません。またノーメイクになると肌がボロボロな女性にも気持ちが冷めしまいます。

⑪恥じらいがない

カップル キス 後ろからハグ 真ん中っ子男性は女性ならではの「恥じらい」を求めます。恥じらいがある女性は「女性らしさ」を感じることができますし、恥ずかしがる仕草は可愛らしくも見えるからです。ところが女性の中には、ちょっとしたことでは動じないような場合もあります。よく言えば自信があるといえますが、悪く言えば恥じらいがなく女性として見られないという欠点になります。

反応がつまらない

例えば座った時に足を開いている、人前でも大口を開けて笑う、平気で下品なことを言う、露出の多い服を好むなど、「恥ずかしい」という感情がないかのように、淡々と振る舞う女性に冷めてしまう男性は多いです。男性の思う「女性なら恥ずかしいだろうな」という想像を見事に裏切られると、少なからずガッカリするのでしょう。

⑫好き嫌いが多い

一緒に食事にいく約束をしても、好き嫌いが激しいのが露呈すれば残念に思います。多少の好き嫌いは誰にでもありますが、「野菜も嫌い」「肉も嫌い」「中華も嫌い」と極端に嫌いなものが多いと、どうしたらいいか分かりません。まるで小さな子供のような姿に呆れてしまう男性もいるでしょう。

圧倒的に嫌いなものが多いとガッカリ

食べ物だけでなく人に対する好き嫌いが激しい女性もいます。「あの人は〇〇だから嫌い」「あの人は気持ち悪い」「あの人は美人でむかつく」など、基本的に嫌いな人ばかりというパターンが多いです。付き合ってもそのうち、自分に対しても嫌いな部分を上げられるのでは?と考えると気持ちも冷めるでしょう。

⑬両親の悪口を平気で言う

女性 見つめる 口を隠す当たり前に側にいる身内に対して、ちょっと評価を下げた言い方をするのはよくあることですが、それでも両親や兄弟を大事にしている女性は好感が持てます。ところが両親に対して「邪魔な存在」「ウザい」などと思っている女性は、日頃から悪口を平気で口にします。

自分の両親も大事にしてもらえない

両親の悪い部分を他人にペラペラ喋る女性、両親との不仲が明確に分かる女性に対して、男性のイメージは悪いです。将来結婚するかもしれない相手が自分の両親の悪口を言っているのですから、旦那の両親となれば、もっと悪く言われそうですよね。自分の両親を大事にしてくれなそうな女性には、男性の恋愛感情は冷めていきます。

⑭ファザコン・ブラコンだった

両親と仲が悪いのもイヤですが、仲が良すぎるのも考えものです。最初は気にならなかったのに、付き合い始めたら女性の口から出てくるのは、父親の話題や兄・弟の話題に偏っていることがあります。比較する対象が父親・兄・弟である場合、ファザコン・ブラコンである可能性が高いです。

身内と比べられると思うと気持ちが萎える

「昨日お兄ちゃんと一緒に寝たの」「週末は弟とデートなんだ」「将来はパパのような優しくて仕事の出来る人と結婚したい」など、ただ仲がいいという以上に、親密な関係性を暴露されては、どんなに好きでも気持ちは冷めてしまいます。どんなに頑張っても勝てないと思うと、それ以上勝負する気にはなれないのでしょう。

⑮ムダ毛処理が適当

男性は女性のムダ毛には厳しいです。「ちょっと毛があるくらい気にしないよ」と表面上は言ってくれますが、実際に目にすると想像以上に幻滅してしまうものです。例えば冬に付き合い始めてずっと露出の少ない服を着ていたのに、春になって腕や足を出したらムダ毛処理が適当だった場合、男性の多くは気持ちが冷めてしまいます。

自分への気持ちも適当なのでは?

また深い関係になっての関係を結ぶときは、いつもは絶対に見えない場所が見えてしまいます。そこでもムダ毛の処理が適当だと、やはりガッカリしてしまうのです。見られても恥ずかしくない=自分への気持ちはそんなものか、と考えてしまい、恋愛感情がスッと冷めてしまうことが考えられます。

⑯足がクサイ

カップル 足元 脚靴を脱がないと中々、足の臭いは分かりません。これまで問題なくお付き合いしていたとしても、ふとした瞬間に衝撃的な事実を知ってしまうと、ショックと共に恋愛感情が冷めてしまうことがあります。その一つがニオイです。初めてのお家デートで靴を脱いだ足が異常に臭いのも気持ちを冷めさせる原因になります。

ニオイに敏感な男性は多い

足そのものが臭うのか、履いていた靴のせいなのかは分かりませんが、一気に不潔な印象が大きくなり二度と部屋にあげたくないと思われます。キレイ好きな男性なら、その段階で別れたいと思うでしょう。男性はニオイにも敏感です。自分の事で慣れていても他人には異臭と感じられることがあるので、日頃から注意しましょう。

⑰過去の恋愛を赤裸々に話す

若ければ初めての彼氏・彼女ということは多いですが、ある程度年齢を重ねれば、いくつかの恋愛経験を経ているのは当たり前のことです。しかし過去の恋愛模様を知りたいという男性は少ないです。それなのに女性は元彼の話を赤裸々に今彼に話してしまう傾向があります。

見た目は恋愛経験が少なそうな女性ならショックは大きい

また、見た目は大人しそうで恋愛経験が少なそうに見えた女性が、過去に何人もの男性とお付き合いしていたというのが分かれば、少なからずショックを受けます。他の男と何があったのかを聞かされただけで、恋愛感情が冷めてしまう男性は多いので、できれば黙っておきましょう。

⑱都合が悪くなると「別れる」と言う

カップル 倦怠期 不仲 喧嘩 ベンチお付き合いをすれば喧嘩もします。また自分の思い通りに相手が動いてくれないのは当たり前です。こうした喧嘩や擦れ違いで都合が悪くなると、すぐに「もう別れるから」と口にする女性もいます。しかし実際には本気で別れたいとは思っていません。

思い通りにしたいという理由で使うのはNG

多くの場合、「別れるといっても彼は別れたくないはずだから、折れてくれるはず」と思っていて、自分の思い通りにしたいという気持ちから口にしているのです。それを読み取ってしまう男性からすると、無責任なことを口にしていると分かり、恋愛感情が一気に冷めていくのです。そのまま別れることになって後悔してしまうでしょう。

⑲部屋がゴミ屋敷だった

女性の部屋と聞くと、男性は様々な妄想を働かせます。部屋はその人の性格が分かると言われるほど、その人を表わす鏡のようなものです。付き合って初めて訪れた彼女の部屋が、まさかのゴミ屋敷だったら…男性の夢は崩れ恋愛感情はどんどん冷めていくでしょう。

表はキレイでも裏はだらしないのがバレバレ

部屋が片づけられない、ゴミがそのまま放置してあるとなれば、足の踏み場がないだけでなく、異臭を放っていることもあります。いくら外見をキレイにしていても、中身はゴミ屋敷のような女性だということです。部屋が汚い女性は、どんなに美人でも恋愛したいとは思えないのが男性心理なのです。

⑳束縛がキツイことが分かった

憂鬱な女性 スマホ 電話 待ち合わせ付き合い始めた途端に束縛がキツくなる女性にも男性は引いてしまいます。束縛は相手の自由を奪う行為であったり、いつも相手に監視されている居心地の悪さを感じます。束縛する方も付き合う前はその本性を隠していることが多いので、「自分の者になった」途端に束縛が激しくなり、相手を驚かせてしまうのです。

恐怖を感じさせる束縛は離れていくだけ

仕事が終わったらメールしてほしい、休みの日にどこに行っていたのか知りたい、この程度の可愛らしい束縛なら許せるでしょう。しかし飲み会のメンバーを写真に撮って送って、私以外の女とは話をしないで、など過剰な束縛は引いてしまうだけでなく、恐ろしさすら感じます。結果、恋愛感情どころか早く離れたいとすら思われてしまいます。

男性に超嫌われる束縛女の7の特徴
彼氏のことが大好き過ぎると、ちょっとしたことを不安に感じて愛情を確かめたくなってしまいますよね…。だけど、場合によっては彼氏から束縛女だと思われて、冷めてしまうこともあります。今回は、男性に超嫌われる束縛女の特徴を教えちゃいます。

㉑喜怒哀楽が激しい

女性 不安 悩み 悲しいよく笑う女性は明るい印象で可愛らしいと惹かれる男性は多いでしょう。感情表現が表に出やすい女性も、表情がクルクルと変わって、一緒にいると楽しいと感じます。しかし紙一重で残念な結果を生むのが「喜怒哀楽が激しい」女性です。特に「怒の感情」と「哀の感情」が強い女性は扱い方に困ります。

情緒不安定で面倒だった

初めてのデートなのに、突然怒り出して帰ってしまった、男性側に非がないのに一方的に怒られたという場合もあれば、普通に話をしていただけなのに、急に泣き出す、過去の記憶を思い出して落ち込んでいるなど、理解不能な行動が目立ちます。情緒が不安定とも取れるので、面倒な相手となり恋愛感情は冷めていきます。

㉒浮気を疑われた

暗い部屋に佇む女性男性は浮気をするもの、少なからずどこかで浮気願望があるもの、このように男性を理解している女性も少なくないでしょう。しかしすべての男性に当てはまることはなく、例え浮気の過去があったとしても、付き合う相手によってパッタリ止むこともあります。ところが「男性=浮気する」と思っている女性はすぐに男性の浮気を疑います。

信用されていないのは腹が立つ

健全にお付き合いをしていて、まったく浮気の疑惑がない、または浮気をする気がない男性にとって、「浮気をする」と決めつけられて疑われるのは不愉快です。言い換えれば相手の女性にまったく信用されていないことを実感するだけなので、信頼関係のない恋愛感情はあっさり冷めてしまいます。

㉓恋愛に依存している

カップル 女性が後ろからハグ恋愛をしていないと落ち着かない、彼氏がいないと何もできない、このような恋愛に依存している女性も少なくありません。こういう女性は「好きになったから付き合う」のではなく、「告白されたから付き合う」「誰でも良かった」という考え方をしている傾向があります。恋愛をしていないと自分を保てないのです。

恋愛の対象が欲しいだけで誰でもいいのでは?

男性側はその女性を好きになってお付き合いをするのですが、女性側にはあまりその気がないことにすぐに気づくでしょう。ただ恋愛や男性に依存しているだけと分かれば、男性側の恋愛感情も冷めていきます。一方通行の恋愛関係ほど、空しいものはないからです。

恋愛依存症チェック★彼氏に依存してないか16の診断
恋愛依存症か診断したい方へ。お友達に恋愛依存症じゃない!?なんて言われたことはありませんか?自分ではなかなか気づけないものです。そこで、あなたが恋愛依存症の傾向にないか恋愛依存症チェックを用意しました。当てはまる行動が多い人は危険信号です!
恋愛依存症を克服していい恋をする為の12の方法
恋愛依存症を克服したい方へ。大好きな彼と付き合っていて幸せなはずなのに、楽しい気持ちよりも不安な気持ちの方が強く、相手に執着してしまうというようなことはないでしょうか。本記事では、心理カウンセラーの水沢桔梗が、恋愛依存症を克服していい恋をする為の方法をご紹介いたします。

㉔結婚の意志があるか聞いてくる

結婚指輪 離婚恋愛の延長上には「結婚」があります。女性の中には結婚願望が強い、または年齢的に結婚を焦っていることもあるでしょう。そうなると付き合い始めたばかりなのに、結婚の意志があるかを確認してくるのです。女性としては「ある」と言ってもらって安心したいのですが、付き合い初めなのに無責任に「ある」と答える男性は少ないです。

結婚できれば誰でもいいのか

結婚はあくまで恋愛の延長であり、初めから約束しておくものではありません。女性の焦りからしつこく結婚について聞いてしまうと、「誰でもいいから結婚したいだけなのでは?」と思われて、男性の恋愛感情は一気に冷めていきます。さらに結婚の話が原因で喧嘩になったり気まずくなってしまえば、男性は別れたいとすら考えるようになるでしょう。

㉕感謝の言葉がない

どんなに親しい関係であっても、感謝の言葉は忘れないようにしたいものです。恋人同士でも持ちつ持たれつの関係ですから、何かをしてもらったら「ありがとう」の言葉が自然にでてくるものです。ところが感謝の言葉を口にする習慣がない女性もいます。要するに「やってもらうのは当たり前」という考え方です。

男性のテンションを下げるだけ

男性は女性を喜ばせるために、デートプランを考えたり、食事を御馳走したり、時にはプレゼントをくれたりもします。すべては見返りを求めているというよりも、女性に喜んで欲しいのです。そこに感謝の言葉があればテンションがあがるのですが、感謝の言葉が出てこない女性に対しては、恋愛感情が冷めてしまいます。これ以上何もしてあげたくないと考えてしまいテンションが下がってしまうからです。

「ありがとう」の波動で幸せを引き寄せる為に大切な8のこと
言葉にも波動は存在し、「ありがとう」はプラス言葉の中でも特に高い波動と言われています。今回は「ありがとう」の波動で幸せを引き寄せる為に大切な8のことについてご紹介します。
彼氏にありがとうを歌で伝えよう!感謝の歌10曲
なかなか言葉で「ありがとう」を伝えることは難しいですよね。ですが、ちょっとしたカラオケだったりBGMにすることで間接的に彼氏に「ありがとう」を伝えることはできるはずです。今回は感謝の歌をご紹介いたします。

最後に

男性の恋愛感情が冷める瞬間には、

  • 女性らしさが感じられない言動
  • 他人を悪く言う行為
  • 信頼されていないと分かった時

などがあげられます。また恋愛に依存していたり、自立していない女性の「当たり前」な態度にも冷めてしまうようです。あなたに恋人ができてもすぐに振られてしまうなら、ここで上げた原因が関わっているかもしれませんよ。

男性の恋愛感情が冷める瞬間一覧

  • ①常識がない
  • ②マナーが悪い
  • ③言葉遣いが汚い
  • ④食べ方が汚い
  • ⑤私服が想定外だった
  • ⑥ナルシストだった
  • ⑦口を開けば愚痴ばかり
  • ⑧下ネタ大好き
  • ⑨フケが肩に落ちてきた
  • ⑩ノーメイクが別人だった
  • ⑪恥じらいがない
  • ⑫好き嫌いが多い
  • ⑬両親の悪口を平気で言う
  • ⑭ファザコン・ブラコンだった
  • ⑮ムダ毛処理が適当
  • ⑯足がクサイ
  • ⑰過去の恋愛を赤裸々に話す
  • ⑱都合が悪くなると「別れる」と言う
  • ⑲部屋がゴミ屋敷だった
  • ⑳束縛がキツイことが分かった
  • ㉑喜怒哀楽が激しい
  • ㉒浮気を疑われた
  • ㉓恋愛に依存している
  • ㉔結婚の意志があるか聞いてくる
  • ㉕感謝の言葉がない
ライター nyanco
ライター nyanco

以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

【女性編】恋愛感情が冷める瞬間一覧
女性の恋愛感情が冷める瞬間がどんな時か知りたい方へ。大好きになって付き合った相手でも、好きで好きで仕方なかった相手でも、何かの瞬間に一気に気持ちが冷めることがあります。本記事では、女性の恋愛感情が冷める瞬間を数多く一覧でご紹介いたします。

≪緊急速報≫ゾッとするほど当たる無料占い

今年のあなたに起こる事がわかると話題!
その名は『オーラ診断 無料占い』

あなたの今年の『運命の日』は一体いつなのか?
あなたの今年の『運命の人』は一体誰なのか?

占う方法は簡単!
新機能『オーラに触れ波動を送る』
+『生年月日などプロフィールを送る』

期間限定の≪無料鑑定≫は今だけ!

⇒知りたい方は是非やってみて下さい⇐

⑤交際 ⑥失恋・別れ
この記事のライター
nyanco

猫と写真が好きです。若い頃の恋愛は失敗だらけで振られまくりでした。「もう恋なんてしない!」と思った時期もありましたが、結局人は恋に落ちてしまうものなのですね。そんな私も彼氏が変わるたびに男の見る目や上手な恋愛の方法を学び、今では理想の彼と幸せな毎日です。私と同じ失敗が繰り返されないように、これまでの経験で得たことを提供できるような記事を書いていきます。

nyancoをフォローする
恋愛&結婚あれこれ