恋愛が気持ち悪いと思ってしまう人へのスピリチュアルメッセージ

恋愛が気持ち悪いと思ってしまう方へ。

周囲の人達が恋愛していることに対してはなんとも思わないのに、いざ自分自身が恋愛するとなると、なぜか気持ちが悪いという感情が湧いてきてしまうということに悩まされているということはありませんか。自分自身の潜在意識の中のスピリチュアルな感覚は、そのままのストレートなメッセージの場合だけでなく、成長のための克服すべき問題を示している場合があります。

本記事では、恋愛が気持ち悪いと思ってしまう人へその陰に隠れているスピリチュアルなメッセージについてご紹介します。

 

恋愛が気持ち悪いと思ってしまう人へのスピリチュアルメッセージ

 

①自分に自信がない人の場合

なぜか理由もわからず恋愛がしたいという気持ちが生まれてこないということはありませんか。むしろ自分が恋愛している姿は気持ちが悪いと思ってしまう感情の陰には、自分に自信がないことが関係している場合があります。

自分自身の中に嫌いな部分は誰でも持っているものです。そんな中でも周囲の人から褒められたり、お礼を言われたりする中で、自分を認める瞬間を味わう経験をしていきます。しかしそれ以上に失敗した経験や容姿や性格までマイナスの部分で自分のすべてを覆い尽くしてしまい、一切プラスの部分がまるでないかのような潜在意識を持ってしまっている場合があります。

こんなにもダメな人間を好きになる人はいるはずはないという思考になり、好きになってくれる人はおかしい人だと思ってしまう感情が、恋愛に対して気持ち悪いという感情に変化していくことがあります

自分に自信がない人の対処法

恋愛は完璧さを求められるゴールではありません。未熟な魂が喜怒哀楽の感情を通して、前進したり後退したりしながら少しずつ成長していけば良いのです。目の前に恋愛のチャンスが訪れたなら、ひとまず飛び込んでみましょう。自分の魂にとって必要なことが目の前に起こってくるものです。完璧さにこだわらず、まずは動き出すことが大切であったりします。

②自分の世界に踏み込まれたくない人の場合

自分で思い当たる出来事がないにもかかわらず、恋愛が気持ち悪いと思ってしまうのは、過去世の経験や過去世から持ち越した魂の気質のようなものが関係している場合もあります。

過去世の自分の姿を思い出せる人は少ないため自分で確認することは難しいことですが、意味もなく苦手なことは魂の記憶が影響していたりすることもあります。

例えば、過去世で神仏の世界に身を置いて生涯独身で恋愛とは縁遠い生活をしていたり、同性同士の恋愛をしていたりするなど。ケースはさまざまですが、今世でもそのなごりが残っていて、積極的に恋愛をする気になれない感情から、自分の世界に踏み込まれたくないという防御反応が起こり、気持ちが悪いという形になることがあります。

自分の世界に踏み込まれたくない人の対処法

気持ちが悪いという感情を無理に押し殺して、あせって恋愛をする必要はありません。恋愛に焦点を当てるのではなく、自分の好きなことや興味のあることをより充実させるようにしましょう。なんらかの活動をしているうちに、今世では無理なく共に併走してくれる人との出会いが必ずめぐってきます。

③コントロールできないものへの恐怖心を持っている人の場合

家族や友人であれば、自分の苦手なことをあらかじめ避けてもらうように伝えることができても、恋愛相手に対しては理解してもらえないのではないかと最初から考えてしまう場合があります。

自分自身に余裕がない状態の時に、コントロールできないものへの恐怖心が、恋愛が気持ち悪いと思ってしまう感情に変化してしまう場合があります。自分のペースを崩されることに不安を感じてしまうタイプであったりします。理想の恋愛は、どちらかが一方的に相手をコントロールするものではありません。お互いの人格を尊重しながら接点をつないでいくことができるよう努力が必要であったりします。

コントロールできないものへの恐怖心を持っている人の対処法

恋愛相手に、家族や友人のように自分を理解してくれる人を望むのであれば必ず出会うことができます。拒絶する感情にエネルギーを奪われないように、余裕のない生活を送っているようなら、休養を十分にとるなどして、他者を受け入れる心のスペースを少しずつ作るようにしましょう。

④女性としての自分を認められない人の場合

けして消極的な性格ではなく、交友関係も広い方だと思っているけれど、恋愛となると気持ちが悪いと考えてしまい、恋愛とは縁遠い生活になっているというタイプの人もいます。人としての自己肯定感は持っているのだけれど、女性としての自分の存在が好きでなかったりします。

潜在意識の中に人を男性と女性を分けることに違和感を持っている場合があります。例えば、男性であれば力が強くなければいけない、女性であればかわいくあるべきなどと性別で分類されることを受け入れられない感情があったります。

恋愛関係になれば、女性を演じなければならない感覚が、本当の自分の心に無理を強いた結果、恋愛が気持ち悪いという形になることもあります。

女性としての自分を認められない人の対処法

型にはまったこうあらねば受け入れてもらえないのではないかという思いが強い傾向にあるだけで、けして恋愛が嫌いなわけではないはずです。人として魅力は、男女関係なく自然な美しさが表れてきます。わざわざ理想の女性を演じなくても、ありのままの自分を認めて好きになってくれる相手が現れると信じてみましょう。

⑤両親からの影響を受けている人の場合

恋愛が気持ち悪いと思ってしまうのは、両親から受けた影響が関係している場合があります。例えば、不仲であった両親に育てられていたり、父親か母親が浮気をしていたりなど問題がある家庭環境の場合に、自分自身の恋愛に対しても幸せな生活が想像できずに、気持ちが悪いという嫌悪感が先に生まれてしまう場合もあります。

人格形成をするための土台の1つである家庭環境は、同じような不幸な家庭を作りたくないという反面教師になる場合と、どうせ同じことになるに違いないと幸せになることをあきらめてしまうケースがあります。

両親からの影響を受けている人の対処法

遺伝子学的には両親と自分はつながっていますが、スピリチュアル的観点からは、単に学び成長するためにそこに集まっただけの個々の魂であるという考え方もあります。自分自身で幸せになるための人生の選択をすることができる力を誰しも持っています。両親とは別の道を歩いて行く決心は、波動の変化を生み、恋愛に対するアレルギー反応のようなものを少しずつ薄めていくことができます。

⑥パーソナルスペースの問題がある人の場合

人と人がかかわる時には、自分が安心できる距離感のパーソナルスペースが存在しています。通常気の合う友人などの場合には、パーソナルスペースが狭く、初対面であまり好きなタイプでない人の場合には、近づきたくないため距離をとりたくなります。

恋愛が気持ち悪いと思ってしまう人は、異性が自分のパーソナルスペースに入り込んでくることに恐怖心を持っている場合があります。家族や友人などの場合には、最低限の自分が安心できる距離を保つことも可能です。しかし恋愛となると接触する機会も増え、自分の安心する距離を保つことは難しかったりします。

パーソナルスペースに対する感覚が敏感なタイプの人は、恋愛に嫌悪感を持ちやすくなります。原因はさまざまですがこれまでに、家族や友人など周囲の人のパーソナルスペースに入り込んだ時に拒絶された経験を持っていることもあります。逆に自分のパーソナルスペースに受け入れる気持ちのない時に、周囲の人がずかずかと侵入してきてイヤな思いをしたことがあったりする場合もあります。

パーソナルスペースの問題がある人の対処法

自分のパーソナルスペースに侵入されたくない気持ちが強い人は、この人なら心を許せるかなと思う人が現れたら、無理をせず自分が苦手とするものを最初の段階で話を打ち明けてみましょう。その気持ちを理解してくれる人は必ず現れます。恋愛を通して少しずつ克服していくことが、今世の課題であったりします。

⑦自分を常に客観視してしまう人の場合

恋愛が気持ち悪いと思ってしまうのは、自分を常に客観視してしまう癖を持っている人の場合もあります。通常は物事を客観的に見ることができるのは、生活してく上で大切なことです。しかし恋愛の場合は、夢中になっている自分の姿まで客観的に眺めてしまうため、とても気持ち悪い感覚が生まれてしまいます。

自分を常に客観視してしまう人の対処法

恋は盲目という言葉があるように、客観視しない部分もあるから、恋愛にのめり込めるところも存在します。物事を冷静に見ることができるという長所でもあるので直す必要はありませんが、何もかも忘れて夢中になれる物事を見つけることが今世での課題であったりします。

⑧好意を持って近づいてくる人への不信感を持っている人の場合

好意があって近づいてくる人に対して不信感を持ってしまうことから、恋愛が気持ち悪いと思ってしまう場合があります。例えば親族や親しくしていた人から、過去世や今世のどちらかで、大きく裏切られた経験を持っていることが関係していることもあります。

どんなに好意を寄せてくれる相手であっても過去の経験から、いつかは自分を裏切るのではないかという疑う気持ちが先にきてしまうことがあります。潜在意識の中で人は信じられないという思いが、恋愛を拒絶する思考を生み出す場合もあります。

好意を持って近づいてくる人への不信感を持っている人の対処法

自分の波動が低い状態のままでは、希望の恋愛相手との出会いは難しくなります。すべてを解き放ってくれるような恋愛相手を引き寄せられるように、波動を高める行動をとるようにていきましましょう。

波動を高めて最高の恋愛相手と出会う為に大切な8のこと

 

最後に

恋愛が気持ち悪いと思ってしまう人は、潜在意識の中にさまざまな不消化な思いが隠れています。過去世やこれまでの生活に支配されるのではなく、今後は新たな運命を作り出していくことが今世の課題です。最初から完璧さを求めず、必ず克服して幸せを手に入れると決心し、ひとつひとつの出会いを大切にしていきましょう。

恋愛が気持ち悪いと思ってしまう人へのスピリチュアルメッセージ

  • ①自分に自信がない人の場合
  • ②自分の世界に踏み込まれたくない人の場合
  • ③コントロールできないものへの恐怖心を持っている人の場合
  • ④女性としての自分を認められない人の場合
  • ⑤両親からの影響を受けている人の場合
  • ⑥パーソナルスペースの問題がある人の場合
  • ⑦自分を常に客観視してしまう人の場合
  • ⑧好意を持って近づいてくる人への不信感を持っている人の場合

★たった3分で幸せになるキッカケを作る方法 〜幸せのレシピ〜★

あなたは今幸せですか?ほんの少しの時間で幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?
生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『幸せのレシピ』ではあなたの運命の真実を知り、幸せになるよう助言してくれます!今なら凄腕鑑定師が”これからのあなたの運命”を無料で教えてくれます

これからの自分の運命はどうなのか
幸せになる為のキッカケを見つけてみませんか?