恋愛対象として相性が良いかスピリチュアル的に診断する方法

恋愛相手のタイプは人それぞれ、外見や価値観が一緒など具体的な希望を誰でも持っているのではないでしょうか。なかなか自分の思っている条件の人にめぐり会うことができない場合、別の視点から恋愛相手探しをしてみると、思ってもみなかったところに、相性が良い恋愛相手が存在しているかもしれません。今回は、恋愛対象として相性が良いかスピリチュアル的に診断する方法についてご紹介します。

 

恋愛対象として相性が良いかスピリチュアル的に診断する方法

 

①会う約束の前後にプラスの出来事が起こる

スピリチュアル的に人と人が出会うには、その時の波長が合っていることが条件の1つになるという考え方があります。その視点からは、自分の波長が低い時には、カルマメイトといって、過去世からのマイナスのつながりの相手と出会いやすくなります。自分にとって良きパートナーに出会うのには、波長を高める生活を送ることが大切です。

その中で、目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、会う約束の前後にプラスの出来事が起こるかどうかで診断する方法があります。自分の波長が高い状態にあると、障害になるものが自然に消えたタイミングで進むことができたり、考えていたことをベストな時期にはじめることができたりします。相性の良い人と会う時の前後に、ラッキーと感じられる物事が頻繁に起こるようであれば、プラスの波長で引き寄せ合った、相性が良い相手の可能性があります。

②パーソナルスペースを感じない

誰でもオーラを持っています。オーラには、その人本来の気質を表している部分と、その日の気分や体調により変化する部分があります。そんなオーラ同士が接触する時には、違和感がある場合と、癒されるような心地良い場合などさまざまな感覚が生まれます。

どんなに外見が好みのタイプの人であっても、同じ空間で過ごしているうちに、自分の体調に変化が起きたり、気分がイライラしてきたりする場合には、その人との相性はあまり良くないことがあります。目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、パーソナルスペースで診断する方法があります。

パーソナルスペースとは、相手が自分に近づいても許せる心の距離のことです。相性が良い人とは、同じ空間にいてもパーソナルスペースをあまり感じることはありません。お互いのオーラが重なった時に、いつの間にか違和感なく近づいて話しをしているような場合には、相性が良い相手の可能性があります。

自分の気づいていない部分の気づきがうまれる

スピリチュアル的に恋愛相手として相性が良い人は、お互い意気投合して楽しく一緒に行動できる相手とは限りません。スピリチュアル的観点からは、恋愛はさまざまな感性を学びながら未熟な部分を成長させていくために出会いが訪れるという考え方があります。

目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、自分の気づいていない部分の気づきがうまれるかどうかで診断する方法があります。自分のことは自分が一番わかっていると思っていても、過去世から持ち越してしまった未熟な部分はまだ気づいていない場合もあります。そんな今世での課題の部分について気づかせてくれる人は、今世で出会うことになっていた相性が良い相手である可能性もあります。

以前会ったことがあるような気がする

スピリチュアルの世界では、寝ている間に霊的世界に魂が戻り、エネルギーの充電のようなことをしたり、魂の仲間と会ったりしているという考え方があります。その時に未来に出会うはずの人と、事前に霊的世界で会っている場合があります。

目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、会ったことがあるような気がするかどうかで診断する方法があります。初対面であるのに、以前にも会ったことのある気がする場合には、霊的世界で事前に出会っている可能性があります。なぜか懐かしい感覚があったりする場合には相手のことを何もまだ知らなくても、相性が良い相手である場合があります。

声が心地よい

スピリチュアルの世界では、魂は成長と浄化のために何度も生まれ変わりを繰り返していると考えられています。誰もが今世に生まれてきた時には、過去世で会った時とは異なった肉体をまとっているので、お互いを認識することは大変なことです。

目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、声で診断する方法があります。例えば病気や事故などで意識がない状態の時に、「こちらには来てはいけない。戻りなさい。」という声が聞こえた後、意識が戻り奇跡的に命を取り留めたという話もあります。ご先祖様に今世へ戻るよう声で導いてもらったという場合があります。そのように声というものは、魂と深い関係性があると考えられています。声が心地良い場合には、魂同士のなんらかのつながりがあり、恋愛相手として相性が良い可能性があります。

匂いが好き

声と同じように匂いも霊的世界と関係があると考えられています。匂いがするはずのない所で、お線香の匂いがしたり、すでに亡くなっている人が使っていた香料の匂いを感じたりする場合には、自分に何かを知らせてくれている場合もあります。

目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、匂いで診断する方法があります。生物学的に匂いに違和感がない人同士の方が、相性が良いという説もあります。スピリチュアル的にも匂いが好きな人同士は、魂の相性が良い可能性があります。

沈黙に違和感がない

肉体を持った魂同士は、外見だけでは相性が良いかどうかを判断するのは難しいことです。なぜなら、本心ではない言葉、着飾る服、正反対の行動などさまざまなものを魂の上にまとって生活しています。

目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、沈黙の時間で診断する方法があります。相性が良くない人同士でも、何かすることがあればなんとかその場を過ごすことはできます。しかし、沈黙の時間を一緒に過ごした時に違和感なく過ごすには、相性が良い相手でないと難しいものです。沈黙の時間は、なんの飾りもない本来のオーラの状態になりやすので、相性をみる判断の時に適しています。

心が重くならない

スピリチュアル的には、人はエネルギーのかたまりであるという考え方があります。自分の中のマイナスエネルギーが増えていくと、体調を崩したり、自信を失ってしまったりします。プラスのエネルギーがたまってくると、強い力を発揮できるようになっていきます。

目の前の人が自分と相性が良いかどうかは、心が重くならないかどうかで診断する方法があります。相手が怒りや嫉妬などのマイナスエネルギーを多く持っている人と一緒にいると、自然に自分のエネルギーもマイナスの方向に傾いていってしまい、心が重くなってきます。逆に調和や愛情を持っている人といると、プラスのエネルギーの影響を受け、心が軽くなる感覚があります。心の重さは、お互いのエネルギー体の相性が良いかどうかの判断の1つにすることができます。

 

最後に

誰もが自分らしくいられる時が最も心が安定し、最大限の力を発揮することができるといわれています。スピリチュアル的には、わがままを許してくれる相手が相性の良い人というわけではありません。自分でも気づかなかった面に光を与えてくれる相手が良いパートナーという考え方があります。自分の中でこれまで否定され続けてきた部分を排除するのではなく、あえて自分の一部と認め、上手につきあっていくために、一緒に歩いてくれる相手こそ、スピリチュアル的に相性が良い相手といえます。

恋愛対象として相性が良いかスピリチュアル的に診断する方法

①会う約束の前後にプラスの出来事が起こる
②パーソナルスペースを感じない
③自分の気づいていない部分の気づきがうまれる
④以前会ったことがあるような気がする
⑤声が心地よい
⑥匂いが好き
⑦沈黙に違和感がない
⑧心が重くならない


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『もっと輝きたい貴女のために』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『全員0円』鑑定してもらえます。

⇒2019年の運勢が気になる方は、是非お試しを!⇐