妊娠して子供を授かる事のスピリチュアルな意味とは?

妊娠 妊婦 子供 お腹を触る妊娠して子供を授かる事の意味を知りたい方へ。

子供を授かりたいという願いは誰でも叶うわけではありません。子供がほしいと思い不妊治療に通ったり、神様にお願いしたりしてもなかなか授からない場合もあります。

子供がほしい時に、もっと簡単に妊娠すると考えていたけれどなかなか授からない辛い状況が続くと、妊娠できない自分を責めてしまったり、パートナーを責めてしまったりということも。今以上に幸せになりたいから子供を望んでいるのに2人の関係がギクシャクしてしまっては、本末転倒な状況に陥ってしまいます。

ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

この記事では、妊娠して子供を授かるということのスピリチュアルな観点からの意味についてご紹介します。

妊娠するという事のスピリチュアルな意味

妊娠しないのは、子供に選ばれないカルマを持っているからだと思ってしまったり、何か悪い所や足りない所があるからだと自分を責めてしまったりしていませんか?そんな自分を責める必要がないことをスピリチュアルの観点からお伝えします。

地球上で命のリレーが日々繰り返されている中で、子供を授かるという意味についてスピリチュアルの観点から体験談が伝えられたり、さまざまな説が唱えられたりしています。

子供がほしいと思っている人達にとって、目に留まった1部の情報だけに惑わされ、振り回されることになっている夫婦もたくさんいます。そこに自分が当てはまる答えを見つけることは、とても難しかったりします。なぜなら、魂はみんなそれぞれ学びが異なっているからです。

①親へ気づきを与えるため

子供は、親へ気づきを与える役割があります。子供を授かることで、親となりこれまでの視点では気づくことができなかった物事に出会うことになります。

たくさん出回っている情報は、その人にとって本当のことであって、別の人にとっては別の意味が存在しています。正解とか不正解という区別をつけられるものではないということを、1度冷静になり、心を穏やかに戻していきましょう。けして子供から選ばれないから子供が授からないのではありません。今日から自分自身を責める作業を停止させ、今を充実させる生活に切り替えていきましょう。

②現世に生まれようとしている魂へのボランティア

何度も生まれ変わりを繰り返している魂は、母体を介して現世にやってくることができます。生まれてくる魂には、現世で経験しようと思っていることがたくさんあります。妊娠は、魂の世界と現世の橋渡しの役割があります。子供は自分の所有物ではなく、個々の魂同士の関係です。現世にやってこようとする魂が適切な時期をみて、母体の中に入っていきます。

③過去世に約束している魂同士

母体と子供の関係には、過去世で約束している魂もあります。過去世では、恋人同士で、来世も一緒にいたいので、親子としての関係になろうといった感じです。

または、霊的世界で、学びの種類により、2つの魂が役割分担をしているケースもあります。先に親として生まれるので、数十年後に自分の子供として生まれてくる約束など。その場合、お互い決めてきた時期に妊娠という形で、再び出会うことになります。

子供のスピリチュアルな意味

女の子 子供 自然 たんぽぽ個々の魂は、次に生まれる時には、こんな経験をしようというようなある程度の設定をして生まれてきます。それは子供側だけでなく、親の側にも設定が存在しています。子供と親との関係になることは偶然のように感じますが、双方の条件や時期がうまく合った奇跡的な結果であったりします。

お互いの設定の中で愛情を与え合い親子共に成長していく

子供が現世にこようとしても、親の側で準備ができていなければ生まれてくることはできません。

逆に、親が万全の体制を整えていても、子供の側がまだ現世にやってくる設定の時期になっていなければ妊娠することはできません。

それぞれの設定により現世で出会った魂同士は、試行錯誤をしながら、より良い人生を過ごすために、愛情を与え合う中で、お互いに成長していきます。

子供は社会からの預かりもの

子供 女の子 男の子 たんぽぽ 仲良し当然のことですが、子供は自分の所有物ではありません。

スピリチュアルの観点からは、子供は、個人のものではなく社会に送り出すまで、お預かりさせていただいている魂という考え方があります。

自分で妊娠し産み育てる場合もありますが、再婚した相手の子供、養子縁組の子供など、授かり方にはさまざまな方法があります。縁があるということは、前世でなんらかの関係があった可能性が高く、再婚した相手の子供と、前世で親子関係であったという場合もあります。

子供を社会に送り出すことが大切

自分で産むことが身体の状態などで困難な場合は、スピリチュアルの観点からは、産んだ子供だけが本当の子供であるという考えではありません。自分と縁のある子供を育てることが重要です。

もっと広域な考え方をすれば、子供を自分のお腹に授かる仕事ができなくても、世界中の子供たちの、学習の援助や、生活支援などの活動に参加するだけでも、子供を社会にお返しをする仕事をしたということになります。

子供を授かることは現世での学びの役割分担の1つに過ぎない

家族 夫婦 子供 両親

 

子供を授かる以外の役割があることも

子供がほしい人にとって妊娠しないということは、こんなに文明が進化した現代になっても、女性が負い目を受けてしまう辛い場面も存在します。しかし、スピリチュアルの観点からは、1人ひとりが成し遂げなければいけないプログラムが存在し、そのためにそれぞれの魂が役割分担をしているだけであったりします。その人には、子供を生むこと以外の役割が与えられているということも考えられます。

過去世や来世では子供を授かっている可能性も

過去世では子供をたくさん育てていたため、今世では別の選択をする場合もあります。子供がほしいと思っている人にとっては、なかなか割り切れない気持ちがあるかもしれませんが、別の使命を今世では担っている可能性もあります。その使命をクリアした後には、来世では子沢山で、てんてこ舞いしている生活が待っているかもしれません。

妊娠できない時のスピリチュアルな意味

見上げる女性 悩み 不安 憂鬱何度もさまざまな方法を試してみても、妊娠しないというケースもあります。ほとんどの人は、今世で経験しようと決めてきたことを覚えていなかったりします。

今世では妊娠しないことを選択してきた魂もあります。

すでに過去世で妊娠・子育てを経験しているので、今世では別の学びをすることを選択してきていたりします。

その場合には、自分は子供から選ばれなかったから、妊娠できないのだと受け止める必要はありません。子供がいなくても充実した生活を送るという選択肢を、自分の魂がしていたりします。

妊娠という形ではなく出会う子供の魂もある

または、自分のお腹を介さなくても、養子縁組をしたり、社会の子供を援助する仕事をしたりなど、別の選択肢はたくさん存在しています。

魂の関係はとても不思議なもので、社会貢献した先で出会った子供が、過去世での自分の子供であったというケースもあります。魂レベルで考えると、自分のお腹を介して生まれてくる自分の子供もありますが、別の形で出会った魂の中に、自分の子供としての深い関係性のある魂も存在していることもあります。

子供から選ばれないから授からないわけではない

悲しい 子供 不安 女の子そろそろ子供がほしいと思ってすぐに妊娠し子供が授かる人と、不妊治療を続け普段から身体のことにも気を使っているのに、何年も子供に恵まれないという人もいます。子供を授かった人が魂の世界から選ばれた人で、授からなかった人が選ばれなかった人ではありません。そこには、生まれてこようとする魂の学びと、子供を授かる側の魂の学びが存在しています。

今世では子育て以外の課題を選択している魂である場合

一方、妊娠しないと今悩んでいる、お腹に魂を宿す側の女性は、前世では自分の子供をたくさん産んで育てる喜びは十分あじわったから、今世では、発展途上国の子供たちの援助に携わる仕事を通じた子育てをしてみたいと、前世のうちに魂が決めていたのかもしれません。

2人目が授からない場合のスピリチュアルな意味

カップル 手をつなぐ 両手1人目の子供はすぐに授かったのに、2人目はなかなか妊娠することができないと悩んでいる夫婦もたくさんいます。スピリチュアルの観点から、例えば2つの視点をあげてみます。

①子供側の設定

1人目の子供の魂が、前世ではたくさんの兄弟姉妹の中で育ってきたので、今世では1人っ子としての学びの中で育てられる環境を選択している。

②親側の設定

親の側の魂が前世でたくさんの子供を育ててきたので、今世では、1人の魂をじっくり育てることを決め、親子協力し今世で成し遂げる社会的課題に取り組むことを決めていた。

このようにその親子ごとのさまざまな理由が存在しています。2人目を授からないことばかりにとらわれて、今の幸せをないがしろにすることがないようにすることが大切です。どんな幸福の形があるのか、家族になった魂同士でじっくり向き合ってみましょう。

子供が適切な時期を選択している

親になりたい2人は、今すぐ子供がほしいと思っているかもしれません。しかし、それは、親の都合です。子供の魂の立場からすると、お腹に宿る最適な時期を探していることも考えられます。

子供がソウルメイトと出会う時期を調整していることも

例えば、親としては来年からは仕事が忙しくなるから、今年のうちに子供を産みたいなど。一方、生まれてくる子供には子供の都合があり、数年後生まれることにより、縁のあるソウルメイトとの出会いの時間調整をする必要があるのかもしれません。両親の学びと子供の学び3者の関係がうまく合った時に、子供が授かることになります。

ソウルメイトとは?引き寄せて出会う為に大切な事とは?
ソウルメイトを引き寄せたい方へ。ソウルメイトは前世を含む過去世の中で、なんらかのつながりがあった魂です。この記事では、見えないつながりのあるソウルメイトを引き寄せて出会い、ステキな恋愛をする為に大切なことについてご紹介します。

親にも子供にも最適な時期がある

もちろん肉体を持った魂は、年齢制限があり、妊娠する期間は限られています。しかし、その期間内であるならば多少年数が親の思い通りにいかないのも学びの内と考え、ゆったりとした気持ちで過ごしてみましょう。

授かる子供との波長が合っていない場合

波長 波動どうしても妊娠したいという場合、スピリチュアルスポットに足を運ぶという方法もあります。本来であればあなたの子供として生まれてきたい魂が存在するけれど、受け入れる側のあなたとうまく波長が合わないために、お腹に宿ることが今できないのかもしれません。そこでスピリチュアルスポットに足を運ぶことで、うまく親子の波長を合わせることができる場合があります。

自分と縁のあるスピリチュアルスポット

スピリチュアルスポットは、子供を授かるための有名な神社や、地元の人が行く小さな神社、高齢者などから聞いた言い伝えのある場所などさまざまな種類が存在します。あまりにも全国にたくさんある中で選択することは難しいかもしれません。そこでどこに決めたらよいかというと、まず、「私に子供が授かるのでしたらそのご縁が結ばれますように」と心の中で祈ってみます。

すると間もなく、自分とご縁のあるスピリチュアルスポットの情報が、なんらかの形であなたにもたらされます。それは、ご近所さんとの普段の会話の中であったり、何気なく見たテレビの特集番組であったり、スマホで検索している時にすごく気になる場所が見つかったりします。見つかった時の気持ちには迷いは存在しない感覚になります。その場所があなたにとってのスピリチュアルスポットです。

可能であればパートナーと訪れる

できればその発見した場所に行く時には、パートナーと一緒に訪れるようにしましょう。妊娠は、母親と子供、父親となる魂との3つの波長がうまく合うことが大切です。今世であなたのお腹に宿るはずの魂が存在する場合は、適切な時期に妊娠することとなるでしょう。

生まれてくるかどうかは子供の魂が決める

子供を産む時期は、母親である自分が決めようとしているかもしれませんが、スピリチュアル的観点からは、子供が決めていると考えられています。なかなか妊娠できかなかったりすると、母親として自分を責めてしまうこともあるかもしれません。しかし、どんなに母親が努力をしても、子供の魂が生まれる決心をしなければ、現世で出会うことはできません。

今世の課題に合わせて親を選ぶことも

子供の側の魂も現世で成して遂げたい課題が存在しています。例えば、自分はあきっぽくて長続きしない性格のため、前世では課題が達成できずに終ってしまったとします。今世では厳しい両親の元に生まれれば、励まされることにより頑張れる気がすると思い、お腹に入る夫婦を選ぶこともあります。

楽しそうな夫婦の姿を見てやってくることも

どの家族として生まれてこようか考えている時に、楽しそうにしている夫婦を見て、その仲間になりたいと思ってやってくる子供の魂もあります。

困難をともに乗り越えようとしてやってくることも

一緒に困難な出来事を、親子で力を合わせることで乗り越えようとしてやってくる魂もあります。

すでに子供がいるとしたらという状態で生活する

祈る女性 自然 感謝 純粋子供を授かるということは、親という立場になることで、これまでとは違った視点での経験をすることになります。その経験が自分の魂に必要なことであれば、子供が授かるという場合もあります。それは、子供を授かることが正解で、そうならなかった場合は不正解というわけではありません。今世では自分の魂が、どんな経験をすると決めてきているのかということも関係しているからです。

それでも、どうしても子供を授かりたいというのであれば、すでに子供がいるという状態で生活してみるという方法もあります。子供がいなければ幸せになれないというような執着は、手放していきます。いてもいなくても、どちらの形も幸せになれるという生活をしていきます。

親の準備ができたら子供の準備ができるのを待つ

子供の用品を準備するということではなく、スピリチュアル的観点からのアプローチとしては、自分の行動の仕方を変えていきます。例えば、自分ひとりの時には、適当にしていた物事を、「もしここで子供が見ていたとしたら」と考え行動を選択していきます。

すでに子供がいるとしたらどんなふうに振る舞うか、いい加減な態度ではいられなくなるはずです。いつ子供を授かったとしても、手本となるような大人の生活を送れるように気をつけていきます。受け入れの準備ができた親の元には、子供の都合が良き時を迎えた時には、すんなりと現世にやってくることができる可能性があります。

最後に

今回はスピリチュアルの学びの観点から、妊娠して子供を授かる事の意味についていくつかの例をご紹介しましたが、これはほんの一部の例です。その親子ごとのさまざまな縁が存在しています。今世だけの範囲で判断できるものではなく、何度も生まれ変わりを繰り返しているうちの1つのステージに過ぎません。宇宙の法則からの今世は、ほんの一瞬の時間です。

自分の魂と子供の魂は何を望んでいるのか、どんな使命を成し遂げようとしているのか、さまざまな角度から潜在意識にアクセスしてみましょう。けしてネガティブなものではなく、そこには1人ひとりそれぞれのポジティブな意味が隠れているはずです。

ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

≪緊急速報≫ドキッとするほど当たる無料占い

今年、あなたに起こる事がわかると話題!
その名は『オラクルタロット 無料占い』

あなたの『運命の日』は一体いつなのか?
あなたの『運勢』は一体どうなるのか?
人気の鑑定師がズバリ教えます。

無料で占う方法は簡単!
『気になるタロットをタップ』
+『生年月日などプロフィールを送る』

期間限定の≪無料鑑定≫は今だけ!

⇒知りたい方は是非やってみて下さい⇐

⑪妊娠・出産 スピリチュアル
この記事のライター
Kasumisou-

幼少期は、数秒先から数日先の出来事を言葉に発することがあり、大人になってからは、別の場所で起こっている事を夢で見るなど、不思議な体験をしてきました。スピリチュアルな世界からの学びと、自分の経験とを結びつけるため、答え合わせの毎日を送っています。記事を読んでくださる方々の、幸せな未来へのお手伝いが少しでもできればと思っています。

Kasumisou-をフォローする
恋愛&結婚あれこれ