偶然よく会う人は運命の人なのかスピリチュアル的に解説

生活している中で、なぜか偶然よく会う人はいませんか?

同じ場所でということはありえる話ですが、時間も場所も異なったパターンの中で、何度も偶然会う機会がある人は、運命の人の可能性も。偶然会う人の中には、スピリチュアル的な意味が隠れていることもあります。自分の運命の人を探しに遠くに旅に行ったり、別の環境に移ったりする前に、身近な周囲を見渡してみませんか?

今回は運命の人であるというメッセージを見逃さないために、偶然よく会う人と運命の人の関係についてスピリチュアル的観点からご紹介します。

 

偶然よく会う人は運命の人なのかスピリチュアル的に解説

 


①偶然よく会う人はソウルメイト

偶然よく会う人の中には、過去世でもつながりのあったソウルメイトである可能性があります。ソウルメイトは、過去世で夫婦や恋人に限らず、親子・兄弟、人生の転機に現れた恩人であるなど、さまざまな関係に生まれ変わりながら、より浄化された魂になるための仲間です。

ソウルメイトの場合、あまり深い関係でもないときから、なんとなく懐かしい感じや落ち着く感じがあり、居心地の良い相手といった印象を持つことが多いでしょう。ソウルメイトと今世で、恋人同士になったり結婚したりすると、変に自分を偽らなくても、素直な関係でいられます。お互いの魂の性格を潜在意識の中で十分理解しているからです。

②偶然よく会う人はカルマメイト

偶然よく会う人の中には、運命の人のような幸運を運んできてくれる人ばかりではありません。スピリチュアルの世界では、過去世から引きずっている因縁のような関係を持った相手を、カルマメイトという言い方をすることがあります。

何度も生まれ変わりを繰り返すには、自分自身に未熟な部分が存在していたり、果たすべき課題があったりするためでもあります。過去世でも同じで、誰もが完璧な人間であったわけではありません。そんな未熟な部分で相手の心を傷つけてしまった経験や、波動が低い状態での仲間がいたりします。今世で、経験を重ねる中で、魂がより浄化されていたり、波動が高くなっていたりすると、カルマメイトと出会う確立は低くなりますが、そうでない場合は、今世で出会うことになります。

カルマメイトは、一見、運命の人かのような印象を持ちますが、実際、交際することになると、自分の意図しない状況に振り回されることになったり、常に不安定な状況に置かれたりすることがあります。偶然によく会うカルマメイトは運命の人と勘違いしやすいので、波動を高め、周波数を合わせないようにすることが大切です。

カルマメイトであることに気づいたら、無理に執着せず、過去世で自分が至らない所があったのかもしれないと考え、相手にお詫びと感謝の気持ちを心の中で唱え、お別れした方が良いでしょう。

③ピンチの時に偶然よく会う運命の人

どんな人の人生にも転機というものがあり、分岐点がいくつか存在しています。親の都合で引っ越すことになったり、進学で親友と離れ離れになったり、就職で1人暮らしをはじめたり、長い期間交際していた恋愛相手との別れや親が亡くなる、などたくさんの変化が起こることがあります。そんな落ち込んだり迷いがあったりする時期に偶然よく会う人は、過去世から約束をしてきた運命の人の可能性があります。

過去世では、その相手がピンチの時あなたが助けていた関係であったかもしれません。今世では、その恩返しに必ずあなたを助けると決めてきていて、何度もピンチがくるたびに、偶然の出会いが用意されることがあります。

過去世の記憶はほとんどの人は無くしているので、深い関係であったことはわからないかもしれませんが、その人の顔を見るだけで、落ち着ける感情が湧いてくる場合は、恋人から結婚へと進展する高い可能性があります。

④意識していないのに偶然よく会う人

「あの人どうしているのかな」と思っていたら、偶然次の日、街で再会したという経験はありませんか?それは、自分の波動が相手に届き、出会うことになった、つまり引き寄せたということになります。そういった現象は、相手が運命の人でなくても、よく起こることです。

偶然よく会う人が運命の人かどうかの見極めの1つの基準は、「数日前も当日も全くその人のことを意識していなかった」ということです。自分の意識の中に存在していないのに、何度も偶然、さまざまな場所で出会う人は、運命の人の可能性があります。無意識の状態、つまり潜在意識だけが認知している魂レベルでつながりのある相手かもしれません。

その人から、全くいやな感じがしなくて、空気のような感覚があるようならば、勇気を持って、話しかけてみましょう。運命の人であれば、相手も声をかけるタイミングを見つけていたという展開になり、時間をかけずに2人の関係が友人から恋愛へそして結婚へとスムーズに進んでいくことになります。

⑤お互いの守護霊さまからのサインで偶然よく会う運命の人

自分自身でこれから起こる出来事を予知することはなかなかできることではありませんが、それぞれの人の守護霊さまは、過去もこれから起こる未来も認知しています。お互い結ばれることになっている2人をさまざまな角度から出会いの場を用意されていたりします。何度も偶然よく会うことのある相手は、自分達は全くそんな意識はないのに、いずれ結ばれることになっている人の可能性があります。

運命の人と結ばれることになれば、無条件で幸せなことばかり起こるというものではありません。誰もが欠けた部分が存在しているため、お互いに異なった性格の2人が一緒になることで、欠けた部分を補いベストな状態が作られたり、正反対の2人が一緒になることで、自分では気づくことのない部分の学びが得られたりするためでもあったりします。

それぞれの守護霊さまは、2人の本質を十分理解しているので、魂の浄化がなされる目的の最適な相手との出会いを準備していたりします。交際することになれば、両親の反対などの障害はなく、とんとん拍子に結婚へと進んでいくことになります。

⑥お互いのハイヤーセルフからのサインで偶然よく会う運命の人

誰にも魂の高次元の部分ハイヤーセルフが存在しています。ハイヤーセルフはさまざまな解釈の仕方がありますが、輪廻転生の中でも入れ替わることはありません。そのため過去世、今世、来世まで認知していると考えられています。偶然よく会う人とは、お互いのハイヤーセルフ同士が今世で、結ばれることを約束してきた相手である可能性があります。

例えば、過去世でなんらかの理由で、結ばれることができなかった魂同士が今世では必ず結ばれるように約束をしてきて、お互い気づくまで、偶然の出会いを繰り返していることも考えられます。また、過去世で、2人で行っていた社会的課題が未完成のまま生涯を終えていたのかもしれません。今世では、その課題を完結させるために2人が出会い、力を合わせるパートナーとして必要な場合も考えられます。

偶然よく会う相手から、元気や勇気がもらえるような感情が湧く場合、魂の高次元の部分ハイヤーセルフが求めている相手の可能性もあります。その場合、お互い大切にしている考え方や、こんなことが出来たらいいなという将来の希望などを話してみると、マッチしている部分が多く見つかるでしょう。目的達成のため、2人は結ばれることを過去世の時代から望んでいたことなので、安定した自分達の幸せだけでなく、社会的活動にも積極的に参加していくことになります。


 

最後に

意識もしていないのに、なぜか偶然によく会う人がいる場合、次回会った時には、勇気を出して話かけてみましょう。出身地が同じ、誕生日が近い、大切に思っていることが同じ、将来像が同じなどの共通点が必ず見つかるはずです。または、まったく正反対の性格や考え方であるのになぜか居心地が良い場合、魂レベルの向上・浄化のために必要な相手の可能性もあります。いずれにしても、偶然何度も会うということは、良くも悪くもご縁がある運命の人ということです。良きご縁と結ばれますよう、直観を研ぎ澄まし、言動をプラスの方向にし、波動を向上させる生活を送りましょう。

偶然よく会う人は運命の人なのかスピリチュアル的に解説

①偶然よく会う人はソウルメイト
②偶然よく会う人はカルマメイト
③ピンチの時に偶然よく会う運命の人
④意識していないのに偶然よく会う人
⑤お互いの守護霊さまからのサインで偶然よく会う運命の人
⑥お互いのハイヤーセルフからのサインで偶然よく会う運命の人

★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『開運の法則』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒2017年の恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐