離婚の切り出し方★修羅場にならない為の12の注意


結婚生活を続けていると、お互いの考え方の違いや、価値観の違い、相手の不貞などにより「離婚」という文字が頭をよぎったり、ケンカの勢いで「離婚する!」と口走ってしまうことがあると思います。

しかし、色々考えたけれども、本当に離婚しか考えられないとなった時は、冷静に離婚を切り出さなくてはいけません。修羅場になって当然の離婚です。今回は、できるだけ修羅場にならないための離婚の切り出し方をまとめてみました。

 

離婚の切り出し方★修羅場にならない為の12の注意

 


離婚の切り出し方①冷静に

夫婦間でケンカが絶えず、過去にも離婚の言葉がどちらかの口から出ていたり、このままケンカが続けば離婚かも…という雰囲気があった夫婦ならいざしらず、どちらか一方は結婚生活がうまくいっている、相手が自分に不満を持っているはずはない!と思っている場合は、相手がどのような反応をするか全く想像がつきません。

だからこそ、離婚を切り出す方は、絶対に冷静に話をしなくてはいけません。お互いが感情的になって話し合いがうまくいくはずはありません。事前にどのように離婚の話を切り出すかを頭の中でしっかりと整理して、相手がどのような反応を見せても、自分はできる限り落ち着いて話をするようにしましょう。

離婚の切り出し方②事前に何度もシミュレーションをする

離婚話を切り出すときの夫婦関係の状態、相手の性格、子供の有無、仕事の状態など、離婚を考える夫婦が1000組いれば、1000通りの状況があると言えるでしょう。ですから、たった1つの正解!というものはありません。まずは自分たちの置かれている状況を分析し、自分が離婚を切り出したときの相手の反応を何パターンも予想します。

相手が感情的に怒鳴ってきたら?相手がパニックになって泣きだしたら?相手が取り合わなかった?その一つひとつに対して、自分はこのように対応する、このように答えるというイメージをシミュレーションして備えておきましょう。

離婚の切り出し方③話し合いは何度もする覚悟で

自分が離婚をしたいという意思を相手に伝えたときに、「はい、わかりました。それでは離婚しましょう」と相手がすんなりと納得してくれる可能性はほぼゼロと言っていいでしょう。長い間夫婦関係が冷え切っていた、お互いに浮気をしていたなどの理由で離婚は避けられない状況になっていたとしても、財産分与、子供の親権、養育費など話し合うべきことはたくさんあります。

ですから、一度の話し合いで全てが解決するなどとは決して思わないでいてください。同じ日に何時間も話し続けていても、堂々巡りをするだけで、話し合いが進展することはありません。最初から2時間程度話したらその日の話し合いは打ち切るぐらいの考えで臨みましょう。

離婚の切り出し方④子供がいる場合には、子供を祖父母宅などに預けて話し合う

子供のいる家庭では離婚の話し合いをするタイミングを見つけるのも難しいかもしれません。子供が寝静まってから…と思っても、夜遅い時間ではお互いに疲れているし、どちらか一方が声を荒げてしまえば、子供が気づかないか?と心配で話し合いに集中することもできません。

子供がいる夫婦が離婚の話し合いをする時には、子供が学校に行っている時間、子供を祖父母宅に預けてなど、子供が家の中にいない状態で話し合う方がよいでしょう。

離婚の切り出し方⑤話し合いがこじれたときの避難先を事前に確保しておく

男性から女性に離婚を切り出したとき、女性から男性に離婚を切り出したとき、それぞれに相手の反応は大きく違ってくるものです。また最近は男性の中にも女性のように感情的になる人や、男女関係なく、すぐにキレる人が増えているのも事実です。

ですから、離婚を切り出したときに、万が一相手が感情的になり、物を投げてきたり、暴力をふるうようなことになった場合には、しばらく自宅に戻れなくなる可能性もあります。そんなことまで想定をして、いざというときには数日間泊めてもらえる実家や友人宅、あるいはホテルなどの目星をつけておく必要もあります。

離婚の切り出し方⑥荷物はまとめて玄関に置いておく

これは実際に私が聞いた話ですが、10年ほどの結婚生活をしていて2人の子供がいるご夫婦で、奥様が旦那様の冷たさに我慢できずに離婚を切り出したところ、「これまで10年もお前の面倒を見てやってきたんだぞ!小さな子供もいるのに離婚とは何事だ!」と、いきなり旦那様の態度が豹変し、机の上にあった湯呑みを投げてきたという話があったそうです。以前から突然キレることのある旦那様だったので、奥様も身の危険を感じ、すぐに家を飛び出したそうです。

このような展開にならないとも限らないので、とっさのときにすぐに家を飛び出せるように、玄関に貴重品や当面の生活費などを入れた荷物などはまとめて置いておくのもよいでしょう。

離婚の切り出し方⑦話し合いをする机の上は片付けておく

感情的になると、思わず目の前にあるものに手が伸びて投げてしまう!なんてことにもなりかねません。離婚話を切り出すと決めたときには、どの部屋で話をするか、その部屋に壊れものなど危険なものはないかを確認して、事前に片付けをしておきましょう。

コーヒーを飲みながら…で、目の前にマグカップがあったので、そのマグカップを投げられてしまい、コーヒーがカーテンやカーペットに飛び散ったら悲惨です。プラスチックのカップで水を飲む程度にしておきましょう。

離婚の切り出し方⑧弁護士など第三者を同席させて行う

相手のDVに悩み離婚を決意し、離婚の意思を伝えるときは、とても危険です。相手が普段から暴力をふるう人間ですから、離婚話に逆上してさらなり暴力、よりエスカレートした暴力をふるう場合も十分に考えられます。ですから、DVが理由で離婚話を切り出すときには、専門の弁護士など第三者に同席をしてもらって伝えるのがよいでしょう。

また、その場合には離婚話を切り出したら、もう家には戻らない!ぐらいの覚悟で、必要最低限の荷物や現金などは事前に運び出し、相手に知られない場所に避難をしてから話を切り出しましょう。

離婚の切り出し方⑨手紙やメールで切り出す方がよい場合も

いきなり面と向かって離婚話を相手に伝えるのは、かなりハードな作業と言えるでしょう。自分の気持ちを冷静に伝えなくてはいけないですし、相手の反応に合わせて自分の対応も変えていかなくてはなりません。それが出来そうもないという場合には、冷静に自分の気持ちを手紙に書いて相手に伝えるという方法もあります。

ただし、「こんな大事な話を一方的に手紙で伝えてくるなんて!」と相手が手紙で伝えたことに怒る可能性もあるので、注意が必要です。ただ、手紙の場合は書いてから数日後に読みなおすなど、何度も読み直すことで言葉を選び、伝えられるのはよい方法だと思います。

離婚の切り出し方⑩話し合いが進まないときにはワンクッション置くことも有効

「実は離婚をしたいんです」と切り出したとしても、「考え直してくれ」「私のどこがいけなかったの?直すから」と相手がすがりついてくる場合もあります。そして「絶対に離婚には応じない」とかたくなな態度を取られてしまえば、離婚話は前に進みません。そんなときは、一度距離を置いてみるのも有効です。

お互いに離れて冷静になって考えてみましょう、ということで、どちらかが家を出て別居をしてみるのです。これで相手の態度や気持ちが変わり、離婚を回避することができたご夫婦もいる一方で、離婚を切り出した方の離婚の意思は変わらず、離婚を思いとどまって欲しいと思っていた方が泣く泣く離婚を受け入れて離婚になるという場合もあります。

離婚の切り出し方⑪相手を責めるようなことは言わない

夫婦の一方が離婚を考える原因は、相手に何らかの不満があるからに他なりません。他に好きな相手ができた場合であっても、それは現在のパートナーである奥様や旦那様に何らかの不満があるから、他の男性や女性に気が向いたからです。

つまり、離婚を決めた方の腹の中には、相手への不満がいっぱい詰まっている状態なわけです。こういった状態だと、離婚話を切り出したときに、その理由として相手への不満を次々と相手に向かってぶちまけてしまいがちですが、自分の悪口を次々と言われて冷静でいられる人がいるわけはありません。

離婚をしたいと思ったその理由は、離婚話をする段階では邪魔でしかないのです。伝えるときには、必要最低限にとどめ、伝え方にも十分に配慮し、「あなたの●●が嫌いだった」という言い方ではなく「私にはあなたが●●することが、どうしても受け入れることができなかった」というように、自分を主語にして、相手をできるだけ責めないように伝えます。

離婚の切り出し方⑫話し合いは家の外で

離婚などヘビーな内容は家の中で話すのが一般的ですが、家の中で2人きりで話していると修羅場になりやすく、声を荒げがちです。第三者の視線が気になるファミレスなどで話す方が修羅場は避けられるという意見もあります。

★本当に離婚をしたい方はこちらもご確認下さい。
離婚の正しい手順★後悔しない為の9つの注意
離婚の準備は入念に!ダメ夫と別れる為の7つの準備


 

最後に

離婚の話を終始笑顔で円満に進めるなんていうことはほぼありません。大事なのは、あらゆる可能性を想定して、危険物を片付けたり、避難先の確保、荷物をまとめたりした上で、自分は冷静に話を切り出し根気よく説得するしかないのです。そのためにも、絶対に感情的にならず冷静に何事もすすめましょう。

離婚の切り出し方★修羅場にならない為の12の注意

①冷静に
②事前に何度もシミュレーションをする
③話し合いは何度もする覚悟で
④子供がいる場合には、子供を祖父母宅などに預けて話し合う
⑤話し合いがこじれたときの避難先を事前に確保しておく
⑥荷物はまとめて玄関に置いておく
⑦話し合いをする机の上は片付けておく
⑧弁護士など第三者を同席させて行う
⑨手紙やメールで切り出す方がよい場合も
⑩話し合いが進まないときにはワンクッション置くことも有効
⑪相手を責めるようなことは言わない
⑫話し合いは家の外で


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『人生大吉』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐