母の不倫が子供に与える25の悪影響

家族 夫婦 子供 両親

ライター nyanco
ライター nyanco

母親の不倫が子供にどんな悪影響を与えるか知りたい方へ。

自分の母親が不倫をしていた…そんな事実を知ってしまったら子供はどうすると思いますか。子供は父親と母親は仲がいいものだと思っていますし、仲が良いことを嬉しいと思います。それなのに母親には別に好きな人がいた、となれば想像もできないショックなのではないでしょうか。

ここでは母親の不倫が子供に与える悪影響を考えていきます。

①学業に専念できなくなる

学校の教室母親の不倫を知ってしまった子供の頭の中は家族や家庭のことでいっぱいになってしまいます。

  • 「お母さんはお父さんが好きなんじゃなかったの?」
  • 「どうやらお父さんよりも好きな人がいるみたい」
  • 「そうすると自分はどうなるのか」

こうなれば夜も寝ていられません。

ましてや学業などに励んでいる余裕はなくなってしまうでしょう。長引けば学校での勉強についていけずに置き去りになったり、そのことが原因でいじめに遭ったりと、どんどん悪い方向へ進んでしまいます

②自らを否定するようになる

母親の不倫を知ってしまった子供は行き場のない不安に襲われます。どうしてお母さんは他の人を好きになってしまったのか、お父さんを裏切ったりしているのか…。そしてその矛先は徐々に自分へと向いていきます。

  • 「自分がいい子じゃなかったから」
  • 「お母さんの言うことを聞かなかったから」
  • 「自分が悪いのかも…」

と、どんどん自分を否定するようになるのです。

大人になっても自分の行動に自信の持てない、人の影に隠れてしまうような生き方を歩む可能性があります。自分が自分を信じられないことほど悲しいことはありません。

③他人の顔色をうかがうようになる

母親の不倫を知ってしまった子供は

  • 「それなら自分はいい子でいなければいけない」
  • 「いい子でないと母親に捨てられてしまう」

といった心理が働く場合があります。すると、いい子でいるという概念に捉われて、誰に対しても良い子でいようとするのです。

その結果、他人の顔色をうかがってご機嫌取りをしてみたり、自分は悪くない場面なのにその場を治めるために謝罪をしてみたり…。いつもビクビクしたような行動を取るようになります。やがては無理がたたって過度なストレスにより体調を崩してしまうかもしれません。

④情緒不安定になりやすい

桟橋で佇む女性 不安 悲しい母親の不倫を知ってしまうということは子供の中では大事件が起きたのと同じです。大好きな母親が実は父親ではなく自分でもない、見知らぬ相手を好きになっているのですから納得ですよね。心に傷を負うような事件は感情を不安定にします。

穏やかな子供だったのに、母親の不倫を知ってから感情の起伏が激しくなったということもあるようです。ちょっとしたことで怒ったり、誰かにツラく当たってみたり…これらはすべて、その子が発しているSOSなのかもしれません。子供自身もどうにもならない感情なのです。

⑤一生治らない深い傷を負うことになる

悩む女性 不安 夕日 光母親はいつも家庭にいて話し相手になってくれたり、心のよりどころである存在です。母親の不倫は子供にとって言いようのない深い傷を負うことになります。しかも、一生治らないと言っても過言ではないでしょう。

時間が経てば少しずつ癒えていく通常の傷とは違い、自分の肉親に負わされた心の傷は、いつまで経っても癒えません。生涯その負わされた傷を抱えて生きていく子供は不幸ではなくとも、幸せにもなれないのです。見えない傷ほど治りが遅いというのがうなずけますね。

⑥自分も同じことをするのでは?という不安を抱える

女性 不安 悩み 悲しい母親の不倫を知ってしまった子供は将来に不安を覚えます。それは同じ血が流れている母親の犯した罪を自分も繰り返してしまうのではないかという不安も含まれています。

  • 「自分がしっかりしていれば大丈夫なはず」
  • 「私は母親と違う」

そんなに言い聞かせても心の隅ではいつも同じ不安が渦巻いています。大人になってどんなに素敵な人と出会っても、自分の不安のせいで一歩を踏み出せない人もいます。母親の影響力はとても強いのです。

⑦家族を信じられなくなる

家族 公園 幸せ母親の不倫を知って1番悲しいのは家族を信じられなくなることです。本来、家族とは何も言わなくても心を通じ合わせることの出来る唯一無二の存在です。世界中が敵になっても家族だけは味方であると信じられる、そんな存在のはずです。

しかし母親の不倫で受けたショックは大きく、信じていた母親に裏切られた思いは、家族を信じることができない状況にまで進行する可能性が高いのです。そうなった時、その子は誰を信じて生きていけばいいのでしょうか。

⑧異性に不信感を抱くようになる

カップル 夫婦 喧嘩 ベッド 別れ話母親の不倫を知ってしまった子供は異性に不信感を抱く場合が多いです。母親に裏切られたことでその後、自分が異性とお付き合いしたとしても、裏切られるという強い不安が消えないのです。

  • 「いつかはこの人も自分を裏切るのではないか」
  • 「浮気されるのではないか」

と恋愛感情よりも敵対心が先に芽生えてしまい、異性を遠ざけてしまう傾向にあります。残念なことに一生涯、誰とも付き合わず、ずっと独り身で過ごしたという話もあるのです。

電話占いピュアリ

⑨不登校になる

女の子 グループ 仲間 友達 人々母親というのは子供にとって唯一無二の絶対的な存在です。そんな母親の不倫を知ってしまったら、不登校になる可能性が高いです。特に中学生、高校生など思春期に母親の不倫が分かり、しかも家を出ていってしまったとなれば、大人を信じられなくなります。それは学校の先生も同じなのです。

どんな相手でも大人を信じられない

大人は嘘つき、大人は裏切るものという考え方を持ってしまうと、どんなに偉い人でも有名な人でも、受け入れることができません。精神的に不安定な思春期ともなれば、母親の不倫がキッカケで思い悩むようになり、誰にも相談できず身動きが取れなくなってしまうのです。

⑩いじめられる

泣いている女子学生 手で顔を覆うもし母親が不倫していることが噂になり、親から子供へ伝わるようなことがあれば、不倫した母親の子供は間違いなくいじめにあうでしょう。「不倫はいいものだ」なんて教える家庭はありませんから、「不倫=裏切り行為」「不倫=不潔」などマイナスな言葉を使って、周りの友達に仲間外れにされたり、いじめの標的になっていくのです。

母親から子供へ悪いうわさが流れだす

またいじめる側も自分の母親から「不倫している家の子とは付き合ってはいけない」などと言い含められている可能性があります。それによって例え不倫がどんなものか分からなくても、「接してはいけない異物」という見方をされるようになります。こうした非難の目は不倫をした当人である母親だけでなく子供に大きく影響してきます。

⑪引きこもりになる

引きこもり 窓母親の不倫が世間に知れたことで、学校ではいじめられ、近所でも悪い噂話に耳を塞ぎたくなります。「あそこの家の母親は出て行ったらしい」「どうやら不倫らしい」「かわいそうに」こんな非難の声は聞きたくありません。すると学校にもどこにも居場所がなくなってしまい、結果家に引きこもることになります。

世間の攻撃的な目が恐怖

一度引きこもってしまうと、風当たりの強い外の世界が怖くて出ていけなくなります。人と接することがないまま長い月日が流れると、社会に適合できなくなるでしょう。誰とも関わりを持たないまま、大人になってもずっと1人で過ごすことになる可能性があります。そのくらい攻撃的な世間の目は恐ろしいものです。

⑫周りの人を誰も信じられなくなる

体調不良 風邪 微熱不倫をした母親が家を出ていってしまったことで、それを哀れに思って同情する人もいるでしょう。親戚や仲のよかった友達は、悪いのがその子供ではないと分かっているので、優しくしてくれます。しかし絶対的な存在であった母親に裏切られたことで、周りの人が誰も信じられなくなってしまうでしょう。

どんなに優しい人にも心を開けない

今は優しい顔をして近づいてくるけれど、そのうち母親みたいに離れていく、私を裏切るに決まっている、と頭の中で変換して、優しい人にも心を開くことができず、どんどん孤独になっていきます。誰に対しても常に緊張して落ち着ける場所を見つけられずに孤独の中を1人で彷徨っていくのです。

⑬自分で自分を傷つけるようになる

母親に裏切られた子供は「自分は価値のない子供なんだ」と考えるようになります。母親にさえ大事にされないのだから、自分に何が起ころうと誰も見向きもしないと思い込んでしまいます。そのうち思い込むだけでなく実際に試してみようと考え始めます。結果、自分で自分を傷つけてしまうことがあります

誰かに気づいてほしい

自分で自分を傷つける気持ちの裏には、「もしかすると誰かが助けてくれるかもしれない」という期待もあります。腕を切って自殺未遂のようなことをしてみたり、ビルから飛び降りようと思ったり、誰かに気づいてほしいというSOSなのかもしれません。しかし度が過ぎれば命を失う危険もあるといえるでしょう。

⑭非行にはしる

道路に座る女性 スマホ母親の不倫をしった子供は大きなショックを受けます。そして

  • 「自分を選んでくれなかった」
  • 「他の男を取るんだ」

という思いが溢れてしまい裏切られたと強く認識します。すると自分の居場所を求めて非行にはしる可能性が高いです。本人は自分探しの一環なのですが、善し悪しの分別がつかないので歯止めがききません。

悪いことだと教えてくれる人がいない

ひとたび非行グループに入ってしまえば、その場の空気に流されるままに様々なことに手を出すでしょう。未成年のタバコ・飲酒・万引き、窃盗、無免許運転など内容によっては経歴に傷がつくようなことも平気で手を出してしまいます。「それは悪いこと」と教えてくれる母親がいないので、自分でも止めることができないのです。

⑮感情を抑え込んでしまう

女性 頭を抱える 頭痛母親の不倫を知ったことで「自分が悪い子だからいけないんだ」と自分を責める子供もいます。いい子になれば母親が帰ってくる、わがままを言ってはいけないと自分自身に課して、感情を抑え込んでしまう子供になってしまう可能性があります。常に自分を責めているので、自分自身を大事に出来ません。

感情がいつかは爆発してしまう

感情を抑え込んでしまうので、喜怒哀楽が乏しくなり表情は能面のようになってしまいます。子供らしいというよりも、子供なのにどこか大人びている子供に見えて、周りの大人が気味悪がるでしょう。しかし抑えている感情はいつか爆発してしまいます。あまりに溜め込みすぎると爆発の威力で誰かを傷つけたり、ニュースになるような大事件を起こす可能性もあります。

⑯自分を守るために嘘をつくようになる

母親が不倫で相手にしてくれない場合、自分のみを守ってはくれません。そうなると自分の身は自分で守ることになりますが、「身を守るために必要な事」を教わっていないので、自分でその方法を考えるようになるでしょう。その中で手っ取り早くて効果が出るのが「嘘をつくこと」です。自分の身を守るために平気で嘘をつく子供になります。

自分でついた嘘に苦しめられる

学歴詐欺、年齢詐欺は当たり前で、実家はお金持ちだ、父親は警察官だ、実は母親は海外で仕事をしているなど、いじめられないように、舐められないようにと嘘を重ねていきます。その嘘は徐々に本人の首をしめて逃げ場を失ってしまうでしょう。結果、1人ではどうにもならなくなり精神的に参ってしまう可能性もあります。

⑰両親の争いによる精神的ストレス

悩む女性 不安 考える 暗い母親の不倫が父親にバレれば、夫婦には喧嘩が絶えなくなるでしょう。同じ家にいても目を合わせない、挨拶もしない、こんな冷え切った空間で一緒に生活する子供はどんなことを思うでしょうか。両親の仲が悪いというのは子供にとっては一大事です。2人に気を使って時には黙って見守ることで、精神的なストレスを抱えることになります。

先が見えない不安は相当のもの

両親の仲が悪ければ、時にその矛先は子供に向けられることもあります。イライラした両親に八つ当たりされたり、心無い言葉を言われたり、最悪なのは「お前なんて生まなければ良かった」というセリフです。また、この先どうなるか分からない状況にあることを察すれば、先が見えない不安や不信感で発達障害の危険性もあるのです。

⑱両親を尊敬できなくなる

母親の不倫とそれを責める父親を見ている子供にとって、良くないことをした母親も母親に冷たい父親も尊敬できなくなります。成長するごとに「両親のようにはなりたくない」と考えるでしょう。しかし両親は子供にとって人生で最初の「こんな風になりたい」という目的になります。母親の不倫によってこの目標を失うことになるのです。

生きるための道しるべを失うことと同じ

目標がなくなるということは、生きるための道しるべを失うことと同じです。通常であれば両親を基準に人生を歩んでいるところを、何を基準にしたらいいか分からないので、路頭に迷います。また人を尊敬するという気持ちが育たないので、その後の人生で様々な人に出会っても、なかなか尊敬する相手に出会うことができません。

⑲他人に騙されやすくなる

見つめ合うカップル母親の不倫で裏切られたことは大きなショックではありますが、捨てられたことがトラウマになり「二度と同じ目にはあいたくない」と強く思うようになります。人間不信にも繋がりますが、逆に人を信じたいという気持ちが強くなる場合があります。すると、良い顔をして近づいてくる相手を信じて簡単に騙されやすくなるのです。

裏切られた反面、信じたいという気持ちがある

裏切られることを恐れるあまり良くしてくれた相手に対して、一生懸命に信じようとするので、通常は「怪しい」「おかしい」と感じるところでも、「そんなはずはない」「この人は信じられるはず」と根拠のない自信を抱き、信じつづけた結果、騙されるというパターンに遭遇します。言い換えると他人に対して善悪を見抜く力が育っていないということです。

⑳すぐに諦めてしまうようになる

母親の不倫で捨てられたという現実は、この世で最も信じた相手からの裏切り行為です。赤の他人に裏切られてもいつかは立ち直れますが、肉親の裏切りほどトラウマになるでしょう。すると日常で大変な試練や困難に遭遇した時、「頑張っても仕方がない」とすぐに諦める子供になります。

どんなに頑張っても達成できるはずがない

母親に捨てられるような子供がどんなに頑張っても達成できるはずがない、自分には価値がないから上にいっても意味がないと思い込み、勉強や仕事にも一生懸命になれません。諦め癖がつくことで学校ではクラスの落ちこぼれになったり、会社では窓際に追いやられたりと、どんどん悪い状況に追い込まれる可能性があります。

㉑自暴自棄になり攻撃的になる

にらみつける男性 怒り 恨み 視線 目母親の不倫から始まり、家族の不仲、家庭での冷え切った空気など、最初は我慢している子供でも、ストレスとなってどんどん蓄積されていきます。母親に捨てられれば「自分なんてどうなってもいいんだ」と思うようになり、やがて自暴自棄になり暴れることも考えられます。

自分で抑えられないほどの攻撃性

自暴自棄になった子供は身近にいる「弱い人間」を標的にするでしょう。大人しい相手や自分より体の小さい相手を対象に暴言を吐いたり、暴力を振るうこともあるかもしれません。それでも発散されなければ、通りかかった人にわざとぶつかって喧嘩を売ったり、いきなり殴りかかるといった暴挙にでる可能性もあります。攻撃的になったら自分では抑えられません。

㉒社会に出て働けなくなってしまう

母親の不倫と裏切りによって子供に多大な喪失感を与えてしまいます。1番の拠り所がなくなり、自分は捨てられたという思いは大人になっても消えることはありません。社会に出ても周りの人が信じられず馴染めないので、いつも1人で行動するようになり、そのうちそれがツラくて閉じこもるようになり、結果的に社会に出て働くのが困難になります。

当たり前に目にする「母親と子供」の姿がツライ

また街中で見かける「母親と子供」や会社の中で結婚して母親になった女性など、母親に関する出来事を目の当たりにするのがツライという場合もあります。社会に出ると嫌でも目にしなければならない親子の構図を見るだけも耐えられず、社会に出るのが怖い、ツライとなって仕事どころではなくなってしまうのです。

㉓恋愛観が変わってしまう

母親の不倫を経験した子供は恋愛観も通常とはちょっと異なっています。誰かを好きになると「この人とずっと一緒にいたい」「いつかは結婚したい」と思うものですが、「永遠に続く愛なんてない」とちょっと冷めた見方をするようになります。結婚してもいつか裏切られるだろう、それは仕方のないことだと考えて恋愛をするようになります。

パートナー外の人を好きになっても仕方ない

さらに結婚したら一生その人と添い遂げるという考えもなく、パートナー外の人を好きになっても仕方ないと思っています。中には「不倫は100%いけないことではない」という認識になることも多く、恋愛や結婚をする時には浮気や不倫を視野にいれているともいえます。実際にそういう場面を目にしているだけあって、冷めた恋愛観を持ち続けることになるのです。

㉔将来、何かの依存症になる可能性がある

スマホを見る女性 連絡 携帯電話母親の不倫、家族の崩壊という過酷な経験をしてきた子供は、常に「誰かに認められたい」「愛されたい」という気持ちと戦っています。認められたい、愛されたいという気持ちは誰にでもありますが、当たり前に認め愛されるはずの母親がいないことで、その欲求は強いものとなり、それが何かしらの依存症になる可能性があります。

ただ愛されたい、認めて欲しいだけなのに…

タバコ、アルコール、ドラッグといった中毒性の強いものへの依存症はもちろんのこと、誰かに愛されたいという気持ちから「愛」に執着するセックス依存症の傾向も強いです。また誰かに認めて欲しいという「承認欲求」も高い可能性が高いので、スマホが手放せないSNS依存症などにも陥りやすいのです。

㉕自分は誰からも愛されないと思い込んでしまう

人間関係が上手くいかない、恋愛でいつも失敗してしまう、いつまでも結婚できない、こういった出来事は誰にでもあることです。しかし不倫で母親を失った子供にとっては、「母親に愛されなかった自分のせいだ」「家族に見捨てられた私が悪い」と考えてしまいます。すると自分は誰からも愛されないと思い込んでしまうのです。

自分で自分自身を愛せなくなってしまう

誰にでもあることなのに「私がダメだから・悪い子だから」という考えに支配されて、視野が狭くなります。上手くいかない責任をすべて自分のせいにして、「愛されない自分」を自分自身でも愛せなくなってしまいます。自分で自分を褒める・認めるという部分が抜け落ちてしまうので、これからも誰にも愛されないと思い続けながら生きていくことになります。

最後に

ライター nyanco
ライター nyanco

自分の子供ならきっと分かってくれる…そんな風に考えるのは親のエゴでしかありません。分かってくれるとしてもその子が大人になり結婚して自立した後でしょう。子供に悪影響を与えてしまってからでは遅いのです。どうか子供の中に大きな傷を残す前に自分を見つめ直してほしいですね。

母の不倫が子供に与える悪影響は

①学業に専念できなくなる
②自らを否定するようになる
③他人の顔色をうかがうようになる
④情緒不安定になりやすい
⑤一生治らない深い傷を負うことになる
⑥自分も同じことをするのでは?という不安を抱える
⑦家族を信じられなくなる
⑧異性に不信感を抱くようになる
⑨不登校になる
⑩いじめられる
⑪引きこもりになる
⑫周りの人を誰も信じられなくなる
⑬自分で自分を傷つけるようになる
⑭非行にはしる
⑮感情を抑え込んでしまう
⑯自分を守るために嘘をつくようになる
⑰両親の争いによる精神的ストレス
⑱両親を尊敬できなくなる
⑲他人に騙されやすくなる
⑳すぐに諦めてしまうようになる
㉑自暴自棄になり攻撃的になる
㉒社会に出て働けなくなってしまう
㉓恋愛観が変わってしまう
㉔将来、何かの依存症になる可能性がある
㉕自分は誰からも愛されないと思い込んでしまう

ライター nyanco
ライター nyanco

以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたのが選んだカードや誕生日などの情報をもとに導き出される『神秘のタロットカード』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪オリジナルカルテ≫を初回無料でプレゼント致します!

⇒運命を知り、最高の幸せを掴みたい人は是非やってみてください。⇐

不倫

この記事のライター
nyanco

猫と写真が好きです。若い頃の恋愛は失敗だらけで振られまくりでした。「もう恋なんてしない!」と思った時期もありましたが、結局人は恋に落ちてしまうものなのですね。そんな私も彼氏が変わるたびに男の見る目や上手な恋愛の方法を学び、今では理想の彼と幸せな毎日です。私と同じ失敗が繰り返されないように、これまでの経験で得たことを提供できるような記事を書いていきます。

nyancoをフォローする
恋愛&結婚あれこれ