なぜ妊娠できないのか?不妊のスピリチュアルな意味を解説

そろそろ赤ちゃんがほしいと思い妊活をはじめても、なかなか妊娠に至らない場合もあります。周囲の人を見渡すと、いつの間にか1人目、2人目と赤ちゃんを抱いているのに、なぜ自分だけ不妊に悩まなければならないのか不安と悲しさで辛い日々を送っている人もいます。

1人ひとり体質は異なるため、すぐに妊娠する人もいれば、なんらかの医学的な治療を行わなければ、妊娠しにくい人もいます。今回は、スピリチュアルな側面から、なぜ妊娠できないのか?不妊のスピリチュアル的な意味を解説していきます。

 

なぜ妊娠できないのか?不妊のスピリチュアルな意味を解説

 

不妊のスピリチュアルな意味①別の使命が存在する

赤ちゃんがほしいと望んでいるのに、なかなか妊娠できないと、赤ちゃんから母親として選んでもらえないからではないかと、自分を責めてしまうこともあるかもしれません。しかしスピリチュアル的観点からは、「妊娠して子育てをする」以外の使命が存在している場合があります。

何度も生まれ変わりを繰り返している魂は、今世に生まれてくる前にある程度の計画を立てきます。魂の成長と浄化のために今世にやってくるのですが、過去世でまだ達成できていない課題を今世でトライしていくことがあります。

例えば、すでに過去世でたくさんの子供を育ててきているので、今世では自分の子供にこだわらず、その経験を活かし、社会的に多くの子供達を育てる事業を起こすことが使命であったりします。ほとんどの人は、過去世や今世での計画書の記憶は失われているので、周囲の人と同じように、子供が授からない自分を、まるで悪いことでもしているかのように責め続けてしまう場合もあります。

1人ひとりの使命は異なっていて、時には、多くの人々とは異なった生活を送ることになるケースもあります。とても難しいことですが、人と比べない個々の人生を、自分も周囲の人も認め合える今世を作り出すことが、スピリチュアル的に重要な課題と位置づけられています。

不妊のスピリチュアルな意味②子供側の生まれるタイミングではない

不妊治療を続けている場合、すぐに妊娠する人もいれば、何年も治療を重ねているのになかなか妊娠することができない場合があります。何がいけないのかと、不要なネガティブな感情に覆われてしまうこともあるかもしれません。しかし、今妊娠しないのは、子供側が生まれるタイミングではないため、その時期を待っている状態である場合があります。

子供の誕生は、親の都合だけで生まれる時期が決まるわけではありません。その両親の元、学びを行うため生まれてくるだけでなく、やがて大人になりさまざまな人々との出会いを叶えていきます。一生付き合うことになる友人や、キラキラとしたときめきを味わうための恋人との出会いもあるでしょう。

人生の分岐点で力になってくれる人物とのめぐり合わせなど、子供には子供の今世での計画書のようなものが存在しています。子供自身の課題をこなすためにベストなタイミングを計って、親となる人の元にやってくるのです。

不妊のスピリチュアルな意味③親側の妊娠するタイミングではない

今妊娠できないスピリチュアル的理由の1つに、親側が妊娠するタイミングではない場合があります。誰もが自分の人生は自分で切り開いていくことになります。その中でも、「自分は将来こうなっている!」と断言して有言実行している人もいますが、ほとんどの場合は、漠然とした思いだけで、想像もつかない未来を迎えている人の方が多いのではないでしょうか。

自分の未来の姿がわからないのであれば、今妊娠することができなくても、自分を責めたり、周囲の人の心ない言葉に苦しんだりする必要はありません。今世で自分が行う課題のカリキュラムで、子供が授かる前にクリアしなければいけないものがいくつか存在している可能性があります。今すべきことを行い、この瞬間を楽しく充実した生活を送ることで、自分にとってベストなタイミングの妊娠を引き寄せることにつながっていきます。

不妊のスピリチュアルな意味④親子のご縁のタイミングが合っていない

今妊娠できないスピリチュアル的理由の1つに、親子のご縁のタイミングが合っていないことが考えられます。今世で親子関係になるには、関係性はさまざまですが、過去世でも会ったことのある魂同士の場合があります。次に生まれる時にも必ずめぐり会いたいという思いを持っていた魂同士が、今世で出会う場合があります。それは親と子という関係の場合もあり、その場合には、お互いの出会いのタイミングを合わせなければいけません。

親側が子供を授かりたいと考える時期と、子供側が今世に生まれる時期がピッタリと合った上で妊娠へとつながっていきます。どんな魂でも良いというわけではなく、過去世で約束した魂同士が親子として出会うには、より緻密なタイミングが必要になります。今、妊娠できないのは、そのタイミングを探している状態であったりする可能性があります。

不妊のスピリチュアルな意味⑤新たなご縁を結ぶ場合

今妊娠できないスピリチュアル的理由の1つに、これから妊娠する魂とは、過去世で出会ったことのない新たなご縁の魂同士である場合があります。

今世では、親側の課題の学びと子供側の課題の学びが達成できる魂同士であるから、親子関係になっていきます。そこで過去世でも会ったことのある魂とはすでにご縁で結ばれているため、ある意味タイミングさえ整えば、めぐり会うことができます。

しかし、過去世で出会ったことのない魂同士は、なんらかの形でご縁を結ばなければなりません。よりご縁の糸を引き寄せやすくするために、全国各地にある自分に合った子宝に関する神社などをお参りしたり、お守りのようなパワーのあるものをいただいてきたりすることも方法の1つです。

スピリチュアルな世界の力で橋渡しをお手伝いしていただくことにより、魂同士の新たなご縁を引き寄せることにつながっていきます。

不妊のスピリチュアルな意味⑥親側にフィルターがかかっている

今妊娠できないスピリチュアル的理由の1つに、親側にフィルターがかかっている場合が考えられます。子供の側は、すでにいつでも生まれてきても良い準備が整っているのに、親側が、潜在意識の中で、拒絶や不安から、受け入れる状態になっていないことがあります。

例えば、自分自身がこれまでうまく親子関係を築き上げることができないまま大人になってしまっていたりすると、さまざまなことをブロックする心が存在していたりします。子供を授かり幸せになりたい気持ちは人一倍持っているのに、自分が幸せになることを許可できない心や親としてうまくやっていけるだろうかという不安な心などがフィルターとなり、子供とのご縁を結ぶことができなくなっている可能性もあります。

メンタルブロックを解除し、幸せを受け入れる許可をすることで、波動が上がり、オーラも輝きを増し、子供とのご縁がつながりやすくなっていきます。

 

最後に

不妊の状態の時期には、辛い日々が続いているので、ポジティブな判断ができなくなっています。未知の未来を不安視して、今行わなければいけない課題をないがしろにしたり、周囲の人との関係がギクシャクしてしまったりすると、波動が下がり、妊娠のベストなタイミングを捉えにくくなってしまいます。肉体をまとった現世では、自分で生むという遺伝子に強い執着がありますが、魂レベルでは、自分で産んだ子供でなくても、過去世で親子関係にあった魂同士というケースも数多く存在しています。今世で出会うことになっている魂同士は必ずその時期がくれば、めぐり会うことができます。今この時を、精一杯生きることで、キラキラ輝いている魂になることができます。そしてその親の魂をめがけてやってくる、子供の魂の引き寄せにつながっていきます。

なぜ妊娠できないのか?不妊のスピリチュアルな意味を解説

①別の使命が存在する場合
②子供側の生まれるタイミングではない場合
③親側の妊娠するタイミングではない場合
④親子のご縁のタイミングが合っていない場合
⑤新たなご縁を結ぶ場合
⑥親側にフィルターがかかっている場合


★あなたに訪れる運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。結ばれるべき運命の人も、適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『恋と運命の真実』では、あなたが背負っている運命星から、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら250名様限定で鑑定してもらえますよ。

幸運を知りたい方は、是非お試しください!