「ありがとう」の波動で幸せを引き寄せる為に大切な8のこと

日常生活の中、平常心ではいられない出来事は誰にでも多々起こります。いつも穏やかに過ごすことができたなら、もっと快適になるとわかってはいても、感情のコントロールはなかなか難しかったりします。言葉にも波動は存在し、「ありがとう」はプラス言葉の中でも特に高い波動と言われています。今回は「ありがとう」の波動で幸せを引き寄せる為に大切な8のことについてご紹介します。

 

「ありがとう」の波動で幸せを引き寄せる為に大切な8のこと

 

忠告してくれてありがとう

年上の人などからの指導やアドバイスは自分が成長するためには大切なものです。もっと向上したいと考えている物事に対しては、素直にありがたいと感じることができるでしょう。

一方、自分でも直さなければいけないと考えているにもかかわらず、どうすることもできないでいる時期であったりする場合の忠告は、イライラとした感情や必要以上に落ち込んでしまう気持ちになってしまうことも。そのままの状態を放置していると、自分の波動はどんどん下がっていってしまいます。

そこで現時点でどうすることもできない物事に対して、上から目線での忠告の言葉に怒りのエネルギーを向けないようにしましょう。周囲の人からの言葉で自分自身が傷つくのは、必要のないことです。もっと向上するための愛情としてのアドバイスの部分だけのエネルギーを、心の中で「ありがとうございます」と受け止めるようにしましょう。

愚痴を聞いたら気づきをありがとう

自分の周囲にいつも愚痴ばかり口にしているという人はいませんか。愚痴を吐いている人は、一通りしゃべってしまえばすっきりするかもしれませんが、聞いている側にとっては、迷惑なことです。

そんな愚痴を聞くはめになってしまった状況は、自分とまったく関係がないということはありません。自分が気づいていないだけで、別のどこかで意識していなくても愚痴を言っていたり、言葉にはしなくてもそんな不満の感情が心の奥に潜んでいる状態であったりすることがあります。

そんな時は、愚痴を言っている人に意識を向けるのではなく、自分を内観してみるよい機会と捉えましょう。自分の中に不満の種が存在しているようであれば、好きなことをしたり、休息をとったりして、魂の浄化を心がけましょう。自分の波動が変化してくると、愚痴を聞かなければいけない状況になりにくくなっていきます。そんな「気づきを与えてくれてありがとう」と心の中で唱えてみましょう。

失敗したら学びをありがとう

魂が成長していく段階では、さまざまな失敗も繰り返していきます。失敗した時に、どこがどう足りなかったから失敗したと冷静に分析するのは良いことで波動も下がることはありません。一方、やっぱり自分はダメだと単に自分自身を責める方向にエネルギーを向けてしまうと波動は下がっていってしまいます。

物事がスムーズにいっている時には、その方向が今の自分の波動に合っている状態です。失敗してしまった時には、不正解というということではなく、別の方法や別の道が存在していることを知らせてくれている場合があります。失敗から学んだ物事が、未来に起こる出来事に役立つという意味を持っていたりします。「失敗したら学びをありがとう」という気持ちで波動を速やかに上げていきましょう。次の機会には別の形で成功という幸せを引き寄せやすくなります。

傷ついた時のありがとう

日常生活の中で、周囲の人から発せられた心ない言葉に、傷つけられてしまうという場合もあります。相手は日常会話の流れのひとつとして発した言葉でも、自分にとっては、深く傷ついてしまう重い言葉として受け取ってしまうことも。傷ついた心を長い期間引きずっていると波動は下がっていってしまい、幸せの波動とは別の場所で生活することになってしまう可能性もあります。

何気ない言葉に傷ついてしまうのには、その言葉が問題なのではなく、今の自分に自信がないため必要以上に反応してしまっている場合もあります。将来の目的がはっきりしている人などは、多少の周囲の心ない言葉は、聞き流すことができ、そこに心を奪われ動きを止められてしまうことはありません。今の自分に足りないもの、自己主張できるしっかりとした目的、多少のことは受け流す柔軟性、自分への自信、そして幸せの波動を発する決意などの、気づきを与えてくれて「ありがとう」と唱えてみましょう。

学んだ時のありがとう

日常生活の中で、今はテレビやネットなどにより簡単に情報を手に入れることができます。知識を増やそうと思えば可能な状況が整っています。そこで、知識を持った自分をおごり高ぶる気持ちがあると、どこかでつまずく出来事に遭遇してしまうかもしれません。

自分が学べた陰には、多くの人々がかかわっています。学ぶ姿勢を持った自分は大いに褒めるべきですが、その知識を与えてくれた人や環境の隠れた部分の感謝を忘れないようにしましょう。学びが得られた時には、「ありがとう」の感謝の気持ちが大切です。その波動は学びを与えてくれた人々にいずれ届き、幸せのエネルギーの増加につながっていきます。

食や物に対するありがとう

現在の生活の中で、大小の違いがあっても、些細なことにイライラしたり、何の疑問も感じずに当たり前のように物を使用するなどの生活を送っていたりするのではないでしょうか。

普段口にしている食べ物も、たとえ手の込んだ食事でなくても自分の口に入るまでにはたくさんの人々の労力があって食することができます。見えない労力を普段感じることなく過ごして手にできている幸せに感謝する心を持つことが大切です。

食事の際の植物や動物などの命を「いただきます」という感謝の言葉と同時に、見えない労力にも「ありがとうございます」という感謝の気持ちを持つことで、多くの人々にプラスの波動のお返しをすることができます。目の前の物事だけでなく、見えない世界にも感謝の気持ちを持てる人は、波動を高く保つことができ、幸せを引き寄せやすくなります。

すべての出会いにありがとう

スピリチュアルの世界では、出会いは必然であるという考え方があります。過去世で今世でも会うことを約束していたり、今世の使命を果たすために必要な人材であったりという場合もあります。今の自分のイライラの波動が怒りの感情を持った人を引き寄せてしまうこともあります。

素敵な人に出会うのも、自分にとって不都合な人に出会うのも、すべて自分が引き寄せた結果です。出会いにより自分の波動を下げてしまわないように、すべての出会いに感謝し、そこからどんな気づきが生まれるかが大切です。「ありがとう」の波動は、マイナスの出来事もプラスの波動に転換する大切な役割をするパワーのある言葉です。

ありがとうのブーメランの法則

スピリチュアルの世界では、良いことも悪いことも自分の行いはいずれ自分に戻ってくるというカルマの法則があると考えられています。行いだけでなく、言葉もマイナス言葉ばかり口にしていると、自分が周囲の人から浴びる言葉もマイナスの波動のものが戻ってきてしまいます。

「ありがとう」の言葉は特にプラスのエネルギーが強い言葉と考えられています。さまざまなマイナスな出来事に振り回されず、今持っている幸せに焦点を当てる生活ができるようになれば、自然と幸せを引き寄せることにつながっていきます。「ありがとう」という言葉を惜しみなく周囲に振りまくと、ブーメランの法則で、いずれ自分にたくさんの「ありがとう」という言葉が降り注いでくることになります。

 

最後に

波動を上げるプラス言葉の中でも「ありがとう」は、大きなパワーを持った言霊(ことだま)です。さまざまな困難な出来事を前向きなものへと変化につなげていくことができます。幸せを探し求める行動から、自分の発する波動により引き寄せるものへと転換していきましょう。

「ありがとう」の波動で幸せを引き寄せる為に大切な8のこと

①忠告してくれてありがとう
②愚痴を聞いたら気づきをありがとう
③失敗したら学びをありがとう
④傷ついた時のありがとう
⑤学んだ時のありがとう
⑥食や物に対するありがとう
⑦すべての出会いにありがとう
⑧ありがとうのブーメランの法則


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐