DV加害者になりがちな彼氏の特徴一覧

DV彼氏 カップル 喧嘩 暴力DV加害者になりそうな男性の特徴を知りたい方へ

DV加害者の男性は、最初は優しい顔をして言葉巧みに近づいてきます。それが実際に付き合い始めたり、結婚することで態度が豹変するというパターンが多いのです。できればお付き合いを始める前に気づきたいものです。

本記事では、DV加害者になりがちな彼氏の特徴一覧をご紹介いたします。

①第一印象が優しそう

男性 笑顔 末っ子DV加害者になりそうな彼氏は、第一印象では分からないことがほとんどです。初対面ではどこにでもいる普通の男性であることが多いからです。むしろDV加害者になった男性ほど、温和で優しそうな人だった、穏やかに話をする人だったというケースも少なくありません。ですから第一印象が優しそうだからといって安心してはいけないのです。

表面上は優しい人の仮面をかぶっている

DV加害者になりそうな男性というのは、強面でいかにも「怖い」という印象のある男性ではありません。表面的には優しい男性という仮面をかぶって近づいてきます。それを見抜けずに心を許してしまう女性は、後々DVに悩む可能性があるのです。もちろん初対面から疑う必要もありませんが、その印象だけで判断しないことです。

②周りから「いい人」だと言われている

男性 カフェタイム 真ん中っ子DV加害者になりそうな彼氏というのは周りの人にDV気質であることを隠します。会社関係の相手、友達、彼女の家族に対しては「良い人」を演じていることが多いのです。ですから周りの人には「あの人はいい人だね」と言われているかもしれません。あなたが「いい人」という言葉に違和感を抱くなら、DV男と疑った方が良いでしょう。

周りの人は気づかない

DV加害者になる男性というのは外面がいいという特徴があります。彼女や妻以外の相手には本性を見せずに、当たりの良い人であったり、真面目で献身的な態度を見せます。これでは周りの人がDV男だと気づくことができません。それ故にDV被害が発見しにくいというパターンも多いのです。

③付き合うと束縛が激しい

DV加害者になりそうな彼氏は付き合った途端に束縛が激しくなります。女性の携帯やスマホチェックは当たり前で、見慣れない男の名前を見つければ、「これ誰?」「どういう関係?」など不機嫌になるというのが特徴です。DV男にとって彼女は自分の所有物だと思っているので、気に食わないことは排除しようとするのです。

DV男性からのメールの返事を急かすことも

またDV加害者になりそうな彼氏からのメールや着信に対して遅れてしまうと非難されることがあります。「なんですぐに返事しないの?」「なんで俺からの電話にでないんだよ」と些細な事なのに、イライラして女性を責めるでしょう。DV男にとっては、これが束縛だとは思っていないので、行動はエスカレートしていきます。

束縛する彼氏の心理を理解して対処する10の方法
あなたの彼氏は束縛彼氏ですか?今はちょっとの束縛かもしれませんが、いつの間にかエスカレートして重くなってしまうことだってあります。今回は、彼氏の束縛に悩んでいる彼女のために、どのように束縛を緩和していくか対処法をご紹介いたします。

④自分が正しいと思っている

仕事が忙しい彼氏 スマホ LINE 仕事DV加害者になりそうな彼氏は自分の考えを持っていて、更にはそれが絶対に正しいと思っています。ここまでは個人の考え方なので自由なのですが、危険なのはその考えを他人に押し付ける場合です。他人の意見には耳を傾けず、自分の考えを曲げないどころか、相手にも強要してきます。

自分の非を認められない

もしDV男の考え方で誤りがあっても絶対に認めません。自分で主張したことは棚に上げて、周りの人に責任転嫁をします。「俺はそんなこと言っていない」「そういう意味ではない」「そう捉えたお前が悪い」など、自分の非を認められないのもDV男の特徴です。

⑤プライドが高い

仕事をする男性 ビジネスマン 考える 忙しいDV加害者になりそうな彼氏はとにかくプライドが高いです。自分中心に物事が回っているので、何かミスをしても謝り方を知りません。プライドをへし折られるような出来事があると、彼女である女性に当たります。「分かろうとしない会社が悪い」「俺の行き場のない怒りをお前が受けるのは当然だ」と謎の主張をしてくるでしょう。

自分は被害者だと思っている

プライドの高いDV男は自分が恥をかくことを嫌います。しかし社会的立場がある場面では反発する度胸もないので、彼女や女性という弱い立場の人間にその矛先を向けるのです。自分は被害者だという思い込みが強く、憤りのない怒りを向ける相手を選ぶのですが、その対象になりやすいのが「彼女」というわけです。

⑥相手によって態度が違う

相手によって態度が変わる男性がいたら、DV彼氏である可能性が高いです。例えば付き合う前の仲良くなった段階で、あなたには優しくしてくれる男性がいたとします。しかしあなた以外の人に横柄な態度や傲慢な態度を取っているのであれば、それが将来、あなたに向く可能性があるということです。

立場の弱い相手に対して豹変する

DV男は立場の弱い人間に対してガラリと態度を変えます。例えば飲食店で注文と違うメニューが運ばれてきたとします。そこで大声で店員を呼びつけて「責任者を出せ」などの態度を取る場合は危険です。会社の上司や友達の前では大人しいのに、豹変したような態度を取る男性はDV加害者になる素質があります。

⑦考え方が偏っている

サングラスを掛けた男性 真ん中っ子DV加害者になりそうな彼氏には偏った考え方をする人が多いようです。よく言われるのは「女はこうあるべきだ」という古い価値観です。「女は男を立てなければならない」「女は家庭に入ってつつましくしなければならない」こういった価値観を持っている場合、その通りにいかないと頭に血が上ってしまうのです。

思い通りにコントロールしたいと思っている

普段から男が優位で女は劣っているという認識を感じさせる発言があれば要注意です。「女が男に口答えするな」「女らしく振る舞え」「女が仕事に対して口出しするな」など凝り固まった考えを押し付けてくるなら、DV男の可能性大です。自分の思い通りにコントロールしたい気持ちの表れですね。

⑧家庭環境が良くない

家族 離婚 別居DV加害者になりそうな彼氏を見極めるには、幼い頃の家庭環境を知ることも必要です。なぜなら親から暴力を受けて育った場合、成長してからも「暴力が当たり前」と認識され、DV加害者になってしまうケースが多いからです。暴力=しつけのような感覚になり、「これは暴力ではなく必要な事だ」という考えからDVに発展してしまうのです。

過去にDVを受けたトラウマがある可能性も

このように育った家庭環境が良いとは言えない場合、周囲や社会の助けがないと、なかなかコミュニケーションの取り方を知ることができません。コミュニケーションといえば暴力となってしまうので、自分の伝えたいことが言葉ではなく暴力に変換されてしまうのです。表面的にDV気質が見られないとしても、両親との関係をチェックしてみることをおすすめします

電話占いピュアリ

⑨クレーマー気質

サービス業をしていると商品やサービスに対してクレームを訴えてくる、いわゆるクレーマーは必ずいます。DV加害者になりそうな彼氏も実はクレーマー体質である場合が多いのです。クレーマーは自分が理不尽な目に合った時に「なんとかしろ!」「お前のせいだ」などと言って、相手を容赦なく攻撃してきます。

八つ当たりの対象になってしまう

これは自分より格下であるまたは、弱者である人に対して、尊大な態度になるDV男の特徴なのです。自分の要求が通らなかったり、納得いかなかった場合には、その怒りの矛先が恋人に向かうパターンは多いのです。会社で嫌なことがあった時、八つ当たりしてくることが多い場合は、DV男になる可能性も高いということですね。

⑩コミュニケーションが苦手

カップル デート 2人の脚DV加害者になりそうな彼氏というのは、コミュニケーションが苦手です。当たり障りのない相手と表面的にコミュニケーションを取ることは可能ですが、親密な相手に自分の気持ちを伝えるのが下手なのです。伝えたいことが相手に伝わらないジレンマがイライラに変わり、最後には手が出てしまうというDV男もいます。

自分のすべてが否定されたと勘違いすることも

また両親の間でDVがある環境で育った場合、暴力が「普通」と認識されてしまい、夫婦間のコミュニケーションの取り方が分からずに暴力を振るってしまいます。また伝えた言葉に対して相手から否定されてしまうと、自分のすべてが否定されたと勘違いして、暴力的な行為に及ぶというパターンもあります。

⑪怒ると別人のように変わってしまう

男性 孤独 落胆DV加害者になりそうな彼氏は表面的には優しいことが多いので、女性としては安心してお付き合いできる相手であることが多いです。しかし怒らせた時に別人のように変わってしまうのであれば、裏ではDV男という二面性を持っている可能性があります。大人しい人が怒ると怖いとはよく言われますが、歯止めが効かないほどに怒りを爆発させるのは異常です。

怒りがおさまるまで誰も止められない

例えば怒りに任せてその辺の物を投げつけたり、近くの壁を殴る・蹴るなどの行為があったり、制止の声も届かないくらいに我を忘れているなら注意しましょう。怒ると手を付けられない状態になるということは、その怒りがあなたに向いた時、誰も止められないということです。そこに恐怖を感じるなら早めに距離を置いた方が良いでしょう。

⑫女性を下に見ている

DV加害者になりそうな彼氏は基本的に女性に対して「男性より劣るもの」と認識しています。表面上は優しい顔をしていても、喧嘩などをして口答えをしたり、男性の把握していない行動を起こした場合には、それを正そうとしてきます。その場合は言葉の中に「女のくせに」や「俺より劣るくせに」などという女性を下に見ている暴言が含まれるはずです。

女性は男性と平等なはずがない

女性は男性のいうことを聞くものだ、女性は男性と平等なはずがないという考えを持っているので、女性に対して常に支配していたいという気持ちになっています。知り合ったばかりの段階でも、女性に対して馬鹿にしたような発言がある、「女性のくせに…」という言葉が見え隠れするならDV男予備軍として注意した方が良いでしょう。

⑬嫉妬深くてすぐに疑う

カップル 暗い 見つめる 元彼DV加害者になりそうな彼氏は嫉妬深い傾向にあります。その嫉妬はほんの些細な事でも発症するので、女性としては常に疑われていると感じるでしょう。自分以外の異性と接しているだけで「アイツ誰?」「どういう関係?」と不機嫌になります。会社関係では関わる異性が増えるのは当たり前なのに、いちいち関係性を聞かれるかもしれません。

後で説明しても聞く耳を持たない

異性問題以外にも、連絡が取れない場合に疑いの目は向けられます。女性と連絡が取れない状況になると、「今どこにいる?」「何故返信をくれないんだ」「他の男と一緒なんだろう」と根拠のない疑いをかけます。こういった疑いのメールが何件も入って来たり、電話が何度も鳴るということもあり、後で女性が説明をしても聞いてくれません

独占欲が強い彼氏の心理を理解して嫉妬を抑える8の方法
彼氏の独占欲が強いので困っている…。嫉妬する事ではないのに嫉妬されて機嫌が悪くなる…。そんな悩みはありませんか?ここではそんな悩みを抱えている人に知ってもらいたい独占欲が強い彼氏の嫉妬を抑える方法を紹介したいと思います。

⑭感情の起伏が激しい

男性 強い 弱い 落胆 筋肉DV加害者になりそうな彼氏は些細なことですぐに頭にきて、我を忘れやすい特徴があります。かといえば、すぐに反省して見せたり、謝りながら相手を気遣うような態度を見せます。これは感情の起伏が激しく、頭に血が上るとそれ以外は考えられないのです。言い換えれば自分で感情のコントロールができない状態といえます。

怒り狂った後に反省して謝るのはDVの典型

通常であれば多少、頭に来ることがあっても相手を違う面から見る努力をしたり、怒りの感情を自身で抑えることができます。DV体質の男性はそれができないので、頭に来たらそのまま暴力を振って相手を攻撃します。気が済むまで怒りを爆発させたところで、我に返るので相手に申し訳ないと反省するということを繰り返します

⑮自分ルールを強要してくる

家族、カップル、友達同士など、それぞれにルールがあるのは当たり前のことです。DV加害者になりそうな彼氏というのは、自分ルールを持っていることが多く、さらにはそれを彼女や妻に強要してきます。このルールに対して守られなかったり、違う意見を言われると不機嫌になり、自分ルールの重要さを説こうとしてきます。

他人のやり方は認めない

お互いに歩よってルールを改善したり、お互いが納得できるものにするという意志はなく、他人のやり方は何一つ認めようとしません。自分のルールに従わないなら、強引にでも従わせるつもりで、暴力を振う男性もいます。自分ルールがあるのはいけないことではないですが、他人にそれを押し付けてくる場合は要注意です。

⑯自分の考えだけで物事を決める

遠くを見つめるカップルDV加害者になりそうな彼氏にあり得るのは、自分の考えだけで物事を決める傾向にあるという部分です。例えば2人で出かける計画を立てる場合、お互いに行きたい場所・やりたい事などを出し合ってお互いが合意の上で行き先を決めますよね。それがDV男の場合、自分の都合だけでプランを決めてしまいます。

頼りがいがあると騙されないで…

しかも決めたプランでデートをして、女性がつまらなそうにしている、すぐに帰りたいと言うなどの態度が見られると、「俺の考えたプランに文句があるのか」とキレることもあります。女性側の好みや都合は取りいれようとしないのに、女性が不服そうなのは気に入らないのでしょう。デートプランを決めてくる男性は一見、頼りがいがありそうですがあまりに自分勝手な場合は注意が必要です

⑰過去の栄光をいつまでも自慢する

男性 ビジネスマン 笑顔DV加害者になりそうな彼氏というのは、自分にとって都合のいいことを誇張する傾向にあります。例えば若い頃に勤めていた会社で好成績を上げていたが、今はそれほどでもないという状況である場合、いつまでも過去の栄光にしがみついて、それを自慢してきます。周りに「アイツは凄い」と思われたいという気持ちが強いことが分かりますね。

側に置く女性にも高いスペックを求める

自分以外のことでも「俺の親父は弁護士だ」「母親はモデルをしていたことがある」など、近しい存在を自慢のネタに使うことがあります。一方で彼女にする女性にも肩書や高いスペックを求めることがあり、更にはその状況を維持させようと躍起になります。女性が理想と離れていくと、「なんてダメなやつなんだ!」と暴力に走ってしまうのです。

⑱周りの人を信用できない

DV加害者になりそうな彼氏は基本的に周りの人を信用しない傾向があります。周りの人間は敵ばかりで信用できないと決めつけているので、あまり他人に心を開きません。非常に孤独で自分の力ではどうにもならない世の中に対して諦めている態度が見られます。しかしどこかで強者でありたいという気持ちがあるので、それが自分より弱いものに向いてしまいます。

弱い女性はコントロールできると思っている

弱者は強者に負けて当たり前と考えていることから、その弱者の対象になるのが主に女性です。女性に対しては暴力や暴言でコントロールしていいと思っています。普段、仕事や仲間の中で弱者という立ち位置になっている男性ほど、女性に対する暴力的な態度が多くなります。

⑲支配欲が強い

カップル 見つめ合う 包容力DV加害者になりそうな彼氏というのは、根本的な部分で支配欲が強いです。特に女性に対して「所有物」だと認識する傾向があります。恋人ができると「誰かに取られたくない」「自分のいうことを行く女でいて欲しい」という願望が強くなり、その女性を支配下に置こうとします。最初は束縛したり、言うことを聞くように促したりしても女性は受け入れてしまうでしょう。

いつもイライラ、暴言が増える

しかし徐々に窮屈になってくる女性がDV男に反発し始めます。するとDV男は自分の思うようにコントロールできない女性にフラストレーションを溜めていきます。これまで優しかったのが、いつもイライラして時に暴言を吐いたり、暴力を振うなどのDV男の特徴が見え始めるのです。支配できないと分かるとその態度はどんどん悪化してしまいます。

⑳ストレスを溜めやすい

好き避け 嫌い避け 不思議 男 変わった人 疑い仕事や人間関係でのストレスは日常茶飯事です。多くの場合、誰もがストレスを感じていても、休日にリフレッシュしたり、美味しいものを食べたりと「発散する方法」を持っています。ところがDV加害者になりそうな彼氏の場合、このストレスを溜めやすい上に、発散するのが下手であることが多いのです。

ストレスのはけ口になるのが弱者である女性

男性の場合、職場環境や仕事内容の変化によって感じるストレスの量が変わってきます。これまでは我慢できる範囲内だったけれど、急激なストレスにより、溜まり溜まったものが爆発してしまいます。この場合、ストレスのはけ口になるのが弱者である女性であり、1番身近な恋人ということになります。ストレスを溜めやすく発散が下手な男性の場合は様子を見てみましょう。

㉑自分に自信がない

DV加害者になりそうな彼氏は「俺は凄いんだ」という主張が激しい反面、普段は大人しく気が弱い一面があり自己主張ができない性格である場合があります。これはどこかで自分に自信がないことの現れで、それを暴力で解消しようとするのです。例えば会社では上司に頭を下げてばかりの男性が、家に帰ると家族に尊大な態度をとるというのを聞いたことがないでしょうか。

本当は誰よりも上に立ちたいのにできない

本当は上司に意見をしたり、同僚より上に立ちたいという気持ちが人一倍あるのに、それができない自分にイライラしてしまいます。仕事に対して自信があればもっと前に出られるのですが、自信がないので自分より弱いものにしか当たることができないのです。その相手が恋人や家族になるのは言うまでもありません。

㉒本来の自分を抑え込んでしまう

男性 クール 考えるDV加害者になりそうな彼氏というのは、本来の自分を上手く表現できません。会社では上司の言いなり、同僚に馬鹿にされたり、後輩に追い抜かれてしまう、仲間と会っても「お前は相変わらずだなぁ」と弱者扱いをされても文句も言えない、このように本来の自分を抑え込んで「良い人」を演じてしまう傾向があります。

自分より弱い人間の前で爆発してしまう

子供の頃ならまだしも、社会人になって経験を積めばそれが自信になって「自分らしさ」は確立されるものです。その結果、誰に対しても対等に向かい合うことができるようになります。しかしDV男はいつまでも自分を抑え込んだまま、本来の自分を出すことができません。その結果、自分より弱い人間の前でだけ強い自分を誇示したくなるのです。

㉓女性とは分かりあえないと思っている

カップル 橋 再会 出会い男性と女性では考え方も嗜好も異なります。しかしお互いの考えを聞いて受け入れることで、少しずつ歩み寄り一緒に過ごすことが可能になります。ところがDV加害者になりそうな彼氏にとって女性とは「何をしても分かりあえない相手」と決めつけている傾向があります。何を話しても無駄なので女性の意志を配慮することはありません。

女性って何考えているのか分からない

基本的にDV男は女性との距離の取り方が分からずに暴力行為に出るといわれています。どう接していいか分からないから、自分の強さの象徴である暴力でコミュニケーションを取ろうとしているのかもしれません。普段から「女性って何考えているか分からないよね」などと言っている男性は要注意です

㉔人格を否定する言葉が多い

DV加害者になりそうな彼氏の言動には他人を否定する言葉、特にその人の人格を否定する言葉が目立ちます。当人のいないところで「アイツは何をやっても駄目だ」「1人じゃ何もできないくせに」といった他人の悪口を聞くことがあります。出来が悪い人がいるのは事実ですが、良い面があるのも事実です。そこまで悪いことばかりを並べるのはDV男ならではの特徴といえるでしょう。

否定されることであなたの自信を奪っていく

DV加害者になりそうな彼氏とお付き合いを始めると、この言葉があなたに降りかかる可能性が高くなります。思い通りにならないあなたに対して、「俺の言うことを聞いていればいいんだ」という否定的な言葉を発するようになるでしょう。否定の言葉はあなたから自信を奪っていきます。もし気になる言動がある場合はなるべく関わらないようにした方が良さそうです。

㉕自分を特別な存在だと思っている

男性 窓辺 クール 考えるDV加害者になりそうな彼氏は自分が特別な存在で「暴力を振るう権利がある」と思っている可能性があります。暴力が本来いけないものだというのを分かっているのに、自分は特別だからという偏見的な考えにより、「自分が暴力を振るうのは悪いことではない」という歪んだ考えに行きつきます。

奉仕されるのは当たり前だと思っている

一方で女性側にはそれを否定する権利はなく、「男性のいう事を聞くだけでいい」と考えます。ですから女性が男性を世話して、男性を愛するのは当然、と考える裏でDV男が女性に同じような態度を示すことはありません。男性は女性よりも特別で優位な権利と持つと主張し、奉仕される側であると認識しているのです

 

最後に

DV加害者になりそうな彼氏というのは、普段は穏やかで優しい顔をしている人が多いようです。しかし仲良くなるにつれて、否定的な言葉が多かったり、女性を弱いものとして見ていたり、クレーマー気質だったりと、DV男である一面が見え隠れするようになります。怒ったら豹変するなど「恐怖」を感じるのであれば、早いうちに距離を置いて深入りする前に遠ざけた方が良いでしょう。

DV加害者になりがちな彼氏の特徴一覧

  • ①第一印象が優しそう
  • ②周りから「いい人」だと言われている
  • ③付き合うと束縛が激しい
  • ④自分が正しいと思っている
  • ⑤プライドが高い
  • ⑥相手によって態度が違う
  • ⑦考え方が偏っている
  • ⑧家庭環境が良くない
  • ⑨クレーマー気質
  • ⑩コミュニケーションが苦手
  • ⑪怒ると別人のように変わってしまう
  • ⑫女性を下に見ている
  • ⑬嫉妬深くてすぐに疑う
  • ⑭感情の起伏が激しい
  • ⑮自分ルールを強要してくる
  • ⑯自分の考えだけで物事を決める
  • ⑰過去の栄光をいつまでも自慢する
  • ⑱周りの人を信用できない
  • ⑲支配欲が強い
  • ⑳ストレスを溜めやすい
  • ㉑自分に自信がない
  • ㉒本来の自分を抑え込んでしまう
  • ㉓女性とは分かりあえないと思っている
  • ㉔人格を否定する言葉が多い
  • ㉕自分を特別な存在だと思っている

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

★あなたのオーラは何色?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたのオーラや誕生日などの情報をもとに導き出される『オーラ診断』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪オリジナルカルテ≫を初回無料でプレゼント致します!

⇒運命を知り、最高の幸せを掴みたい人は是非やってみてください。⇐

②出会い⑤交際

この記事のライター
nyanco

猫と写真が好きです。若い頃の恋愛は失敗だらけで振られまくりでした。「もう恋なんてしない!」と思った時期もありましたが、結局人は恋に落ちてしまうものなのですね。そんな私も彼氏が変わるたびに男の見る目や上手な恋愛の方法を学び、今では理想の彼と幸せな毎日です。私と同じ失敗が繰り返されないように、これまでの経験で得たことを提供できるような記事を書いていきます。

nyancoをフォローする
恋愛&結婚あれこれ