風邪を引く意味とは?6のスピリチュアルメッセージ

大事な用事の前や、治ったと思ったらすぐにまた風邪を引いてしまうことはありませんか?単に疲れて免疫力が低下しているからということも原因の1つですが、それだけではなく、魂レベルの観点からは、別の意味が存在する場合があります。

今回は風邪を引く意味とスピリチュアルメッセージの関係についてご紹介します。

 

風邪を引く意味とは?6のスピリチュアルメッセージ

 


風邪の原因にはスピリチュアルメッセージが隠れている

風邪を含む病気にかかる場合、魂レベルの観点から、いくつかの原因に分類されます。

●1つ目は肉体が原因の場合があります。忙しく、十分に身体を休ませることができなかったりするために起きます。

●2つ目は、心が原因の場合があります。苦手なことをしなければいけなかったり、過度な期待をかけられていたりすることなどで起きます。

●3つ目は、守護霊さまからのメッセージの場合があります。危険を回避するためや、これから全く別の生活に変化する前であったりします。

●4つ目はカルマの法則による場合があります。カルマとは、自分が行った言動は、後にそのまま自分に返ってくるというものです。時には、病気という形で現れることがあります。

●5つ目は宿命による場合があります。生まれてきた以上いずれは誰もが死というものを迎えます。その死の原因となる避けることはできない宿命の病気というものがあります。

このように、病気の1つの風邪も、表面の原因はウイルス感染ですが、その陰には、スピリチュアルメッセージが隠れている可能性があります。風邪を引いた時にこの中で思い当たることがあるかどうか、最近の自分の心の状態や言動を振り返ってみましょう。

波動の乱れ

すべての物や生物は波動を発しています。その波動は常に一定ではありません。元気で楽しい時には、高い波動になり、ストレスや怒りの感情があったりすると、低い波動になります。混乱した社会や否定的な人などからの波動も影響を受けます。嬉しい気分から、一瞬にして不快な気分に変化することがあるように、波動も外部からの影響を受けることになります。

そんな波動の乱れが起こったりすると、風邪を引くなど体調を崩しやすくなります。波動を安定させるためには、身体と思考と感情がベストな状態を保つことが大切です。

常に波動を安定させるためには、オリジナルのストレス解消法を見つけておくと良いでしょう。例えば、身体を動かすことの好きな人は、定期的にスポーツなどをしたり、静かに過ごすことが好きな人は、瞑想方法を身につけたり、自分に合った方法を探してみましょう。

症状による風邪のスピリチュアルメッセージ

風邪の症状には、さまざまなものがあります。症状別にスピリチュアルメッセージが隠れている場合があります。

●「頭痛」―最近いろいろと考え過ぎていませんか?自分に自信がなくなってきていたり、何かに恐れを感じていたりすると頭痛の症状が現れることがあります。

●「咳や喉の痛み」―最近言いたいことを我慢しているということはありませんか?自分には別の意見があるけれど、ここはまるく収めるために発言を控えたりなどのことがあると、喉の症状が現れることがあります。

●「鼻水・鼻詰まり」―最近もっと周りの人に自分を認めてもらいたいという感情が起きていませんか?自分にはもっと価値があると思っているのに、まわりからの評価に不満があったりすると鼻の症状が現れることがあります。

●「耳の炎症や痛み」―最近耳をふさぎたくなるような出来事がありませんでしたか?身の回りで争いごとがあったり、自分自身の精神状態に混乱が起きていたりすると、耳に症状が現れることがあります。

●「発熱」―最近怒りの感情を強く感じたことはありませんか?イライラしたストレスがピークに達してしまったり、いっぺんにたくさんの処理しなければいけない事柄が発生したりすると、発熱の症状が現れることがあります。

これらの事は1例ですが、感情がうまく消化されない状態が続くと、さまざまな身体の場所に支障が出てきてしまいます。最近どこか心にひずみが起きていないか一度立ち止まり考えてみましょう。

頑張り過ぎ

最近がんばり過ぎていませんか?風邪で体調が崩れる時には、単なる疲労だけでなく、1人でいくつもの悩みを抱えていたり、スムーズに物事が進んでいなかったりする場合があります。いろいろなことに行き詰っていると、エネルギーの停滞が起こり、風邪などの病気として現れることがあります。

現状を打開するには、「こうあるべき」という自分の中の法律を見直す必要があります。何もかも自分1人で解決しなければいけないという固定観念から、スピリチュアルの観点に変換してみましょう。宇宙の法則では、元はすべて1つの塊であって、なんらかの形ですべてつながっているという考え方があります。それが波動という形であったり、シンクロニシティという偶然の一致であったりする形として私達の前に現象として起こります。

風邪などの体調不良が起こる時には、「何もかも1人で頑張り過ぎなくても、時には周りの人達に助けを求めても大丈夫!」というサインでもあります。ゆっくりと深呼吸をして、肩の力を抜き、ちょっとだけ勇気を出して、周りの人達にありのままの自分を表現してみましょう。そうすることで、心よくあなたに協力してくれる人達が現れ、現状打開の方向に流れていくことにつながります。

運気の変わり目

風邪などで寝込むほどの状態になる場合、運気の変わり目であることがあります。今までの流れとは、別の流れになる時には、波動の変化に身体が対応できなかったりすることがあります。これから起こる事に対して準備期間として身体をゆっくり休めて、体調と気を整えるための場合もあります。

今までの「こだわり」や「決め付け」などの思考を手放す時期に来たのかもしれません。新たな運気を手に入れるためには、凝り固まってしまった意識を解放する必要があります。感情や知性と身体のバランスがうまくとれた状態にあると、スムーズな運気の流れが訪れます。ここは、ゆっくりと身体を休ませ、ネガティブな感情ではなく、これから訪れる未知なる出来事にワクワクする気持ちの方にエネルギーを向けていきましょう。

環境の不満や不安

今の環境に対する不満が積み重なっている時に、風邪などの体調不良に悩まされる場合があります。自分で考える自分に対する価値と周りの人からの評価が、あまりにもかけ離れているとネガティブな感情が生まれます。「どうしてわかってもらえないのか?」という不満や不安に襲われると、スピリチュアル的には魂が萎縮してしまい、風邪など体調に変化が起こることがあります。

風邪は魂の浄化がなされる期間でもあるという考え方もあります。元の伸び伸びとした魂に戻るために、きちんとした治療と休息の後には、自然のパワーを取り入れることも1つの方法です。森や林など自然豊かな所やパワースポットと言われている場所に足を運んだりする方法もあります。そんな時間がないという人は、観葉植物など家の中に鉢植えの植物を置いたり、鉢植えが無理なら、小さな花束をテーブルの上にコップなどに入れて飾ったりするだけでも良い波動を引き寄せる効果があります。


 

最後に

風邪を引いた後や風邪を引きにくい気の流れを作るには、魂のエネルギーを満たす必要があります。病気イコールネガティブなものと捉えがちですが、スピリチュアル的には、何かに気づくことができたり、危険を回避したり、ステップアップした未来への準備期間としての休息であったりする場合もあります。しっかりと治療と休養をとった上で、どんな意味が隠れているのか、プラスの思考を持つことも大切です。定期的にリラックスする時間を確保したり、自分にとって楽しいと感じたりすることを行うことで、魂の癒しや浄化につながります。

風邪を引く意味とは?6のスピリチュアルメッセージ

・風邪の原因にはスピリチュアルメッセージが隠れている
・波動の乱れ
・風邪の症状による意味
・頑張り過ぎ
・運気の変わり目
・環境の不満や不安


《たった3分で運命を変える方法 〜奇跡のスピリチュアル診断〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

生年月日や血液型などの情報から導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

⇒変化が欲しいなら、今すぐ『全員0円』鑑定を試してみてください!