波長の法則とは何か?8つのポイントを解説

スピリチュアルの世界では、自分の身の回りに起こる出来事は、波長の法則が関係していると考えられています。不都合なことが起こったり、ピンチの時に助けられたりなどのさまざまな出来事は、自分自身の波長が引き寄せた結果であったりします。今回は、波長の法則とは何か?8つのポイントについて解説していきます。

 

波長の法則とは何か?8つのポイントを解説

 

波長の法則とは?

すべてのものは、波動という固有の振動数を持っています。スピリチュアルの世界では、その波動から発せられる周波数の波長が、日常生活で起こるさまざまな出来事と関係があると考えられています。

波長の法則とは、類は友を呼ぶという言葉があるように、同じような波長を持ったもの同士が、自然と引き寄せ合いが起こってくる仕組みのことを意味しています。似ている波長を持った人同士は、違和感が少なく、異なった波長の人同士の場合には、一緒にいても居心地が悪かったり、イライラしたりすることもあります。もっと大きく異なった波長の人同士では、出会うことさえ難しくなっていきます。

波長の法則は、人と人同士だけでなく、人と物、人と出来事など、日常生活の中で常に働いている法則と考えられています。

波長の法則による出会いと別れ

恋愛関係でも、友人同士であっても、今まですごく仲が良かったのに、なんとなく違和感が生まれてきて、一緒にいても楽しくなかったり、会うタイミングがずれてきてしまったりという経験はありませんか。時間の経過や環境の変化で自然に起こる現象の場合もありますが、お互いの波長が変化してきたということも考えられます。

波長の法則では、同じような波長の時に出会いが生まれ、2人の波長が異なってくると別れが訪れることがあります。恋愛で出会った頃は、無理に合わせなくても自然体でいられたのに、波長が異なってくると、徐々に努力が必要であったり、どこか自分を偽ったりしないと一緒にいられなくなってくることもあります。

恋愛で別れる時には、相手が悪いと責めてしまったり、至らなかったと自分を卑下してしまったりすることもあるかと思います。反省を次の恋愛に生かすことは必要ですが、いつまでも、相手を責める気持ちや自分を卑下する気持ちを抱えたままでいると、波長は下がり、マイナスの出来事を引き寄せやすくなってしまいます。別れはどちらが悪いというよりは、お互いの波長の変化が起こった結果に過ぎないという側面に思考を向け、プラスの波長に切り替えていくことが大切です。

波長には幅がある

スピリチュアルの世界の波長には、幅が存在しているという考え方があります。どんな人でも一定の基本の傾向はあっても、陽の部分と陰の部分を持っています。その時々の体調や気分、使う言葉などでも変化が起こってきます。

例えば外出した時に、ラッキーと感じることが次々と起こる日と、すべてのタイミングがずれてしまってうまくまわっていかない日もあるかと思います。

爽やかな印象の人に出会う時と、イライラしている横柄な人と出会う時などもそうですが、今の自分の波長の中に同じような周波数が存在していて、その部分が強く出ている状態であることを意味している場合があります。

周囲の人で波長を知る

好きな人ができた時に、お付き合いしたいけれど、まだどんな人か内面がよくわからないという場合には、その人の周囲の人を観察することにより参考にする方法があります。

好んで付き合っている仲間などは、ある程度の波長が一致していなければ、一緒に行動することはできません。好きな人の周囲の人達が、自分中心で、好き勝手な行動をしているタイプなのか、気配りができるタイプなのかなど、その傾向により一定の波長を知ることができたりします。

苦手な人も自分の波長が引き寄せている

長い期間付き合っている友人などは、ある程度の波長の共通点が存在しているため、一緒に過ごしていくことができます。波長が大きく異なった人とは長い期間一緒にいることは難しかったりします。

それでもなぜか苦手な人とかかわらなければならない場面も起こります。今世に生まれてきている魂はすべて、どこか未熟な部分を持っています。過去世から持ち越した課題を、今世で少しずつ克服していかなければなりません。そのチャンスが自分の魂の波長から引き寄せられてきます。苦手な人と出会ってしまった時に、なんて運の悪いことだと思ってしまうかもしれません。しかしそこで自分の魂が成長できる時期がきたと捉えることで、自分の波長に変化が起こり、いつの間にか苦手な人が苦手でなくなったり、離れることができたりしていきます。

思いが波長を変化させる

誰しも、なんのトラブルのない人生を送るということはありません。トラブルの大きさや頻度の差はありますが、自分の魂の成長に必要な物事が起こっていきます。

何か物事が起こった時に、どうせ自分はダメな人間だというようなマイナスの思いですべてを包んでしまうと、波長はどんどん負の方向に進んでしまいます。起きた出来事を冷静に捉え、これくらいの物事で済んで良かったと別の角度から、捉える習慣をつけることが大切です。出来事にはマイナスもプラスもなく、自分の魂の波長に合った事が起きただけのことです。マイナスの波長のまま過ごす時間をなるべく短時間にし、プラスの思いへ転換させることで、プラスの波長に変化していきます。

自分らしい波長が大切

すべてのものは波動という固有の振動数を持っています。その波動から発せられる周波数の波長は、自分らしい波長というものが大切になります。

もちろん波長の高いものや人と過ごすことができればベストですが、人それぞれ、今世の魂の状態があります。まずは自分の波長に合った場所でなければ、心や体がついていくことが難しくなります。

夢を見てはいけないという意味ではなく、まずは、今の自分のいる場所でのすべきことをこなし、向上していくことで、自然と波長は変化していくものです。今に不満ばかり唱えて、異なった波長の世界をうらやんでいるだけでは、ますます波長が下がってしまい、目的に近づいていくことはできません。極端にマイナスの波長以外は、人それぞれの自分らしい波長を大切にすることが必要です。

自己肯定感と波長は関係する

さまざまな職種の人がいて社会が成り立っているのと同じように、人それぞれの波長はその人の魂の個性のような役割を持っています。すべての人が魂の成長と浄化のために今世で生活しています。そのためには、自分の持っている波長をより向上させるよう努力していくことが必要です。

しかし、そこで人と比較するものではありません。素敵な人だなという感情を持つことは良いことですが、そこでダメな自分と比較し負の気持ちが生まれてしまうことは波長を下げることにつながってしまいます。

自信過剰もよくはありませんが、自分には自分の良さがあるという土台の元に、向上していくことが大切です。自己肯定感を持つことと波長の法則でラッキーなことを引き寄せていくことは、大きく関係しています。

 

最後に

波長の法則により、恋愛など幸せな出来事を引き寄せていくためには、日常生活の中で、相手を責めないこと、自分を卑下しないことが大切です。自分の魂に必要な出来事が起きているだけのこととして捉え、自分らしく波長を高める思考や行動をとることが大切です。波長が下がっていると感じた時には、好きなことや得意なことから少しずつはじめていきましょう。

波長の法則とは何か?8つのポイントを解説

①波長の法則とは?
②波長の法則による出会いと別れ
③波長には幅がある
④周囲の人で波長を知る
⑤苦手な人も自分の波長が引き寄せている
⑥思いが波長を変化させる
⑦自分らしい波長が大切
⑧自己肯定感と波長は関係する


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの心にそっと寄り添い、安心感を与えてくれる凄腕鑑定師が悩みの根本と解決策を見出してくれる『人生大吉』が大好評!いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『無料鑑定』してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐