結婚相手の選び方★後悔しない為の最低限の男の条件


「この人となら!」「この人しかいない!」と思って結婚を決めても、「こんなはずじゃなかった!」「この人じゃなかかった!」と離婚してしまうカップルはたくさんいます。恋愛をしているだけでは見えないことが、結婚生活を始めると見えてくることがその原因のひとつでもあります。そこで、実際に結婚をして、結婚相手の選び方を間違えて離婚をした私が考える、結婚相手の選び方をご紹介します。

 

結婚相手の選び方★後悔しない為の最低限の男の条件

 


結婚相手の選び方①自分の家族を大切にしているか

結婚をすれば、相手の家族は義理とはいえ自分の家族になるわけです。彼あるいは彼女と実家との関係が気まずい場合には、あなたもその気まずい関係の中に入らなくてはいけません。家族との関係は結婚相手選びにおいて大事なポイントです。その際には、離れて暮らしている兄弟や姉妹との関係、どんな人なのかなども、できる限りチェックしておきましょう。

ただし、あまりに自分の家族を大事にしすぎて、恋人であるあなたを後回しにするような人は、結婚後も相手の家族との間に立って守ってもらえないことも多いので、気をつけましょう。

結婚相手の選び方②自分を後回しにして周囲の人のために動けるか

結婚をして、特に子供ができると、自分の時間はほとんどなくなります。男性の場合、奥さんが出産をすれば、家事を手伝ったり、初めての出産や育児で戸惑っている奥さんをサポートする必要もあります。そんなときに「自分の趣味の時間が欲しい」「ちょっと一人にしてくれ」なんて言う相手では、先が思いやれます。周囲の人の様子がよく見えていて、その人のためにすぐに動ける優しい人はポイントが高いです。

結婚相手の選び方③仕事は長く続けているか

仕事をただ長く続けていればいいというわけではありませんが、2-3年の短期間で仕事を辞め、何度も転職を繰り返している人は、仕事ができない。根気がない、自分が向いていることを見極められていないといったタイプであることがあります。今の仕事が高収入だからOKではなく、過去の仕事などもさりげなく訪ねてみましょう。

結婚相手の選び方④手に職、技術があるか

終身雇用の体制が崩れた今、転職をして次の仕事を探すのも厳しい時代です。そんなとき、技術者だったり、製造業で活かせる技術を持っている人の方が転職先や再就職先を見つけやすいことも多いです。

結婚相手の選び方⑤貯金はどのくらいあるか

付き合っている段階で恋人に貯金を尋ねることは難しいかもしれませんが、結婚してみたら借金があった、結婚してみたら貯金がゼロだったでは困りますよね。普段のお金使いは当然のことですが、貯金などもわかればチェックしておきましょう。

結婚相手の選び方⑥酒、たばこ、ギャンブルをするか

適度なお酒やたばこは許容範囲という人も多いでしょうが、度を過ぎたお酒や、かなりの量のたばこを吸うヘビースモーカー、そしてギャンブルをする人はNGという人が多いと思います。素直に打ち明けてくれる人はいいですが、意外にギャンブルをすることを隠している人も多いと聞きます。

結婚相手の選び方⑦健康状態は

見た目健康そうに見えたのに、会社の健康診断で再検査項目があるという人も結構います。若い男性の一人暮らしで、まったく料理をせず、いつも外食だったり、インスタント食品ばかりという人だっています。結婚した途端に病気をした、あるいは将来大きな病気になった、では困ります。

結婚相手の選び方⑧共通の趣味はあるか

付き合っているときの週末のデートと違って、結婚後のフリータイムをどれだけ楽しく一緒に過ごせるか!は重要なポイントです。旦那さんの趣味がアウトドアや釣り、奥さんの趣味がお買いもの…では、週末は別々に過ごすことになってしまいます。毎週末一緒に過ごす必要もありませんが、テニスやゴルフなどなにか1つぐらい、一緒に週末に楽しめる趣味があるといいですよね。

結婚相手の選び方⑨子育てに対する価値観は同じか

周囲の夫婦を見ていると、お受験をさせたい奥様と、お受験なんていらないという旦那様だったり、野球をやらせたいパパと、英語を勉強させたいママなど、子供の教育方針でぶつかっているご夫婦が結構います。親の教育方針というのは、自分が小さい頃に置かれていた環境に影響されていたり、自分が幼少期に実現できなかったことを子供に託そうとしたりするものです。出費を伴う大事なことですから、ここの価値観がずれていると、ケンカが絶えないことになります。

結婚相手の選び方⑩義理の家族の人柄

付き合っているときにご挨拶をしたりした時には、とてもいい感じの人だったからといって、結婚して姑・舅になってもいい人とは限りません。母親は彼から子離れできているか、自分の息子を優先せず、お嫁さんになるである人を立てるぐらいの気配りをしてくれるか…など、結婚生活後のことを想像しながら、結婚相手の家族の人柄は十分にチェックしましょう。

結婚相手の選び方⑪友人は多いか

多すぎるのも問題ですが、少ないのにはそれなりの理由があるはずです。学生時代にコミュニケーションが苦手で友達ができなかった人は、結婚してもコミュニケーションでトラブルが発生しそうです。友達が多すぎても、飲み会にばかり行ったり、すぐに友人を家に呼んだり…でトラブルになる可能性もありますけどね。

結婚相手の選び方⑫自分の身のまわりのことは自分でできるか

これは男性ばかりではなく女性にも言えることです。ずっと実家暮らしで、掃除も洗濯も母親任せという場合には、結婚しても家事が上手にできなかったり、家事をすることが苦痛になり不満を言うようになることがあるからです。

結婚相手の選び方⑬料理の腕

プロ級の腕前が必要と言うわけではありませんが、男性の場合には妻が病気をしたとき、妻の出産時には多少料理できる方がいいですよね。妻が熱があるのに「飯は?」なんていう男性も、まだまだいます。女性の場合でも、毎日料理を作り続けますから、最低限のことはできた方が、仕事をしながら家事も料理も…となったときに助かります。

結婚相手の選び方⑭病歴

遺伝子やすい病気というものもあります。とても好きになった彼あるいは彼女のご家族にそういった病歴があるからといって別れることはないかと思いますが、結婚後の2人の将来に影響することもありますから、そのあたりもわかれば知りたいですよね。病気がちな家族がいるとか、自分の家系ではガンで亡くなった人が多いといったことを、結婚前に正直に話してくれる人は誠実な方だと思います。


 

最後に

結婚相手に求める条件は「優しさ」「誠実さ」…。もちろん、そういったことも大切です。しかし結婚後毎日一緒に生活をして、家計と共にして、子供を一緒に育てていくときには、ここで紹介したようなことが重要になってきます。恋人同士のデートではなかなか見えない部分ですが、結婚前にはチェックしておくことをおすすめします。

結婚相手の選び方★後悔しない為の最低限の男の条件
①自分の家族を大切にしているか
②自分を後回しにして周囲の人のために動けるか
③仕事は長く続けているか
④手に職、技術があるか
⑤貯金はどのくらいあるか
⑥酒、たばこ、ギャンブルをするか
⑦健康状態は
⑧共通の趣味はあるか
⑨子育てに対する価値観は同じか
⑩義理の家族の人柄
⑪友人は多いか
⑫自分の身のまわりのことは自分でできるか
⑬料理の腕
⑭病歴

《たった3分で運命を変える方法 〜奇跡のスピリチュアル診断〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

生年月日や血液型などの情報から導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

⇒変化が欲しいなら、今すぐ『全員0円』鑑定を試してみてください!