再婚して幸せになる為に大切なスピリチュアルな考え方

スピリチュアル的観点からは、結婚は魂の学びの場の1つという位置付けがされています。結婚を経験しない人もいますが、その場合は別の種類の学びが存在していたりします。

一方、再婚という形で本当の幸福を掴む場合もあります。何度の結婚をしたかではなく、今世の人間関係の中でどんな学びができたかが魂にとって重要なポイントです。

今回は、再婚して幸せになる為に大切なスピリチュアルな考え方についてご紹介します。

 

再婚して幸せになる為に大切なスピリチュアルな考え方

 

再婚のスピリチュアル的考え方①過去に執着しない

再婚ということは当然以前の結婚生活が存在していたということです。たとえ以前の結婚が不幸な結末であったとしても、今は新たなパートナーにめぐり会うことができたのですから、過去を振り返ることはやめましょう。過去の経験すべてを忘れるという意味ではありません。

例えば、以前の結婚ではこんなに大変な思いをしたのだから、今度の結婚では、同じ思いはしたくないという思考があるとします。もちろん過去から学んだことを生かすという意味では良いのですが、今という意識が過去を基準に存在していると、マイナスのエネルギーの上に今の幸せが乗ることになります。あくまでも、過去は過去、今は今の幸せを形成していきましょう。自分でも無意識のうちに過去に執着している場合があるので気をつける必要があります。

再婚のスピリチュアル的考え方②新たな学びのスタート

再婚したのだから、こんどこそは何事もなく過ごして行きたいと思うのは、当然のことです。今世に生まれてきた魂は、肉体を持つことにより、多くの喜びや感動を味わうためにやってきています。それと同時に、それぞれの魂はどこかに未熟な部分を持っていて、その部分の学びのために様々な経験をしていくことになっています。

以前の結婚では起こらなかった問題に遭遇することもあるかもしれません。そこで、こんなはずではなかったと考えることはやめましょう。自分に起こる出来事は、今の波動が引き寄せたもの、過去世も含めたこれまでのカルマ、そして今後の魂の成長のために必要な出来事の場合があります。今回は起こった物事にどう対処したら一番良いのか、正面から向かい合うことが大切です。

再婚のスピリチュアル的考え方③自分も相手も否定しない

夫婦間でうまくいかないことが起こると、つい「相手が自分の言う通りの行動をとってくれないからだ」という思考になりがちです。確かに時には、そういったケースもあるかもしれません。一方、何か問題が起こるというということは、その解決策を探したり、最善な結果に向かっていく過程が、未熟な魂の成長のためには、必要であったりします。単に一方的に相手を否定し責めるだけでは、同じことの繰り返しになる可能性があります。

また逆の立場で、自分になんらかのうまくできないことがあり、相手から一方的に責められた時に、「自分が至らなかったからだ」と自分自身を否定する必要はありません。本来正常な夫婦生活は、どちらかが威圧的な行動で、抑圧する関係ではありません。どうしたら現状を幸福な状態に戻すことができるのか、同等な立場でなくてはいけません。

再婚のスピリチュアル的考え方④夫婦であっても別々の課題を持っている

夫婦は一心同体という言葉もありますが、確かに子育てなど共同作業で進めていかなければいけない部分も存在します。一方、それぞれの魂には、夫婦であっても別の課題が存在しています。過去世から持ち越したものから、今世で目指す目的まで、異なっています。

夫婦なのだからついつい、「相手がしてくれて当たり前」という概念がいちばん表に出てしまうと、不満の原因になってしまいます。一定の同じ方向を目指すことは必要ですが、基本は個々が自立した状態でなければいけません。別の課題を抱えている者同士が、夫婦関係や子育ての関係などの接点が存在していると考えた方が、「思い通りに動いてくれて当然」という概念は生まれなくなります。

再婚のスピリチュアル的考え方⑤言葉や行動で伝える

魂の世界では、わざわざ言葉に出さなくても、お互いの心を分かち合うことが可能です。一方、肉体をまとった現世の魂は、ほとんどの人はきちんと言葉を発して、はじめてお互いの気持ちを伝え合うことになります。

特に夫婦間では、一緒に生活しているのだからとか、いつも見ているのだからという理由で、「言わなくてもわかるでしょう」という考えに偏りかちになります。何も言わなくてもわかれば、すでに伝わっているはずなのですが、そうでない場合、そこは言葉をおしまず使うようにしましょう。スピリチュアルの世界には、言葉は言霊(ことだま)といってエネルギーを持っていると考えられています。威嚇の言葉やマイナスの言葉ではなく、どうしたら自分の思うところに導けるか、プラスの言霊をたくさん使い、お互い気持ち良く行動できるようにしましょう。

再婚のスピリチュアル的考え方⑥こうあるべきという思い込みは危険

再婚をして相手に対して「こうであるはず」という思いがそれぞれに存在しているのではないでしょうか。お互いに良いと思うところがあり、心惹かれて結婚に至っているはずです。その中でも想像する思い込みと現実のギャップは必ず存在しています。

自分の思う姿と異なっていたと気づいた場合、大きく分けて2つの選択肢があります。1つは、生活を続けていくと自分の魂が萎縮してしまったり傷ついてしまったりする場合には、離婚も視野に入れなければいけないかもしれません。

もう1つは、自分自身で相手に対して勝手な思い込みを押しつけていた場合には、相手は悪くはありません。想像の世界の姿を好きになっていただけのことです。「こうあるべきという思い込み」は、相手の本当の姿を無視した失礼な見方の場合もあるので注意が必要です。お互いのギャップを埋めるために、きちんとした話し合いが大切です。

再婚のスピリチュアル的考え方⑦魂の癖に気をつける

魂は何度も生まれ変わりを繰り返していく中で、魂の癖のようなものが存在しています。同じような職業であったり、同じような生活様式など無意識なうちに求めてしまったりします。過去世でも経験のあったことの方が、今世で新たにトライすることより、スムーズにできたりします。

例えば、過去世でも離婚を繰り返していたりする場合には、今世でも離婚に対する抵抗が少なかったりします。離婚するほどではないのにもかかわらず、協力、努力することが面倒ですぐにリセットしたくなってしまう可能性もあります。以前の結婚の際、魂の癖により離婚という結果になっていた場合には、次の結婚でも注意する必要があります。

再婚のスピリチュアル的考え方⑧魂の浄化を意識する

再婚をし、2人の幸せを求めて生活することは当然のことです。2人が幸せになることは、周囲の幸せにもつながっています。それぞれの人々の持っている波動は、お互いに影響し合っています。この人のそばにいると落ち着くと感じる時には、お互いの波動から発せられる同じような周波数の波長で、共鳴し合っている状態であったりします。

お互いの幸せは、周囲の魂の浄化にまで波及するということを心の片隅に置いておきましょう。魂の浄化につながる行動を起こすことは、自分達だけでなくこの世界、そして魂の世界の浄化にもつながっています。

 

最後に

再婚にまで至ったということは、なんらかのご縁が存在しているということです。同化することを求めるのではなく、個々の魂を尊重する生活を心がけることで、不要な争い事を避けることができます。自分や相手には、「この結婚でどんな学びや課題が存在しているのかな?」と、時には魂レベルから客観視してみると、冷静に幸せを掴むことにつながっていきます。

再婚して幸せになる為に大切なスピリチュアルな考え方

①過去に執着しない
②再婚は新たな学びのスタート
③自分も相手も否定しない
④夫婦であっても別々の課題を持っている
⑤言葉や行動で伝える
⑥こうあるべきという思い込みは危険
⑦魂の癖に気をつける
⑧魂の浄化を意識する


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐