オーラが茶色の人が経験する恋愛とその注意点

オーラが茶色の人の恋愛傾向を知りたい方へ。

オーラが茶色の人は、恋愛相手をまるごと包み込むことができ、暖かみがあります。安定を好むため新たなことへのチャレンジは苦手です。こだわりが強い点は、融通がきくように変化していくことが学びの1つであったりします。また、からだの一部が茶色や灰色のオーラになっている場合には、その部分が体調不良になっているケースもあります。

本記事では、オーラが茶色の人が経験する恋愛とその注意点についてご紹介いたします。

①年齢より上にみられがちなので恋愛相手を探す時は外見を明るめに

オーラが茶色の人は、落ち着いた雰囲気で、地に足がついた考え方をします。年齢より年上に見られることも多く、仕事の面などにはプラスに働きますが、恋愛の面では、改善した方が良い場合もあります。

自分の気持ちが変化や冒険に挑戦することが苦手

オーラが茶色の人は、一度はじめたことは最後までやり抜く力を持っています。自分の身の回りのことも継続を好み、変化を嫌う傾向にあります。そのため、日々変化するファッションが自分には似合わないのではないかと考えてしまい、以前と同じような系統のものになりがちです。けして似合わないのではなく、自分の気持ちが変化や冒険に挑戦することが苦手なだけであったりします。

服や髪型、メイク方法など新たな分野に挑戦してみましょう

現時点で恋愛相手がいないのであれば、是非、服や髪型、メイク方法など新たな分野に挑戦してみましょう。自分でアクションを起こすことが難しい場合には、友人などにどんなものが似合うか聞いたりして、協力してもらいましょう。

②自己愛が強く、プライドを維持できる恋愛相手を選びがち

オーラが茶色の人は、自己愛が強く、外からの影響を受けにくい傾向にあります。自分ならではの生き方を持っていて、それを周囲の人に承認されることでエネルギーを蓄えていきます。自分の生き方を、提供することで、プライドを高く保持していられます。 

恋愛相手は自分の価値を認めてくれる人を選ぶ

そのため恋愛相手選びも、追いかける恋愛というよりは、自分の価値を認めてくれる人を選ぶ傾向にあります。もちろん恋愛関係では、自分を認めてくれる人を選ぶことは大切です。一方、異なった意見を言ってくれる人も、自分自身を成長させるためには、必要なことです。

オーラが茶色の人は、一旦こうと思ったことは、貫き通す強い心を持っています。その気質が生活の中で役立つこともありますが、新たな情報を取り入れる時には障壁になることもあります。何もかもOK!を出してくれる恋愛相手がベストとは限りません。別の視点を持った人でも、きらめきを感じることができたなら、交際してみると、新たな自分を発見できる可能性もあります。

③好奇心旺盛で恋愛相手のプライバシーに入り込み過ぎてしまう

オーラが茶色の人は、包容力があり、気になった人は細部まで面倒をみたくなる傾向があります。好奇心も旺盛なため、恋愛相手のすべてを知りたいと考えるようになり、プライバシーに入り込み過ぎてしまう点は注意が必要です。 

恋愛相手のことであれば、すべてを知っておきたいと考えるのは、自然なことです。しかし、恋人とはいえ、自分とは別の魂を持っています。これまでの今世で経験してきた内容も異なりますが、過去世の経験もそれぞれ別のものを持っています。同じものを見ても、受け取り方や感情の動き方など、違いが生まれるのは当然のことです。そこで、大人同士であれば、その場の雰囲気を壊さないために、意見を合わせてみたりするものです。

踏み込まない方が幸せなことも

オーラが茶色の人は、知らなくても良いところまで、本心はどうなのかなどと入り込んでしまうところがあります。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があります。どんなに愛情のある人同士であっても、踏み込まない方が幸せで円満に過ごせるという「適度な加減」というものが存在しています。自分が安心するために、相手を追求することは控える必要があります。

④安定を求めるため、恋愛相手と結婚相手が一致する

恋愛の形はそのカップルの数だけさまざまなパターンが存在します。その中でも、恋愛と結婚は別と考える人もいます。例えば、恋愛相手は、自分をリードしてくれて、ノリが良く、レジャーなどたくさん楽しみたいので、お金を使うことに躊躇しない人が良い。一方、結婚相手としては、自分が主導権を握りたいので、逆に言うこと聞いてくれるタイプで、お金に対しても堅実な人を望む、など。

自分のパートナーに冒険的なことは望みません

オーラが茶色の人は、恋愛相手と結婚相手は一致する傾向にあります。現実主義のオーラが茶色の人は、自分のパートナーに冒険的なことは望みません。自分の意見をしっかり聞き入れてくれて、コツコツと地道な活動ができるような人を、恋人として夫婦として望む傾向にあります。そのため、自分の意図する条件にピッタリの人が現れたら、交際期間は短く結婚へと移行していきます。けして、独身時代をいろいろな人と交際して謳歌したいなどとは考えません。

⑤融通がきかないため恋愛相手と意見がぶつかることも

オーラが茶色の人は、古い歴史あるものには心惹かれますが、新たな物事を受け入れるのには時間がかかる傾向にあります。どんなに心を許し合った恋愛相手であっても、意見が食い違う場面は必ず存在します。そんな時、オーラが茶色の人は、なかなか自分が折れることができません。 

大好きな恋愛相手の意見であったとしても、譲ることは難しい

オーラが茶色の人は、相手を説得できるほど、うまく話をまとめることができるというわけではありません。どちらかというと、無口の分類に入る方ですが、心の奥底には、絶対曲げることのできない自分の意見というものを持っています。たとえ大好きな恋愛相手の意見であったとしても、譲ることは難しかったりします。

衝突する場面が起こる可能性があります

個人で活動するには問題はありませんが、恋人と行動を共にする時には、衝突する場面が起こる可能性があります。そこもオーラが茶色の人の学びの1つであったりします。すこしずつ融通がきくように変化していく必要があります。

⑥刺激よりくつろげる環境の恋愛を好む

通常は恋愛生活の中で、同じような日々が続くマンネリ化は、刺激がなくて、つまらないと感じるものです。一方、オーラが茶色の人は、刺激より安定を求め、いかに変化が起こらない生活が送れるかを重要なポイントと考えます。

変化に対してドキドキして心が不安定になってしまう

オーラが茶色の人は、考え方だけでなく、生活習慣などの行動のこだわりも強い傾向にあります。新たな経験はワクワクして楽しいものではなく、変化に対してドキドキして心が不安定になってしまうものとして捉える傾向にあります。そのため、仕事も自分の趣味の延長線上に関係するものを選んだりします。

冒険の世界に導いてくれる恋愛相手と交際すると良いでしょう

恋愛相手を選ぶ時も、「この人の前で自分がくつろげるかどうか」という点を重要視します。オーラが茶色の人の素朴な気質を、まるごと理解してくれるような相手を選ぶと、うまく関係を築くことができるでしょう。また、今世で変化に対する免疫力をつけるために、気質を理解してくれた上で、徐々に冒険の世界に導いてくれる恋愛相手と交際することも良いでしょう。

⑦オーラが茶色の人が苦手なオーラカラーは「薄紫色」

オーラが茶色の人が苦手なオーラカラーは、「紫色系統」です。オーラが茶色の人は、しっかりと地に足をつけた考え方を重要視します。一方、オーラが紫色系統の人は、見えない世界からの働きに視点を置いています。実態がつかめないような神秘の世界より、いかに現実的に生きるかの方が大切と考えてしまい理解することが難しかったりします。 

紫色系統の中でも、特に、オーラが「薄紫色」の人とは、あまり一緒にいたくないと感じてしまうかもしれません。オーラが薄紫色の人は、そこにいるだけでも、神秘的な存在感があります。オーラが茶色の人は、目立つことが苦手な現実主義です。オーラが薄紫色の人は、優美な雰囲気で現実離れしているので、お互いかみ合うことが難しかったりします。

⑧オーラが茶色の人と相性の良いオーラカラーは「茶色」「オレンジ色」

オーラが茶色の人と相性の良いオーラカラーは、同じ「茶色」です。独自の信念を持っていて、急激な変化を好まない気質を、何も説明しなくてもわかり合える居心地の良さを感じることができるでしょう。

また、オーラが茶色の人と相性の良いオーラカラーは、「オレンジ色」です。色彩的には、オレンジ色の明度を落としていって濃度を高めていくと、茶色になっていきます。茶色のオーラの人は、オレンジ色の明るさを心の芯に隠し持っています。最初は、オレンジ色の活発さに抵抗があるかもしれません。しかし、自分がリードするのではなく、オーラがオレンジ色の人の天真爛漫な冒険心にリードされることで、今世では成長することができます。過去世から長い期間形成されてきた気質に変化を起こすことができます。

オーラがオレンジ色の人が経験する恋愛とその注意点

以上、オーラが茶色の人の恋愛傾向でした。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
オーラが茶色の人は、強い信念を持ち、途中で投げ出したり妥協したりすることは好みません。包容力があり、恋愛相手も自分のテリトリーの中で、すべてを理解していたいという思いがあります。自分の中にあるしっかりとした根拠に基づいた生活をすることを好む傾向にあります。そのため、恋愛生活も安定・安心を求めます。もちろんやすらぎを求めることも大切ですが、もう少し柔軟な心を持つことも、オーラが茶色の人の学びであったりします。

オーラが茶色の人が経験する恋愛とその注意点は

  • ①年齢より上にみられがちなので恋愛相手を探す時は外見を明るめに
  • ②自己愛が強く、プライドを維持できる恋愛相手を選びがち
  • ③好奇心旺盛で恋愛相手のプライバシーに入り込み過ぎてしまう
  • ④安定を求めるため恋愛相手と結婚相手が一致する
  • ⑤融通がきかないため恋愛相手と意見がぶつかることも
  • ⑥刺激よりくつろげる環境の恋愛を好む
  • ⑦オーラが茶色の人が苦手なオーラカラーは「薄紫色」
  • ⑧オーラが茶色の人と相性の良いオーラカラーは「茶色」「オレンジ色」

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★選んだカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“★

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。

『フューチャーオラクルカード』では、あなたが選んだカードを元に、訪れる運命の日をズバリお教えします。オラクル鑑定師が【初回無料】であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

⇒まずは、気になるカードを選んでみて下さい!⇐