一度フラれた好きな人に二度目の告白をする時の8の注意

好きな人にどうしても想いを伝えたくて告白したけれど、残念ながら振られてしまった…でも、まだまだ諦められないという女性は多いものです。相手に特定の彼女がいないなら尚更、まだチャンスはあります。振られてしまったけれど、二度目の告白を考えているのであれば、勢いだけで進むのはタブーです。今度こそ彼の気持ちを射止めるために、二度目の告白で注意してほしいことをご紹介します。

 

一度フラれた好きな人に二度目の告白をする時の8の注意

 

前回の告白から3ヶ月以上は空ける

一度告白して振られているのに、懲りずに翌日、更に翌々日と告白を繰り返すのはやめましょう。中には何度も好きを伝えているうちに折れて付き合いに発展するパターンもありますが、ほとんどの男性は「またか…」と迷惑がられてしまいます。

告白して振られたということは、あなたに何かしらの理由があるからです。それが短期間で覆るというのは、ほぼないと考えて良いでしょう。ですから、あまりにしつこく告白を繰り返すと、振られるどころか、そのうち彼に相手にされなくなってしまう可能性があります。

二度目の告白は最低でも3ヶ月~半年は期間を空けましょう。これはあなたに告白されたことで、気になる存在になっている場合は特に効果があります。告白されたけれど振ってしまった…でも自分を好きだと言ってくれた相手は気になるものです。気になる期間は長ければ長いほど、彼の頭に残ります。最初の告白をしたら一度、彼とは距離を置きましょう。

自分磨きをしておく

一度の告白で振られてしまったけれど、二度目の告白を狙っているのであれば、それまでにできる限りの自分磨きをしておきましょう。しかし彼と晴れて恋人同士になりたいのであれば、見当違いの自分磨きはNGです。そのためには、彼のことをリサーチすることも必要ですね。

例えば彼の好みのタイプの女性を知ることができたのであれば、そこに近づくように自分を磨いていきましょう。家庭的な女性が好きなら料理を頑張る、活発な女性が好きなら彼と同じスポーツを始めるなど、彼との共通点を見つけることができれば、楽しく自分磨きができますね。

自分磨きの中でも基本はやはり見た目です。ダイエットをしてみる、スポーツを始めて引き締まった身体を手に入れる、髪型やメイクを勉強して魅力をアップさせるなど、最初の告白の時よりも魅力的になっていることが大切です。

気まずくならないように明るく振る舞う

一度目の告白で振られてしまった場合、彼と会うのが気まずくなってしまうと不安になることもあるでしょう。それはあなたを振った彼も同じです。あなたを傷つけてしまったと気に病んでいるかもしれません。ですから、告白して振られてしまっても、いつも通り明るく振る舞うようにしましょう。

最初緒はツライかもしれませんが、気まずくて彼を避けてしまうよりも、挨拶やたわいもない会話などいつも通りに接することで、彼も罪悪感から解放されるのではないでしょうか。彼に罪悪感を抱いたままだと、あなたに対して心を閉ざしてしまう可能性が出てきます。

そうなると二度目の告白をしても、結果は見えてしまいますよね。少しでも彼の心を解放させてあげるためにも、一度目の告白の後も今まで通り接するようにしてみてくださいね。

しつこく近づいたり、頻繁に連絡をとらない

一度目の告白で振られても諦めない強い気持ちは良いことですが、方向性を間違えるとストーカーになってしまいます。振られたことは事実なので、その場では、一度身を引いて大人しくしておきましょう。中には彼と繋がっていないと忘れられてしまうと、前以上に頻繁に連絡を取ろうとする女性もいます。

しかし彼にとって振った相手からの連絡は迷惑以外の何ものでもないです。相手の気持ちを考えず、自分の好意を押し付けるのは、恋というよりも嫌がらせになってしまいます。また、メールなどの返信や頻度を見れば、彼が迷惑がっているのも判断できるはずです。

一度目の告白で振られたのであれば、しばらくはメールや電話などの連絡は最低限にしましょう。もちろん待ち伏せや必要以上に彼に近づくのも厳禁です。しばらくは彼を忘れるつもりで、仕事や趣味を充実させるなど、他のことに集中しましょう。

相手が好きなことを悟らせない

一度目の告白であなたの気持ちは彼にバレています。そして男性は自分のことを好きだと言ってくれた女性が気になりますし、時に図に乗ったりもします。彼はあなたを振っていますが、彼の中では「アイツは俺が好きなんだ」という確信があるので、悪い言い方をすれば、何でも許してもらえるかも、と思っています。

一度目の告白で振られた、という段階で彼への好意を表に出さないようにしましょう。振られた後も彼の前では嬉しそうにしたり、側にいようとすると、彼は「やっぱりまだ、俺が好きなんだ」と安心してしまいます。このような安心を与えてしまうと二度目の告白も「やっぱりな」という感じで受け取られ、下手すると都合のいい女扱いになってしまう可能性があります。

ですから、あなたがまだ彼を好きなことは悟られないようにしましょう。必要以上に関わらない、近づかないという、ちょっと冷たいくらいの態度でOKです。彼の中で「あれ?俺が好きなんじゃなかったの?」とより気になる相手へシフトできれば、二度目の告白の成功率が上がります。

タイミングは重要

一度目の告白で振られてしまったけれど、なんとか、努力の甲斐あって、再び彼と仲良くなり、なんだかよい雰囲気になってきたとします。彼をまだ好きなあなたは、きっと考えるでしょう。「今、告白すればOKもらえるのでは?」しかし、焦りは禁物です。今の段階で彼の好意が「友達として」なのか、「異性として」なのかは分かりません。

彼にしてみれば友達という状態が心地よいだけかもしれません。そんな状態で二度目の告白をしてしまえば、彼の中では「やはり友達には戻れないんだ」とガッカリさせてしまいます。さすがに二度目の告白で振られてしまえば、友達に戻るのは難しいので、ここは慎重に見極めましょう。

二度目の告白は一度目よりもタイミングを見極めることが重要です。一度目は勢いで告白するのもありですが、二度目は慎重に相手の様子をこれでもか、というくらいに観察することが必要です。

意表を突いた告白方法を考える

二度目の告白を考えるのであれば、一度目とやり方を変える方が良いでしょう。一度目と同じ方法を使えば、告白する前に「また告白されるのでは?」と彼に気づかれてしまう可能性もあります。できれば、スタンダードな方法よりも、彼の意表をつけるような告白の仕方がよいですね。

一度目の告白がストレートに言葉での告白だとしたら、二度目は古風に手紙を書いてみる、プレゼントを用意する、彼が驚く演出を考えるなど、あなたの個性を発揮するのも良いですね。また彼の趣味をとことん調べて、彼が喜びそうな告白方法を提供するのもおすすめです。

一度目とは演出を変えることで、思わずOKしてしまう、というミラクルも起きやすいですし、彼の好みをリサーチすることで「コイツはこんなにも俺が好きなのか」と逆に感激されてしまうかもしれません。

前回と同じ言葉での告白は避ける

告白の方法を変えることは大切ですが、告白するセリフもまたワンパターンではいけません。一度目の告白と同じセリフだと「またこれか…」と相手をうんざりさせてしまいます。告白のセリフとしては、彼に気持ちを伝える最後のチャンスと考えましょう。そうすれば「好きです」「付き合ってください」などのありきたりなセリフだけでは、伝わらないと感じるはずです。

これまで磨いてきた自分の魅力をアピールしてみたり、あなたの彼への気持ちがどれだけ強いものなのかが伝わる内容を考えましょう。二度目の告白だからこそ、一度目にはなかった彼への溢れる想いがあるはずです。

一度目の告白によって彼は少なからずあなたを意識しています。そこに、自分の強い想いをさらにアピールすることで、彼も受け入れ態勢になる可能性が高いのです。二度目の告白だから伝わる気持ちがあることを忘れないでくださいね。

 

最後に

一度フラれた好きな人に二度目の告白をする時の注意点はいかがでしたか。ポイントとしては一度目の告白から二度目の告白までは彼との接触はできるだけ避け、自分磨きや仕事、趣味などの時間を充実させましょう。彼は告白してきたあなたを気にしているはずなので、距離をおくことでより「気になる存在」になるべきです。いざ、二度目の告白をする時は、タイミングを見計らって一度目とは違う演出・セリフでアタックしましょう。

一度フラれた好きな人に二度目の告白をする時の8の注意

①前回の告白から3ヶ月以上は空ける
②自分磨きをしておく
③気まずくならないように明るく振る舞う
④しつこく近づいたり、頻繁に連絡をとらない
⑤相手が好きなことを悟らせない
⑥タイミングは重要
⑦意表を突いた告白方法を考える
⑧前回と同じ言葉での告白は避ける


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐