波動を上げるにはどうする?スピリチュアル的に解説

すべてのものは波動という固有の振動数を持っています。それぞれの波動は日常生活の中で、自分にも周囲にも影響し合いながら存在しています。自分自身の波動を上げることは、不要なトラブルを回避できたり、物事がスムーズに進んでいきやすくなったりするなど、プラスのエネルギーを受けやすくなります。今回は、波動を上げるにはどうすればよいかスピリチュアル的に解説していきます。

 

波動を上げるにはどうする?スピリチュアル的に解説

 

自分を律する

元々持っている自分の波動は、個性のようなものです。過去世で経験してきた物事が魂に刻まれている部分や今世での経験なども含めて気質のようなものが固有の振動数として波動を発しています。その上で、その時々の状態により波動も変化の幅があります。

自分の思考や行動、身の回りの状況でも波動は変化していきます。波動を上げておくには、自分自身を律することが大切になります。基本的に自立していることが重要なポイントです。人やものなど何かに依存していたり、強い執着を持ったりしたままであると波動は下がっていってしまいます。自分の身の回りは常に清潔を心がけ掃除や定期的に断捨離することでも、波動を上げていくことにつながっていきます。欠けているものにばかり囚われるのではなく、今手にしているものに焦点を当て、謙虚さを持つことが大切です。

魂の気質本来が喜ぶことをする

波動を上げるには、元々の波動が高い人と一緒に過ごしたり、波動の高い場所を訪れたりするなどの方法がありますが、すべての場合に当てはまるわけではありません。

魂本来の気質のようなものの視点から、単にすべての高い波動の物事が自分に合っているとは限りません。波動を上げるには、自分の魂の波動の相性と合った高い波動を取り入れることが大切になります。元々穏やかな気質の人が激しいことをしてもストレスになるだけであったり、活発な人が静かに過ごすことを強要されたら、パワーが失われてしまったりすることがあります。自分を知り、自分に向き合い、魂の気質本来が喜ぶことをすることが重要です。

からだと対話する

波動は自分の思考だけでなく、からだの状態によっても変化します。本来は自分の魂が輝ける状態であればよいのですが、現世では、魂だけでなく肉体も持っている状態です。その両者のバランスがうまくとれていると波動は上がりやすくなります。

からだを動かすことが好きな人は、定期的に運動を行ったり、忙しい日常に振り回されている人は、休息をしっかりとり、瞑想などを取り入れたりして落ち着いた時間を取り戻すことが大切です。自分らしさをみつけられた人はぶれずに、些細なことに振り回されず、波動が高い状態でいられます。

自然界からエネルギーをもらう

日常生活では、電気製品からの電磁波やスマホやパソコンなどの電波の中で過ごすことになります。便利になることは良いことですが、自分本来の波動は常に影響を受けていることになります。

魂本来の波動を取り戻し、波動を上げるには、自然界からエネルギーをもらうことも重要です。食事の面でも忙しい時には、インスタントのもので済ませている場合には、時間のあるときにはできるだけ加工されていない自然の食品を取り入れるようにしましょう。

人工物の多い街で仕事や生活をしている場合には、定期的にパワースポットなどの神聖な場所を訪れることも良いでしょう。パワースポットなどには興味がないという人の場合は、自分のお気に入りの場所でも大丈夫です。その場合は、なるべく自然豊かな場所で、しっかりと日の当たる時間がある所を選びましょう。一日中日陰になっているような場所は、陰の気が溜まりやすくなるので注意が必要です。

理性と感情のバランスをとる

生活していく中では、自分の意思の通りに進んでいくことばかりではありません。周囲の人達との関係の中で、自分の意図しない結果を受け入れなければいけない場面が必ずあります。しかしそのたびに一喜一憂して心を乱されていては波動も下がってしまいます。自分の意図しないことを行わなければならない時には、感情で動くのではなく、理性を使い淡々と物事を解決していくようにしましょう。

反対に自分の意思で行動する時や好きなことをしてエネルギー充電する時には、感情を全開にすることで波動を上げることにつながっていきます。自分の波動が大きく下がることのないようにするには、理性と感情のバランスをとることが重要です。

目的を明確にする

自分自身の波動を上げる努力をしても、周囲の環境に振り回され影響を受けることにより、波動が下がっていってしまう場合もあります。上げた波動を維持するためには、自分の目的を明確にする必要があります。

将来的には、こうなっていたいという確固たる目的があれば、その道の途中に起きたことは、単なる通過点の出来事に過ぎないと考えることが出来るようになります。未来は自分で作り上げていくもので、スピリチュアル的観点からは、そこに正解、不正解という概念はありありません。自分に必要なことが起こっているだけのことです。不都合なことがあったり、違和感があったりするのであれば、居心地の良い環境に進路変更をしていきましょう。明確な目的と変化する決心をするだけで、波動を上げていくことができます。

笑顔と言霊

医学的観点からも笑いは免疫力を上げる効果が認められていますが、スピリチュアル的観点からも、笑顔は波動を上げる効果があると考えられています。反対に怒りや妬みなどの感情で苦い顔をしている場合には、波動が下がっていってしまうので注意が必要です。

日常的に使っている言葉にも言霊(ことだま)といって波動は存在しています。マイナスな印象がある言葉を使うと波動は下がり、たとえトラブルがあったとしても「この程度で良かった」と転換し、プラスの言葉を常に使うように習慣づけるだけでも波動は上がっていきます。

リラックスする時間をつくる

波動を上げるためには、頑張り過ぎないことも大切です。もちろん頑張れる時には、向上のためどんどん頑張ればよいのですが、無理に頑張ろうとしてうまくいかなかった場合には、「やっぱりだめだった」という負の意識が強く残ってしまいます。

人や場所には相性があるように、波動にも自分に合った波動でない場合や心身共に疲れて波動が低い状態の時に、単に波動を高める行動を起こしても、「無理に行う」というマイナスのエネルギーが働いてしまい、うまく波動を上げることにつながっていかない場合もあります。そんな時には、波動を上げる行動よりも先に、リラックスする時間をつくることが必要です。

音にも波動は存在しているので、好きな音楽を聴いて波長を整えたり、お風呂にゆっくりと入り、からだから出る負のエネルギーを洗い流したりすることも効果が期待されます。忙しさの中で十分な時間がとれない場合には、からだ全体に酸素を行き渡らせるイメージで、その場で深呼吸をするだけでもこれまでの波動のリセットにつながります。

 

最後に

人生の進み方も、毎回ジャンプするように登っていく人もいれば、コイルをなぞるように少しずつ登っていく人もいます。人それぞれ個性があるように波動にもその人らしさが反映されています。波動が下がってしまう出来事があったとしても、それ以上の幸せの種をまいていく努力をしていけば、いずれ自分に返ってきて、波動が上がるような出来事が次々起こるようになってきます。人と比べるのではなく、自分らしさを大切に、自分に合った波動を上げる方法を試してみましょう。

波動を上げるにはどうする?スピリチュアル的に解説

①自分を律する
②魂の気質本来が喜ぶことをする
③からだと対話する
④自然界からエネルギーをもらう
⑤理性と感動のバランスをとる
⑥目的を明確にする
⑦笑顔と言霊
⑧リラックスする時間をつくる


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの心にそっと寄り添い、安心感を与えてくれる凄腕鑑定師が悩みの根本と解決策を見出してくれる『人生大吉』が大好評!いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『無料鑑定』してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐