キスはどのくらいの時間するべき?キスの種類別解説

キスはどのくらいの時間するべき?キスの種類別解説大好きな彼氏とのキスは、どれだけしても飽きることはありませんよね。幸せな気持ちになれるし、気持ち良いからたくさんキスしたくなります。でも、「長々とキスして彼氏にドン引きされたら嫌だな…」と、なかなか積極的になれない女性もいることでしょう。

そこで今回は、キスの時間について種類別に解説!キスのルールは恋人の数だけ存在しますが、是非参考にしてください。

 

キスはどのくらいの時間するべき?キスの種類別解説

 

①コミュニケーションのライトキスは1秒

唇を軽く合わせるだけのライトキス。女性は「ライトキスが一番好き!」という人も結構いると思います。ライトキスにもシチュエーションは色々ありますが、彼氏と挨拶のように愛情を確かめるためのコミュニケーションならば、「チュッ!」と短く1秒程度で充分です。

「えー!1秒なんて全然足りない!」と思うかもしれませんが、1秒なら人目を盗んでこっそりキスすることもできちゃいます。ライトキスは性的なものを匂わせず、あなたの可愛さをアピールするためにも、1秒という時間が適度なんですよ。

②おうちでまったりプレッシャーキスは5秒前後

プレッシャーキスとは、唇を閉じたままくっつけるライトなキス。おうちデートなど2人でまったりくつろげるなら、「チュー!」って感じで5秒前後までOK!

「5秒でも短い!」と不満な人もいるでしょうが、長々としてしまうと、彼氏にスイッチが入っちゃうんです。あなたがキスだけを楽しみたいと思っていても、彼氏はどんどん深いキスをしたくなっちゃうかも。

それに、プレッシャーキスはお互い口を閉じているので、キスの間は鼻呼吸になります。でも、鼻息が荒くなったら雰囲気台無し!だから、息を止めてすることも多く、5秒前後が適度な時間なんですよ。

③じゃれ合うようなバードキスは30秒前後

唇を尖らせてチュッチュとついばむようにするのがバードキス。イチャイチャとじゃれ合いたい時にすると楽しいキスです。

バードキスは、どちらかが受け身になるのですが、お互い順番にして楽しむと、益々ラブラブになれます。でも、チュッチュするのは結構疲れるし、そればかりだと彼氏は物足りなく感じてしまうので、時間としては30秒くらいが丁度良いです。

④彼氏を焦らしたいスウィングキスは1分まで

スウィングキスとは、相手の下唇を自分の唇で柔らかく挟み込んで、左右に揺らして愛撫するキスです。かなりエッチな気持ちになります。

だから、彼氏を焦らしたい時におススメ!男性は焦らされるとより一層燃え上がるので、たまには大いに焦らしちゃいましょう。時間にしたら1分くらいまで。短いようですが、彼氏のハートに火をつけるには充分な時間です。

1分経つまでに、彼氏の方が積極的にガンガンきちゃうかもしれませんが、そこをあえてはぐらかしてキスを続けちゃいましょう。

⑤エッチ前のディープキスはいくらでも!

ディープキスはエッチの入口。お互い気持ちが盛り上がったら、ディープキスで心も体もトロトロになっちゃいましょう。基本的には舌を使うキスをディープキスと呼びますが、細かく分けると色々な種類があるんですよ。せっかくなのでいくつか紹介します。

★インサートキス:舌を相手の口に差し込み、相手はそれを優しく唇で受け止めます。これを交互にやります
★バインドキス:相手の唇全体を優しく加えるようにキスします。舌を使ってアレンジすると、より濃厚なキスになります。
★クロスキス:お互い口を開いた状態でキスをして、舌を絡ませたりあまがみしたりして愛撫します。
★ストローキス:相手の舌を自分の口で吸いこみます。これを交互に繰り返します。

時間に決まりはありません。2人が求め合っているならいくらでもどうぞ。でも、夢中になって、彼氏が次に進みたいのにもっともっとと求める過ぎないように注意してくださいね。

⑥別れ際名残惜しむキスは軽めの3秒

デートの別れ際、チャンスがあったらキスしたいですよね。この時のキスは軽めの3秒程度が丁度良いです。

あまり長時間とキスしてしまうと、別れが名残惜しくなってしまいます。それに、イイ女は別れ際サッパリしていて、彼氏にちょっと物足りなさを感じさせるものなんですよ。その方が、「また会いたい!」という気持ちが盛り上がります。

 

最後に

恋人同士にとってキスは会話のような自然のコミュニケーションです。だから、平均的な時間を気にするよりも、本当は彼氏の様子を見て、「どうしたら喜んでくれるかな?どれくらいの時間を求めているのかな?」と考えることが一番大切なんですよ。キスにはたくさんの種類があります。こっそり研究して彼氏を驚かせるのも良いし、2人で勉強してキスをもっともっと楽しむのも良いですね。幸せなキスで、彼氏との愛を育んでくださいね。

キスはどのくらいの時間するべき?キスの種類別解説

①コミュニケーションのライトキスは1秒
②おうちでまったりライトキスは5秒前後
③じゃれ合うようなバードキスは10秒前後
④彼氏を焦らしたいスウィングキスは1分まで
⑤エッチ前のディープキスはいくらでも!
⑥別れ際名残惜しむキスは軽めの3秒

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。

⑤交際キス
この記事のライター
ききた

派遣社員歴7年。元々恋愛に奥手で、合コンでは玉砕経験多数。恋活を頑張ってやっとできた彼氏とは遠距離恋愛…。しかし、距離を乗り越えて愛を育み見事結婚!現在は2児の母親。大企業から地方の営業所まで、様々な職場で働き、多くの人との出会いの中で得た経験を糧に、皆さんの恋愛を応援する記事を書いています。

ききたをフォローする
恋愛&結婚あれこれ