離婚して後悔した女性の6の理由

離婚したら全ての悩みから解放される!!このように意気込んでいざ離婚に至りましたが、離婚して後悔を感じてしまう事もあります。

ではどのような理由で離婚を後悔するのでしょうか。今後離婚を考えている方は、後悔しないようにパターンを知っておくと参考になると思います。

今は離婚して自由になりたい気持ちに目がいきがちですが、どのような事があるのかを知って行動に移して下さい。今回は離婚して後悔した女性の意見をまとめました。

 

離婚して後悔した女性の6つの理由

 


離婚して後悔したこと①やっぱり好きだった事に気が付いた

いざ離婚してから自分の本当の気持ちに気が付く事もあります。実は好きだったという気持ちに気が付いてしまった時はとても寂しく感じてしまいます。

この時に、すでに離婚が成立していると、復縁という形はなかなか難しい物があります。後悔しないためにも、相手への気持ちに未練が残らないかきちんと自分自身の気持ちを静観して決断して下さい。

離婚して後悔したこと②経済的にきつくなった

愛だけの問題ではなくて、やっぱりお金は大切です。離婚をすると、金銭的な部分で後悔するケースが非常に多いようです。仕事をせずに専業主婦でいた方は、いざ仕事をしようと思ってもなかなか雇ってもらえない場合もあります。

離婚によって慰謝料が生じて払ってもらえた方でも、いずれは働く事が必要になってきます。離婚を決断する前にある程度の貯金をしておく事が賢い選択と言えるでしょう。そして財産分与でだまされないようにしっかり貰うことです。

離婚して後悔したこと③一人の孤独

離婚とは、経験した人にしかわからない寂しさがあります。今まで家族で暮らしていた女性が、一人になった時ほど孤独なことはありません。

離婚前は、この寂しささえ、開放感に感じはずだったのに、いざ一人で乗り越えないといけないと感じた時は、本当に孤独が押し寄せてきます。今振り返ると、もっと忍耐できたのではないか?などと自問自答してしまう事もあると思います。

離婚をすると実家に帰る人が多いのは、金銭的な問題だけではなく、孤独に耐えられないからなのです。

離婚して後悔したこと④人間不信になってしまった

離婚によって人間不信になってしまう人もいます。円満に離婚できたかにもよりますが、実際は裁判になって血肉の争いをすることが多いです。自分も必死になってなるべく元旦那からお金をとってやろうとしますし、親族も必死になってとろうとします。旦那側も必死になるべくとられないようにしようとします。

子供がいた場合はもっと複雑で、親権争いが起きますし、子供を使ってお金を融通させようとすることもあります。

その結果、相手はもちろん、自分も何て見難いんだ…と人間不信に陥ってしまいます。

離婚して後悔したこと⑤新しい恋愛が出来ない

やっとの想いで離婚して様々な事がすっきりして新しい恋愛をしてみようと思っても、女性特有の潔癖症が出てしまう事があります。仲良くなってもどうしても男性に対して拒否反応が出てしまう事もあると思います。

繊細な心はまだ他の方との恋愛を受け入れる事が難しいと感じてしまうのです。このような感情は想定外のはずです。離婚の傷は自覚しているよりも深いのです。

離婚して後悔したこと⑥子供に対する罪悪感

一番離婚して後悔する事は、子供がいた場合で、子供に対する罪悪感です。

どんな父親でも子供にとってはたった一人の父親です。父親に離婚の原因があったとしても子供は自分の気持ちを飲み込んでママと一緒に乗り越えようとします。その姿はとても胸を締め付ける想いになります。

子供の事を考えると、たった一人のパパを取り上げる形になってしまったので、その先何年もかけて後悔することでしょう。


 

最後に

いかがでしたか?離婚にはすがすがしい感情と、後悔する感情が入れ替わりあるかもしれません。いざ離婚が成立すると、実際は想像していた生活とも違い、精神的にもつらいと感じる事もあります。後悔のないようにしっかりと考えて決断して下さい。

離婚して後悔した女性の6つの理由

①やっぱり好きだった事に気が付いた
②経済的にきつくなった
③一人の孤独
④人間不信になってしまった
⑤新しい恋愛が出来ない
⑥子供に対する罪悪感


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐