オーラが水色の人が経験する恋愛とその注意点

オーラが水色の人は、上品でさわやかな印象を持っています。イライラしている人達が多い場所で、一旦冷静になるきっかけをつくることができる存在の人です。温厚な性格は、心地よいリラックス感をまとっています。

優しさで人々に癒しを与えることができますが、どんなことでも引き受けてしまう、お人好しの面もあります。

今回はオーラが水色の人が経験する恋愛とその注意点についてご紹介します。

 

オーラが水色の人が経験する恋愛とその注意点

 


①忙しい環境は苦手

オーラが水色の人は、一緒にいるだけで、落ち着いた気分になる癒しのパワーを持っています。日々の何気ない生活の中からでも、インスピレーションが湧いてくるタイプの人で、芸術面での才能がある人もいます。

オーラが水色の人は、大空に浮かぶ雲が、風により動いたり形を変化させたりするように、自分というよりは、周囲の環境により左右される傾向にある点は、注意が必要です。そのため目まぐるしく忙しい環境は、性格に合っていません。自分の感性をじっくり確認する時間が必要で、恋愛相手もいつも忙しそうにしているタイプの人とは、あまり相性が良くありません。

②脇役で満足してしまう

オーラが水色の人は、理性的な性格で平穏な時を過ごすことを好みます。

積極的に人前に出るタイプではなく、その場を円満におさめることを重視し、すべての人々を尊重しようとする気持ちを持っています。

オーラが水色の人は、恋愛面でも積極的に自分をアピールすることは苦手な点は、注意が必要です。好きな人がいても、友人も同じように好意を持っていることがわかると、自分は脇役でかまわないと考えてしまいます。その場の雰囲気が悪くなることが苦手な面と、友人より自分の方が劣っているという自信のなさから、現状維持の選択をしやすくなります。どんな分野でも良いので、「これが自分は得意だ!」というものを身につけることで、少しずつでも消極的な面を解消していきましょう。

③恋愛相手に振り回される可能性もある

オーラが水色の人は、優しい性格で、サービス精神が旺盛な面があります。自然な雰囲気で、どんな人にも合わせることができます。一緒に過ごしている人達も居心地が良いため、ついつい無理難題もお願いしてしまう傾向にあります。

オーラが水色の人は、恋愛相手に振り回される可能性もある点は、注意が必要です。恋愛相手も最初は遠慮がちにお願いごとをしていたとしても、だんだん慣れてきて、どんなことでも素直に聞き入れてくれるとわかると、しだいにわがままになってくる可能性もあります。平穏を重要視し過ぎるだけでなく、自分の感情表現も大切にしましょう。

④控えめな性格は愛情表現が苦手

オーラが水色の人は、あっさりとした性格で、無理に人の心の奥に入り込んでいくことはしません。けして興味がないわけでも、かかわることがイヤなわけでもないのですが、相手が必要としていない時期に、むやみ心の中に踏み込んでいくことはしません。

オーラが水色の人は、自然の流れに身を任せる傾向があります。控えめな性格は恋愛相手に、「愛情があるのかどうかわからない」と受け取られることがある点は、注意が必要です。相手の状況ばかり気を使い、感情を心の奥にしまい込んでいると、恋愛相手は、あまり自分に興味がなくなってしまったのかと勘違いしてしまうことも考えられます。恋愛感情をしっかりと言葉にして伝えるようにしましょう。

⑤新たな世界に踏み出す勇気に欠ける

オーラが水色の人は、繊細な心を持っているため、環境が急に変化することは苦手です。傷つくことへの恐れもあり、なんとなく無難な状況でいる方が静かに落着いていられます。

オーラが水色の人は、新たな世界に踏み出す勇気に欠ける点は、注意が必要です。恋愛面でも失恋したりして落ち込んでしまうと、立ち直るには長い時間がかかります。好みのタイプとの出会いがあったとしても、また悲しい思いをするのは耐えられないと感じ、告白することをためらってしまう傾向にあります。持ち前の癒しのオーラはとても魅力的です。自信を持って次の恋愛を手にいれましょう。

⑥受け流しているようにみられてしまう

オーラが水色の人は、誰かに相談をするより、されるタイプです。人の悩みを聞いていても苦にはなりません。一緒にいる人は、気持ちが浄化される感覚になり、心地よい空気に満たされます。困難な事が起きても偶然ではなく必然であるとありのままに受け入れることができます。

オーラが水色の人は、悩みを相談される側に立つことが多いのですが、その時に、強い意見を述べたりはしません。自然体で聞いているので、人によっては、「本当に親身になって聞いてくれているの?」と受け流しているようにみられてしまう点は、注意が必要です。「その場の空気のようにただ聞いてくれればいい!」という恋愛相手であれば、最高の相談者ですが、大きなリアクションをほしいタイプの恋愛相手には、不満が残る可能性があります。

ありのままの自分でいることも大切ですが、相手によって積極的なリアクションをするように心がけましょう。

⑦リードしてくれる危険なタイプを選んでしまうこともある

オーラが水色の人は、面倒見が良く、人の役に立つことで自分を保つ面を持っています。癖のないさわやかな性格は、恋愛相手には、自分にはないものを求める傾向にあります。

オーラが水色の人は、リードしてくれる人に惹かれるため、危険なタイプの人を選ばないように、注意が必要です。恋愛相手が喜ぶ顔が見たいために、要望に何でもこたえてしまう、お人好しな面も持っています。奉仕する精神が強く、積極的に前面に出るのではなく陰で支えます。頼まれると断ることができないため、恋愛相手に振り回されないようにしましょう。

⑧エネルギーが強すぎる人とは相性が良くない

オーラが水色の人は、感受性が豊かで、さまざまな物や人から発せられるエネルギーを、直観で感じながら生活しています。繊細な性格は、時の流れに任せたゆっくりとした時間を好む傾向にあります。

オーラが水色の人は、恋愛相手のエネルギーが強すぎると疲れてしまい長続きしない可能性もある点は、注意が必要です。「個性が強くアクティブな恋愛相手と交際し、新たな自分を発見する!」としっかりとした覚悟を持っていれば問題はありません。しかし、なんとなく、交際を申し込まれたから、という程度の感情で付き合いはじめると、細かなことを気にしない行動的な恋愛相手と、綿密さや静寂を好む自分との温度差が生まれてきます。

あまり感情を表に出さない傾向にありますが、無理に我慢をして恋愛相手に合わせるのではなく、「今自分はこうしたい!」と積極的に言葉にして伝えるようにしましょう。


 

最後に

オーラが水色の人は、さわやかな開放感を周囲の人に与えることができます。一緒にいると頑張らなくてもよく、心地よくいられ、リラックスさせてくれる人です。人に警戒心を感じさせないため、さまざまな性格の人々が周囲に集まってきます。穏やかで人当たりが良い性格は、自己中心的に行動することはありません。恋愛面では、いつも平和的に現状維持することを大切にしていますが、多少の冒険もしながら、新たな世界に踏み出す勇気もプラスされると、欠けている部分が補われ、バランスのとれた生活になります。

オーラが水色の人が経験する恋愛とその注意点

①忙しい環境は苦手
②脇役で満足してしまう
③恋愛相手に振り回される可能性もある
④控えめな性格は愛情表現が苦手
⑤新たな世界に踏み出す勇気に欠ける
⑥受け流しているようにみられてしまう
⑦リードしてくれる危険なタイプを選んでしまうこともある
⑧エネルギーが強すぎる人とは相性が良くない


《たった3分で運命を変える方法 〜奇跡のスピリチュアル診断〜》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

生年月日や血液型などの情報から導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。

⇒変化が欲しいなら、今すぐ『全員0円』鑑定を試してみてください!