インナーチャイルドとは何か分かりやすくご説明します

なんとなく自信がなくて、何をしても達成感がなかったり、新しい経験に対してワクワクする気持ちより、失敗するのではないかという恐怖心の方を強く感じたりすることはありませんか?

特に理由もないのに、生きづらさをいつも抱えている感じがする場合は、インナーチャイルドが大人になったあなたに影響を及ぼしているのかもしれません。

幼少期の自分であるインナーチャイルドに気づくことができたなら、今を、もう少し自信を持ったポジティブな生活に変化させることができる可能性もあります。今回は、インナーチャイルドとは何か?一般的によく使われている言葉の意味についてご紹介します。

 

インナーチャイルドとは何か分かりやすくご説明します

 


インナーチャイルドとは

インナーチャイルドは、ヒーリングの世界や、悩みごと相談などのサイトなどでは、よく使われている言葉です。カウンセリングなどを行うセラピストにより、インナーチャイルドの細かな解釈の仕方は異なっていたりしますが、一般的には、「子供の頃の感情や記憶全体」のことを指します。比喩として「自分の中にいる子供」という表現の仕方になり、インナーチャイルドと言われています。

本来の子供は、無限の可能性を秘めたエネルギーに満ちあふれた存在です。そんな無邪気で純粋な活動的な子供の頃の感情や記憶をワンダーチャイルドという言い方をする場合もあります。ワンダーチャイルドも含めて、インナーチャイルドなのですが、通常使われるインナーチャイルドの部分は、ワンダーチャイルドの部分ではなく、子供の頃の心の傷を負ったネガティブな部分を指しています。

インナーチャイルドが大人になった今に及ぼす影響

普段、自分の中では、深く考えず当たり前だと思って行動していることの中に、インナーチャイルドの影響によるものが存在するかもしれません。無意識にしていることは、幼少期の刷り込みによりそうなっているのであって、その縛りが、今の生活に不自由を与えている可能性もあります。

家庭内の問題や子供の頃のいじめや恥をかいた経験などが、潜在意識に残っていると、大人になってからも原因不明の生きづらさにつながってしまいます。

インナーチャイルドによる影響は多かれ少なかれ誰もが受けています。辛い経験だけが原因とは限らず、仲の良い夫婦のもと、何不自由なく育てられていたとしても、過干渉や過保護、自分の力量以上の期待をかけられた場合などでも、大人になってからまで人格形成に影響が出ていることもあります。

親や兄弟・姉妹などの家族により傷ついたインナーチャイルド

何か新しいことにチャレンジしなければならない時、どうせうまくいくはずはないと思ってしまったり、はじめる前から自分には無理に決まっているなどとなかなか前向きな気持ちを持つことができないと感じたりすることはありませんか?それは、子供の頃の家庭環境により、心の傷を負ったままのインナーチャイルドが影響しているかもしれません。

例えば、子供の頃親から常に言葉の暴力を受けていたり、他の兄弟・姉妹といつも比較されていたりする経験がある場合、傷ついたインナーチャイルドが、自分の中に居座ってしまいます。大人になってからも、自分は周囲の人より劣っているに違いないと思い込み、傷ついた自尊心が何か行動を起こそうとするたびに現れ、次のステップに進む妨げになることがあります。

期待を裏切らないようにするために抑圧されたインナーチャイルド

親から虐待を受けた覚えもなく、何不自由なく育てられ自分では恵まれた環境であったと感じている人でも、インナーチャイルドの影響を受けている場合もあります。

例えば、子供の頃親から「あなたは手のかからない良い子だから助かるわ」と言われていたり、「あなたは頭が良いのだからきっと立派な人になるわ」と言われ続けて育てられたりした記憶はありませんか?いつの間にか、親の期待にこたえることが、当たり前になり、十分に甘えることができなかったり、別の好きなことをはじめることができなかったりの子供時代であると、抑圧されたインナーチャイルドが形成されてしまうことがあります。

大人になった時に、満たされなかった子供時代を取り返すかのように、恋愛対象を、自分を甘えさせてくれる人という基準で選んでしまい長続きしなかったり、逆に恋人にうまく甘えることができなかったりする弊害がでることもあります。抑圧されたインナーチャイルドによる影響で、大人になってから、自分自身が思いもよらないところへ、引きずられていく感覚をあじわう人もいます。

他の兄弟・姉妹の分まで頑張ることを強制されたインナーチャイルド

通常、親から虐げられた経験があると、それはトラウマになることは当然という考え方がありますが、大切に育てられた方の子供も、大人になってからインナーチャイルドの影響が出る場合があります。

例えば、親から、「あなたはお姉ちゃんみたいにならないでね」と言われて過干渉に育てられた妹であった場合、親の期待にこたえなければと自分の力量以上を強いられる生活を送り続けなければいけなかったりします。もっと自分の本当にしたいことをしてみたいという消化不良のインナーチャイルドが存在してしまう場合があります。もう大人なのだから自由に自分の人生を歩いて行けるはずなのに、いつも親のために生きているような感覚に悩まされることになります。

あまり干渉されずに放任されたインナーチャイルド

親から虐待も受けていないし、過干渉に育てられた覚えもないのに、生きづらさのインナーチャイルドを抱えている人もいます。

例えば、親から激しく叱られることもなければ、過保護に行く先々で親からかかわられたという経験もなく、「あなたの好きにすればいい」と言われ放任主義で育てられた場合、大人になってから周囲の人や恋人などとの距離間のとり方がわからないインナーチャイルドを抱える可能性があります。

恋人ができた時に、甘え過ぎてしまい依存状態になりいつも一緒にいないと不安であったり、逆に相手に冷たい人だなと思わせてしまったりして、距離を置き過ぎてしまうこともあります。適切な距離の人付き合いが苦手な性格の陰には、放任主義で育てられたことによるインナーチャイルドが影響している場合もあります。

恥をかいたりいじめにあったりした経験のあるインナーチャイルド

インナーチャイルドによる影響は、子供の頃の親との関係だけに限りません。友人の前で失敗をした時にみんなに笑われ恥ずかしい思いをしたことが心の傷として残っていたり、いじめなどを受けていた経験が影響したりすることもあります。

例えば、すでに大人になっているので、いじめる相手がそこには存在しない状態であり、子供の頃のような失敗をするはずはないにもかかわらず、同じ様な場面が訪れると、身体が硬直してしまったり、不安に襲われたりする変化が起きることがあります。潜在意識の中に閉じ込められていた恐怖に襲われたインナーチャイルドが、ちょっとしたきっかけで顔をだしてしまうことがあります。


 

最後に

大人になってしまえば、ある程度のことは自分で解決できたり、他人に助けを求めたりして、ピンチを乗り切る方法が存在しますが、子供の頃にはさまざまな行動に対して、親や周囲の援助を受けなければ、生きていくことはできません。そんな逃げることのできない環境の中で受けた経験は、その場を乗り切るために、本来の感情を抑制してしまい潜在意識の奥深くにしまい込んだまま、大人になる場合があります。そんな子供の頃の傷ついた心がインナーチャイルドです。

大人になってからの生きづらさの原因が、幼少期の自分であるインナーチャイルドの可能性もあります。恋愛関係などにも影響を及ぼすこともあるインナーチャイルドの声に耳を傾け、時には寄り添い、今は心配はいらないことを認知してあげることも、今後スムーズな生活を送るために大切なことです。

インナーチャイルドが恋愛に影響している方はこちらをご確認下さい。
本来の自分の恋愛をする為のインナーチャイルドの癒し方

インナーチャイルドとは何か分かりやすくご説明します

①インナーチャイルドとは何を指す言葉?
②インナーチャイルドが大人になった今に及ぼす影響
③親や兄弟・姉妹などの家族により傷ついたインナーチャイルド
④期待を裏切らないようにするために抑圧されたインナーチャイルド
⑤他の兄弟・姉妹の分まで頑張ることを強制されたインナーチャイルド
⑥あまり干渉されずに放任されたインナーチャイルド
⑦恥をかいたりいじめにあったりした経験のあるインナーチャイルド


《たった3分で運命を変える方法 〜奇跡のスピリチュアル診断〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

生年月日や血液型などの情報から導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

⇒変化が欲しいなら、今すぐ『全員0円』鑑定を試してみてください!