DV被害者になりがちな女性の特徴一覧

カップル 暴力 喧嘩 DVDV被害になりがちな女性の特徴を知って、DV男との接触を避けたい女性へ。

DVをする男性に問題があるのはもちろんですが、実はDV被害に遭いやすい女性にも特徴があります。あなたはDV被害になりやすい女性になっていませんか?ここであげる特徴をよく読んでチェックしてみましょう。

この記事では、DV被害者になりがちな女性の特徴一覧をご紹介いたします。

DV加害者になりがちな彼氏の特徴一覧
DV加害者になりそうな男性の特徴を知りたい方へ。DV加害者の男性は、最初は優しい顔をして言葉巧みに近づいてきます。それが実際に付き合い始めたり、結婚することで態度が豹変するというパターンが多いのです。本記事では、DV加害者になりがちな彼氏の特徴一覧をご紹介いたします。

DV被害者の特徴①「すみません」が口癖

基本的に腰が低くこちらが悪いと決まったわけではないのに、「すみません」とすぐに口にする人はいませんか。まずは相手に詫びることで事を穏便に済まそうとか、意見を言うことで相手を怒らせては厄介だと考えることで、「すみません」が口癖になっているのかもしれません。実はこの行動はDV男から見るとイライラを増長させることになるのです

謝るたびに男性側のイライラを増長

自分が悪くないのに謝る女性に対してDV男は徐々に「謝っておけばどうにかなると思われている」と誤解し、馬鹿にされているという気分になります。そうなると女性が「すみません」と謝るたびに男性側のイライラを増長させ、やがて暴力に及ぶでしょう。しかし女性側の「すみません」は口癖なので、急にはやめられず悪いスパイラルが回りだすのです。

DV被害者の特徴②自分に自信がない

女性 頭を抱える 頭痛自分の言動に自信が持てない、自分の容姿に自信が持てない、頭も悪いし仕事もできない、こうやって自信がない女性もDV被害になりやすいです。なぜなら自分に非がないのに男性にDVを受けても、「私がブスだからに違いない」「頭が悪いから仕方ない」と、自分の悪い部分を見つけてそれを受け入れてしまうからです。

私にも非があるのかもしれない

通常、自分に非がなければDVを受けた段階で、「こんなことをされる覚えはない、これはおかしいことだ」と判断できます。しかし自信がないばかりに、「おかしいことかもしれないけれど、私にも非があるのかもしれない」と考えてしまい、DV男に言い返すことができなくなります

DV被害者の特徴③他人の顔色をうかがってしまう

女性 頬杖 考える自分が何か行動する時、人と会話をしている時など、まず他人の顔色を伺ってしまうタイプもDV被害者になりやすいといえます。例えば通したい意見があったとしても、相手が不機嫌そうだったら言わずに飲みこんでしまうでしょう。同じことをDV男にすると、相手の機嫌が悪い時は、何もできないということです。

常に不機嫌にして女性を黙らせる

DV男は相手の女性を自分の言いなりにさせたいと考えることがあります。もし女性が他人の顔色を伺うタイプだった場合、DV男は常に不機嫌そうにして女性を黙らせてしまえばいいのです。顔色を伺って黙ってしまう女性は、その性質を見抜かれることでDV男の標的になってしまう可能性が高いです。

DV被害者の特徴④何かと我慢しがち

女性 本 暇つぶし問題が起きた時に「私が我慢すれば丸く収まる」「ここさえ耐えれば乗り切れる」といった感じに、何かと我慢する選択をしがちな女性もDV被害にあいやすいといえます。こういった女性の場合、DVを受けても「私が我慢すればいいんだ」と思い込む傾向があり、周りへの相談や助けを求めるが遅れてしまうのです。

幼い頃に我慢しなければならない環境で生きてきた

これは小さいころから我慢をしなければならない環境に置かれてきた女性に多いと言えます。例えば兄弟の中で1番上で、自分ばかり我慢をしてきた、学生時代にいじめの標的にされやすく耐えてきた…こんな過去があると、自分に関わる問題が起きた時に、自分が我慢すればいいという方向に向いてしまいがちです。

DV被害者の特徴⑤嫌われるのが怖い

カップル 見つめ合う 包容力内向的で友達を作るのが下手なタイプの女性も、DV被害者になりやすい可能性があります。これはせっかく手に入れた友達や恋人を失いたくない、嫌われるのが怖いという気持ちが強いことから、DVを受けても「嫌われるなら我慢する」という考え方になってしまうからです。

この人に嫌われたら一生一人ぼっち…

他人に嫌われるのを恐れる女性は、「この人を失ったら友達ができないかもしれない」「今別れたら一生一人ぼっちかもしれない」という恐怖があり、ちょっと理不尽なことをされてもやり過ごそうとします。DVが良くないことだと分かっているのに、嫌われることの方が恐怖なので、止めることができないのです

DV被害者の特徴⑥他人に依存しやすい

カップル ベンチ 手に触れる 手をつなぐお付き合いをした相手に依存しやすい女性もDV被害者になりやすいです。依存するタイプの女性は1人で行動するのが苦手で、誰かと一緒にいることで安心感を得ます。いわゆる「あなたがいないと何もできない」状態になるので、相手がDV男でも離れられなくなってしまうのです。

依存する自分を受け入れてくれた

通常、依存が強い女性は男性にとって「重い存在」になりがちです。しかし自分の支配下に置いておきたいDV男にとっては好都合と言えます。ですから女性からすれば強い依存を示しているのに「受け入れてくれた」ということが嬉しいと記憶に残ります。こうした良い部分を強くイメージするのでDVを受けていても、どうにかして繋がっていたいと考えるのです。

DV被害者の特徴⑦人と関わるのが苦手

女性 孤独 雑踏 都会 人混み元々、自分以外の他人と関わるのが苦手な女性もDV被害者になりやすい傾向にあります。人と関わるのが苦手な女性はコミュニケーションが苦手ともいえます。目の前で話している人と目が合わせられない、いつも困ったようなオドオドした態度をとってしまいます。それが男性側ではイライラに変わり、DVに発展してしまうのです。

1人になるのは寂しい

そもそもDVなどしたことがなかった男性であっても、イライラする女性と一緒にいれば怒りだしたり怒鳴ったりするようになります。人とかかわるのが苦手なら1人でいると決めればいいのに、DV被害者になりやすい女性は、1人になるのは寂しいと感じ、誰かとコンタクトを取ろうとします。結果、DV男を引き寄せてしまうのでしょう。

DV被害者の特徴⑧人を信用できず疑ってばかり

暗い部屋に佇む女性自分以外の相手を信用できない女性も危険です。相手を信用しないのであれば、DV男に出会っても避けることができそうなのですが、こういう女性は「あなたを疑っていますよ」という態度を見せるので、DV男にとって気に障る相手になります。更に親密になれば「なんで信じてもらえないんだ」というジレンマが暴力を生み出すことになるのです。

過剰な疑いは相手のイライラを増長させる

人を疑ってかかる女性は特に恋人に対しては、どこまでも疑います。帰宅が遅ければ「浮気?」電話に出なければ「女と一緒だった?」デートがキャンセルになれば「私のことなんてどうでもいいのね」と疑うことで自分を安心させているのです。しかし信用されないのは男性にとってツライことですから、これがDV男の場合には暴力に発展しかねません

電話占いピュアリ

DV被害者の特徴⑨言葉で表現するのが苦手

派手な女性自分がされて嫌なこと、やめて欲しいことに対して、言葉で言い返せない女性もDV被害者になりやすいです。男性からDVを受けて、とても嫌なのにそれをハッキリと伝えることができません。自分の意見をハッキリ言えない女性に対しては、DVもエスカレーションしやすいです。

助けを呼べないことでDV被害の発見が遅れる

例えば自宅でDVを受けているとしても「やめてください」と大声で叫んだり、「助けて」と叫ぶだけでも、近所の人が異変に気づきます。世間体を気にする相手なら、その場で暴力を停止させることができるでしょう。また近所の人の通報から、DV被害の発見が早まる可能性もあります。これができない場合、DV被害者のまま抜け出せないのです。

DV被害者の特徴⑩周りの人の言いなりになりやすい

女性 不安 悩み 悲しい学生カーストで下の方に位置していた人、自分の考えがなく周りの意見に流されやすい人は、他人の言いなりになりやすいですね。こういうタイプの女性はDV男の言いなりにもなりやすいです。むしろDV男から近づいてきて、なんでもいうことを聞いてくれると分かれば、交際や結婚に発展し、その後で本性を表わすでしょう。

DV男がいつも道を示してくれる相手になってしまう

周りの人の言いなりになりやすい人は、そういう環境に慣れている為、自分で判断することが苦手です。自分で選んだ道が正しいと決断できないので、結局周りの意見を聞き、それを採用します。いつでも道を示してくれる相手が現れれば、その人に従う以外の選択肢がなくなってしまい、DV被害者へとハマってしまいます

DV被害者の特徴⑪気が強い

女性 長女 自信DV被害者といえば大人しくて弱い女性をイメージしますが、実は正反対の女性でもDV被害者になる要素があります。男勝りで気が強い女性も実は危険なのです。気が強い女性は男性に対しても上から意見を言ったり、否定したりします。するとDV男はプライドを傷つけられその女性に攻撃するようになるのです。

女のくせに威張られると頭にくるのがDV男

またDV男の中には「強い女性を服従させたい」と考えるタイプもいます。女性側が強ければ強いほど、それを服従させるために燃え上がるのです。多くの場合、「女のくせに威張りやがって…」と男性を怒らせてしまうことに原因があります。あまり気が強いのもDV男を引き寄せてしまうのです。

DV被害者の特徴⑫言葉がキツイ

女性は男性に比べて口喧嘩が強いと言われています。男女が口喧嘩になった場合、多くの男性は女性の言葉の前に黙り込むことがほとんどです。容赦ない女性のキツイ言葉を受けて、それに耐えている男性ですが、限界がきた時にそれが爆発してDVに発展してしまうのです

口で言っても勝てないから力でねじ伏せる

言葉がキツイ女性は容赦しません。喧嘩という状況もあり、例え相手を傷つけるような言葉であっても罵声のように浴びせます。それを喧嘩の度に浴び続けた男性は、DVの傾向がなかったとしてもつい暴力に走ってしまうでしょう。口で言っても勝てないからです。言い換えればDV男を引き寄せる可能性を秘めているということです。

DV被害者の特徴⑬すぐに感情的になる

女性 スマホ 悩み 不安 束縛女性は感情で物事を捉えると言われていますが、恋愛になるとその傾向は強くなります。論理的に考える男性にとって、すぐに感情的になって訴える女性は扱いに困るでしょう。感情的になると大声でわめいたり、泣き出したり、子どものように駄々をこねたり…こうなるとDV男は力で女性を押さえつけようと考えます

うるさい女を黙らせるために暴力に走る

すぐに感情的になる女性は男性の耳障りなキーキー声を出したり、ヒステリックに喚いたりします。これは男性の心理状態を乱すのに時間はかかりません。「うるさい女を黙らせるには、女が適わない男の力でねじ伏せてやろう」と考えるDV男は、感情的になる度に暴力に出るかもしれません。

DV被害者の特徴⑭相手を責めることが多い

女性 仕事 忙しい ビジネス起きてしまったことに対して、自分に非があるかを考えずにすぐに男性を責める女性もいます。例えばデートで渋滞に巻き込まれたとしましょう。女性は「この道を選んだあなたが悪い」「行き先を決めたあなたが悪い」と男性を責めるのです。責められると男性自身も自分を追い詰めていきます。それが日常的になれば耐えられなくなった男性がキレてしまうのは言うまでもありません。

女性に対して威厳を示す為に暴力を振るう男性も…

すぐに相手のせいにして責める女性とは、喧嘩が絶えなくなります。しかし口喧嘩では女性に勝てる男性が少ないです。その結果、自分のプライドを守るため、女性に威厳を示す為に男性は暴力に出ます。DV被害者の中には女性自身が男性に暴力を振るわせる要素を持っていることも少なくないのです。

DV被害者の特徴⑮顔色が読めない

人間関係を円滑にしていく中で、その場の空気を読む、相手の顔色を読むということも大切です。ところが稀にこういった空気や顔色が読めない女性が存在します。女性側の言葉に不快感を抱いているのに、そうとは気づかずアレコレ他の話題を振ってくるような相手にイライラを感じるのは自然なことです。

DV男のプライドを踏みつけていることにも気づかない

相手の顔色が読めない女性というのは、相手の感情の変化にも気づきません。今は距離を置いた方がほとぼりも冷めるのに、逆に近づいてきたり、更に相手を不快にさせることを平気で言います。こういう女性がDV男と出会えば、相手のプライドを土足で踏み潰し、DV男の怒りを燃え上がらせることが考えられます。

DV被害者の特徴⑯1人になるのが異常に怖い

女性 目 視線 視野 見つめる他人に嫌われるのが怖いのと似ていますが、1人になることに異常な恐怖を覚える女性もDV被害にあいやすいです。例えば付き合った彼氏にDVを受けたとします。DVを受けることはもちろん嫌ですし、暴力を振るってくる恋人を嫌いになるでしょう。しかし1人になるのが怖いので離れられないのです。

相手から離れることに罪悪感を持ってしまう

その裏には「嫌だ」「嫌いだ」と思いつつも、DV男を心のどこかで「可愛そうな人だ」と同情しています。さらには相手から離れることに対して罪悪感を持ってしまうこともあります。要するに同情=愛情と勘違いしてしまうのです。1人になるのが怖い上にこの人を1人にすることもできない、こんな感情がDV被害から逃げられない結果を生んでしまいます。

罪悪感が頭から離れない方へのスピリチュアルメッセージ
罪悪感が頭から離れない方へ。罪悪感の根源を見つけ、その原因を探り、改善することでゆっくりと罪悪感から解放されていくことができます。本記事では、罪悪感が頭から離れない方へのスピリチュアルメッセージをご紹介いたします。…

DV被害者の特徴⑰相手に尽くしすぎる

男性に尽くす女性も多いですが、男性が求めることが全てやってあげるという尽くしすぎる女性は考え物です。実は尽くしすぎる行為というのは、男性の自由を奪っていることと同じです。相手に尽くすうちに男性は1人では何もできなくなり、女性に依存することになります。その結果、DV被害に繋がるケースは非常に多いのです。

男性の自由を奪うことでDV被害に繋がる

男性の自由を奪って尽くすという行為は、男性の関心が女性にしか向かなくなります。ですからちょっとでも気に入らないことがあれば、言葉で説き伏せたり、時に暴力で支配しようとするでしょう。男性に尽くしすぎてDV被害にあうという女性は、自分でその原因を作っていることに気づかなければなりません。

DV被害者の特徴⑱相手の期待に応えようとする

付き合った男性の中で史上最高の彼女になりたい、このような考えを持っていて彼氏の期待に応えようとするタイプの女性もDV被害にあいやすいです。こういう女性はしっかり者で負けず嫌いな傾向があり、男性の期待に添えないと「私がダメだから」と考えてしまいます。この関係が徐々に主従関係を生み出すのです。

自分の欲望よりも相手の欲望を満たすことを優先する

いつも期待に応えようとする従順な彼女、はDV男性にとって格好の餌食です。またこういうタイプの女性は自分の欲望よりも相手の欲望を満たすことを優先するので、暴力に対しても受け身になってしまうのです。その結果、いつの間にかDVが日常的になってしまう傾向にあるようです。

DV被害者の特徴⑲真面目で面倒見がいい

女性 スマホ パソコン ビジネス 次女真面目すぎる、誰に対しても面倒見が良いタイプの女性もDV被害者になる可能性が高いです。真面目なので「女性はこうあるべき」という意識が強く、彼氏や夫の面倒は自分が見なければならないと行動します。そこで相手に理不尽なことを言われた場合、落ち込むのではなく更に頑張ってしまうのです。

自分で自分を追いつめていく

面倒見がいい性質から自分がもっと頑張ればいい、相手が怒っているのは自分が至らないせいだと考えます。それがDVだとしても、自分が正せばいい、この人の面倒は私にしか見ることは出来ないという考えにも発展していきます。自分で自分を追いつめるタイプともいえる女性はDV被害にあっても気づかないのです。

DV被害者の特徴⑳放っておくことができない

付き合った相手に対して、常に相手のことを考えることを優先し、放っておくことができない女性もDV被害にあいます。常に相手のことを心配して自分の事が後回しになるのです。例えDVを受けていると分かっていても、今の状態で相手をほったらかしにすることなどできないと思ってしまいます。

私以外がこの人を支えることはできないという勘違い

暴力を受けて嫌な思いをしているにも関わらず、自分が声を上げたらこの人はどう思うだろうか、他の人に助けを求めてしまったら、この人はどうなってしまうのだろうか、と逆に心配になってしまいます。心のどこかで「私以外がこの人を支えることはできない」という勘違いを引き起こしているので、DV被害にあっても何も行動を起こさないのです

DV被害者の特徴㉑周りの人から十分な愛情を受けていない

家族 離婚 別居本当は愛されたいのに、十分な愛情を得られなかったという経験を持つ女性もDV男に引っかかる可能性が高いです。相手の本性がどれだけ酷いDV男だったとしても、深層心理では「好きでいたかった」という強い気持ちがあります。その結果、DVを受けても同情的な感情を生み出し離れられなくなるのです。

愛せない自分が悪いという思いこみ

本来なら無償で愛情をもらうべき両親や兄弟から愛情を受けていない、過去に付き合った男性からも本気で愛されたことがない、こういう環境で育ってきた女性は、その対照に実は強い嫌悪感を示します。その結果、「愛したいのに愛せない自分」「愛せないのは自分のせい」などと考え、結局その環境から抜け出すことができません。

DV被害者の特徴㉒情にもろい

見つめ合うカップル 顔を触る一度でも深く関わった相手に対して、情に訴えられると弱い女性はDV男にも上手く言いくるめられる可能性があります。暴力を振るわれてもその後で泣きながら謝られたり、優しくされることで、「この人には私しかいない」と感じてしまいます。DVが繰り返されても、情に訴えられることで相手を許してしまうのです。

自分を頼ってくる人を見捨てられない

また、こういう女性は普段から人に対して思いやりがあるタイプではなく、無関係な相手には無関心な傾向にあります。でもどこかで人に頼りにされたいと思っているので、親しくなった相手には深い愛情を注ぐようになります。その結果、特定の相手にだけ弱くなり、何をされても抵抗しないという関係ができてしまうのです。

DV被害者の特徴㉓世間体を気にする

世間体を気にする人はDV被害にあっていたとしても、周りの人に相談するのをためらいます。DVは世間的に見れば常識はずれなことですし、DVを受ける自分への評価が下がってしまうかもしれません。DV男は世間体を気にしてDV被害を外に漏らさないと分かれば、その女性を手放すことはないでしょう

世間で叩かれることの方がダメージとして大きい

また、結婚しているとしてDVが理由で離婚をした場合、周りの人からひどいことを言われるかもしれないと想像します。本当はDVを受けて嫌な思いをしているのに、世間で叩かれることの方がダメージとして大きいと感じているのです。両親や兄弟にも「身内の恥だ」と言われることを恐れて、なかなか相談できずにDVが長引くケースも多いのです。

DV被害者の特徴㉔両親からのDVを経験している

カップル DV 不安 恐怖 暴力幼い頃に両親からDVを受けていたという過去がある女性は、DV男に狙われる可能性があります。幼い頃のトラウマとも呼べる経験から、暴力を振るわれたり、大声を出されると怖くて動けなくなってしまうのです。長い月日が経過していたとしても、幼少期の記憶が鮮明によみがえり、恐怖で声も出ないという女性もいます。

DV経験者はDV男を引き寄せてしまう

両親からのDVを経験している女性は、上記で上げた「他人の顔色をうかがう」「すみませんが口癖」など、DV男をイラッとさせる行動が目立ちます。いつも相手を怒らせないように怯えていたり、目を合わせられないなどオドオドした態度が見え隠れするのです。それがより一層、DV男を引きつけてしまうのかもしれません。

家庭内暴力に悩まれている方へのスピリチュアルメッセージ
家庭内暴力に悩まれている方へ。精神的なだけでなく、肉体的にも大きなダメージを負う家庭内暴力。その複雑な問題の裏には、必ず何らかのスピリチュアルメッセージが隠されています。本記事では、家庭内暴力に悩まれている方へのスピリチュアルメッセージをご紹介いたします。…

DV被害者の特徴㉕自己評価が低い

女性 唇 不安 暗い自己評価が低い人は理不尽なことをされても、まず「自分が悪い」と考えます。DV男に対して、「何か事情があるのではないか」「本当は良い人のはず」「相手に変わってもらうことができるのでは?」など、様々な可能性を考えては、DV男から離れることができません。

相手を切り離したら自分が孤独になるという強迫観念

また自己評価が低い女性はDV男に対して「無視」をするのが苦手です。この「無視ができない」という行動の根底にあるのは「自分自身が無視されたくない」という心理が働いています。相手を切り離したら自分が孤独になるという強迫観念から、自分に暴力を振るってくる相手であっても距離を置くことができないのです。

最後に

DV被害者になりがちな女性は、

  • 自分に自信がないオドオド系
  • 相手を責めて否定するような気の強い系

に分かれます。中でも多いのは「1人になりたくない」「この人を支えられるのは自分だけ」といった、歪んだ感情によってDVを受けている方で、助けを求めることができません。あなたはDV被害者になりがちな女性に当てはまっていませんでしたか。

DV被害者になりがちな女性の特徴は

  • ①「すみません」が口癖
  • ②自分に自信がない
  • ③他人の顔色をうかがってしまう
  • ④何かと我慢しがち
  • ⑤嫌われるのが怖い
  • ⑥他人に依存しやすい
  • ⑦人と関わるのが苦手
  • ⑧人を信用できず疑ってばかり
  • ⑨言葉で表現するのが苦手
  • ⑩周りの人の言いなりになりやすい
  • ⑪気が強い
  • ⑫言葉がキツイ
  • ⑬すぐに感情的になる
  • ⑭相手を責めることが多い
  • ⑮顔色が読めない
  • ⑯1人になるのが異常に怖い
  • ⑰相手に尽くしすぎる
  • ⑱相手の期待に応えようとする
  • ⑲真面目で面倒見がいい
  • ⑳放っておくことができない
  • ㉑周りの人から十分な愛情を受けていない
  • ㉒情にもろい
  • ㉓世間体を気にする
  • ㉔両親からのDVを経験している
  • ㉕自己評価が低い

ということでした。以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

DV加害者になりがちな彼氏の特徴一覧
DV加害者になりそうな男性の特徴を知りたい方へ。DV加害者の男性は、最初は優しい顔をして言葉巧みに近づいてきます。それが実際に付き合い始めたり、結婚することで態度が豹変するというパターンが多いのです。本記事では、DV加害者になりがちな彼氏の特徴一覧をご紹介いたします。

★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたのが選んだカードや誕生日などの情報をもとに導き出される『アカシックタロットが大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料≫で鑑定してもらえます。

⇒運命を知り、最高の幸せを掴みたい人は是非やってみてください。⇐

⑤交際

この記事のライター
nyanco

猫と写真が好きです。若い頃の恋愛は失敗だらけで振られまくりでした。「もう恋なんてしない!」と思った時期もありましたが、結局人は恋に落ちてしまうものなのですね。そんな私も彼氏が変わるたびに男の見る目や上手な恋愛の方法を学び、今では理想の彼と幸せな毎日です。私と同じ失敗が繰り返されないように、これまでの経験で得たことを提供できるような記事を書いていきます。

nyancoをフォローする
恋愛&結婚あれこれ