相性が良いか悪いかスピリチュアル的に診断する方法

スピリチュアル的な出会いは、前世からのつながり、過去世からのカルマ、今世での課題などが関係しているという考え方があります。そのような中で、なるべく相性の悪い相手とは速やかにカルマを解消し、相性の良い相手との出会いを大切に育てていけたなら、幸せな時を過ごしていくことができるのではないでしょうか。

人と人の引き寄せ合いは、その時々のお互いの波長が大きく関係しています。今回はその波長の観点から、相性が良いか悪いかスピリチュアル的に診断する方法についてご紹介します。

 

相性が良いか悪いかスピリチュアル的に診断する方法

 

食事をしている時に心地よさを感じるか

肉体を持った魂は、命をつなぐために食事をすることは必要不可欠な事です。食事をしている時に心地良さを感じるかどうかで、自分と相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

通常は、もちろん食の好みが一緒であれば、無理なく付き合うことができます。一方、スピリチュアル的には、たとえ同じものが好きでなくても、食べている空間にいる時に、お互い心地良い空気が流れているかどうかが大切です。どんな物をどんな食べ方をするかではなく、命の維持のためのエネルギー補給の時空間に一緒にいて心地良ければ相性が良く、違和感がある場合にはあまり相性が良くはありません。

背伸びや無理をしないでいられるか

基本的に今の自分の波長に合った人は、居心地が良く感じます。背伸びや無理をしないでいられるかどうかで、自分と相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

その時々の波長にも幅があるので、すべてが同じというわけではありませんが、どこか共通点のような同じ周波数の部分が存在しています。どちらかが少し高い波長で、もうひとりがその波長に引き上げられるようにして、お互い成長し合える相手は相性が良いと言えます。

一緒に話しをしたり過ごしたりしている時に、本来の自分ではない別の姿をして背伸びや無理をして合わせなければいけない場合には、あまり相性が良いとは言えません。

自分自身が主体性を持っているか

一緒に過ごす人の中には、楽しく新しい知識も入ってきてなんの違和感もない人もいます。そこで一歩引いた位置から自分の姿を見た時に、自分自身が主体性を持っているかどうかで、相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

一緒に過ごしている時に、相手のペースにリードされるだけでなく、自分も主体性を持って話しをすることができ心の余裕がある場合には、相性が良い相手であると言えます。

一緒にいると充実感を味わうことができるけれど、自分のペースとはかけ離れていて、ついて行くにはいつの間にか必死にならないといけなかったりする場合には、あまり相性が良いとは言えません。

精神面で対等さを感じるか

しっかりと自分の意思表示をすることができるようになることが今世での課題の1つである場合には、精神面で対等な立場で付き合えるかどうかで、相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

趣味や仕事など表面的にどちらかが優れていることは問題ありませんが、精神面では上下関係ではなく、対等な人格同士として自分の気持ちを伝えることができる関係が、相性が良い相手であると言えます。

スピリチュアル的には、自分自身の欠けている部分に気づくための出会いというものもあります。例えば、はっきりと自分の意思を相手に伝えることが苦手な場合、強引に抑圧的な態度をとる相手と恋愛関係になりやすかったりします。そこにしっかりとはまってしまうと、強引な相手から抜け出すことができず、自分の魂はどんどん萎縮してきてしまうので相性が良い相手とは言えません。

トラブルが起きた時に気まずい関係にならないか

どんなに仲の良い恋人同士でも長い期間交際していると、なんらかのトラブルが起こることがあります。トラブルが起きた時に気まずい関係にならないかどうかで、相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

予期せぬトラブルに見舞われた時には、魂本来の気質が表れやすくなります。予定通りにいかなかったことにイライラして攻撃的な感情を出してしまう人もいます。トラブルに対してどんな態度でどんな感情を持って対処していくかは、相性の良い人を見極めるには最適な場面と言えます。

どちらかが原因で起きたトラブルの場合、解決策を考えるのではなく、一方的に責められる場合には、相性が良い相手とは言えません。

自然の笑顔でいられるか

出会って間もない人と一緒にいることは、相手がどんなことが好きでどんなことが嫌いなのかもわからないため、とても緊張するものです。その時に自然の笑顔でいられるかどうかで、相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

相手の会話がおもしろいとかいう基準ではなく、たわいもない会話をしているにもかかわらず、自分自身自然の微笑みが浮かんでくるような場合には、相性の良い相手であると言えます。

通常は、知り合ったばかりの人と話をする時には、差し障りのない会話やあまり興味のない内容でも話しを合わせたりします。自分自身が最後まで作り笑いをしていたなと感じるようであれば、あまり相性が良い相手とは言えません。

未来をイメージできるか

出会った人と一緒にいる時に、その人との未来をイメージできるかどうかで、相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

未来をイメージできる時期は、人によって異なりますが、初対面で会った瞬間にひらめくこともあります。また、さまざまな場面を過ごすうちにいつの間にかこの人と一緒にいたらどんな未来になるのだろうとふと感じる場合には、相性の良い相手であると言えます。

逆に、今は楽しいけれど未来をイメージした時に一緒に頑張れる気持ちが湧いてこない場合には、いずれ破綻する時期が訪れる可能性が高くあまり相性の良い相手とは言えません。

別れた後優しい気持ちが保たれているか

一緒に行動している時には、お互いやりたいことをこなして行けて問題に気づかない場合もあります。その後それぞれの家に帰宅した後、優しい気持ちが保たれているかどうかで、相性が良い人かどうかをスピリチュアル的に診断することができます。

人と人同士は楽しく一緒に過ごすことにより、魂にエネルギー充電をしたり、浄化されたりします。その後ひとりになった時間に自分自身の気持ちが優しく穏やかな気分でいられるようであれば、相性の良い相手であると言えます。

一方、帰宅してから相手が目の前にいないにもかかわらず、意味もなくイライラして気持ちが落ち着かないような場合には、自分の波長が乱れていることが考えられます。そのような場合には、相性の良い相手とは言えません。

 

最後に

相性が良い相手かどうかは、魂本来が持っている気質のようなものだけでなく、その時々の波長の状態も関係してきます。波長が低い状態の時には、やはり波長が低い人を心地良い相手と感じてしまうことがあります。自分に合った相性の良い人と出会えるように、普段から波長を高めるよう努力が大切です。

相性が良いか悪いかスピリチュアル的に診断する方法

①食事をしている時に心地よさを感じるか
②背伸びや無理をしないでいられるか
③自分自身が主体性を持っているか
④精神面で対等さを感じるか
⑤トラブルが起きた時に気まずい関係にならないか
⑥自然の笑顔でいられるか
⑦未来をイメージできるか
⑧別れた後優しい気持ちが保たれているか


★あなたに訪れる運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。結ばれるべき運命の人も、適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『恋と運命の真実』では、あなたが背負っている運命星から、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら250名様限定で鑑定してもらえますよ。

幸運を知りたい方は、是非お試しください!