不幸を呼ぶ負のオーラを放っている人の8の特徴

人それぞれ放っているオーラは、元々持っている気質だけでなく、生活習慣の中での思考や行動も影響しています。どんな色のオーラの人でも、周囲の人にポジティブな影響を与えることができる正のオーラや、ネガティブな影響を与える負のオーラに変化することがあります。

人生の中には、自分ではどうすることもできない宿命のようなものが存在しますが、それ以外の運命は、波動というその人の発するエネルギーにより、引き寄せたり遠ざけたりしています。負のオーラをまとってしまうと低い波動になってしまいます。幸福や不幸はコントロール不可能な偶然のように感じますが、自分の波動を高めることで、プラスの出来事を引き寄せマイナスの出来事を遠ざけることができます。

自分自身が負のオーラにならないよう注意することや、負のオーラを放っている人から影響を受けないようにすることが大切です。不幸を呼ぶ負のオーラを放っている人の8の特徴についてご紹介します。

 

不幸を呼ぶ負のオーラを放っている人の8の特徴

 

①自己否定感が強い人

「どうせ自分には無理!」と物事にトライする前から自分の限界を決めてしまう人がいます。するとエネルギーは停滞し負のオーラをまとってしまうことがあります。「どうせ自分はスタイルが良くないし!」「どうせ自分は頭が悪いから!」と何かをはじめる前から、前に進むことをやめてしまうことは、時には誰しもあることです。

そこで、自己否定感がますます強くなり、だから自分はこのままでも仕方ないと、現状を変えようという感情が失われてしまうのは、注意が必要です。「どうせ!」という言葉を口癖のように言っている人は、負のオーラを放っている可能性があります。

②人と比較ばかりしている人

オーラを輝かせるためには、自分らしさに自信を持つことが大切です。いつも自分に満足しているということは難しいことですが、その不満を、人と比較することで、まだ自分の方が優れていると感情をごまかすことが、日常的になっている人は負のオーラをまといやすくなってしまいます。本来であれば、人と比較して優劣を決めるのではなく、過去の自分より未来の自分が進化していることに重点を置くことが大切です。

人より上だ、下だ、ということばかりに気をとられていると、いつのまにか本当の自分自身を見失うことになってしまいます。「あの人よりは良い方だ!」とか「あの人に先を越された!」などという言葉を発し、人生の基準が自分以外に向けられ過ぎている人は、負のオーラを放っている可能性があります。

③恋愛で問題を抱えている人

恋愛相手との出会いは、小説のようなロマンチックな物語ではじまることに誰もが憧れますが、場合によっては、好きになった人がすでに結婚している人であったということもあります。そこで、倫理的観点から、憧れだけにとどめてそれ以上踏み込まないようにできれば問題はありませんが、現実の世界では、感情と行動が一致してしまい不倫へと進んでしまうこともあります。自分では許されないことだと理解しているけれど、現状を変えることができない場合は、負のオーラをまとってしまうことがあります。

後ろめたい感情だけでなく、結婚している相手のパートナーさえいなければ自分が幸せになれるのにという、恨み・妬みの感情がマイナスの波動を生み出すことになります。誰もが不倫はいけないことだと理解しているのにもかかわらず、足を踏み入れてしまうのは、その時だけ自分にとって都合の良い考えをまとうことで、現状を保っているからです。そのような人は負のオーラを放っている可能性があります。

④ネガティブな言葉を日常的に使っている人

オーラは自分自身が発しているエネルギーです。嬉しいことがあれば、自然とキラキラ輝きを増し、悲しいことや悩みごとがあると、くすんできてしまいます。起こった出来事や行動だけでなく、日常的に発するネガティブな言葉から負のオーラをまとってしまうことがあります。

例えば、自分から自慢話しをすることは良くありませんが、周囲の人から褒められた時に、素直に「ありがとう!」と受け取らずに、「そんなことはない!」と否定的な言葉で返してしまうことは、好ましくありません。何か思うようにいかない事が起きた時に、「最悪だ~!」「良いことなんて何もない!」などと決め付ける言葉を使ってしまうことは、誰しもありますが、注意が必要です。

「次はきっとうまくいく!」などと、なるべくプラス言葉に変換したりすることが大切です。日常的にネガティブな言葉ばかり発する癖がある人は負のオーラを放っている可能性があります。

⑤喜怒哀楽を表現しない無表情の人

オーラは、その時の感情により、輝き方が変化します。自分らしいオーラを力強く発することができている人は、負のオーラを放っている人からの影響も受けにくい状態でいられます。激しい怒りや悲観的な感情をストレートに人にぶつけるのは良くありませんが、本当は怒っているのに、我慢して自分の殻に閉じこもってしまい無表情の人は、負のオーラをまとってしまうことがあります。

楽しいことがあっても「まあこのくらいは普通のことでしょう~!」と喜びを表現しなかったり、悲しいことがあっても、じっと我慢だけをしてしまったりして、その後ストレスを発散することがなく、自分の中にひたすら溜め込んでしまうことは、好ましくありません。周囲の人との調和を保つために、一時的に自分の感情を抑制することは、社会生活には大切なことですが、日常的に喜怒哀楽を表現することが少ない人は、負のオーラを放っている可能性があります。

⑥不幸自慢をすることにより自分を保とうとする人

最高の幸せに満たされることは誰もが望むことですが、なかなか簡単に手に入れることはできません。その時に幸せを手に入れるために努力する方向に行けば問題はありませんが、「こんなに不幸なのだから幸せになるにはほど遠く仕方がない!」とあきらめてしまっている人は、負のオーラをまとってしまうことがあります。

幸せになれない理由を、現状の不幸のせいにして、自分の精神状態を安定させようとする人は、注意が必要です。周囲の人にも、「自分はこんな不幸を抱えている!」ということを助言や相談目的ではなく、自慢話のように伝える人は、負のオーラを放っている可能性があります。

⑦人の悪口を言うことにより自分を保とうとする人

人が集まると、その場にいない人の悪口が飛び交うことがあります。あまり深く考えず、つい会話の中のひとコマ程度の感じで、発してしまうことはよくある光景です。しかし、自分の地位を保つために人の悪口を日常的に発している人は、負のオーラをまとってしまうことがあります。

自分に危害を加えられたわけでもないのに、「単に気に入らないから!」とか「自分と相性が悪いから!」というだけで、悪口を言っている人は、注意が必要です。その場で周囲の人も共感してくれているように見えても、心の中では醜い姿だと感じて、しだいに人々が離れていきます。日常的に人の悪口を言っている人は、負のオーラを放っている可能性があります。

⑧過去ばかりにこだわり未来を見ようとしない人

過去に栄光が存在している人は、その時期に戻りたいという感情が湧いてくることは当然のことです。恋愛面でも以前交際していた相手を忘れることができずに、次の恋愛に踏み出せない人もいます。過去が最高であって、未来にはそれ以上のことは起こらないと決め付けてしまっている人は、負のオーラをまとってしまうことがあります。

忘れられない出来事を無理に忘れる必要はありませんが、時は過去で止まっているわけではありません。自分自身がいるのは、今という時を生きていています。心と身体が一体となっていない時期は、注意が必要です。心が過去に囚われ、未来を創ろうとすることをやめてしまっている人は、負のオーラを放っている可能性があります。

 

最後に

思考の偏りや、イライラやマイナス思考など、日々の積み重ねの過ごし方により、いつの間にか負のオーラをまとってしまい、不幸な出来事に包まれてしまっている場合もあります。自分自身が負のオーラをまとってしまうと恋愛の面でも縁遠くなってしまいます。また負のオーラを放っている人の影響を受けないためにも、これらの特徴を参考にしていただければと思います。

不幸を呼ぶ負のオーラを放っている人の8の特徴

①自己否定感が強い人
②人と比較ばかりしている人
③恋愛で問題を抱えている人
④ネガティブな言葉を日常的に使っている人
⑤喜怒哀楽を表現しない無表情の人
⑥不幸自慢をすることにより自分を保とうとする人
⑦人の悪口を言うことにより自分を保とうとする人
⑧過去ばかりにこだわり未来を見ようとしない人


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの心にそっと寄り添い、安心感を与えてくれる凄腕鑑定師が悩みの根本と解決策を見出してくれる『人生大吉』が大好評!いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『無料鑑定』してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐