オーラがオレンジ色の人が経験する恋愛とその注意点

オーラがオレンジ色の人が経験する恋愛とその注意点オーラがオレンジ色の人は、社交的で華やかな性格、自信に満ち溢れているため、自然と周囲に人々が集まってきます。パワフルなエネルギーは、次々と新たな世界を開拓していく能力があり、冒険家などに多く見られる色です。

開放的な心は壁を作らず周囲の人々を楽しませてくれます。交際相手には不自由はしませんが、常に変化を求める性格は、交際を長続きさせるには少し努力が必要です。

今回はオーラがオレンジ色の人が経験する恋愛とその注意点にについてご紹介します。

 

オーラがオレンジ色の人が経験する恋愛とその注意点

 

①相手を見抜く能力が低い

オーラがオレンジ色の人は、陽気で社交的な性格のため、その明るさからくる魅力に惹かれ相手から交際を申し込まれことがよくあります。本当にその相手とうまくいくかどうかという所まで深く考えないで、その場の波長が合えば、OK!をしてしまいがちです。

オーラがオレンジ色の人は、自分自身を華やかに表現することは得意ですが、恋愛相手が自分と相性が良いかどうか見抜く能力はあまり高くないので注意が必要です。常に刺激を求める傾向にあり、実際付き合いはじめたら、「静かでおとなしく一緒にいてもあまり楽しくない」と感じると、途端に恋愛感情が冷めてしまうことがあります。

②周囲との温度差が理解しにくい

オーラがオレンジ色の人は、パワフルなエネルギーを持っていて、誰も思いつかないようなアイデアを生み出すことが得意で、常に活発に動き続けています。興味のあることは、時間やお金、労力すべてを費やして没頭していきます。そして自分の思うような結果が出るまで、止まることはありません。

オーラがオレンジ色の人は、誰よりもチャレンジ精神が旺盛のため、興味のあることに挑戦しないという選択肢はありません。やりたいことをするのは当たり前という自分の考えと、周囲の人々のやりたくてもできないことがあるとの考えのギャップが理解しにくい点は、注意が必要です。

恋愛相手に対しても、「どうして簡単にあきらめてしまうのか?」「どうして自分に素直な生き方をしないのか?」理解できない所から温度差が生まれてしまいます。

③視野が狭くなりがち

オーラがオレンジ色の人は、自分の世界を何より大切にします。興味のあることに対しては、貪欲に追求をしていきます。周囲の人達にとっては、そこまで興奮するようなことではなかったりします。自然に自分のことは分かってくれると思っているので、理解を得るための説明などは苦手です。

オーラがオレンジ色の人は、集団で同じ行動をするというよりは、個人で活動する職業の方が向いています。恋愛相手に対しても、わざわざ説明しなくても分かってくれると思っている点は注意が必要です。興味あることに対するエネルギーを惜しむことがない分、その他の物事にはあまり興味がなく視野が狭くなりがちです。

交際相手も最初のうちは合わせてくれるかもしれませんが、日常的になると、強い意思や情熱は、引かれてしまう場合もあります。時には、相手の好みやペースはどのくらいなのか振り返り気遣うことも必要です。

④精神論を唱える人は苦手

オーラがオレンジ色の人は、現実主義者の傾向にあります。誰も足を踏み入れたことのない世界には心がワクワクしパワフルな力で迷いもなく進んでいきます。ともかくやってみるという姿勢が常にあり、実行力により道を切り開いていく運勢を持っています。

オーラがオレンジ色の人は、言葉で納得させるようなタイプの人は、あまり理解できずイライラしがちになるので注意が必要です。すべての人がバイタリティ溢れる能力を持ち合わせているわけではありません。自分はできると思い込むことで、成功に導いていく人も存在します。恋愛相手には、精神論を唱えるタイプの人とは相性が良くないかもしれません。

しかし、別な方法で人生を進んで行く人がいることを、身近で感じることで、オーラがオレンジ色の人の欠けた部分が補われ、より成長することにつながっていきます。

⑤好奇心を満たしてくれる相手は楽しいがぶつかる

オーラがオレンジ色の人は、積極的で好奇心を満たしてくれる人に対して、とても魅力を感じます。恋愛面でも個性の強いタイプに興味を示します。告白されるより、振り向いてはくれなさそうな人を振り向かせることに、燃えるタイプです。

オーラがオレンジ色の人は、堅実な人より、少しくらいスリルを感じるような方の人に惹かれる傾向にあるので注意が必要です。興味だけで恋愛相手を選んでしまうと、危険なタイプの人の可能性もあります。

また、好奇心を満たしてくれるような個性的な人とは、共通点のある物事を行っている時は良いのですが、意見が異なる場合には、お互い譲り合うことはないため衝突することになりがちです。

⑥束縛を嫌うわりには相手の行動は把握していたい

オーラがオレンジ色の人は、独自のペースを持っていて、多くの人達と同じサイクルで動くことは苦手です。そのマイペースさが周囲の人達が気づかない世界の発見につながっていったりします。そのため束縛という形を本能的に嫌う傾向にあります。

そのわりにオーラがオレンジ色の人は、恋愛相手の行動は自分で把握していないと不安になるギャップを持っています。常にどこでどんなことをしているのか把握しようとする点は注意が必要です。恋愛相手には、束縛をしない人で、まめに連絡をしてもイヤがらないタイプの人であるとストレスなく交際することができます。

⑦帰るべき安定した家庭を求める

オーラがオレンジ色の人は、華やかな明るさから、自然に周囲に人が集まり、告白されることも多く、恋愛相手には不自由することはありません。しかし、常に刺激を求めるため、マンネリ化すると恋愛感情が冷めてきてしまい長続きしない傾向にあります。そんな中でも、孤独は耐えられないので、安定した結婚生活を求める気持ちを持っています。

オーラがオレンジ色の人は、冒険心や斬新なアイデアを生み出す才能のアンテナが活動しているため、自分で休息をとることが苦手です。常にフル回転になってしまう点は注意が必要です。そんな自分の身体や精神をリラックスさせてくれるような大らかな結婚相手が必要です。どんなに活動しても家庭に戻ればホットできるような空間を作ってくれる相手が理想です。

 

最後に

オーラがオレンジ色の人は、行動力があり、次々と新たな物事に挑戦していくバイタリティ溢れる性格です。困難なことが起こることは自分自身を成長させることができるという考えを持っています。自分が好きなことは相手も喜ぶに違いないと、ひとりよがりになる傾向もあります。相手の感情を読み取る力は弱いので、さまざまなタイプの恋愛相手は、欠けた部分を成長させてくれる大切な学びの場所の役割を果たします。オーラがオレンジ色の人は、最終的には、すべてを理解してくれる穏やかな結婚相手にめぐり会えることが多いです。

オーラがオレンジ色の人が経験する恋愛とその注意点

①相手を見抜く能力が低い
②周囲との温度差が理解しにくい
③視野が狭くなりがち
④精神論を唱える人は苦手
⑤好奇心を満たしてくれる相手は楽しいがぶつかる
⑥束縛を嫌うわりには相手の行動は把握していたい
⑦帰るべき安定した家庭を求める

オーラの色で恋愛傾向診断★24色の意味と相性を解説
オーラの色で恋愛傾向を知りたい方へ。オーラは、その色によりさまざまな恋愛の傾向があります。オーラの色により、苦手なタイプや居心地の良いタイプも分かります。本記事では、24色のオーラの色の恋愛傾向や意味や相性についてご紹介いたします。

★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたのが選んだカードや誕生日などの情報をもとに導き出される『神秘のタロットカード』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪オリジナルカルテ≫を初回無料でプレゼント致します!

⇒運命を知り、最高の幸せを掴みたい人は是非やってみてください。⇐

①女子力UP・自分磨きオーラ

この記事のライター
Kasumisou-

幼少期は、数秒先から数日先の出来事を言葉に発することがあり、大人になってからは、別の場所で起こっている事を夢で見るなど、不思議な体験をしてきました。スピリチュアルな世界からの学びと、自分の経験とを結びつけるため、答え合わせの毎日を送っています。記事を読んでくださる方々の、幸せな未来へのお手伝いが少しでもできればと思っています。

Kasumisou-をフォローする
恋愛&結婚あれこれ