運命の相手だ!と好きな人に思わせる7つの作戦

運命の相手だ!と好きな人に思わせる7つの作戦「この人が運命の相手かも!」

女性はこんな風に思うことが多いですよね。ロマンチックなことが好きな女性に比べて男性はあまりそういう考え方をしないように感じます。しかし、それなりのことがあれば男性も「この人だ!」と思うものなのです。結婚に踏み切るにはそういう気持ちが必要になってくるでしょう。

真剣なお付き合いをしてもらうためには、うまく「運命の相手だ!この人しかいない!」と思わせましょう。その方法を紹介しますで、好きな人がいる人は是非試してみて下さい。

 

運命の相手だ!と好きな人に思わせる7つの作戦

 

運命の相手と思わせる①偶然を装う

もし、好きな人からメールが来たとしたら本題の前に「私も今メールしようと思って文字を打っていたところ!ビックリした!」などと同じ気持ちだったと伝えてみましょう。毎回ではおかしいのでたまに言うのが効果的です。

ただのメールにも少し意味を持たせることができますよね。メールや電話自体はたいした行為ではありませんが、そのタイミングが同じだったと言うだけで少なからず好きな人の中に存在感を出せ、運命の相手度がアップします。少しずつ、自分のことを意識してもらうことが大切です。メールならば恥ずかしさも少なくやりやすいので簡単ですね。

運命の相手と思わせる②好きな人の好きなことに興味をもつ

男性と女性では趣味など、好きなことが大抵異なります。女性ならば、ショッピングや料理、美容のことなど、男性ならばスポーツ観戦や釣り、ゲームなどを好む人が多いですよね。そして、お互いの好きなことに興味すらないこともよくあることです。男性がゲームをしていたり、スポーツ番組を見ていたりすると「つまらない」と不機嫌になる女性もいますよね。

そこで、好きな人の好きなことならば自分も少し勉強して一緒に楽しめるようになってみましょう。サッカーやバスケ、野球が好きならルールくらいは覚える、釣りもたまには一緒に行ってみるなどの努力が男性にとってはとても嬉しいことです。運命の相手度がぐんとアップします。

好きな人は何が好きなのかわかったら自分もチャレンジしてみましょう。ずっと一緒にいるなら自分の好きなことを一緒に楽しめる女性の方がいいに決まっていますよね。会話の幅も広がりますし、他の女性と差をつけるチャンスです。

運命の相手と思わせる③弱さを受け止める

どんなに強く見える男性でも必ず弱い部分はあるものです。弱さを支えきれない、弱いことを認めない女性とは長く一緒にいられません。かっこいい部分を好いてくれるというのは普通のことですから、好きな人の弱さも受け止める気持ちがあることをさりげなくアピールしましょう。弱い部分を見せられる相手になると好きな人にとっての存在価値が急上昇します。

「最近忙しそうだけど、疲れてない?」
「しんどい時もあるよね」
などと声をかけ、弱さを出す機会もあげることが大事です。

ただし、やり過ぎるとダメ男にしてしまう可能性もあるので、適度に、そして弱さを受け止めた後は頑張れるよう励ますことも忘れずに。単純に体調が悪い時などに優しくするのもいいですね。

運命の相手と思わせる④好きな人の友人や家族に好意的に接する

大好きな好きな人に好意的な態度をとるのは当然のことで、さらに一歩進むためには彼の周囲の人間にも気遣いを忘れないことです。男性は女性に比べて一般的に社会性が強いので、周りの意見を大事にし、集団の中での立場を気にする傾向があります。ですので、職場の人間や友人、家族の反応は重要ですし、彼女にも重要視してもらいたいと思っているのです。

周りの人間からの評判がいいと運命の相手度がアップしますし、友人や家族を大事にしてくれるのはとても喜ばしいことです。好きな人にだけ優しくするのではなく、彼に関わる人全てに好かれるよう気をつけてみましょう。

運命の相手と思わせる⑤美味しい料理を作る

いつの時代でもやっぱり効果的なのが美味しいご飯。生活の基盤になるものですから、「どうでもいい」とは中々ならないことなのです。料理が決め手で結婚を決めた!という男性もいるほどです。

豪華なフレンチを作れるのがいいというわけではありません。家にあるもので美味しく作れる、和食をきちんと作れる、毎日食べられる物が作れる、という基本的なことが大切なのです。あなたの作ったご飯が好きな人の好みに合えば、「この人が運命の相手だ!」と思ってもらえる確率は高くなること間違いなしです。

運命の相手と思わせる⑥ボランティア精神を忘れない

これは好きな人のことなど関係なくやるべきことなのですが、行動できる人はあまり多くないですよね。お年寄りや妊婦さんなどには積極的に席を譲る、ベビーカーを運ぶ手伝いをする、もっとさりげないことであれば、ドアを開けた時に後ろに人がいればドアを押さえておく、外食の時に食べ終わったお皿を店員さんが運びやすいように少しまとめる、など日々の生活の中で良いと思うことは積極的に行いましょう。

そういう面を見ると彼のあなたに対するイメージはかなり変わるはずです。それを嫌がる人なんていません。運命の相手だと思わせるには女性的な魅力だけでなく、人としての魅力も必要なのです。これは皆ができなければならないことですし、好きな人にも印象づけることができるのですから、意識して行動するようにしましょう。

運命の相手と思わせる⑦共通点を持つ

好きな人の好きなことに興味を持つという話と関連することなのですが、男女問わず自分と共通点の多い人が運命の相手だと感じる事が多いです。好きな食べ物、好きな歌手、尊敬する人、嫌いなこと、誕生日、出身地、入っていた部活…

何でもいいので何か共通点を見つけましょう。それは多すぎても不自然ですし、無理に合わせたり嘘をついたりしてもいつかバレてしまいますから、気をつけてくださいね。共通点がない場合は、適度に合わせて共通点をつくりましょう。

偶然の一致があることは、特別な想いを抱かせるきっかけとなります。

また、女性はよく父親に似た人を好きになると言いますが、それは男性にも言えることです。母親がキャリアウーマンなら仕事のできる女性、専業主婦なら家庭的な女性を好むことが多いようです。好きな人の母親と似た部分があるというのも効果的ですから、そこの共通点を探ってみるのもいいかもしれません。

 

最後に

「運命の相手だ!」と思わせるのに大切なことは「共感すること」「偶然を演出すること」「他の多くの女性との違いを見せること」です。「運命」というと自分ではどうにもできないことのように感じますが、意外と努力でなんとかできるものだということがわかりましたよね。

好きな人に運命の相手と思ってもらうには、それ相応の努力が必要なのです。そして、その彼のことをよく知らなければなりません。どういう人間なのかをよく知った上で、紹介したようなことを考えて行動すれば彼の中であなたの存在が大きくなっていくことでしょう。恋愛は頭ではなく心で感じるものですが、それを成功させるには緻密な作戦が必須だったりするのです。

運命の相手だ!と好きな人に思わせる7つの作戦

1:メールや電話で偶然を装う
2:好きな人の好きなことに興味を持つ
3:弱さ受け止める
4:好きな人の友人や家族に好意的に接する
5:美味しい料理を作る
6:ボランティア精神を忘れない
7:共通点をもつ

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。