不倫をしている人が知るべき覚悟・後悔・結末・代償・別れ方

不倫して後悔した人が必ず言う8のこと既婚者に恋をしてしまった、または現在不倫中の方へ。

刺激的な恋がしてみたかったり、なぜか他人のものが欲しくなったり…最初は軽い気持ちで踏み入れてしまったかもしれません。しかし、不倫をするには大きな覚悟が必要です。必ずと言っていいほど、不倫の結末は大きな後悔がついて回りますし、不倫の代償も大きすぎます。

ライター ききた
ライター ききた

この記事では、不倫に足を踏み入れないために、また不倫をなるべく早く終わらせるために、不倫をした時にはどんな後悔をするのか?どんな結末を迎えるのか?不倫の代償はどんなものがあるのか?そして、不倫相手との別れ方をご紹介したいと思います。

既婚者と恋愛する時に覚悟すべきこと

駅のホーム 女性既婚者との恋愛は禁断の愛。だけど、好きになってしまったら気持ちが止められなくなるかもしれません。彼もあなたのことを好きならば、彼の胸に飛び込んでしまいたいと思うことでしょう。

既婚者との恋愛にはたくさんのリスクがあります。一線を越えてしまったら後には戻れなくなります。既婚者と恋愛する時にどんな覚悟が必要なのか?「こんなはずではなかった」と激しく後悔しないために、ご確認下さい。

①自分は常に3番目以下の立場になる

既婚者との恋愛は、あなたは彼のことが一番の存在であっても、彼からは決して一番には思ってもらえない、それどころか常に3番目以下の存在であることを覚悟しなければなりません。

男にとって、大切なのは世間体。世間体を重要視しない男で、且つあなたを本気で愛しているならば、あなたと不倫などせず、さっさと離婚してしまうでしょう。そして、自分は家庭を裏切りつつも、結局家庭を切り捨てたくないのが不倫男の典型。奥さんに愛がなくとも、家庭には強い情を持っているのです。

場合によっては、「君の方が大切だ」という言葉は口だけで、本心では結局妻に離婚されるくらいならば不倫相手と別れようと思っているかもしれません。

この覚悟をしておかないと、自分の気持ちが大きくなった時、処理できずに相手を責めたり自分を追い詰めたりしてしまいます。

②週末家族で過ごす彼のことを思い苦しむ

既婚者との恋愛は秘密厳守。彼は当然家族にあなたの存在を気付かれないよう細心の注意を払っています。仕事が休みの日は家族と過ごすことが多いのは当たり前です。

あなたが週末どんなに彼に会いたいと思っても、家族から引き剥がす術はありません。あなたはあなたなりに週末を楽しめば良いのですが、その時間、彼は家族と笑顔で過ごしているということを考えて、苦しむことになるでしょう

既婚者と恋愛をするならば、その前に想定される苦しみを覚悟しなければならないのです。

③不倫がバレて妻に慰謝料を請求される

既婚者との恋愛、すなわちそれは不倫。不倫は不貞行為です。あなたは彼が既婚者だと知って恋愛関係になるのですから、もしもそれが彼の妻にバレたら、慰謝料を請求されるかもしれません。

彼の妻には、夫が不倫をして受けた精神的ダメージの代償として、その原因の1つであるあなたへ慰謝料を請求することが認められています。

不倫相手への慰謝料の請求金額の相場は、100万円から200万円程度と言われ、もっと高額な場合もあります。既婚者と恋愛を始める場合、散財するかもしれない覚悟をしておいた方が良いでしょう。

④バレて妻に社会的制裁を加えられる

既婚者との恋愛で妻に慰謝料を請求されるというのは、ある意味お金だけで解決できるのですから、むしろラッキーと言えるかもしれません。本当に怖いのは、彼の妻の憎悪が全てあなたに向いてしまった時。妻は最愛の夫を奪おうとしているあなたに制裁を加えようとするかもしれません。

具体的には、会社に乗り込んで暴露したり、あなたの両親の連絡先を調べて全てをぶちまけたり、インターネットにあなたの実名を乗せて不倫の事実を書き込んだりなど。

既婚者と恋愛したがために、あなたが社会的に抹消されるくらいダメージを受ける可能性はゼロではないのです。最悪の事態を想定して覚悟した方が良いでしょう。

⑤最終的に家庭に戻る彼との恋に先はない

既婚者と恋愛して、その後離婚が成立し結婚することができたという話は存在しますが、そうなれる可能性は限りなく少ないと思った方が良いでしょう。

そもそも、不倫をしようなどという男はズルいのです。いつだって自分が帰る場所を確保しておこうとするもの。実際に、既婚者と恋愛してその後結婚した話よりずっと、最終的には別れて既婚者は何食わぬ顔で家庭に戻ったという話の方が多いのです。

恋愛を始める時に終わる覚悟をつけるのは辛いことかもしれませんが、それでも必要な覚悟です。

⑥大好きな彼の醜態を見るかもしれない

既婚者だとわかっているのに好きになってしまったということは、きっと彼はとても魅力的な男性なのでしょうね。だけど、実際に恋愛関係になった後、そんな素敵な彼の醜態を見るかもしれません。

今はスマートにあなたをリードしてくれる彼、だけど、不倫がバレそうになると慌てふためき、必死で事実を隠そうとするかもしれません。場合によってはあなたを陥れようとするかもしれないんです。

そんな醜態見たいですか?裏切られる覚悟より、ある意味キツイものです。大好きな彼に「こんな最低な人だと思わなかった」と幻滅するかもしれない覚悟はしておいた方が良いでしょう。

⑦誰にも相談できず悩みは全て一人で抱え込む

既婚者との恋愛は、やはり世間的にはなかなか認められ辛いもの。自分が結婚していてもしていなくても、不倫は最低行為だと思っている人は多いです。不倫がバレた芸能人の末路を見れば、良くわかると思います。

既婚者と恋愛すると、悩むことも多いと思いますが、どんなに親しい友人にも、そして当然の自分の家族にも相談しない方が良いでしょう。あなたのことを大切に想っている人たちに相談することで、その人たちを傷つけてしまうかもしれません。

どんなに辛いことがあっても、誰にも相談せず自分で抱え込む覚悟が、既婚者との恋愛には必要です。

⑧たとえ結婚できても経済的負担を背負う

大好きだからこそ既婚者だと知っていても恋愛関係に走ってしまうのですよね。彼は既婚者だとわかっていても、心のどこかで彼との結婚を望んでいることでしょう。

可能性は低いですが、もしかしたら彼と結婚する未来が待っているかもしれません。だけど、その未来は不倫の末の未来でもあるのです。彼は当然のように妻から慰謝料を請求され、子供がいれば養育費を払い続けなければなりません。財産分与もあります。そして、あなたも妻から慰謝料を請求されたら支払わなければならない立場です。離婚成立後、経済状況はひっ迫することでしょう。

そして恋愛は心が通じ合っていれば充分ですが、結婚は生活。生活にはお金が必要です。貧乏生活に耐える覚悟はありますか?望みが敵い、彼が妻と離婚し、あなたとの結婚が成立しても、ハッピーエンドになり切れないのが既婚者との恋愛なのです。

「相手は既婚者、わかってる。辛い恋愛になるかもしれない、それもわかってる」

もしかしたら、あなたはそう思って既に覚悟を決めていたかもしれませんね。だけど、改めて既婚者との恋愛に必要な覚悟を並べてみると、あまりにもリスクが大きいということに気付いたのではないでしょうか。

ライター ききた
ライター ききた

それでも、もう立ち止まれないのであれば、願わくば以下の経験者の「不倫をして良かったこと・悪かったこと」を確認してみて下さい。

不倫経験者が思う「良かったこと」「悪かったこと」

ベッドルーム ホテル 不倫ドラマで観る不倫はある意味純愛のようにも感じます。しかし、現実の不倫は一般的にマイナスのイメージ。不倫して良いことなんてひとつもあるはずないと思われがち。

それでも、不倫する人が後を絶たないのは、不倫経験者だからこそ知るメリットがあるからです。もちろん不倫にはデメリットもたくさんあります。

不倫経験者が口を揃えて必ず言う、不倫して良かったことと悪かったことをまとめました。あなたは、メリットのほうが大きいと思いますか?それともデメリットのほうが大きいと思いますか?

①対等ではないからこそ美味しい思いが出来た

不倫経験者の中でも、地位が高く年上の既婚男性と不倫をした独身女性が口を揃えて言う良かったこととは、対等ではない関係だからこそ、美味しい思いがたくさんできたということです。

不倫相手は自分が妻帯者である後ろめたさと、若々しい愛人を手元に置いておきたいという感情から、高価なプレゼントを贈ったり、高級レストランに連れて行ってくれたりします。不況が続く今の時代、普通に恋愛して普通の彼氏と付き合っても、こんなバブリーな経験はなかなかできるものではありません。不倫相手がもたらす贅沢は蜜の味なのです。

②不倫は忍ぶ恋、忍耐力が鍛えられた

不倫は公にはできない忍ぶ恋。二人が恋愛関係にあることを誰にも悟られてはいけない秘密の恋です。また、既婚者である不倫相手の生活に自分が合わせなければならないことが常で、ひたすら待つ恋でもあります。

部外者から見ると、全くフェアじゃない恋愛で、何も良いことなどなさそうなのですが、不倫経験者は不倫したからこそ精神的に強くなれたと言います。不倫は我慢している状態が普通。そのため、忍耐力が鍛えられるのです。

③障害のある恋は燃える!

不倫経験者の中には、障害があるからこそ恋することに意味があると言う人がいます。

穏やかで平和な恋愛より、恋い焦がれて自分を消耗させるような恋愛にハマるタイプの人です。

このようなタイプにとって、不倫は理想的な恋とも言えます。今の時代、障害のある恋になるための状況を作る方が大変。しかし、相手が妻帯者ならば、初めから障害が設定されています。

不倫は障害のある恋。だからこそ狂おしい程に溺れることができるという理論は万人に理解できるものではありませんが、一部の人にとっては、これこそが不倫ならではのメリットなのです。

④恋愛に求めるハードルが低くなった

不倫経験者が口を揃えて言う良かったことを並び立てましたが、実は不倫経験者の殆どが、もう二度と不倫はしたくないと思っています。当たり前ですよね。不倫はリスクが高く、そして我慢を強いられ、相手とは対等ではない恋愛なのですから。

しかし、二度と不倫はしたくないと言う不倫経験者でも、良かったと感じていることはあるのです。それは、次の恋愛へのハードルがぐんと低くなったということ。

不倫を経験して懲りた人は、次の恋愛に多くを求めなくなります。極端な話、恋人に求める最低レベルの条件が未婚。

不倫を経験し、相手のズルい面を目の当たりにした人は、新たな恋人が未婚であるだけでも、ありがたく感じるようになり、恋愛を大切にできるようになるのです。

⑤結局相手は離婚せず時間を無駄にした

恋愛の成果を結婚とするならば、不倫は成果の出ない恋愛。不倫相手が配偶者と離婚して結婚に至るケースもありますが、割合としては微々たるものです。

しかし、「いつか離婚するから」と口にする不倫相手は山ほどいます。その言葉を信じて、恋愛市場でもっとも高値である自分の旬の時期を不倫相手に捧げてしまう女性は少なくありません。それなのに、結局不倫相手は離婚をせず自分と破局。単なる待ち損になってしまいます。

これこそが、不倫経験者が口を揃えて言う悪かったこと。不倫相手の口車に乗って、貴重な自分の時間を無駄にしてしまうことが、どんな不倫にも共通するデメリットでしょう。

⑥不倫がバレて修羅場を経験した

不倫は巷に溢れています。そう感じないのは、不倫は誰にも知られずに始まり、そして誰にも知られずに終わっていくから。しかし、中には不倫がバレてしまうことがあります。

不倫経験者の中でも不倫がバレてしまった人は実は少数派。そのため、リアルな声を聞く機会は少ないですが、不倫で本当に怖いのはバレたとき。

特に、不倫相手の配偶者に不倫がバレた時は悲惨です。配偶者が乗り込んできて、一歩間違ったら警察沙汰だったかもしれないという修羅場を経験する人もいます。実際にたまに事件になってニュースに取り上げられていますよね。不倫さえしなければ知らずに済んだ修羅場、これが不倫して悪かったことなのです。

⑦バレて職場に居づらくなり退職した

不倫は不倫相手の配偶者にバレなくても災厄を運んでくることがあります。特に職場不倫の場合は注意が必要。

職場で不倫をしてバレてしまい、配置換えをされたり、噂が社内に広がってい辛くなってしまったりして、最終的には退職してしまう人がいるのです。

退職した不倫経験者は言います。不倫が原因でまさか仕事を失うなんて思わなかったと。やはり不倫は世間から認められないもの。バレたときの代償は大きいのです。

⑧バレて慰謝料を支払うことになった

不倫はとにかくバレてしまった時の痛手が大きい恋。不倫が原因で夫婦関係に亀裂が入ってしまった場合、不倫相手の配偶者は自分の夫(もしくは妻)と不倫関係にあった人に慰謝料の請求ができます。これは法的に認められたものです。

恋は盲目。不倫をしている人の中で、不倫中相手の配偶者に罪悪感を持っている人は実は少なく、自分がお金を請求されたら支払わなければならない立場であるなんて夢にも思いません。しかし、バレたら現実になり得るのです。

不倫相手への慰謝料請求額はピンキリですが、平均値は200万円前後と言われています。そして、実際に慰謝料を支払った不倫経験者は、この慰謝料こそ不倫して一番自分にとって災厄だったと言うのです。

実際にあったバレた時の大きすぎる不倫の代償

お金を燃やす 火 借金 お札 浪費

ライター ききた
ライター ききた

慰謝料のお話も出てきたとことで、ここからは改めて不倫をした時の代償はどんなことがあるのか?詳しく例を上げて行きたいと思います。

①不倫をしている事実が職場にバレて居場所を失う

SADA 戯作・阿部定の生涯
神田の畳屋の娘・定は、14歳のとき、処女を奪われる。そんな定を慰めたのが医学生の岡田で、定は岡田に恋をする。が、彼はハンセン氏病で、定の手にナイフを残して姿を消す。芸者から売春婦になった定は各地を転々、やがてパトロンの立花の勧めで料亭「きく本」に住み込みで働き出す。しかし定は主人の龍蔵と深い仲になり、二人で旅館に...
先程も出てきた通り、不倫、特に社内不倫がバレると、代償として仕事を失う可能性があります。就業規則に不貞行為の禁止があれば、会社は不倫した社員をクビにすることも可能です。

実際、不倫が周囲にバレて職場を追い出され、大事件になった実話があります。それは安部定事件。映画化もされ、あまりにも有名な実話なので、聞いたことがある人も多いでしょう。

阿部定は職場であるうなぎ屋の主人と不倫の関係になります。それが周囲に知れ渡り、二人はうなぎ屋を追い出されることになるのですが、その後阿部定は主人を刺殺し、その性器を切り取って逃げ、世間を騒然とさせました。不倫の末職場を追われ、それがきっかけで人生が転落するというのは、この事件だけではなく、不倫の代償として良くある話です。

②不倫相手に恐ろしい復讐をされる

軽い気持ちで不倫して、配偶者にバレたから縁を切ろうとし、不倫相手に恐ろしい復讐をされるという事件は数多くあります。

最も有名なのは、1993年に起こった日野OL不倫放火殺人事件でしょう。不倫をしていたOLが、別れた不倫相手の男の家に侵入し放火、この男の二人の子供が焼死するという悲惨な事件です。不倫の代償として、全く関係ない子供が命を落とすというのは、あまりにもやりきれません。この事件の他にも、不倫の末の殺人事件は数多くあります。

日本の殺人事件の内2割は恋愛関係のもつれで、その中にはもちろん不倫も含まれています。

③配偶者が不倫の事実を知り無理心中を図る

不倫をした本人は、軽い気持ちでした場合でも、不倫された方のショックは大きく、それが原因で自殺や無理心中を図ってしまうことがあります。

ここ数年に起こった事件で、記憶にも新しいのが、2013年の事件です。茨城県で父親が娘二人を殺害した後、自殺しようとしました。自殺は未遂に終わりましたが、妻が家を出て不倫相手の元へ行ってしまったのが原因だという説が強いです。

不倫をした代償に、配偶者や大切な我が子が死ぬなんて、恐ろしいことです。

④家庭崩壊、それでも離婚には応じてもらえず家で孤立

不倫が原因で大きな事件に発展することがなくとも、自分の人生に大きな影を落とすというのは良くある話です。

特に苦しいのは、家庭崩壊しているのになかなか離婚ができない時。配偶者との会話はゼロ、それどころか目も合わせず、家事も炊事も全て放棄され、子供を抱え込まれ、家にいても針のむしろ状態になります。

配偶者は復讐のために離婚に応じないのです。いつまで経っても解放されることはなく、不倫の代償として飼い殺し状態にされてしまいます。

⑤自分の両親と絶縁される

配偶者が自分の両親と仲が良く、とても気に入られている場合、完全に両親を配偶者に抱え込まれてしまう場合があります。

実の両親なのだから、自分を守ってくれると思ったら大間違いです。元々良くしてくれたあなたの配偶者に同情し、かわいい孫の顔見たさもあり、両親は完全に配偶者側につき、最悪の場合、実子のあなたとの絶縁を決意します。あなたより、義理の子と孫を選ぶということです。

離婚してもしなくても、不倫の末、実の親に絶縁されてしまうというのは、大きすぎる代償ですね。

⑥不倫の裏を取られ離婚、慰謝料と養育費で極貧生活

不倫の代償として、最も良くあり、しかも実害があるのが、離婚して慰謝料と養育費を支払わなければならなくなるということ。

配偶者が用意周到で、不倫の裏をしっかり取っている場合は弁解の余地もなく、支払いに応じなければならなくなるでしょう。

先程も述べましたが、不倫が原因で離婚に至った場合、配偶者に支払う慰謝料の相場は200万円から300万円と言われています。子供がいた場合は、それに養育費が加わりますが、相場は収入に応じて変化し、子供一人につき3万円から6万円の間になることが多いようです。

その他既にマイホームを購入している場合、慰謝料として配偶者のものになることもあり、今後自分が一生住むことはない家のローンを払い続けなければならなくなる可能性もあります。

不倫の代償に支払う金額は莫大です。

不倫は大きすぎる代償を伴う

不倫がバレた結果、代償として自分や自分以外の誰かが死ぬという恐ろしい話から、慰謝料と養育費という最も現実的な話までさせていただきました。

世の中には不倫がバレても、配偶者と不倫相手の間を上手に渡って双方に憎まれずに済んでしまう器用な人間も存在しますが、自分がそうなるという確証はどこにもありません。

不倫は立派な不貞行為。当然多かれ少なかれ代償はあると考えた方が良いでしょう。不確定要素は大きい方を想定するものです。もし、不倫してしまいそうになったら、この話を思い出してください。そして自分にブレーキをかけて欲しいと思います。

不倫で後悔した人が思うこと

女性 不安 悩み 悲しい

ライター ききた
ライター ききた

それでは、ここからは、実際に不倫をして後悔した人が、どんな事を言うのか?見ていきたいと思います。

①あの時は周りのことが見えなくなっていた

客観的に見ると、不倫はリスクの大き過ぎる恋です。しかし、それは自分が部外者だからこそわかることで、不倫の当事者になってしまうと見失ってしまうことがあります。

障害のある恋は魅惑的。そして、不自由さと罪悪感の狭間で限られた時間の逢瀬は実に官能的。冷静さを失ってしまい、一種のトランス状態に陥ってしまいます。この時頭の中にあるのは自分と相手のみ。

不倫のトランス状態から脱し、冷静さを取り戻した時に、自分が如何に周りのことが見えなくなっていたのか、ようやく気付くのです。

②大切な友達を失ってしまった

不倫は万人から理解されない辛い恋です。全く関係ない第三者からも、不倫をするなんて、非常識で相手の気持ちを考えられない人だと思われてしまいます。

れは、至極真っ当な意見なのですが、不倫をしている当事者たちは「私たちは特別な恋愛をしている」と本気で思っているので、周囲の意見を否定して耳を貸さなくなります。大切な友人からの助言も無下にしてしまうことがあるでしょう。そして、気が付いたら自分の周囲から友達が離れているという事態になってしまうのです。

③貴重な時間を無駄にしてしまった

不倫を長い年月続けたのに破局した場合、特に女性が良く口にする後悔の言葉です。

不倫の組み合わせは、やはり既婚男性と独身女性が多いですが、女性にとっては最も出会いが多く、女性として魅力が高まる20代から30代に不倫をしている場合、不倫相手と別れた時には自分の売り時が過ぎてしまっています。

この痛手は大きく、実りのない不倫に貴重な時間を費やしてしまったと後悔するのです。

④夢中になっていた自分は馬鹿だった

当時は夢中になっていた不倫の恋。だけど、友人たちの助言や、自分で答えを出して不倫相手と別れた人は、後悔の念と一緒に「自分は馬鹿だった」と言います。

不倫相手と完全に決別し、当時の自分の行動を振り返って成長したからこそ言える言葉です。

不倫をして後悔する人は少なくありませんが、その後「自分は馬鹿だった」と言い切る人は、同じ間違いをきっと繰り返すことはないでしょう。

⑤浮気をする人は浮気を繰り返すことを知らなかった

不倫中の既婚者は必ずと言っていいほどこう言います。「君が一番」「家庭は冷めきっている」そして、まるで自分が一途な男のように装うのです。

だけど、不倫とはそもそも浮気している状態のことですよね。相手と完全に切れる前から他の異性に手を出す人は、そういったことに抵抗がない人ということなのです。自分が本命の内は良いですが、その内別の相手に浮気をする可能性は限りなく高いもの。

それに気付かず不倫相手との交際を続け、後に相手の浮気が発覚で破局という話は良く聞きますが、当事者は相手の言葉を信じた自分を後悔し、「浮気する人はそれを繰り返す」という当たり前のことに気付かなかった自分を嘆くのです。

⑥慰謝料と養育費がこんなに家計を圧迫するなんて思わなかった

不倫は必ず破局するとは限りません。離婚が成立し、めでたく結婚というハッピーエンドもあります。

しかし、それが本当にハッピーエンドなのかどうかは非常に微妙。不倫が原因で離婚なので、当然莫大な慰謝料を双方が払い、そして子供がいる場合は養育費も必要となります。

不倫の恋を成就する為なら安いものだと受け入れた後、結婚して生活が始まりますが、生活には当然出費があります。相手さえ手に入ればお金なんていらないと思っていたけれど、やはり生活にはお金が必要。「これが不倫の恋ではなければ…」と思わず後悔してしまうのです。

⑦略奪し結婚した途端、相手の態度が変わってしまった

釣った魚にはエサをやらないということわざがありますが、不倫相手がそのようなタイプだったというケースがあります。

せっかく離婚が成立し、不倫相手と結婚できたのに、相手の態度が豹変。今まで愛の言葉を尽くしてくれたのに、掌を返したように味気ない態度になってしまいます。

禁断の恋、お互い我を忘れる程求め合ったはずなのに、結婚生活はその延長線上にあらず。思い描いていた未来予想図とは違い、思わず愚痴をこぼしてしまうのです。

⑧不倫なんてしなければ良かった

不倫を後悔している人が必ず言うことは、やはりこれでしょう。後悔の残る恋愛は不倫に限りません。だけど不倫は相手との関係そのものを消し去りたいほど後悔することがあるのです。

「不倫なんてしなければ良かった」には、その人の感情が全て込められています。あんな人を好きにならなければ良かったという後悔。不倫だとわかっていたのだから始めるべきではなかったという後悔。自分の気持ちも行動も記憶も、全て否定してしまう程の後悔の言葉です。

不倫相手と中々別れられない方の対処法

健康的な女性 神秘 光 夕日 希望

ライター ききた
ライター ききた

ここまで読み進めて頂いた方は、もう不倫を終わりにしたいと思っているはず。ここからは、不倫をやめたいのにやめられない方はどうすれば良いのか?お話していきます。

なぜ不倫相手と中々別れられないのでしょう。その一番の理由は不倫相手にあります。不倫相手にとって、あなたは手放すには惜しい存在。自分は家庭を持ちつつ、恋愛気分を味わい、性欲を満たすことができるのですから、これ以上不倫相手にとって都合の良い存在はないでしょう。だから、あなたが別れようとしても、不倫相手があの手この手を使ってそれを妨害するのです。

不倫は「一生添い遂げる」と決意した相手を裏切る行為。そして不倫相手はあなたの時間を自分の欲求を満たすためだけに削っていく、時間にケチな男です。不倫をする男は例外なく不誠実、その大前提を忘れなければ、きっと別れを決意できる日が訪れるでしょう。

①不倫相手に費やしている時間を計算してみよう

不倫相手と別れられないときは、客観的に不倫をしている自分を見つめ直すことが必要です。まず手始めに、自分が不倫相手にどれだけの時間を費やしているのか計算してみましょう。

純粋に不倫相手と会っているときの時間はもちろん、あなたが不倫相手を待っている時間や、不倫をしていることに悩んでいる時間も全て含みます。きっと、膨大な時間を不倫に費やしていることになるでしょう。

数字は嘘をつきません。あなたが別れたいのに別れられない間は、右肩上がりで貴重な時間が費やされていくということ。不倫相手にその価値があるのでしょうか。別れるならば、早ければ早い程あなた自身のためになるのです。

②時間は貴重な宝物。自分のために時間を使おう

不倫の恋は、恋人である不倫相手と一緒にいる時間は短いですが、彼のために費やしている時間は膨大です。その時間を自分のために使ってみましょう。

一人部屋でただ彼の連絡を待つのは孤独で辛いことですよね。ひたすら待っていると、益々頭の中は不倫相手のことでいっぱいになってしまいます。何一つ自分にプラスになることはなく、あなたの貴重な時間がすり減っていくだけ。

だから、自分を楽しませることや、自分を磨くために大いに時間を使いましょう。内に籠っていてはいけません。外の世界に触れて、世の中には自分を喜ばせるたくさんのことがあると体感してください。

③不倫の恋は夜の恋。遠のくためには夜忙しくすることが大事

不倫相手と別れたいと思っているのに、誘われるとつい会ってしまって別れられないならば、夜に予定を詰め込むと良いでしょう。

なぜならば、不倫の恋は夜の恋だから。家庭を持っている彼と日中会うことは難しく、不倫カップルの多くは夜に逢瀬を重ねるのです。

夜に予定を入れてしまえば、突発的に不倫相手に誘われても「都合が悪い」と断ることができます。約束はあなたを不倫相手から遠ざけるための城壁なのです。

④欲求は我慢するほど強くなることを知っておこう

なぜ不倫相手と中々別れられないのか。それは、いつまでもあなたの想いが満たされないから。そして常に彼に会いたいという気持ちを我慢しているからです。欲求は満たされなければより一層大きくなり、そして我慢を重ねて抑制されるほど強くなるのです。

なので、不倫を終わらせたいと思うのであれば、あなたの欲求を介抱しましょう。遠慮をする必要はありません。ガンガン気持ちをぶつけて、電話したいときに電話をし、会いたければ会いに行ってしまえばいいのです。

もしも、不倫相手から「迷惑だ。もう終わりにしよう」と言われたら好都合。これで断ち切ることができます。そうならなかったとしても、とことん自分の欲求に正直になった後、「やりきった。もう充分」と思うことができるでしょう。

⑤不倫相手の家庭を知ることは冷静な自分を取り戻す第一歩

「最初から彼に家庭があることは知っていた。だから迷惑をかけないよう、彼の家庭については見ないようにしてきた」というのであれば、それが不倫相手と中々別れられない理由になっているかもしれません。

空想は自分の都合の良いように書き換えることができます。別れようと思っても、あなたは「きっと彼も我慢している」と、不倫相手の家庭での様子を知らないから、つい自分が傷つかない彼を思い描いてしまいます。だから別れられないのです。

不倫相手の家庭を知ることは、あなたが冷静な自分を取り戻すための第一歩。どんな奥さんで、どんな家に住んでいて、子供にどれだけ愛情を注いでいるのか、辛いかもしれませんが直視することが必要なのです。

⑥既婚者に捧げるなんて勿体ない!自分の魅力を再認識しよう

不倫相手以上の恋人なんて自分の前には表れないと思っていませんか。不倫相手と中々別れられないのは、別れた後一人きりになるのが恐いからというのも理由の一つですよね。

でも、心配することはありません。あなたは充分魅力的。わざわざ家庭のある男に自分を捧げるなんて本当に勿体ないことです。不倫に陥る女性は、忍耐強く心優しい人ばかりで、そんな女性を多くの独身男性は待っています。

だから、恋愛市場に自分を出しましょう。自分の魅力を再認識するのです。あなたならば不倫相手よりも素敵な男性と付き合うことが充分可能なはず!女性としての自信を取り戻してください。

⑦今の状況と気持ちを文章にしてみよう

自分でも理由がわからないけど、別れたいと強く思って決意したはずなのに、別れられないで結局戻ってしまう場合は、自分の状況と気持ちを文章にしてみましょう。

まとめようとする必要はありません。ただ思うがまま自分の気持ちをどんどん書いていくのです。そして、別れようと思ったのに別れられなかった時の経緯を書きだしてみましょう。そこには同じパターンが繰り返されていたり、不倫相手が言葉巧みにあなたをコントロールしていたりと、別れられない原因が隠されていることでしょう。

自分の気持ちと現在の状況を客観的に把握することは大事です。原因がわかれば、対処策を考えることができます。

不倫関係からの別れ方

カップル 夫婦 喧嘩 ベッド 別れ話

ライター ききた
ライター ききた

不倫相手と別れる決心はついたでしょうか?ここからは、具体的に、揉めないように不倫相手と別れる方法をお伝え致します。

不倫相手と揉めない別れ方は、不倫男性の狡さを利用するのが一番です。あなたが不倫相手の狡さを自覚し、不倫相手に冷め、狡さを操って不倫相手が「別れたい」と思うような段取りを組めば、揉めずに綺麗に別れることができるでしょう。

①まずは不倫する男の狡さを客観的に分析しよう

不倫の別れ方として、まず重要なのが、不倫する男がどれだけ狡い人間なのかを客観的に分析するということです。

不倫をする男は、自分は家庭を持ちつつ、あなたの未来を束縛しています。自分は安全なところにいるのに、「家庭は冷めている」「本当に好きなのは君だ」と言って、あなたが自分から離れられないように罠を仕掛けているのです。

本当に誠実な男性は、家庭が捨てられないのであれば不倫を諦めます。なぜならば、それが二人の女性にとって幸せな道だからです。

不倫は妻にとって酷い裏切り行為であり、また不倫相手である独身女性の未来を奪う行為。それを平気で継続させようとしている男は、皆例外なく狡猾で、誰より自分を愛する自己愛の強い身勝手な男だと肝に銘じましょう。

②自分の時間を充実させ徐々にフェードアウト

不倫相手と揉めない別れ方をするには、少しずつ不倫相手と距離をとることが大切です。

いきなり別れを切り出すと、男性は心の準備ができていないので、反射的に引き留めようとします。そして大きな揉め事に発展したり、結局別れられずに泥沼化したりしてしまいます。

不倫相手と別れを決めたら、少しずつ連絡の頻度を減らしていきましょう。それと並行して会う回数も減らしていきましょう。自然消滅こそが、不倫相手と最も揉めない別れ方なのです。

③恋活、婚活を始める

不倫相手となかなか別れられないのは、深く愛してしまい、自分の気持ちを切り替えるのが難しいからでもあります。「好き」「会いたい」という気持ちに自分が負けてしまうのです。

不倫関係を終わらせたいのであれば、新しい恋をするのが一番の近道です。あなたの恋人には家庭があります。あなたが新しい恋を探すのに罪悪感を持つ必要は全くありません。

恋活、婚活を始め、別に好きな男性ができる前に、不倫相手に恋活、婚活をしていると話すのが揉めない別れ方です。不倫相手は「この不倫もそろそろ潮時か」という心構えができるので、スムーズな別れに繋がります。

④きっぱり別れを宣言する

不倫の揉めない別れ方は自然消滅が理想ですが、それでは自分の気持ちに区切りがつかないのであれば、不倫相手に充分心の準備をさせてから、きっぱりと別れを宣言すると良いでしょう。

注意すべきは、相手に別れを充分匂わせてから決別宣言をするということです。不倫男性は総じて狡い人間なので、自分の家庭を持ちつつ、美味しい不倫を手放さない為に頭を回転させ、あの手この手であなたを引き留めようとしてきます。上手くいっていると思っている時に別れを切り出されると、「もう少し」と欲が出て、しつこく食い下がってくる可能性が高いです。

「もう無理だ」「これ以上不倫関係を続けるのは自分にもリスクが高い」そう思わせてから別れを宣言するのが、揉めない別れ方のコツです。

⑤物理的に距離をとるために引っ越しする

不倫関係を断ちたいのに、どうしてもズルズルと続いてしまうようであれば、物理的に距離をとるために引っ越しするのがおすすめです。

不倫する男は自分のテリトリー内で楽をしながら不倫したいと思っています。なので、不倫相手があなたの元に通うのに不便な場所に引っ越ししてしまえば、会う回数は激減、それと並行してお互いの気持ちが徐々に冷めていきます。

また、引っ越しは自分の気持ちを切り替えるのにとても効果的な方法です。不倫を終わらせ、心機一転新たな自分に生まれ変わるためにも、引っ越しは良い方法なのです。

⑥バレたらあなたの将来をダメにすると身を引く

不倫相手がどうしても好きで、この不倫だけは他の不倫とは違うという思いが捨てきれず、それでも終わりにしたいと苦しんでいるのならば、不倫相手に「もしかしたらあなたの職場の人に見られたかもしれない」とウソを吹き込んでみてください。

不倫する男は、女性がバレないように一生懸命協力してくれ、不倫が誰にもバレない状態に限って、このまま続けようと思うものです。不倫相手があなたではなく家庭や自分の立場を大事に思っている場合は、バレる可能性が少しでも出てくれば、あっという間に逃げ腰になるものです。

できれば、逃げ腰になった不倫相手の姿を見て幻滅して欲しいと思います。「この恋は特別だと思っていたけど、それは錯覚だった」とあなたが思うことが、不倫関係を断つために重要なことなのです。そして、慌てふためく不倫相手に「バレたらあなたの将来をダメにしてしまうから」と身を引く形で別れるのが、揉めない別れ方です。

⑦離婚して自分と結婚するか別れるか二者択一を迫る

確率的には非常に低いですが、稀に不倫関係から本当の夫婦に発展する場合があります。男性が本当にあなたを愛していて、妻と離婚することを決意すれば、あなたと彼に幸せな結末が訪れます。

しかし、ただ待っているのは非常にリスクが高いです。不倫相手と結婚したい、できないのであれば別れたい、だけど本当に結婚できるかどうかわからないから、なかなか別れられない、この負のスパイラルを断ち切るためには、遠慮せずに不倫相手に、あなたと結婚するか別れるかの二者択一を迫ると良いでしょう。

この時、必ず期限を設定することが重要です。数カ月、どんなに最長でも1年の期限を言い渡しましょう。そしてそれを厳守するのです。不倫相手は妻と別れる気がさらさらないのに「まだ時間がかかる」とか「妻が応じてくれない」などとウソを並びたてて引き延ばそうとするかもしれませんので、1日だって期限を延期しないと断言してください。離婚が成立するまで会わないことにすれば更に確実です。お互い覚悟を決めて、別れるか、結婚するか真剣に考え答えを出すのです。

最後に

不倫は不貞行為。それ故に踏み込んでしまった人の後悔は大きいものです。

普通の恋愛ならば、例え最終的に憎しみ合って別れたとしても、二人だけの問題ですし、決別すればそれでおしまい。だけど不倫の場合、時には別れた後に相手の配偶者から訴えられたり、周囲に不倫の事実が知れ渡って自分の信用を落としたりすることがあるのです。

不倫は相手との関係が終わって自分はさっさと忘れたいのに、周囲の状況がそれを許してくれない事態に陥るかもしれないリスクの高い恋。もしも、あなたが既婚者に恋してしまった時は、今回の言葉を思い出して引き返してほしいと思います。

ライター ききた
ライター ききた

以上、最後までご覧いただき有難うございます。

≪速報≫ゾッとするほど当たる無料占い

今年〜来年、あなたに起こる事が分かると話題!
その名は『オーラ診断 無料占い』

あなたの『運命の日』は一体いつなのか?
あなたの『運命の人』は一体誰なのか?

占う方法は簡単!
『あなたが気になるオーラをタップ』
+『生年月日などプロフィールを送る』

期間限定の≪無料鑑定≫は今だけ!
しかも≪2022年≫の鑑定も無料!

⇒知りたい方は是非やってみて下さい⇐

不倫
この記事のライター
ききた

派遣社員歴7年。元々恋愛に奥手で、合コンでは玉砕経験多数。恋活を頑張ってやっとできた彼氏とは遠距離恋愛…。しかし、距離を乗り越えて愛を育み見事結婚!現在は2児の母親。大企業から地方の営業所まで、様々な職場で働き、多くの人との出会いの中で得た経験を糧に、皆さんの恋愛を応援する記事を書いています。

ききたをフォローする
恋愛&結婚あれこれ