男性 笑顔 末っ子

末っ子男性の性格と恋愛傾向を知りたいあなたへ。

末っ子の男性と聞くと、誰もが「甘えん坊」で「わがまま」や「頼りない」といった印象を持ちますが、実際のところはどうなのか気になるところですね。

本記事では、心理カウンセラーの水沢桔梗が、末っ子男性の性格特徴・恋愛傾向をご紹介いたします。

①甘えん坊で甘え上手

末っ子男性の特徴として、やはり一番多い共通点は「甘えん坊」です。末っ子は兄弟の中で一番下なので、兄や姉からもめんどうを見てもらえて可愛がられる存在ですよね。長男や長女とは違い、甘えられる存在がいつも周りにいるため、自然に「甘えん坊」へと育ちやすいのです。

・年上の女性に甘えるのが上手い

末っ子男性には、年上の女性に甘えるのが上手いという特徴があります。兄姉に甘えるのが当たり前の環境で育ったため、無意識に甘えることができるので、母性本能をくすぐられて好きになる女性もいます。

・常に甘えていたい訳ではない

しかし、末っ子男性が甘えん坊とは言っても、常に甘えていたい訳ではありません。末っ子男性は、落ち込んで自信をなくした時や、寂しくなった時に甘えたがりますが、好きなことをしている時や何かに集中している時は、放っておいて欲しいと思っているのです。

②要領が良く世渡り上手

生まれた瞬間から兄や姉がいる末っ子男性は、親から兄姉が怒られたり褒められたりしている姿を見て育ちました。そのため、なるべく親に怒られないように行動したり、褒められるように積極的に行動するなど、要領の良さが自然と身についたのでしょう。

・困った時は素直に周囲の人に助けてもらう

幼少期から、自分ひとりではできない事や、困った事があった時、素直に兄姉に頼って育ってきた末っ子男性は、人に頼ることが得意な傾向にあります。そのため、周囲の人からは「世渡り上手」と見られることも多いのでしょう。

・情に厚いところも

末っ子男性は、自分が助けてもらうだけではなく、困っている人には手を差し伸べたり「お世話になっている人にはお礼をしっかりする」といったような、情に厚いところもあります。

③観察力が人一倍優れている

末っ子男性は「観察力が人一倍優れている」という特徴があります。それは、長男や長女の様子を幼い頃より観察してきたため、人の行動を観察するという癖が自然についているからです。

・上に長男がいる末っ子男性

特に、上に長男がいる末っ子男性は、自分より数年先を生きる同性の見本がいるので、兄の言動をよく観察して成長しています。そして、兄のマネをしながら色々なことにチャレンジしてきた人が多いため、ひとりで出来るようになるスピードも早い傾向にあるのです。

④わがままで遠慮がない

子供 男の子 末っ子 頬杖

末っ子男性の性格のひとつとして「わがままで遠慮がない」というのも、甘えん坊に並んであります。

長男や長女は、一つしかないものを分け合う時にガマンする場面が多いですが、末っ子にはあまり「ガマンさせられる」という経験がありません。兄姉と年が離れているほどその傾向は強く、欲しい物は大抵手に入れられるのでわがままに育ちやすいのです。

・女性から奢ってもらうことに抵抗がない

男性は「女性から奢ってもらう」といったことに抵抗のある人が多いですよね。しかし末っ子男性は、甘え上手で奢られることに慣れているためか、女性から奢ってもらうことに抵抗のない人が多いようです。

女性から「奢ってあげる」と言われたら、遠慮なく奢ってもらうでしょう。

⑤自分に甘いが人には厳しい

末っ子男性は家族の中で一番年下ですから、親や兄姉から甘やかされて育つ傾向にあります。そのため、人からの好意は遠慮することなく、素直に受け取ることができますし、自分にも甘い人が多いのです。

しかし、自分には甘いのに意外と「人には厳しい」という一面も持っています。

・自分の失敗は笑ってごまかすが人の失敗には冷たい

たとえば、デートの待ち合わせで自分は遅刻したとしても「ごめんごめん」と笑って終わらせても、恋人が遅刻すると「遅いよ」と冷たく注意するようなところがあるのです。

⑥自由奔放でマイペース

長男や長女と違って、親から放っておかれる時間も多く、下に面倒をみなければいけない弟妹もいない末っ子男性は、基本「自由奔放でマイペース」です。

・本人に悪気は一切ない

周りに気を使って遠慮するということはなく、自分が嫌と感じたことにはハッキリ断ることもできます。そのため周囲からは「わがまま」や「自己中」と思われがちですが、本人に悪気は一切ないでしょう。

⑦負けず嫌いで自分が一番でいたい

男 ツンデレ 傲慢 プライドが高い

末っ子男性には「負けず嫌い」といった性格もあります。

末っ子は、兄弟の中でも一番「家族からの愛情」を受けられる傾向にあります。時々、兄や姉に子分のように使われることもあるかもしれませんが「自分は一番愛されている」という自覚があるため、負けず嫌いなところがあるのです。そのため、恋愛においてはやきもち焼きなところもあるでしょう。

・兄や姉に対して劣等感を持っていることも

もしも兄や姉が、スポーツや勉強に優れている場合、親から比べられてしまうこともあります。そんな時、一生懸命がんばっても思うようにできなかったりすると「なんでできないんだろう」「できない自分はダメだ」と自信を失ってしまい、劣等感を持ってしまうこともあるのです。

・自分のことを認めてくれる女性に弱い

家庭内では、いつまでも子ども扱いされがちな末っ子男性は、自分を大人の男として認めてくれるような女性に弱い傾向にあります。末っ子は甘えん坊ですが、男性は「女性の役に立ちたい」という欲求を持っているので、頼ってもらえることも嬉しく思うのです。

⑧誰に対しても自己主張が強い

末っ子男性は、どんな相手でも遠慮なく「自己主張ができる」という特徴もあります。職場の上司が相手でも、自分の意見はハッキリと主張する人が多いので、周りで見ている同僚はヒヤヒヤすることもあるでしょう。

・「主張すれば通る」と学んでいる

それは幼い頃、兄弟同士での物の取り合いなどが起きた時、親は「お兄ちゃん(お姉ちゃん)でしょ!譲ってあげなさい」と末っ子に譲るように言うことが多いので、末っ子は「主張すれば通る」と学んでいるからです。

⑨人のマネをすることが得意

幼い頃から、兄や姉のマネをして成長してきた末っ子男性は、人のマネをすることが得意な傾向にあります。

いつも周りには、大人や自分より年上の兄姉しかいなかったため、色々なことを観察してマネて覚えてきたので、人のマネをして習得していくことが得意なのです。そのため社会に出てからは、仕事においても成長が早いのが、末っ子男性の特徴でもあります。

⑩明るくポジティブな愛されキャラ

男性 ビジネスマン 笑顔

家族からの愛情に恵まれた末っ子男性は、とても明るい性格の人が多い傾向にあります。明るくポジティブな性格なので、家庭以外でも愛され可愛がられる人が多いでしょう。

・ひょうきんでムードメーカーなところも

末っ子男性は暗い雰囲気が苦手なので、その場の空気を和ませるためにひょうきんになることがよくあります。幼い頃から家庭内でもムードメーカーな役割をしていたため、その場の空気を明るく変えることは、末っ子男性にとって得意中の得意なのです。

⑪お天気屋な気分屋さん

末っ子男性には「お天気屋な気分屋さん」という特徴もあります。

自由気ままに育ってきたことで、わがままさに拍車がかかり、自分の気分によって態度がコロコロ変わることがあるのです。そのため、周りは末っ子男性の気分に振り回されて、困ってしまうこともあるでしょう。

・自分のペースを乱されることが嫌い

末っ子男性は、自分のペースを乱されることをとても嫌うので、緊急なことでもない限り、普段は彼のペースに合わせた方がいいでしょう。

⑫寂しがり屋でかまってちゃん気質がある

末っ子男性は、生まれた時からずっと傍に誰かがいてくれたので「寂しがり屋」の人が多い傾向にあります。社会に出てからは、一人になると途端に寂しくなり、休日には友達に声をかけて誰かと一緒に過ごすことも多いでしょう。

・男らしさをあまり感じない

特に、上に姉しかいなかった場合の末っ子男性は、おっとりした性格の人が多く、男らしさに欠ける傾向にあります。下に弟妹がいる長女で、自分がリードしていくようなタイプの女性なら相性は抜群でしょう。

・サバサバした女性は苦手

とは言っても、末っ子男性は「サバサバした女性は苦手」という傾向にあります。子どもの頃から怒られる経験があまりないため、気の強い女性よりも癒し系で包み込んでくれるような性格の女性が好みなのです。

⑬ケンカや争いごとはなるべく避けたい

幼少期から、兄や姉とケンカしてもかなわないと学んでいる末っ子男性は、争いごとが苦手なので避ける傾向にあります。

末っ子男性は「自己中心的」と言われることが多いのですが、ケンカになった時にも自分の意見を押し通そうとはしないのが特徴です。それは、なるべくなら「ケンカや争いごとは避けたい平和主義者」だからなのです。

・恋人とのケンカでも先に謝る

恋愛においては、恋人とケンカになった時にも、なるべく早く終わらせたい気持ちがあるので、自分から先に謝ることが多いでしょう。ケンカを長引かせても良いことは何もないと思っているのです。

⑭年上の女性とつき合うことが多い

カップル キス

末っ子男性は、年上の女性とつき合うことが多い傾向にあります。生まれ育った環境で、年上の人の方がうまくコミュニケーションが取れるので、恋愛においても年上の女性を選ぶのです。

・包容力がある年上女性が好き

甘えん坊でわがままな末っ子男性は、甘えさせてくれる母親や姉のような、包容力がある年上女性を好みます。明るく甘え上手な性格なので、自然と年上女性に好かれる傾向にもあります。

⑮優柔不断で決断力がない

末っ子男性は、自分ひとりで何かを決めるということが苦手な傾向にあります。

それは、子どもの頃より兄や姉の意見に従って行動することが多かったため、自分で決断して行動するという経験がないからです。そのため、なにか人生を左右するような大きな決断に関しては、優柔不断になるのでしょう。

・恋愛でも優柔不断になることが多い

恋愛においては、デートの場所や食事する店などを決める時、優柔不断になる人も多いでしょう。自分が決めるよりも「相手に決めてもらった方が楽」と考えるのが末っ子男性の特徴でもあります。

⑯自分より年下は苦手

末っ子男性は、年上とコミュニケーションを取ることは得意ですが、自分より年下の人と接するのは苦手な傾向にあります。

幼い頃よりずっと、家族の中では一番年下という環境で育ってきた末っ子男性は、自分より年下と接する経験がありません。そのため、どう接したらいいのかわからないので、逆に年下から甘えられたり頼られても対処に困ってしまうのです。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
末っ子男性とは言っても、上に兄しかいなかった場合や姉しかいない場合など、育った環境によって性格に違いは出てきますが、共通する特徴として「甘えん坊」や「わがまま」があります。

そして「包容力のある年上女性」や「自分をリードしてくれる女性」に対して恋愛感情を抱くこともおわかりいただけたのではないでしょうか。本記事の末っ子男性の性格や恋愛傾向を参考に、ぜひ末っ子男性と楽しい恋愛をしてみてくださいね。

末っ子男性の恋愛傾向は…

  • ①甘えん坊で甘え上手
  • ②要領が良く世渡り上手
  • ③観察力が人一倍優れている
  • ④わがままで遠慮がない
  • ⑤自分に甘いが人には厳しい
  • ⑥自由奔放でマイペース
  • ⑦負けず嫌いで自分が一番でいたい
  • ⑧誰に対しても自己主張が強い
  • ⑨人のマネをすることが得意
  • ⑩明るくポジティブな愛されキャラ
  • ⑪お天気屋な気分屋さん
  • ⑫寂しがり屋でかまってちゃん気質がある
  • ⑬ケンカや争いごとはなるべく避けたい
  • ⑭年上の女性とつき合うことが多い
  • ⑮優柔不断で決断力がない
  • ⑯自分より年下は苦手

ということでした。
以上、心理カウンセラーの水沢桔梗がお伝えしました。最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたのが選んだカードや誕生日などの情報をもとに導き出される『神秘のタロットカード』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら≪初回無料≫鑑定してもらえます。

⇒運命を知り、最高の幸せを掴みたい人は是非やってみてください。⇐