オーラが薄紫色の人が経験する恋愛とその注意点

オーラが薄紫色の人の恋愛傾向を知りたい方へ

オーラが薄紫色の人は、周囲の人が癒やされる雰囲気を持っています。一方、敏感な心を持っているがために、現実世界に適応するには不安な面もあります。恋愛相手とのやり取りは、スピード感のある社会に適応する訓練の1つの役割を果たすでしょう。

本記事では、オーラが薄紫色の人が経験する恋愛とその注意点についてご紹介いたします。

①純粋な心を持っているので恋愛で傷つきやすい

オーラが薄紫色の人は、神秘的な雰囲気で純粋な心を持っています。愛する人をやわらかなベールのように優しく包み込んでいきます。やわらかな優しさは長所でもありますが、反面ちょっとした打撃を受けただけでも、心がつらくなってしまう傾向にあります。 

少しずつ強い心を手に入れていく

最初の恋愛からピッタリと相性の合った人との出会いがあれば、そう問題は起こらないでしょう。しかし、通常はさまざまな性格の人とかかわることになります。普通はそんなに傷付くような内容ではない物事でも、もろい心は反応を起こしてしまいます。何度か恋愛を繰り返す中で、心が傷付きながら、少しずつ強い心を手に入れていくことになります。

②何でも言うことを聞いてくれる人と思われてしまいがち

オーラが薄紫色の人は、表面のやわらかい印象とは別に、芯の強さがあります。自分の中で大切にしている物事は、貫き通すだけの強い意志は持っています。しかし、その強さが表面に出てくることはありません。そのため外見から、何でも言うことを聞いてくれる都合の良い相手であると思われてしまいがちです。

自分の立場を上に置いておきたい相手とは相性が良くありません

都合の良い相手かもしれないと思い近づいてくる相手は、オーラが薄紫色の人に対して、強い態度に出てきます。そんな自分の立場を上に置いておきたい相手とは、オーラが薄紫色の人は相性が良くありません。最初は相手を持ち上げることができても、長続きはしないでしょう。オーラが薄紫色の人の芯が強い部分を最初から理解し、意思を尊重してもらえるような恋愛相手選びをしましょう。

③優美な物腰のため活発な恋愛相手は苦手

オーラが薄紫色の人は、ゆっくりとした時間の使い方をします。優美な物腰のため、周囲の時間の流れが他の人とは異なって見えます。一見、異次元にいる人のように見えることもあります。

活発な相手とは、うまくかみ合うことが難しい

オーラが薄紫色の人は、自分の気持ちに素直な生き方をしていると、何もしなくても自然な形で霊的世界からのメッセージを受けやすい傾向にあります。オーラが薄紫色の人は、活発な相手とは、うまくかみ合うことが難しいです。一生懸命、活発な相手のペースに合わせようと努力しますが、しだいに疲れてしまい関係に無理が生まれます。あまり自分らしくない生き方は望ましくありません。

④感受性が強いため恋愛相手に気を使い過ぎてしまう

恋愛関係の中では、お互いの気持ちをどれだけ理解できるかが、円満な関係を続けるコツの1つでもあります。オーラが薄紫色の人は、恋愛相手の心の変化を敏感に感じとることができます。一方、感受性が強いため、恋愛相手に必要以上に気を使い過ぎてしまう点は注意が必要です。

対等な関係を保つよう努力が必要

恋愛相手が、まだ何も不満を口にしていないにもかかわらず、表情が少し変化しただけでも、気になってしまいます。相手を受け入れる万全の体制でいつでも臨んでいますが、それは相手のためだけではなく、自分自身を安心させるためであったりします。オーラが薄紫色の人は、恋愛相手に対してすでに十分に尽くしているので、もっと対等な関係を保つよう努力が必要であったりします。

⑤繊細なため恋愛相手に指摘されるのは苦手

通常恋愛関係になると、徐々にお互いに言いにくいことも伝え合えるようになってきます。直してほしいところや気になるところなどを、日常の中で会話として伝え合ったりします。オーラが薄紫色の人は繊細なため、恋愛相手に指摘されるのは苦手な傾向にあります。 

言いたいことを伝え合える環境に慣れる必要

恋愛相手からは、ちょっとした気になるところを伝えたつもりでも、オーラが薄紫色の人は、自分を責めて落ち込んでしまったりします。恋愛相手は、人格否定をしたくて、指摘しているのではありません。会話を深く捉えがちなところがあるので、もっとお互い言いたいことを伝え合える環境に慣れる必要があったりします。

⑥現実主義の恋愛は苦手

オーラが薄紫色の人は、芸術的才能を秘めている傾向にあります。霊的世界とつながりやすいため、幻想的な発想が生まれてくることもあります。一方、現実的な世界では、住みづらさを感じます。心を後回しにしなければいけない、スピード感のある現実に順応することは苦手です。

芸術的な内面までしっかり認めてくれる恋愛相手選びが大切

恋愛相手が現実主義の人の場合には、心がついていくことが大変になるでしょう。オーラが薄紫色の人は、どこか現実離れしたところがあり、独自の神秘的世界に魂が存在しています。現実の世界で必要とされる、シビアな環境は苦手です。そのため、現実しか見つめないタイプの恋愛相手の場合には、自分の居場所がないような感覚に陥ってしまいます。芸術的な内面までしっかり認めてくれる恋愛相手選びが大切です。

⑦オーラが薄紫色の苦手なオーラカラーは「オレンジ色」

オーラが薄紫色の人は、落ち着いて同じ環境を繰り返し優雅に過ごしたいと考えます。一方、オーラがオレンジ色の人は、新たな冒険を好むので、2人の意見が合わない傾向にあります。 

どちらも落ちつかない感覚になるでしょう

オーラが薄紫色の人もオーラがオレンジ色の人も、華やかな雰囲気を持っています。しかし、その華やかさの種類に違いがあります。オーラが薄紫色の人の華やかさは、優美でゆったりとした雰囲気です。一方、オーラがオレンジ色の人は、社交的でパワフルな雰囲気です。どちらのオーラの人も、その魅力に惹かれ周囲に人々が集まってきますが、その集団の周波数は異なっています。そのため、オーラが薄紫色の人とオーラがオレンジ色の人が一緒にいると、どちらも落ちつかない感覚になるでしょう

オーラが薄紫色の人は、繊細で敏感な感情を持っていて、必要以上に相手の感情を察知してしまう傾向があります。一方、オーラがオレンジ色の人は、相手の気持ちを見抜く能力はあまり得意ではありません。自分自信が持っている社交的な陽気さで、相手の気持ちを引き込んでいきます。このように、2つのオーラは対照的な部分を持っています。

オーラがオレンジ色の人が経験する恋愛とその注意点

⑧オーラが薄紫色の人と相性良いオーラカラーは「水色」

オーラが薄紫色の人の落ち着いた雰囲気と、オーラが水色の人の上品な雰囲気は、相性が良い傾向にあります。この2つのオーラの共通点は、周囲の人が癒やされるような気質を持っています。どちらのオーラも存在感はありますが、人を押しのけてまで前に出たいとは思いません。繊細なオーラが薄紫色の人と、温厚なオーラが水色の人とは、波長が合いやすかったりします。

オーラが水色の人が経験する恋愛とその注意点

以上、オーラが水色の人の恋愛傾向でした。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
オーラが薄紫色の人は、周囲の人の心の癒やしになるような優美な印象を持っています。思慮深さがあり、謙虚で慈愛にあふれているので、前面に自分を出すことはありません。神秘的な雰囲気は表面上そう見えるだけではなく、実際に現実世界からかけ離れたところに魂の居場所があったりします。恋愛を通じて、無理をしない程度に、現実のペースに少しずつ慣れていくことが課題であったりします。

オーラが薄紫色の人が経験する恋愛とその注意点は

  • ①純粋な心を持っているので恋愛で傷つきやすい
  • ②何でも言うことを聞いてくれる人と思われてしまいがち
  • ③優美な物腰のため活発な恋愛相手は苦手
  • ④感受性が強いため恋愛相手に気を使い過ぎてしまう
  • ⑤繊細なため恋愛相手に指摘されるのは苦手
  • ⑥現実主義の恋愛は苦手
  • ⑦オーラが薄紫色の人が苦手なオーラカラーは「オレンジ色」
  • ⑧オーラが薄紫色の人と相性良いオーラカラーは「水色」

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『もっと輝きたい貴女のために』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『全員0円』鑑定してもらえます。

⇒2019年の運勢が気になる方は、是非お試しを!⇐