インナーチャイルドとは?状況別インナーチャイルドの癒やし方は?

女の子 子供 自然 たんぽぽインナーチャイルドの意味を知りたい方へ。

なんとなく自信がなくて、何をしても達成感がなかったり、新しい経験に対してワクワクする気持ちより、失敗するのではないかという恐怖心の方を強く感じたりすることはありませんか?

インナーチャイルドとは、自分の心の中(インナー)にいる、子供(チャイルド)の頃の自分の事です。あなたが子どもの頃に体験した事で形成されたあなたの一部です。今のあなたの行動に大きな影響を与えています。

特に理由もないのに、生きづらさをいつも抱えている感じがする場合は、インナーチャイルドが大人になったあなたに影響を及ぼしているのかもしれません。

幼少期の自分であるインナーチャイルドに気づくことができたなら、今を、もう少し自信を持ったポジティブな生活に変化させることができる可能性もあります。

ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

今回は、インナーチャイルドとは何か?癒やすためにはどうすれば良いのかご説明いたします。

インナーチャイルドとは?

悲しい 子供 不安 女の子インナーチャイルドとは、自分の心の中(インナー)にいる、子供(チャイルド)の頃の自分の事です。あなたが子どもの頃に体験した事で形成されたあなたの一部です。今のあなたの行動に大きな影響を与えています。

インナーチャイルドは、ヒーリングの世界や、悩みごと相談などのサイトなどでは、よく使われている言葉です。カウンセリングなどを行うセラピストにより、インナーチャイルドの細かな解釈の仕方は異なっていたりしますが、一般的には、「子供の頃の感情や記憶全体」のことを指します。比喩として「自分の中にいる子供」という表現の仕方になり、インナーチャイルドと言われています。

子供の頃の心の傷

本来の子供は、無限の可能性を秘めたエネルギーに満ちあふれた存在です。そんな無邪気で純粋な活動的な子供の頃の感情や記憶をワンダーチャイルドという言い方をする場合もあります。ワンダーチャイルドも含めて、インナーチャイルドなのですが、通常使われるインナーチャイルドの部分は、ワンダーチャイルドの部分ではなく、子供の頃の心の傷を負ったネガティブな部分を指しています。

インナーチャイルドが大人になった今に及ぼす影響

女性 復縁 別れ 見つめる 真剣な話普段、自分の中では、深く考えず当たり前だと思って行動していることの中に、インナーチャイルドの影響によるものが存在するかもしれません。無意識にしていることは、幼少期の刷り込みによりそうなっているのであって、その縛りが、今の生活に不自由を与えている可能性もあります。

癒やされていない潜在意識からくる生きづらさ

家庭内の問題や子供の頃のいじめや恥をかいた経験などが、潜在意識に残っていると、大人になってからも原因不明の生きづらさにつながってしまいます。

インナーチャイルドによる影響は多かれ少なかれ誰もが受けています。辛い経験だけが原因とは限らず、仲の良い夫婦のもと、何不自由なく育てられていたとしても、過干渉や過保護、自分の力量以上の期待をかけられた場合などでも、大人になってからまで人格形成に影響が出ていることもあります。

インナーチャイルドを癒すことは出来るのか?

祈る女性 感謝 希望 願い 癒やす 癒やし

インナーチャイルドを癒すためには、潜在意識にアクセスする必要があります。そのためには、退行催眠や心理カウンセリング、ヒーリングなどさまざまな専門家の指導を受ける方法があります。また、自分自身で解放のワークを行うことで、癒すこともできます。

傷ついたインナーチャイルドの存在を認める

自分では、普段の思考や行動は、意識できる部分の顕在意識で決めていると考えているかもしれません。しかし実際は、自分でも気づいていない潜在意識の記憶が大きく影響を及ぼす形で、物事を選択していたりします。自分では正常な判断を下しているつもりでも、傷ついたインナーチャイルドの存在が、本当の自分の意思ではない選択をさせている可能性もあります。そのことに気づくことができ、うまくインナーチャイルドとの対話ができれば、徐々に傷ついた潜在意識が解放されていくことができます。

インナーチャイルドを癒す事のメリット

健康的な女性 神秘 光 夕日 希望

インナーチャイルドの存在を認めることができると、これまで理由もわからず抱えていたモヤモヤとした感情が解消されていきます。

例えば、積極的な行動に憧れているけれど、どうしても勇気が出なかったなど。潜在意識に入り込むことで、親から強い抑圧を受けていた経験が関係していることがわかったりします。傷ついたインナーチャイルドを癒すことで、潜在意識を書き換えることができます。すると自分の中に湧き上がってきた気持ちを、意味もなく抑圧することがなくなってきます。

インナーチャイルドを癒す事のデメリット

悩む女性 不安 夕日 光 孤独 悩む 罪悪感傷ついたインナーチャイルドは、誰にでも存在しています。ただし、その深さは人それぞれです。浅いところに存在しているインナーチャイルドは、大人になるにつれ、うまく付き合っていくことができていたりします。経験を重ねることや、出会った人々により、うまく自己コントロールできていたりします。一方で、深く傷つき潜在意識の奥深くに入り込んでしまったインナーチャイルドは、単純に癒せば良いというわけにはいかなかったりします。

無理に癒そうと囚われてしまうのは問題

傷ついたインナーチャイルドを癒すことで、これまでの生きづらさから解放されることができたりします。一方で、「インナーチャイルドを癒さなければいけない」ということに囚われてしまうと、これまでとは別の反応が出てしまうこともあります。必ずしも傷ついたインナーチャイルドが、人生を進む上でマイナスになるというわけではなかったりします。

別の道に進む原動力に変化させることも可能

例えば、うまくできない「A」という物事があり、親から叱られたり、友達から笑われたりしていた場合。自分には「A」は無理だというインナーチャイルドが存在し続けることで、全く別の道を目指すことができたというケースもあります。自分に合った方向に進むことができると、インナーチャイルドを無理に癒そうとしなくても、自然に解放されていくこともあります。

インナーチャイルドを癒す時の注意点

見上げる女性 悩み 不安 憂鬱インナーチャイルドに会いに行くには、顔を出さないようにしている奥深くの潜在意識に入り込んで行く必要があります。普段、インナーチャイルドを抱えたまま通常生活を送れているのは、自分で封印している部分があるからです。それを、急に過去の記憶にアクセスしていくと、子供の頃の不安感や恐怖感がそのままよみがえってきてしまうことがあります。自分の感情がコントロールできなくなり、パニック状態に陥る可能性もあります。

長期の時間がかかっても焦らないようにする

専門家により、癒しのワークを行う場合は問題ありませんが、自分ひとりで行う場合には、注意が必要です。まず、静かな環境を整えることと、体調や精神状態が安定しているときに行うように注意しましょう。また、専門家のもとで行う場合も、自分でワークを行う場合も、インナーチャイルドが癒えるまでには、長期の時間を要する場合もあります。すぐにうまくいかないからといって、焦る必要はないことを頭に入れておきましょう。

インナーチャイルドを癒す方法

手 光 エネルギー ヒーリング

退行催眠

セラピストによりさまざまな方法がありますが、ゆったりとした軽い催眠状態になります。リラックスした状態になり、大人である現時点から、徐々に過去の記憶に遡っていきながら、答えを導き出していく方法です。

心理カウンセリング

カウンセラーとの対話の中で、傷ついたインナーチャイルドの存在を知っていく方法です。どう感じて、なぜそう思ったのかなど、対話する相手がいた方が、自分の気持ちの整理がしやすくなります。

ヒーリング

さまざまなヒーリングの形がありますが、例えばハーブなどを使ったリラックスした空間で、ヒーラーの施術により傷ついた心を癒していったりします。今のからだと心を癒すことで、過去の傷も一緒に癒えていく感覚であったりします。

ヒーリングとは?その種類と効果を徹底解説
ヒーリングとは何か知りたい方へ。スピリチ...

セルフワーク1

自分でインナーチャイルドと向き合う方法の1つに、ノートなどに気持ちの書き出しをする方法があります。

生まれてから、大人になった今に至るまで、どんなことがあって、どう感じたかというものを書き出していきます。いっぺんに書き出すのは難しいので、少しずつやってきます。書き出すことで気持ちの整理ができ、客観視できることで、囚われていたインナーチャイルドを解放してあげることにつながっていったりします。

書いていると思い出せる部分と、全く思い出せない時期もあるかもしれません。強い印象が残っている部分だけがインナーチャイルドではなく、どうしても思い出せない部分の方が、潜在意識の奥深くにしまい込んでいるインナーチャイルドであったりします。意識が混乱してしまうようであれば、無理せず専門家の力を借りることをおすすめします。

セルフワーク2

ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

今回以下の欄でご紹介する方法です。4つの段階を踏んで潜在意識を書き換えていきます。このワークを行う時には、体調・精神状態・落ち着いた環境が整った状態で行いましょう。

  1. インナーチャイルドを抱えていることへの気づき
  2. 大人になった自分が子供の頃の自分に会いにいく
  3. 吐き出された感情を受け止める
  4. 未来は自分の思う通りに作ることができることを伝える

親や兄弟・姉妹などの家族により傷ついたインナーチャイルド

家族 公園 幸せ何か新しいことにチャレンジしなければならない時、どうせうまくいくはずはないと思ってしまうことはありませんか?はじめる前から自分には無理に決まっていると、なかなか前向きな気持ちを持つことができないと感じるなど。それは、子供の頃の家庭環境により、心の傷を負ったままのインナーチャイルドが影響しているかもしれません。

傷ついた自尊心

例えば、子供の頃親から常に言葉の暴力を受けていたり、他の兄弟・姉妹といつも比較されていたりする経験がある場合、傷ついたインナーチャイルドが、自分の中に居座ってしまいます。大人になってからも、自分は周囲の人より劣っているに違いないと思い込み、傷ついた自尊心が何か行動を起こそうとするたびに現れ、次のステップに進む妨げになることがあります。

この場合のインナーチャイルドを癒す方法

①インナーチャイルドを抱えていることへの気づき

何事にも前向きになれないのは、子供の頃の親から受けた決めつけの暴言が関係しているのでは?ということに気づいていきます。

②大人になった自分が子供の頃の自分に会いにいく

自分の中にずっと隠れていた子供の頃の自分に、イメージの中で会いにいきます。その子は、どんな表情をしていて、どんなことを考えているのか、話しかけてみます。何か言いたいことがあるのか尋ねてみます。その時、子供が、「親が怖い!」「兄弟と比較されるのはイヤ!」などと話してくれるのを待ってみます。

③吐き出された感情を受け止める

大人になった自分が、子供頃の自分が吐き出した感情を、共感し受容していきます。「大変だったね」「もう大丈夫だよ」とイメージの中で、抱きしめてあげます。

④未来は自分の思う通りに作ることができることを伝える

大人になった自分が、子供の頃の自分に、「これからはどうしたい?」と尋ねてみます。これからやっていきたいことを話してくれるのを待ちます。「こうしたい!」ということを聞いたら、「じゃあそうしよう!」と笑顔で回答してあげます。

そして、大人になった自分が子供の頃の自分を胸の中に戻すイメージで、統合していきます。

期待を裏切らないようにするために抑圧されたインナーチャイルド

家族で海にお出かけ ビーチ 浜辺 手をつなぐ親から虐待を受けた覚えもなく、何不自由なく育てられ自分では恵まれた環境であったと感じている人でも、インナーチャイルドの影響を受けている場合もあります。

例えば、子供の頃親から「あなたは手のかからない良い子だから助かるわ」と言われていたり、「あなたは頭が良いのだからきっと立派な人になるわ」と言われ続けて育てられたりした記憶はありませんか?いつの間にか、親の期待にこたえることが、当たり前になってしまっていたりします。

十分に甘えることができなかったり、別の好きなことをはじめることができなかったりの子供時代であると、抑圧されたインナーチャイルドが形成されてしまうことがあります。

甘えることができなかった弊害

大人になった時に、満たされなかった子供時代を取り返すかのような行動をとってしまうことがあります。例えば恋愛対象を、自分を甘えさせてくれる人という基準で選んでしまい長続きしなかったり、逆に恋人にうまく甘えることができなかったりする弊害がでることもあります。抑圧されたインナーチャイルドによる影響で、大人になってから、自分自身が思いもよらないところへ、引きずられていく感覚をあじわう人もいます。

この場合のインナーチャイルドを癒す方法

①インナーチャイルドを抱えていることへの気づき

自分を抑圧してしまうのは、子供の頃、親に甘えることができなかったからでは?ということに気づいていきます。

②大人になった自分が子供の頃の自分に会いにいく

自分の中にずっと隠れていた子供の頃の自分に、イメージの中で会いにいきます。その子は、どんな表情をしていて、どんなことを考えているのか、話しかけてみます。何か言いたいことがあるのか尋ねてみます。その時、子供が、「強い期待はプレッシャーだ!」「いつも良い子を演じていた!」「本当は欲しいものがあった!」「もっと友達と遊びたかった!」などと話してくれるのを待ってみます。

③吐き出された感情を受け止める

大人になった自分が、子供の頃の自分が吐き出した感情を、共感し受容していきます。「頑張ってきたんだね」「ずっと我慢してきたんだね」とイメージの中で、抱きしめてあげます。

④未来は自分の思う通りに作ることができることを伝える

大人になった自分が、子供の頃の自分に、「これからはどうしたい?」と尋ねてみます。これからやっていきたいことを話してくれるのを待ちます。「もっと遊びたい!」ということを聞いたら、「じゃあそうしよう!」と笑顔で回答してあげます。思いっきり遊んでも、今は、誰からも叱られることはないことを伝えてあげます。そして、大人になった自分が子供の頃の自分を胸の中に戻すイメージで、統合していきます。

他の兄弟・姉妹の分まで頑張ることを強制されたインナーチャイルド

子供 女の子 男の子 たんぽぽ 仲良し通常、親から虐げられた経験があると、それはトラウマになることは当然という考え方がありますが、大切に育てられた方の子供も、大人になってからインナーチャイルドの影響が出る場合があります。

期待にこたえなければいけないという潜在意識

例えば、親から、「あなたはお姉ちゃんみたいにならないでね」と言われて過干渉に育てられた妹であった場合、親の期待にこたえなければと自分の力量以上を強いられる生活を送り続けなければいけなかったりします。もっと自分の本当にしたいことをしてみたいという消化不良のインナーチャイルドが存在してしまう場合があります。もう大人なのだから自由に自分の人生を歩いて行けるはずなのに、いつも親のために生きているような感覚に悩まされることになります。

この場合のインナーチャイルドを癒す方法

①インナーチャイルドを抱えていることへの気づき

自分で物事を決めることに罪悪感があるのは、過干渉の親との関係にあるのでは?ということに気づいていきます。

②大人になった自分が子供の頃の自分に会いにいく

自分の中にずっと隠れていた子供の頃の自分に、イメージの中で会いにいきます。その子は、どんな表情をしていて、どんなことを考えているのか、話しかけてみます。何か言いたいことがあるのか尋ねてみます。その時、子供が、「ひとりになりたい!」「もう指示されるのはイヤ!」などと話してくれるのを待ってみます。

③吐き出された感情を受け止める

大人になった自分が、子供頃の自分が吐き出した感情を、共感し受容していきます。「誰かのかわりではなく自分を認めてほしかったんだね」とイメージの中で、抱きしめてあげます。

④未来は自分の思う通りに作ることができることを伝える

大人になった自分が、子供の頃の自分に、「これからはどうしたい?」と尋ねてみます。これからやっていきたいことを話してくれるのを待ちます。「やってみたいことがある!」ということを聞いたら、「じゃあやってみよう!」と笑顔で回答してあげます。そして、大人になった自分が子供の頃の自分を胸の中に戻すイメージで、統合していきます。

あまり干渉されずに放任されたインナーチャイルド

悲しい 子供 不安 女の子親から虐待も受けていないし、過干渉に育てられた覚えもないのに、生きづらさのインナーチャイルドを抱えている人もいます。

例えば、親から激しく叱られることもなければ、過保護であったという経験もないこともあります。いつも「あなたの好きにすればいい」と言われ放任主義で育てられた場合、大人になってから周囲の人や恋人などとの距離間のとり方がわからないインナーチャイルドを抱える可能性があります。

人との距離の取り方がわからない

恋人ができた時に、甘え過ぎてしまい依存状態になりいつも一緒にいないと不安であったり、逆に相手に冷たい人だなと思わせてしまったりして、距離を置き過ぎてしまうこともあります。適切な距離の人付き合いが苦手な性格の陰には、放任主義で育てられたことによるインナーチャイルドが影響している場合もあります。

この場合のインナーチャイルドを癒す方法

①インナーチャイルドを抱えていることへの気づき

人と人との距離感がわからないのは、放任主義の親との関係にあるのでは?ということに気づいていきます。

②大人になった自分が子供の頃の自分に会いにいく

自分の中にずっと隠れていた子供の頃の自分に、イメージの中で会いにいきます。その子は、どんな表情をしていて、どんなことを考えているのか、話しかけてみます。何か言いたいことがあるのか尋ねてみます。その時、子供が、

「話しかけ方がわからない!」「どう行動すればよいかわからない!」などと話してくれるのを待ってみます。

③吐き出された感情を受け止める

大人になった自分が、子供頃の自分が吐き出した感情を、共感し受容していきます。「たくさん悩んで迷ってきたんだね」とイメージの中で、抱きしめてあげます。

④未来は自分の思う通りに作ることができることを伝える

大人になった自分が、子供の頃の自分に、「これからはどうしたい?」と尋ねてみます。これからやっていきたいことを話してくれるのを待ちます。「上手に人とかかわっていけるようになりたい!」ということを聞いたら、「じゃあそうしよう!」「大丈夫だんだんできるようになるから!」と笑顔で回答してあげます。そして、大人になった自分が子供の頃の自分を胸の中に戻すイメージで、統合していきます。

恥をかいたりいじめにあったりした経験のあるインナーチャイルド

女の子 子供 自然 たんぽぽインナーチャイルドによる影響は、子供の頃の親との関係だけに限りません。友人の前で失敗をした時にみんなに笑われ恥ずかしい思いをしたことが心の傷として残っていたり、いじめなどを受けていた経験が影響したりすることもあります。

恥ずかしい思いをしてしまうのではないかという潜在意識

例えば、すでに大人になっているので、いじめる相手がそこには存在しない状態であり、子供の頃のような失敗をするはずはありません。しかし、同じ様な場面が訪れると、身体が硬直してしまったり、不安に襲われたりする変化が起きることがあります。潜在意識の中に閉じ込められていた恐怖に襲われたインナーチャイルドが、ちょっとしたきっかけで顔をだしてしまうことがあります。

この場合のインナーチャイルドを癒す方法

①インナーチャイルドを抱えていることへの気づき

人前が苦手なのは、子供の頃恥ずかしい思いをしたことが関係しているのでは?ということに気づいていきます。

②大人になった自分が子供の頃の自分に会いにいく

自分の中にずっと隠れていた子供の頃の自分に、イメージの中で会いにいきます。その子は、どんな表情をしていて、どんなことを考えているのか、話しかけてみます。何か言いたいことがあるのか尋ねてみます。その時、子供が、

「人前に出ると笑われるからイヤ!」「何かしゃべると後でいじめられるのが怖い!」などと話してくれるのを待ってみます。

③吐き出された感情を受け止める

大人になった自分が、子供頃の自分が吐き出した感情を、共感し受容していきます。「つらかったね」「もう大丈夫だよ」とイメージの中で、抱きしめてあげます。

④未来は自分の思う通りに作ることができることを伝える

大人になった自分が、子供の頃の自分に、「これからはどうしたい?」と尋ねてみます。これからやっていきたいことを話してくれるのを待ちます。「人前で堂々と話せるようになりたい!」ということを聞いたら、「じゃあそうしよう!」「大丈夫だんだんできるようになるから!」と笑顔で回答してあげます。そして、大人になった自分が子供の頃の自分を胸の中に戻すイメージで、統合していきます。

最後に

大人になってしまえば、ある程度のことは自分で解決できたり、他人に助けを求めたりして、ピンチを乗り切る方法が存在しますが、子供の頃にはさまざまな行動に対して、親や周囲の援助を受けなければ、生きていくことはできません。

逃げることのできない環境の中で受けた経験は、その場を乗り切るために、本来の感情を抑制してしまい潜在意識の奥深くにしまい込んだまま、大人になる場合があります。そのような子供の頃の傷ついた心がインナーチャイルドです。

大人になってからの生きづらさの原因が、幼少期の自分であるインナーチャイルドの可能性もあります。恋愛関係などにも影響を及ぼすこともあるインナーチャイルドの声に耳を傾け、時には寄り添い、今は心配はいらないことを教えてあげましょう。そうすることで、望む未来を手に入れることにつながっていきます。

ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

 

本来の自分の恋愛をする為のインナーチャイルドの癒し方
恋人と付き合っている中、本心ではない部分が出てしまったりしませんか?それは幼少期の自分であるインナーチャイルドの存在が、素直な恋愛の妨げになっているかもしれません。今回は本来の自分の恋愛をする為のインナーチャイルドの癒し方をご紹介します。

≪緊急速報≫ゾッとするほど当たる無料占い

今年のあなたに起こる事がわかると話題!
その名は『オーラ診断 無料占い』

あなたの今年の『運命の日』は一体いつなのか?
あなたの今年の『運命の人』は一体誰なのか?

占う方法は簡単!
新機能『オーラに触れ波動を送る』
+『生年月日などプロフィールを送る』

期間限定の≪無料鑑定≫は今だけ!

⇒知りたい方は是非やってみて下さい⇐