オーラがベージュ色の人が経験する恋愛とその注意点

オーラがベージュ色の人の恋愛傾向を知りたい方へ。

オーラがベージュ色の人は、気取らない素の部分を前面に出しています。自然体の柔らかな優しさから、恋愛相手は癒やされることができます。協調性を大切にするため、恋愛相手に合わせ過ぎてしまい自分の意思を表現することは苦手です。くすんだベージュ色の場合には、心が疲れている時にも出るケースもあります。

本記事では、オーラがベージュ色の人が経験する恋愛とその注意点についてご紹介いたします。

①柔らかな優しさを与えることができるが活気には欠ける

オーラがベージュ色の人は、気取ることなく自然体で過ごすことができ、柔らかな優しい雰囲気を持っています。生活スタイルも、あまり物を持たないようなシンプルな環境で過ごしたりします。

オーラがベージュ色の人は、次々とはやりの物を取り入れるというわけではなく、お気に入りのものを長く使うようなタイプです。そのため、周囲の人からは、活気がないような印象に見えます。

意識して積極的に行動を起こす必要があります

派手さはないので、集団の中では強い個性の人々がいると、打ち消されてしまいがちです。控えめで穏やかな気質は長所でもありますが、恋愛に関しては、意識して積極的に行動を起こす必要があります

②波長の違う恋愛相手でも受け入れてしまう

オーラがベージュ色の人は、どんなタイプの人でも癒やすことのできる雰囲気を持っています。そばにいると居心地が良いため、さまざまな人が周囲に集まってきます。初対面でも威圧感などはなく、信頼して話をすることができます。

相手から好かれて交際が始まることが多い

オーラがベージュ色の人は、自分の好みだからというよりは、相手から好かれて交際が始まることが多いです。本来は落ち着いたペースで時を過ごしていきたいと考えていますが、波長が異なる相手でも受け入れてしまう傾向にあります。オーラがベージュ色の人は、何でも聞く耳を持ってくれるので、恋愛相手は波長が異なっていることをあまり感じることはありません。

本当の自分の気持ちを前面に出すことが苦手

一方、オーラがベージュ色の人の方は、異なった波長の人と、短期間ならまだしも交際となると、徐々に無理が生まれてきてしまうので、あまり好ましくありません。オーラがベージュ色の人は、本当の自分の気持ちを前面に出すことが苦手です。そこは、恋愛を通じて学んでいくべきところであったりします。

③親しみやすさから無理な頼まれごとをされやすい

オーラがベージュ色の人は、きどらず控えめな気質を持っています。しっかり者のため何事も頑張り過ぎて、いつの間にかストレスが溜まってしまっていたということもあります。あまり人を拒否することもありません。その親しみやすさから、恋愛相手は無理なお願いも、頼みやすかったりします

同等な立場で交際をすることが大切

恋愛関係では、パワーバランスがとても重要なポイントになります。相手が強すぎる状態を、そのまま長い期間受け入れ続けると、DVなどに発展してしまうケースもあります。愛情を受け取ることと、相手の言うことを聞くことは、別に分けて行動しましょう。同等な立場で交際をすることを心がけることが大切です。

④何事も無難な線を好み存在感をアピールすることが苦手

オーラがベージュの人は、いかにその場に溶け込めるかを重要視します。その場の雰囲気に自分を合わせることができるのは、長所でもあります。通常、複数の人数の中に自分の意中の人がいた場合には、どんなアピールをしたら振り向いてもらえるか考えたりしますが、それが苦手です。 

自分から情熱的な恋愛に飛び込んでいく勇気には欠けます

オーラがベージュ色の人は、何事も無難な線を好み、平凡であることで自分自身が安心していられます。目立つようなことをすることはなく、信念の中には、「平和」のキーワードが存在しています。オーラがベージュの人は、自分から情熱的な恋愛に飛び込んでいく勇気には欠けます。一方、円満な家庭を作り上げることができる点では、ほかのだれにも負けない自信があります。

⑤聞き役になってしまい自分の意思を伝えるチャンスを逃しがち

オーラがベージュ色の人は、人の話を聞くことがとても自然にできます。愛情豊かで、協調性を大切にするため、恋愛相手の話をまるでカウンセラーのように、受け入れながら聞くことができます。恋愛相手が気の済むまで、寛容な心で聞いていることができます。

自分のことを伝えるチャンスを逃しがち

一方、自分の意思を恋愛相手に伝えることは苦手です。ついつい、相手を優先してしまうため、自分のことを伝えるチャンスを逃しがちになる点は注意が必要です。なんとなくの雰囲気から読み取ってくれる人など、そう多くは存在しません。しっかりと言葉で伝えなければ、恋愛相手に、本当の自分のことを理解してもらえません。

⑥恋愛相手に合わせ過ぎて振り回されてしまう

オーラがベージュ色の人は、恋愛相手に合わせることはあまり苦になりません。通常であれば、相手のペースにばかり合わせていると、自分の意見も取り入れてほしいと抗議したくなります。しかし、オーラがベージュ色の人は、たとえ自分の意思とは異なっていたとしても、恋愛相手が喜ぶのであればOK!と思ってしまいます。

結果的には恋愛相手を、よりわがままにさせてしまう

オーラがベージュ色の人は、恋愛相手に合わせ過ぎてしまい、振り回されることになる傾向にあります。相手のことを思って行動を合わせているつもりでも、結果的には恋愛相手を、よりわがままにさせてしまっている可能性もあります。オーラがベージュ色の人は忍耐力を持っています。そのせっかくの長所は、恋愛相手にではなく、仕事など別の場所で使うようにしましょう。少しずつでも良いので、「自分はこうしたい」という意思を伝えられるようにしていきましょう。

⑦オーラがベージュ色の人が苦手なオーラカラーは「赤色」

オーラがベージュ色の人の苦手なオーラカラーは、「赤色」です。オーラがベージュ色の人は、物事を平穏に進めたいと考えます。一方、オーラが赤色の人は、その場の雰囲気で一瞬にして感情が燃え上がる傾向にあります。それでも、オーラがベージュ色の人は、合わせることができますが、いつの間にかストレスが溜まってしまいます。 

関係を長く維持するには、努力が必要

オーラがベージュ色の人は、理性的に堅実な視点で物事を捉えます。それに比べて、オーラが赤色の人は、情熱的でパワフルです。刺激を好みどんどん突き進んでいきます。2つのオーラの波長は異なっているため、恋愛感情で盛り上がっている時には、異質同士も刺激的で楽しいかもしれませんが、関係を長く維持するには、努力が必要です。

オーラが赤い色の人が経験する恋愛とその注意点

⑧オーラがベージュ色の人と相性が良いオーラカラーは「緑色」

オーラがベージュ色の人と相性が良いオーラカラーは「緑色」です。オーラがベージュ色の人は、誰からも慕われる落ち着いた雰囲気を持っています。オーラが緑色の人は、そこにいるだけで、周囲の人達を癒やすことのできる雰囲気を持っています。2つのオーラは、お互い何も語らなくても、その場の静かな雰囲気を大切にしたいという気持ちが伝わる相手です。

一緒に過ごしても気を使わなくてもいられる

2つのオーラは似ている点があります。平和主義・頼まれ事は断れない・リスクある行動は好まないなど。共通点がたくさんあるので、一緒に過ごしても気を使わなくてもいられ居心地の良さを感じるでしょう。お互いアプローチが苦手な点も似ているので、両思いであるのに恋愛関係に発展しない可能性もある点は注意が必要です。好きの気持ちがあるのであれば、仲介役の友人などに協力してもらい、進展させていきましょう。

オーラが緑色の人が経験する恋愛とその注意点

以上、オーラが緑色の人の恋愛傾向でした。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
オーラがベージュ色の人は、困っている人がいると、まるで自分に起こっていることのように感じてしまい、放ってはおけない優しい気質を持っています。そのため、自分のことは後回しになってしまったり、相手のことを考え、自分の意思を抑制してしまったりすることもあります。基本どんなタイプの人とでもうまく恋愛関係を築くことはできます。そこで、自分自身を表現することができるよう努力することが、今世の学びの1つであったりします。

オーラがベージュ色の人が経験する恋愛とその注意点は

  • ①柔らかな優しさを与えることができるが活気には欠ける
  • ②波長の違う恋愛相手でも受け入れてしまう
  • ③親しみやすさから無理な頼まれごとをされやすい
  • ④何事も無難な線を好み存在感をアピールすることが苦手
  • ⑤聞き役になってしまい自分の意思を伝えるチャンスを逃しがち
  • ⑥恋愛相手に合わせ過ぎて振り回されてしまう
  • ⑦オーラがベージュ色の人が苦手なオーラカラーは「赤色」
  • ⑧オーラがベージュ色の人と相性が良いオーラカラーは「緑色」

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『もっと輝きたい貴女のために』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『全員0円』鑑定してもらえます。

⇒2019年の運勢が気になる方は、是非お試しを!⇐