スピリチュアル的に頭痛が続く時の恋愛への影響とは?

女性 頭を抱える 頭痛頭痛が続く時の恋愛へのスピリチュアル的影響を知りたい方へ。

頭痛は、すべての活動がストップしてしまうほど、辛い体調不良の1つです。重篤な病気の前兆の可能性もあり、まずは医療機関でしっかりと診断を受けることが大切です。一方、スピリチュアル的側面からも、魂の気質から、頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

本記事では、スピリチュアル的に頭痛が続く時の恋愛への影響についてご紹介いたします。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味① 「考え過ぎて頭がいっぱいになってしまっているサイン」

真面目なタイプの人は、恋愛面でも相手のすべてを理解しなければいけないと、考えがちになる傾向があります。頭痛が続く時には、あれこれ考え過ぎて、頭の中がいっぱいになってしまっているサインであったりします。

もちろん、恋愛関係の中では、お互いに理解し合えるように努力することは大切です。その中でもすべてが完璧に、自分の思考で分析できることばかりではありません。なぜなら、恋愛相手になる人との間には、さまざまなパターンが存在しているからです。

魂の学びに必要な出来事が起こっている 

例えば、同じような魂の気質を持った恋愛相手となら、違和感も少なく、比較的考えていることも理解しやすかったりします。一方、全く逆の気質を持った魂同士では、理解し合えるまでに時間が必要であったりします。

過去世からのご縁や、今世での課題など、さまざまな要因により出会いは訪れるので、どちらが正しい組み合わせということではありません。恋愛関係になったということは、魂の学びに必要な出来事が起こっているということです。肩の力を抜いて、「そんな考え方もあるかもね」というように、リラックスした姿勢で向き合うようにすると、徐々に頭痛の症状も緩和されていくでしょう。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味② 「自我に固執し過ぎて視野が狭くなっているサイン」

女性 目 視線 視野 見つめる頑固なタイプの人は、恋愛がはじまったとしても、なかなか自分の考えを変えることが難しい場合もあります。頭痛が続く時には、自我に固執し過ぎて視野が狭くなっているサインであったりします。

思うようにいかないと…

恋愛関係の中では、どのくらいの割合で自分の意見を通し、相手の思考を受け入れるかが、とても難しく感じることもあります。自分の意見は絶対正しいと考えていたり、相手に自分の考えを受け入れてほしいという思いが強かったりする場合もあります。それが思うようにいかないと、頭痛の症状につながってしまうこともあります。

相手の考えからの学びは、自分の視野を広げるチャンス

恋愛関係の中で、相互の意見のすりあわせは、難しい課題の1つです。自分の意見を聞き入れてもらう比率も大切ですが、相手の考えからの学びは、自分の視野を広げるチャンスです。恋愛相手であるなら、黙っていても、雰囲気で気持ちを理解してほしいと思いがちかもしれません。しかし、残念ながら異性間では、言葉にしなければ伝わらない物事の方が多かったりします。お互いに押しつけではない個々の意見として、フラットに話し合い聞き入れる関係を作ることで、徐々に頭痛の症状も緩和されていくでしょう。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味③ 「人生の流れに逆らっているサイン」

女性 孤独 雑踏 都会 人混み周囲の目が気になるタイプの人は、自分が本当にやりたいことができないでいる場合があります。頭痛が続く時には、本来の人生の流れに逆らっているサインであったりします。

魂本来の思いに反した生活

恋愛相手の思考に、好きなのだから当然と考えてしまい、無理に自分の思いを合わせてしまっている場合もあります。自分の魂が抑制され、頭痛につながってしまう場合があります。いつの間にか、今世の魂の課題と別の方向に進んでしまっている可能性もあります。魂本来の思いに反した生活を送っていると、からだに何らかの影響が出やすくなります。

恋愛相手を中心とした思考を離れる

恋愛相手を中心とした思考から、一旦離れてみましょう。例えば、子供の頃から思い描いていた物事にどんなことがあったか、思いだしてみるなど。人それぞれ今世での課題や、成し遂げたい物事などが存在しています。本来の自分に軌道修正されてくると、徐々に頭痛の症状も緩和されていくでしょう。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味④ 「自分を卑下してしまい気を使い過ぎているサイン」

心配 女性 悲しい 不幸 無気力 引きこもり自信がないタイプの人は、自分自身を受け入れることができなくなっている場合があります。頭痛が続く時には、自分を卑下してしまい恋愛相手に気を使い過ぎているサインであったりします。

自己批判 

自己批判が強くなると、恋愛間で問題が起こっても、正常な解決策にたどり着けなくなります。自信がないからといって、自我を抑制してしまうことで、頭痛につながってしまう場合があります。自分の中の意見を出す前に、恋愛相手の気分に合わせて物事を収めてしまうことが多くなると、主体性が失われてしまいます。

自分の本来の個性に合った物事に目を向けていく

自分を表に出さないことで、恋愛相手の思う通りの生活が送れているのだから、良いと考えるかもしれません。しかし、それは恋愛相手のわがままな思考を、助長させることになり、結果的に両者にとってマイナスの作用になります。相手に合わせることで安心感を得るのではなく、自分の本来の個性に合った物事に目を向けていくことで、徐々に頭痛の症状も緩和されていくでしょう。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味⑤ 「プレッシャーを感じているサイン」

完璧主義なタイプな人は、論理的に物事を解決しようとして、無理をする傾向にあります。頭痛が続く時には、プレッシャーを感じているサインであったりします。

自分で自分にプレッシャーをかけてしまう

何事も順序立てて物事を進めていかなければ気がすまない性格の人は、現実の進行具合と、自分の思考との間のギャップが激しくなりがちです。そのキャップを埋めようとして、自分で自分にプレッシャーをかけてしまうことがあります。自分の中では、当然な思考なので気づくことがないかもしれませんが、いつの間にか緊張状態になり、頭痛につながってしまうことがあります。

自然の流れに任せることも大切

恋愛関係などで相手がいることで、思い通りに組立てることができない物事に出会うことが、今世の課題であったりします。いつでも論理的に物事を進めるだけでなく、時には自然の流れに任せることも大切なことです。ふる回転している思考をリラックスさせる余裕を持つことで、徐々に頭痛の症状も緩和されていくでしょう。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味⑥ 「パーソナルスペースに入り込まれる不安があるサイン」

カップル 橋 再会 出会い人見知りが激しいタイプの人は、周囲の人が自分の近くに来ることに、敏感に反応しやすい傾向にあります。頭痛が続く時には、恋愛相手にパーソナルスペースに入り込まれることに対する不安があるサインであったりします。

自己の殻を守りたい硬直した気持ち

例えば、まだ恋愛期間が浅い場合などは、相手がどこまで自分の領域に入ってくるのか、不安の方が大きかったりします。また、長く交際している場合でも、恋愛相手に、入り込まれたくない領域にまで介入させるようになってきたケースなどもあります。深層心理の中で、自己の殻を守りたい硬直した気持ちから、頭痛につながってしまうこともあります。

きちんとした意思表示

心の奥深くまで介入されることが苦手なことを、恋愛相手に伝えられるようになることが大切です。きちんとした意思表示ができるようになることが、今世の課題であったりします。恋愛相手の要望にすべて応えるのではなく、定期的に自分ひとりになる時間を確保することで、徐々に頭痛の症状も緩和されていくでしょう。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味⑦ 「考え方に柔軟性がなくなり現状に適応できなくなっているサイン」

恋愛 怖い 無気力 別れ自分の生き方に自信があるタイプの人は、別の角度から物事を見ることが苦手な場合があります。頭痛が続く時には、考え方に柔軟性がなくなり、現状に適応できなくなっているサインであったりします。

1つの方向から物事を見ているだけでは、解決しない 

恋愛関係の中では、1つの方向から物事を見ているだけでは、解決しないケースも出てきます。恋愛相手とは、これまでの生育歴が異なっているだけでなく、過去世でもそれぞれ別の経験をしています。古い魂の記憶だけで、今世を突き進んでいこうとすると、どこかに無理が生じ、頭痛などの体調に変化が起きてしまうことがあります。

別の角度からの思考 

一度立ち止まり、自分の考え方を見直してみましょう。自分の意思をしっかり恋愛相手に伝達することは大切ですが、別の角度からの思考を取り入れることは、より魂の成長につながります。考え方に柔軟性が生まれてくると、徐々に頭痛の症状も緩和されていくでしょう。

頭痛が続く時のスピリチュアルな意味⑧ 「霊的エネルギーの影響を受けているサイン」

生霊 恨み 憑依感受性が強いタイプの人は、周囲のエネルギーの変化に敏感になってしまうことがあります。頭痛が続く時には、マイナスな霊的エネルギーの影響を受けているサインであったりします。

マイナスのエネルギーと波長が合ってしまう

自分自身も霊的エネルギーの存在であるので、周囲のさまざまなエネルギーの影響を知らず知らずのうちに受けています。ある場所に行ってから、なんとなくイライラするとか、ある人に会ってから悲しい気持ちから抜け出せなくなってしまったなどの経験はありませんか。霊的感受性が強いタイプの人が、自分自身がネガティブな状態の時には、マイナスのエネルギーと波長が合ってしまうことで、頭痛などの体調の変化が起きてしまうことがあります。

自分の波長が下がらないように 

特に生霊などの影響を受けると、恋愛相手と不要なケンカが増えてくるなどの影響を受けてしまうこともあります。感受性が強く共感力が高い人は、通常の人間関係で、常に気遣いができる人です。一方、自分のことは後回しにしてしまったり、落ち込みやすかったりするので、マイナスのエネルギーと波長が合いやすかったりします。普段から注意をして、自分の波長が下がらないように、気分を上げるオリジナルな方法を身に付けておくことで、頭痛が起こりにくくなります。

恋愛問題で生霊を飛ばされている時の6の症状
生霊を飛ばされているか心配な方へ。未解決の恋愛問題を抱えたまま生活をしていると、知らず知らずのうちに生霊を飛ばされ、次の恋愛にまで影響を及ぼされる可能性もあります。恋愛問題で生霊を飛ばされている時の症状について、ご紹介します。

以上、頭痛のスピリチュアル的な意味でした。

 

最後に


スピリチュアル的観点からの頭痛が続く時には、基本的に心とからだを休ませ、今の自分の思考の見直しが必要であるというメッセージであったりします。自分自身がどんな気質を持っているのか、今どんな思考に偏っているのかなど、ゆっくりとした時間を確保しながら振り返ってみましょう。人の多い場所や機械的エネルギーから離れ、定期的に森林浴など自然な世界に身を置くこともエネルギーの修正に、効果が期待できます。気づきのポイントが発見できたら、自然に頭痛も解消される方向に向かっていくでしょう。

スピリチュアル的に頭痛が続く時の恋愛への影響とは?

  • ①「考え過ぎて頭がいっぱいになってしまっているサイン」
  • ②「自我に固執し過ぎて視野が狭くなっているサイン」
  • ③「人生の流れに逆らっているサイン」
  • ④「自分を卑下してしまい気を使い過ぎているサイン」
  • ⑤「プレッシャーを感じているサイン」
  • ⑥「パーソナルスペースに入り込まれる不安があるサイン」
  • ⑦「考え方に柔軟性がなくなり現状に適応できなくなっているサイン」
  • ⑧「霊的エネルギーの影響を受けているサイン」

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。


スピリチュアル
この記事のライター
Kasumisou-

幼少期は、数秒先から数日先の出来事を言葉に発することがあり、大人になってからは、別の場所で起こっている事を夢で見るなど、不思議な体験をしてきました。スピリチュアルな世界からの学びと、自分の経験とを結びつけるため、答え合わせの毎日を送っています。記事を読んでくださる方々の、幸せな未来へのお手伝いが少しでもできればと思っています。

Kasumisou-をフォローする
恋愛&結婚あれこれ