もう絶対に別れた方が良いカップル7パターン

「彼氏と付き合っている意味ってなんだろう…」恋人とうまくいかないと、思わず考え込んでしまう時がありますよね。周囲からは「もう別れたら?」と言わることもあるでしょう。

だけど、決定的な別れの原因がない限り、なかなか別れを決意するのは難しいものです。そして、ずるずると悩んでいる間に時間が過ぎて結局破局。「時間の無駄だった!こんなことならあの時別れた方が良かった…」と後悔してしまう人も多いのです。

そうならないために、今回は絶対別れた方が良いカップルのパターンをお話します。

 

もう絶対に別れた方が良いカップル7パターン

 


別れた方が良いカップル①常にうっすらイライラしている

普通は恋人と会う時は、ウキウキわくわくと幸せな気持ちになるものです。だけど、付き合っていく内にうまくいかなくなることが増えてくると、徐々にストレスが蓄積されていきます。この状態が続くと、爆発するまでいかなくても、恋人と会っている時は常にうっすらイライラするようになってしまいます。

そうなったら、もう恋人関係が末期の状態です。笑顔の少なくなったあなたを見て、恋人も不満を募らせていることでしょう。決定的な理由がなくとも、二人で楽しく過ごそうという気持ちがなくなっている状態は、別れた方が良いカップルの典型です。いずれ来る別れを待つよりも、サクッと決別した方が良いかもしれません。

別れた方が良いカップル②お互い本音で話し合うことができない

恋人関係は、お互い信頼し合うことが大切です。だけど、最初の内は恥ずかしさや「嫌われたくない」という気持ちがあるから、なかなか本音を言うことはできないですよね。だけど、少しずつ二人の時間を積み重ねて信頼関係を築き、自分の正直な気持ちを話し合えるようになります。

しかし、いつまでたっても恋人の機嫌を伺い、本音を伝えることができず、また、恋人も本音ではなく建て前上仲良くできていればOKという態度が続くのであれば、信頼関係は一向にできあがりません。いずれ気持ちがすれ違い、それが破局に繋がります。お互い本音を言い合っていないと感じ、でもどうしようもできない場合は、別れた方が良いカップルかもしれません。

別れた方が良いカップル③将来のビジョンが違い過ぎる

恋愛の先に結婚を考えている場合、自分と恋人の将来のビジョンが違うというのは、実はかなり致命的なことです。恋愛はお互い全く別の道を歩みながらも継続することができますが、結婚となると話は変わってきます。

二人の将来を考えた時、お互いの将来のビジョンが違い過ぎる場合は、別れた方が良いカップルかもしれません。どちらかが自分の夢を捨て、恋人のサポートに徹する覚悟がない限り、愛情があっても結婚というゴールには辿り着かないことが多いからです。

別れた方が良いカップル④好きという気持ちに温度差があり過ぎる

ものすごく大好きな人と恋人になれるのは幸せなことですが、自分の気持ちと恋人の気持ちに大きな温度差がある場合、恋人を好きという気持ちが自分を苦しめてしまうことがあります。

好きな人には同じくらい自分を好きでいて欲しいという当たり前の感情が満たされず、恋人を束縛しようとしたり、嫌われるのが怖くて自分を殺して遠慮してしまったりと、好きな気持ちが大きい方に負荷がかかってしまうのです。また、追われる方の恋人も、相手の気持ちを重く感じ、少しずつギクシャクしてしまいます。

好きでもない人と付き合うよりずっと幸せという意見もありますが、恋人同士になっても、あまりに苦しい気持ちが続くならば、別れた方が良いカップルかもしれません。

別れた方が良いカップル⑤ときめきゼロでマンネリ化が深刻化

恋には賞味期限があるという説があります。どんなカップルでも、ある程度年数が経過すると、出会った頃のときめきがなくなってしまうという説です。しかし、多くのカップルはラブラブ期を経て安定期に入り、ときめく瞬間こそ減っていきますが、お互いを思いやり、安心して一緒にいられる絆を作り上げていくものです。

もちろん、努力をせずにそのような関係にはなれません。付き合い始めのドキドキが薄れると、手を抜き出すカップルもいるのです。その場合、ある程度の時間が経過すると、ときめきゼロでマンネリ化が深刻化してしまいます。

ここから再び気持ちを盛り上げるのは、お互いに工夫が必要ですが、ここまでくるとそのような気力もなく、惰性で付き合いが続いてしまうことも。そうなったら、もう別れた方が良いカップル認定です。

別れた方が良いカップル⑥二人で過ごす時間を作る努力をしなくなった

忙しいけど会いたい、会えないからせめて声を聞きたい、それが恋心ですよね。付き合い始めは特にその想いが強いものです。しかし、時間には限りがあるもので、徐々にお互いの生活ペースを知るようになり、二人にとって快適なタイミングを探す工夫をしていきます。

この時、恋人同士譲歩しながら二人で過ごす時間を作っていくのですが、この段階で「忙しい」というのを理由に、お互いが二人で過ごす時間を作る努力をしなくなると、徐々に気持ちは冷めていってしまいます。やはり恋愛感情を継続させるためには、実際に会い、触れ合うことが必要で、どんなに忙しくてもその時間を作ろうとすることが、また愛を育むものなのです。

人はいつでも恋人が一番とは限りませんが、一番になる時が少しもないのは、もはや恋ではないのかもしれません。お互いが二人で過ごす時間を作ろうとしなくなったら、別れた方が良いカップルになってしまったということでしょう。

別れた方が良いカップル⑦会えば必ず喧嘩した上に話が平行線

喧嘩するほど仲が良いという言葉がありますが、恋人にも相性があります。会えば必ず喧嘩し、しかも喧嘩した内容が発展せず平行線で、次に会った時に、また同じような理由で喧嘩する場合は、二人の相性は最悪なのかもしれません。

もちろん、恋人と喧嘩をすることは誰にでもあることです。感情的になったり、八つ当たりしたりもすることでしょう。しかし、喧嘩した後、お互い話し合う気持ちを持ち、不満や不安を打ち明け合って、良い関係を築くために歩み寄れば何の問題もありません。

別れた方が良いカップルの場合は、喧嘩したらしっぱなし、お互いが相手の意見を聞き入れず、頑固に突っぱねてしまいます。譲ることも譲られることもしないカップルの相性はやっぱり最悪です。喧嘩別れになる前に、穏便に別れた方が良いかもしれません。


 

最後に

別れた方が良いカップルは、どちらか、もしくは双方が強いストレスを感じています。幸せな恋人付き合いのはずなのに、付き合っていることがストレスになってしまっては、本末転倒ですよね。

しかし、「ここで別れたら今までの努力は何だったのか」とか「別れて独りぼっちになるのが嫌だ」という、「恋人が好き」という理由以外で別れの決断を伸ばす人がいます。これこそが、別れた方が良いカップルの考え方です。

恋人関係は、根底に「恋人を愛していて、恋人に喜んでほしい」という気持ちをお互いに持っていなければ成り立ちません。あなたは恋人にどんな感情を持っていますか?「好き」という気持ちが一番に浮かばないのであれば、もしかしたら決別の時なのかもしれません。

もう絶対に別れた方が良いカップル7パターン

①常にうっすらイライラしている
②お互い本音で話し合うことができない
③将来のビジョンが違い過ぎる
④好きという気持ちに温度差があり過ぎる
⑤ときめきゼロでマンネリ化が深刻化
⑥二人で過ごす時間を作る努力をしなくなった
⑦会えば必ず喧嘩した上に話が平行線


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『神言鑑定』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐